So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

軽井沢で一番評価の高いおそば屋さんに行ってみた(長野県軽井沢:川上庵) [ご当地グルメ(長野)]

休みを取って久しぶり両親を連れて草津への温泉旅行。
今年は、ふるさと納税で群馬県草津町へ寄付を行い、半額の草津温泉県を入手し訪問。
2017/10の改正前だったので、納付額の半分の返礼品をもらって群馬県の草津温泉へ。
練馬インターから高速に乗って、軽井沢経由で草津に向かうことに。
軽井沢でちょっと散策がてらランチを取ることになり、長野と言えばそばと言うことで、食べログで一番評価の高いお店へ。
お店の名前は、「川上庵」
お店のたたずまいは、そば屋と言うよりは、カフェという感じ。
こちらでは二八そばで提供です。
IMG_1016.jpg
「クルミだれせいろ」(¥1,240)
長野と言えば、クルミも有名なので、寒かったけどせいろを頂きます。
IMG_1015.jpg
このクルミのつけ汁がかなり濃厚です。
出来ればクルミのクラッシュしたものが少し残っているとまた違った食感が楽しめ
るかなと思います。かなりごまだれに近いです。
IMG_1013.jpg
「有頭エビの天ぷら盛り合わせ」(¥1,470)
当然、これだけだとちょっと物足りないので、天ぷらを注文しシェアします。
群馬県なので、名物の舞茸の天ぷらが付いていると思ったけど,残念ながら椎茸と
シメジだったのがちょっと悲しい。
IMG_1017.jpg
でも、有頭エビは大きかったですね。
身がプリプリしています。
こちらのお店は、入り口はなんとなくという感じなのですが、外から見ると?
IMG_1019.jpg
店入り口。
IMG_1020.jpg
道路から見ると、テラスで食事をしている日も多いので、表参道辺りのシャレオツ
なカフェという感じです。
でもやっぱり料金は、軽井沢価格ですね。
近くのどのそば屋でも、¥1,000オーバーは当たり前でした。
帰りには、旧軽の商店街で美味しいジャムを購入です。
この後は、草津温泉へ向かいます。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーメンの小サイズ(0.7玉)を提供してくれる嬉しいラーメン屋さん(千葉県柏市:ラーメン横綱) [グルメ(千葉)]

数年ぶりに草野球の試合に出かけた。
前職の会社の販売店が集まる野球大会があったので、人数が厳しいとのことで、千葉県柏市にある会社の野球場へ出かけた。
数年ぶりの試合であったので2試合もこなすと、さすがに最後がバテバテに。
でもメンバの子供たちと遊ぶ時には、別のエンジンが動き出す。
午後二時過ぎに試合が終わったので、遅めのランチを取りに出かけたのは
16号線沿いにある「ラーメン横綱 柏店」
郊外でたまに見かけるお店なので初めて訪問。
IMG_0864.jpg
「野菜ラーメン(小)」(¥680)
ちょっと珍しい小サイズのあるラーメン屋です。麺の量が0.7玉にしてくれます。
これは、餃子とかライスとか食べる際には、ラーメンの量を少なくできるのは嬉しい
サービスですね。
珍しくチャーシューには特製のタレがかかっています。
IMG_0865.jpg
中太のストレート麺です。
スープは、醤油とんこつでしっかりとした濃い目の味付けですがあっさりしています。
調べてみると、創業は京都吉祥院で屋台で始めたのがベースのようですね。
野菜ラーメンだけど、チャーシューが入っているのも嬉しいですね。
IMG_0868.jpg
「黒豚ぎょうざ一人前」(+¥300で小ライスのセット)
餃子は、ピリ辛と黒豚餃子から選べるのでノーマルの黒豚餃子を。
豚肉がメインなので、肉の旨味のある食べごたえのある餃子ですね。
この餃子が食べたかったので、ラーメンを小サイズに。
IMG_0861.jpg
横綱ラーメンでは、このにんにく唐がらすしが有名みたいです。
ラーメンが運ばれてきたら、店員さん自動的に蓋を開けてお勧めです。
というか、半強制的に使ってみてくださいというアプローチが。
でも、このニンニクトウガラシがまた美味しい。
ピリッと味が締まります。帰るときには汗が止まりません。
IMG_0859.jpg IMG_0860.jpg
器いっぱいのチャーシュー麺も美味しそうでした。
IMG_0869.jpg
東日本地区だと、柏、松戸、千葉ニュータウンの3店舗しかないですね。
でもどうして、千葉県に限定しているんだろ?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今週は大阪出張。久しぶりに「がんこ寿司」でランチを取ることに。(大阪天満橋:がんこ寿司) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

先月に続いて、大阪出張。
取引先主催のイベントに出展するため、説明員として参加。
朝一の新幹線で移動して、午前中は別のお客様先で商談を行いランチを取って梅田へ。
ランチを取ったのは、「がんこ寿司 天満橋店」
お寿司のイメージがあるけれど、ランチメニューは充実しています。
IMG_0880.jpg
「牛卵とじ定食」(¥980)
牛卵とじ鍋が、このお値段で頂けるのは嬉しいですね。
しかも牛肉もちょこっと肉の切れ端では無くちゃんと入っています。
レンゲで救ってご飯の上にのせて頂くと、牛とじ丼の完成でご飯が進みます。
IMG_0883.jpg
「ブリのお刺身」もセットで付いてきます。
ブリは血合いがあまり得意では無いのですが、このお刺身は好きな部位ですね。
身がしっとりとしていて,トロのような溶けるような舌触りです。
IMG_0879.jpg
お造り&天ぷら定食と悩みましたが、最近魚の食事が多かったので、たまにはお肉
メインの食事も取らないとですね。
IMG_0884.jpg
でも大阪での食事はやっぱり美味しいので、楽しみですね。
がんこ寿司って大衆的なイメージがありますが、店員さんを見ると少し割烹的な
感じもしますね。
今回滞在の3日間で、他に何の美味しいものを頂こうかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビックサイトの近くの飲食店はやっぱり高いけど、近くの会社員はどうしているんだろ? [グルメ(新橋/銀座近辺)]

先週末はビックサイトでイベントがあったので、ビックサイトの近くでランチをとる事に。
向かったお店は、「WASYOKU Dining がぜん」
有明パークビル内にある和食レストランです。
最近、ランチで食べることが多いのはやっぱり魚料理なので、この日もお魚で攻めてみる。
IMG_0841.jpg
「刺し身三種盛りと焼き魚御膳」(¥1,380)
焼き魚と、お刺身を一緒に頂けるのはホントに嬉しいですね。
IMG_0842.jpg
この日の焼き魚は、サバです。脂がたっぷり載っていて美味しいです。
今年はサンマが不漁なので、サバを出す店が多いですよね。
IMG_0844.jpg
お刺身は、マグロ、赤エビ、サーモンの3種類です。
付け合わせの、ひじきが意外に美味しかったです。
IMG_0838.jpg IMG_0839.jpg
でもこの辺のお店のランチは安くないですよね。
普段仕事をしている会社員の人たちは、どうしているんですかね?
毎日、千円オーバーをちょっときついですよね。
IMG_0845.jpg
この日は、冬の時期特有の快晴です。
IMG_0837.jpg
この週末は、風が強かったですが、天気に恵まれていますね。
今後、豊洲に市場が移るようであれば、美味しい魚ももう少し安く食べれるようになれば
いいですよね・・・。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中央道 双葉SAで、ちょっと珍しいメニューを注文。(中央道 双葉SA:丼ぶり大王) [ご当地グルメ(長野)]

長野諏訪大社からの帰り道、中央道が混雑で渋滞していたので、双葉SAで渋滞回避のため
暫く休憩することにして、軽く食事をとることに。
お店の名前は、「丼ぶり大王」
どうやらカレーライスやソースかつ丼が有名みたいですが、ちょっと気になったメニューが
あったので注文。
IMG_0776.jpg
「辛味噌うどん」(¥750)
なんとなく想像をしていた味付けは、想像通りでした。
IMG_0777.jpg
いわゆる回鍋肉をうどんに載せたものです。
名前は、回鍋肉うどんと呼んだ方がわかりやすいと思うんだけど・・・。
辛味噌ということですが、ちょっと甘みも感じますね。
同じようなメニューで、辛味噌丼もありました。
でも、中華料理屋さん等のお店でも、回鍋肉丼のメニューがあるのってあまり見かけない
のは何故だろう?
IMG_0778.jpg
やっぱりオーソドックスに人気メニューのソースかつ丼を食べたほうがよかったかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

下諏訪の町おこしグルメ?「ハッピーしもすわ丼」ってなんだ?(長野下諏訪:サンレーク) [ご当地グルメ(長野)]

諏訪大社 4宮のすべてのお詣りを終えた後、ちょっと小腹が空いたので、ネットで紹介
されていた「ハッピーしもすわ丼」を食べてから東京へ帰ることに。
下諏訪町内の24店舗にて、「ハッピーしもすわ丼」という統一のメニュー名で同じ金額
設定で店舗オリジナルのメニューを提供をしているようです。
この日は、諏訪湖近くの「サンレーク」を訪問。
IMG_0709.jpg
「ハッピーしもすわ丼」(¥840)
こちらのお店では、ジャンボチキンカツ丼です。
IMG_0711.jpg
器から、チキンカツがはみ出ています。
IMG_0712.jpg
しかも結構分厚いので、食べごたえばっちりのガッツリ丼です。
特製信州産の合わせ味噌ダレがかかっています。
この味噌ダレが結構甘めの味付けですが、ゴマの風味といい塩梅でサッパリしてます。
ただし残念だったのがこの特製の味噌ダレが、かけすぎでご飯がビチョビチョになって
しまっていました。
この味噌ダレは、ドレッシングのような感じでチキンカツには合うけど、正直ご飯とは
あわないですね。
IMG_0708.jpg
店内は湖畔からの日差しが入ってきて、のんびりできますね。
IMG_0706.jpg
限定のローストビーフ丼も人気があるみたいです。
IMG_0713.jpg
諏訪湖のすぐ近くなので、湖を見ながらイタリアンメインの食事ができそうです。
ちなみに、各店舗の「ハッピーしもすわ丼」はこちらで紹介されています。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

長野諏訪パワースポット巡りその4:諏訪大社 上社 前宮 唯一御柱4本を拝めるお宮さん [パワースポット]

諏訪大社の4宮参拝の最後は、「上社 前宮」に向かいます。
実はこの前宮というのは、諏訪大明神が最初に居を構えた土地と言われており、本宮より
も前にあったお宮と言われているそうです。
IMG_0735.jpg
まずは、一の鳥居を抜けていきます。
IMG_0754.jpg
ちょっとこちらのお宮は造りが特殊です。
IMG_0737.jpg
鳥居をくぐって少し上っていきます。
IMG_0738.jpg
すると、二つの鳥居が出現します。
ここが本殿への入り口になります。
IMG_0759.jpg
実はさらに、5分ほど石畳の坂を上っていくと漸く本殿が見えてきます。
IMG_0740.jpg
この上社前宮の本殿は、伊勢神宮の古材をつかって建てられているとのことなので
他のお宮さんとはなんだか雰囲気が違う感じがします。
本殿からの木漏れ日がまたいい雰囲気を醸し出していますね、古の情緒満載です。
IMG_0757.jpg
マンホールはかなりハイカラな雰囲気です。

実は諏訪大社の中でも、この上社前宮のみが体験できることがあります。
IMG_0745.jpg IMG_0747.jpg
「一の柱」「二の柱」の御柱です。
IMG_0748.jpg IMG_0744.jpg
「三の柱」「四の柱」ということで、実は、御柱4本すべてを回ることができるのは
唯一、上社前宮のみだったんです。
他のお宮さんは、二の柱までしか拝むことができませんでした。
後から調べてみるとやはりそうみたいですね。
IMG_0752.jpg IMG_0753.jpg
本殿の近くには、ご神水の川が流れています。
「水眼(すいが)」と呼ばれる清流が流れていたので、一口頂きます。
水眼というぐらいなので、眼にもご利益があるといいですね。

諏訪明神は、風・水の守護神で五穀豊穣を祈り、生命の根源、生活の源を守る神として
崇められています。
そのため、諏訪大社は、全国の諏訪神社の総本山として家内安全、健康長寿、交通安全、
商工業の繁栄、開運招福など色々なご利益を頂けるパワースポットです。

特に最後にお詣りした上社前宮は、4本すべての御柱に触れることができたり、
ご神水を口にすることができたりと、一番パワーを頂けた場所かもしれません。
今年もあとわずかなので、頂いたパワーで年末年始を乗り切るぞぉ!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

長野諏訪パワースポット巡りその3:諏訪大社 上社本宮 [パワースポット]

「松倉」で美味しいうなぎを頂いた後は、諏訪大社の本陣の本宮へお参りです。
午後にもなると、七五三のお祝のご家族が沢山います。
IMG_0725.jpg
本宮への参道は、綺麗に色づいています。
参道沿いの店舗は結構な賑わいです。
IMG_0734.jpg
冬に日差しが照らす鳥居がなんとも幻想的ですね。
honden.jpg
重要文化財の「四脚門」です。
諏訪大社に通じる、装飾は控えめですね。
IMG_0731.jpg
参拝所から覗く「拝殿」は意外に煌びやかですね。
この日は、七五三のお祝で沢山の家族が拝殿でお祝いをしていました。

こちらのお宮も当然、四本の御柱に守られています。
IMG_0732.jpg
諏訪大社の四宮の中でも、やはり一番大きく賑わいがありますね。
この後は、参道で買い物をしましたが、信州長野といえば、お味噌とりんごを思い
浮かべたので、お土産に買って帰ります。
試食で梨の様な感じで甘くておいしかった「シナノゴールド」を買って帰ります。
この後は、最後の宮の「前宮」にむかいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

長野諏訪湖の名物といえば天然ウナギということで、白焼きとかば焼きを食べれる店へ(長野下諏訪:うなぎ松倉) [ご当地グルメ(長野)]

諏訪大社の下社秋宮/春宮のお詣りを終えて、ランチに向かう。
おそばを食べようか迷ったけど、諏訪湖は浜松に匹敵するほど天然うなぎで有名な場所
ということであったので、いくつかのお店を調査。
結果訪問したお店は、「うなぎ 松倉」
諏訪湖周辺には、うなぎのお見えが多いですがその中でも、どうしても食べたい料理が
こちらのお店にあったので初訪問。
IMG_0720.jpg
「しらかば二段重」(¥3,500)
白焼きとかば焼きを一度に堪能できるセットです。
他のお客様方は、ほとんど「うな重の竹」を頼んでいる人が多かったので、この
しらかば二段重を頼んでいる人は自分だけでした。
どうして2種類のウナギを食べれるこの2段重を頼まないのか不思議で仕方ないです。
IMG_0722.jpg
白焼きは、わさび醤油で頂きます。
身がふっくらとして、サッパリうなぎをわさびの辛味が一層と甘みを感じることが
できます。
本当に美味しいうなぎは、白焼きで食べろとよく言われますよね。
かば焼きの様にタレの味がメインにならないのでごまかしがきかず、うなぎ本来の
美味しさを味わえるのが白焼きというのが通説ですよね。
IMG_0721.jpg
かば焼きは、少し甘めのタレで頂きますが、炭火で炙られたウナギが香ばしいです。
このタレの加減と炭火焼の独特の風味がベストマッチですね。
かば焼きは、やはり自然とご飯が進んでしまいます。
IMG_0723.jpg
ちょっと趣向を凝らして、わさびで頂きましたが、これまた絶妙の美味しさです。
IMG_0724.jpg
店の入り口には、備長炭がさりげなく置いてあります。
偽らざるホンモノという感じがします。
IMG_0714.jpg
お値段的には、この辺のお店ではほとんど同じぐらいの価格設定でした。
注文から提供まで30分程度かかるのは、一から焼いている証拠ですね。

久しぶりに美味しい天然もののウナギをいただけました。
旨いものでパワーも充填できたので、この後は上社の本宮/前宮へ向かいます。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

信州長野パワースポット巡り その2:諏訪大社  下社春宮 [パワースポット]

朝一で下社秋宮を参ったあとは、春宮に向かいます。
秋宮から20分ほど歩くと春宮に着きますが、この時期の長野は吐く息が白くなり、
冷たい風が肌を突き刺すようです。
IMG_0661.jpg
春宮入り口の鳥居の周辺の木々が色付いてきてますね。
朝日に照らされる木々が綺麗に映えています。
長野の諏訪地区の紅葉はもうそろそろなんですかね。
IMG_0662.jpg
この日2カ所目のお宮さんです。
秋宮から徒歩20分~30分の所にある「諏訪大社 下社春宮」です。
こちらは、秋宮に比べて少し控えめでひっそりとしています。
IMG_0660.jpg IMG_0659.jpg
参道の様な所には、珍しい橋があります。参拝事の下乗下馬の橋のようです。
遠くから見たときには、神輿かと思いました。
ちなみに、室町時代に建立されたもののようです。
IMG_0666.jpg
鳥居をくぐると、なんとも趣のある雰囲気です。
木の枝がいい塩梅に、神楽殿を彩っています。
IMG_0667.jpg
秋宮に比べて全体的にこじんまりとした造りなので、秋宮の様な賑やかさはないです。
IMG_0669.jpg
ただし、奥にある拝殿はやっぱり見事ですね。
IMG_0674.jpg IMG_0673.jpg
こちらの拝殿にも四隅に御柱が立っています。
ただし、秋宮同様に一、二の御柱にしか触れることができません。
IMG_0676.jpg IMG_0677.jpg
境内右側には見事な杉の木があります。
「結びの杉」ということで、これからも素敵な人達との出会いをお願いです。
朝7時半を回るころでしたが、まだ社務殿も空いていないので、近くを散策すると、
「万治の石仏」なるものが案内されています。
IMG_0680.jpg
近くの「浮島橋」を渡ったところにありました。
IMG_0684.jpg
これが「万治の石仏」です。
失礼ながら少しコミカルな感じがしましたが、説明書きを読むと・・。
IMG_0681.jpg IMG_0683.jpg
ちゃんとお詣りの作法もあるようでしたので、その通りにお詣りをさせていただきます。
IMG_0686.jpg
石仏を参拝後に、ふと横を見ると川沿いが綺麗に彩られていました。
IMG_0688.jpg
ちなみに最初は、入り口にあるこの石碑が「万治の石仏」かと勘違いしてしまったので
皆さんもお詣りの際には、注意しましょう!!
この後は、また歩いて秋宮にいったん戻りますが、その途中で見つけたお寺が・・・。
IMG_0694.jpg
「慈雲寺」というお寺で、山号は白華山というらしいですが、このお寺に向かう参道が
かなり素敵でした。
IMG_0691.jpg
両サイドに杉の木がそびえたっており、参道が苔で彩られています。
苔が生えた石畳が古の世界に導いてくれました。
すると、この寺に向かう途中になんと、武田信玄公のゆかりのものが・・。
IMG_0698.jpg
この岩は何かというと・・・。
IMG_0697.jpg IMG_0696.jpg
「矢除石」というらしいのですが、武田信玄公の師匠に戦場での教えを乞う
た際に、支障を矢で射貫くように言われたがすべてこの岩が矢をはね返したことで、
この石には霊力があると信じ戦場に向かったそうです。
想像もしていなかった寄り道で、縁起のいいものに出会えました。

朝8時近くなってきたので、おそらく社務殿もオープンするだろうと思い、車を止めて
いる秋宮にいったん戻り、御朱印を頂きに行きます。

****************************************************************

今日この記事を書いている途中に、2017/11/6(月)の20:30過ぎにちょっとコンビニまで
amazonの配送物をとりに外に出た際に、東京の東の空にオレンジ色の光があったのですが、
徐々に横に広がって細長くなり、暫く見ていると一瞬で消えました。
多分あれってUFOですね。だれか見ていないかなぁ?
****************************************************************

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

信州長野パワースポット巡り:諏訪大社  下社秋宮 [パワースポット]

夏に善光寺を訪問して以来の久しぶりの信州長野のパワースポット巡り。

今回は、諏訪大社へお詣りに出かけた。
最近、出川哲郎の電動バイクの旅で放送された場所が気になって、数週間ほど前に放送
されていたが、最近週末に台風などで天気が崩れていたので行けなかったが、この
3連休は天気にも恵まれていたので訪問。
3連休で高速が混雑すると思ったので、夜中に自宅を出発し途中サービスエリアで仮眠を
取りながら朝4時過ぎに下諏訪に到着。
近くの温泉でお湯につかって疲れをとっていざ諏訪大社へ。
IMG_0626.jpg
最初に訪れたのは「諏訪大社 下社秋宮」
諏訪大社は、4つのお宮さんから成り立っているそうで、信濃國一之宮と呼ばれて
います。神位は正一位。全国各地にある諏訪神社総本社であり、 国内にある最も
古い神社の一つとされているそうです。
ちなみに、諏訪大社は本殿がない珍しい神社だそうです。
諏訪明神は風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神とされており、また武勇の神として
広く信仰され、現在は生命の根源・生活の源を守る神とされているそうです。
IMG_0625.jpg IMG_0629.jpg
この日は、七五三のお詣りで沢山の子供たちが来ていました。
参拝事の7時前にはさすがにほとんど人がいませんでしたが・・・。
IMG_0632.jpg
境内に入ると、樹令は約八百年の御神木の「根入の杉」が迎えてく入れます。
IMG_0635.jpg
二匹の狛犬をひかえて、神楽殿が登場します。
IMG_0637.jpg
しめ縄が見事ですね。
IMG_0638.jpg
神楽殿を抜けると、幣拝殿が出迎えます。
最近、よく見かける神社の様な煌びやかな装飾はないシンプルな造りです。
この拝殿の四隅には、諏訪大社ならではのものがあります。
IMG_0643.jpg IMG_0640.jpg
白い樹が飾られていたので何かと思ったら・・・。
IMG_0644.jpg
あの壮大な男の祭りで有名な「御柱祭」の御柱です。
寅年と申年の7年ごとに、ご宝殿の建て替えの際に御神木を四隅に建て替えるそうです。
この御柱には、神様の力が宿っていると思い、さわさわさせていただき、パワーを
もらいました。
IMG_0650.jpg
この日は、菊花奉献大会の期間中だったので、境内には、菊の花が飾られていました。
IMG_0651.jpg
一通り参拝を終えると、帰り際に気になるものが・・・。
「さざれ石」があります。もしかしてと思うと、やはり国歌「君が代」に謳われる
あのさざれ石でした。なんだか気持ちがシャキッとしますね。
IMG_0652.jpg
行きしなには気が付きませんでしたが、御神湯も沸き出ていました。
飲めないということなので、口だけ漱がせていただきました。
IMG_0654.jpg IMG_0655.jpg
早朝から身を清めて清々しい気分になります。
IMG_0656.jpg
早朝の諏訪湖には、もやがかかっていました。
まだ社務殿が空いていなかったので御朱印をもらえないので、この後は下社春宮
に歩いて向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりの長野への日帰り旅行!今回は、諏訪大社へお参りに!(長野:諏訪大社) [ご当地グルメ(長野)]

夜中に自宅を出て、中央道を走って長野県へ。
途中、談合坂等のサービスエリアで仮眠をとりながら、下諏訪町に4時過ぎに到着。
まずはモーニングを食べようと諏訪湖近くの「デニーズ 諏訪店」を訪問。
早朝4時過ぎに空いている店はこの店しかなかったのですが、残念ながらモーニングは
朝6時からということで、アラカルトで注文。
IMG_0612.jpg
「オニオングラタンスープ」(¥299)
長野の朝は、かなり寒かったので、温まるために温かいスープを。
外食でオニオングラタンスープなんて初体験ですが、御値段の割には美味しいです。
デニーズでは¥199~小皿調理が用意されているんですね。
濃厚で温かいスープが、美味しさと共に胃にしみわたっていきます。

胃を刺激したら小腹が空いてきたので、よせばいいのに追加注文です。
IMG_0618.jpg
「キャラメルハニーパンケーキ 2段サイズ」(¥349)
パンケーキって、こんなに手軽な金額で食べれましたっけ?
早朝から甘いものでしたが、胃の方は問題なく受け付けてくれます。
2段重ねのショートサイズで十分ですね。
クラッシュピーナッツの食感がまた絶妙でいいアクセントになっています。
最初は、アイスのクラッシュ氷の感触かなと思うほど、シャキシャキしてました。
このパンケーキは、お値段の割にかなり美味しかったです。

ではこの後は、深夜のドライブの疲れと、これから諏訪大社へのお参りのために温泉で
身体を清めに行きます。
iriguti .jpg
諏訪大社の秋宮近くには、何カ所か日帰り温泉施設があります。
しかも、5:30~空いているのはビックリです。
さほど混んでいないだろうと思って「旦過の湯」に5:30に向かうと既に駐車場は
満杯になっていました。
すると、たまたま近くを散歩していたおばあちゃんが、車の窓越しに「もう少し待って
いると、朝一で入った人が二人出てくるよ」と教えてくれました。
どうやら地元の人が、決まった時間で必ず出てくるそうで、おばあちゃんの言う通り
おじいちゃんが二人出てきました。

運よく駐車できたので、¥230を払って入湯します。
個々の温泉は、超高温の湯で有名なようで、50度近い高温湯と43度の内湯とそして
40度前後の露天風呂があります。
高温湯を体験したら、この日の湯温計は47度をさしていましたが、両足をももまで
湯につけただけで、5秒も持たずにギブアップです。
流石に常連さんでも入る人は一人もいませんでした。
中温湯の43度のお湯がちょうどよかったです。
IMG_0624.jpg
30分ほど温泉に浸かって外に出ると、朝焼けが綺麗でした。
なんだか意味ありげな線状の雲が広がっています。
冷たい空気が、気持ちをシャキッとしてくれたので、この後は諏訪大社の秋宮へ
向かいます。
ちなみに、諏訪大社の秋宮、春宮をお参りした後に、別の日帰り温泉に向かいました。
IMG_0700.jpg
「遊泉ハウス 児湯」
こちらも¥230の入浴料でしたが、こちらのお店は比較空いていましたね。
2カ所とも、お湯は意外にサッパリしているお湯で匂いはあまりなかったですね。
でも、温泉に浸かることで運転の疲れが撮れてよかったです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりに千葉房総にあるお客様先へ。となると食べるのは当然お魚です。(千葉五井:水仙) [グルメ(千葉)]

久しぶりに千葉県の海近くにあるお客様先へ訪問。
袖ケ浦の少し手前の五井という駅ですが、車で行ったら意外に近いけど、電車で移動する
と会社からだと、1時間半以上かかります。
ちょっと余裕を見て,45分ほど早く到着しお目当てのランチへ。
向かったお店は「和食 水仙」
お店に入ると割烹のような感じのお店です。
IMG_0502.jpg

「刺身定食」(¥1,300)
五井駅近くでお刺身を食べれるお店をネットで探したら、こちらのお店が見つかり訪問。
5種のお刺身と、小鉢、サラダ、お漬物、お味噌汁とご飯のセットです。
IMG_0504.jpg
お刺身のネタは、赤身、カツオ、イカ、昆布シメ鯛、〆イワシの5ネタです。
カツオは得意じゃないので、一瞬エ~ッと思いましたが、こちらのお店のカツオはカツオ
特有の生臭さがなく食べやすかったです。
それよりも、美味しかったのが「鯛」です。
食べた時に、普段食べる鯛とは違ってなんだか味わい深いなぁと思って後で板前さんに
聞いたところ、昆布締めにしているらしいのですが、軽めにすることで鯛の甘味を損なわ
ないように工夫をしているとのことでした。
そういう話を聞くと、職人のなせる業なんだなぁと納得です。
IMG_0505.jpg
和食感満載なのですが、サラダはパスタが入ってちょこっと洋風です。
IMG_0507.jpg IMG_0508.jpg
ランチメニューがあるのですが、他にも初めて来た人他の客は、夜の単品メニューを
いくつか確認しながら頼もうとしてのはなぜだろう?
今回は、刺し身を頂きましたが、「なめろう定食」も食べてみたいですね。
IMG_0506.jpg




コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

生まれて初めて、オヤジと二人っきりで食事に出かけたみた(板橋西台:寿し常) [グルメ(地元:板橋近辺)]

47年間生きてきて、オヤジと初めて二人だけで食事に出かけた。
余り外食が好きではないオヤジなので、誘った時にどうかなと思ったけど、行こうと二つ返事
だったので、近所のお寿司屋さんへ。
向かったお店は、三田線西台駅の高架下近くにある「海鮮処 寿し常」
大塚に本社がある安く江戸前すしを頂けるお店です。
以前、豊洲のららぽーとの中にあるお店には行ったことがありますが比較的美味しかった。
オヤジが総入れ歯にしたこともあり、肉などはそんなに食べなので、オヤジが好きな寿司を
食べれる店ということでチョイス。
IMG_0553.jpg
「お任せ3点盛り」(¥880)
まずは、軽くお造りを頂きます。赤貝、赤身、イサキの造りです。
歯が悪いオヤジに赤貝どうかなと思たら、比較的柔らかったので美味しくいただけました。
赤身は中トロの様にしっとりした舌触りで、オヤジも満足してくれています。
IMG_0554.jpg
「キノコの天ぷら盛り合わせ」(¥630)
秋の味覚のキノコの天ぷらでしたが、残念ながら舞茸が入っていなかったので嬉しさ半減。
この後は、オヤジの大好きな日本酒を飲みながら握りを注文です。
IMG_0558.jpg
「穴子の一本握り」(¥480)
オヤジは真っ先に穴子を注文です。普段家で、宅配すしを食べるときにはあまり穴子を食べている雰囲気はなかったけど、意外でした。
江戸前の甘めのタレ、ふっくらとして大きな身に「美味しい美味しい」と大満足です。
IMG_0559.jpg IMG_0561.jpg
「大トロ」(¥150/@)
まさかの、大トロが1貫¥150という嬉しい価格設定。
脂もしっかりと載っていて美味しかったです。77歳のオヤジもぱくついてました。
「生シラス」(¥100/@)
残念ながら解凍後にかなり時間がかかっているので、新鮮さはなかったですね。
IMG_0556.jpg
「小鯛の酢締め」(¥200/@)
半分は軽く炙ってもらい、もう一つは生でいただきます。
軽く炙ることで、お酢の感覚がかなり変わりますね。身が締まった炙りの方がお勧め。
IMG_0557.jpg
「つぶ貝の刺身」
メニューにはなかったんですが、最近はまっているつぶ貝をお刺身で頂きます。
うーん、やっぱりこのコリコリ感は最高ですね。アワビよりも美味しいと思います。
オヤジには悪かったですが自分だけでいただきます。
IMG_0569.jpg
「かに味噌つまみ」(¥600)
日本酒のあてにはつまみが欲しいということで、オヤジのチョイスで注文。
キュウリにカニ味噌って、なんだか贅沢なおつまみです。
IMG_0563.jpg IMG_0573.jpg
「金目鯛」(¥150/@)
キンメのお寿司は、歯ごたえがあって、身がキュッと締まっています。
このお値段はホントに嬉しいです。
「赤エビ」(¥150/@)

海老の甘みのあるしっとりとした身が、舌にまとわりつくようで美味しいです。
IMG_0570.jpg IMG_0549.jpg
1貫¥100か¥150とかなりリーズナブルな御値段でお寿司をいただけますが、やはり
回転すしとはネタが違いますね。
美味しいお寿司をこの値段で頂けたので、オヤジとの初めての食事も大満足です。

途中、小学生ぐらいの子供がいきなり入ってきて、お寿司食べていいですかとカウンター
に座ったので、大丈夫かなと思ったら、8貫ぐらいつまんで会計に向かいます。
もしかしたら逃げちゃわないかと思ったので、その時は最悪捕まえようかと思ったけど、
財布から千円札のみを取り出して払おうとしてましたが、さすがに千円で足りる会計では
なかったので、大丈夫かなと思ったら、ちゃんと2千円は持っていました。

後から店の人に聞くと、常連の家族でもなく初めて来たことの子とのことでした。
最近の子供たちって、凄いですね。自分だとビビッて、回転すしにも入れませんヨ。
ホントにしっかりしてます。

帰り際、三田線に乗るために駅の階段を上っていると、オヤジが手すりを握りながら
後ろに転びそうになっていたので、後ろから支えて上っていましたが、オヤジの背中も
小さくなってしまったなぁとつくづく感じました。

オヤジ、オフクロには、色々と迷惑をかけてきたので、二人が元気なうちに親孝行を
してあげなきゃと痛感したこの日でした。
今月は中旬ごろには、ふるさと納税でもらった、群馬の草津温泉の温泉券があるので、
二人を連れて行ってきますので、ちょっとずつ親孝行です!


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

磯丸水産って意外に美味しい。白海老のから揚げのボリュームに大満足!(東京西新宿:磯丸水産) [グルメ(新宿)]

久しぶりに休みの日に新宿南口まで買い物へ行き、その帰りにランチを取りに西口へ
向かい、ちょっと昼のみの気分を味わうためにとあるお店へ。
お店の名前は、「㊤ 磯丸水産」
磯丸水産にはほとんど来たことなかったので、安い大衆系の磯焼屋というイメージしか
無かったけど、意外に美味しい料理があるので、びっくり!
IMG_0454.jpg
「白海老唐揚げ」(¥399)
メニューの写真と全く違ったので、ちょっと驚きです。
まさかこんなにボリュームがあるなんて。
北陸に行ったときには、必ずいただく一品ですがこんなボリュームは遭遇したことが
無いです。シンプルな塩味ですが、衣のサクサク感がたまりませんネ。
IMG_0451.jpg
「つぶ貝刺し」(¥599)
最近、完全にはまっているのが「つぶ貝」。
先日、築地のお寿司屋さんの「築地すし一番」で頂いたつぶ貝の美味しさに目覚めて
からは、このつぶ貝にドはまりで、コリコリとした食感がたまりません。
歯が丈夫なうちに、たくさん食べておかねば。
IMG_0455.jpg IMG_0458.jpg
「極みのカンパチ 胡麻醤油和え」(¥699)
福岡に出張に行った際に、よくゴマサバを食べるけど、ちょっと違った感じですが、
胡麻の風味がたっぷりでタレの味もしみ込んでいて美味しいです。

いやぁ、ただの昼からやっている大衆店かなぁと思っていたけど、意外や意外、結構料理が
美味しかったです。特に白海老の唐揚げには大満足でした。
今度は、お酒抜きでランチに丼ぶりを食べてみようっと!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新橋で鶏肉メインのお店。ランチが趣向を凝らしていて面白い(新橋:鳥一代) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

数カ月に1回ぐらいお邪魔するお店だけど、ランチがメインで夜は一度も来たことない。
そんなお店は、新橋の桜田公園の近くにある「鳥一代」
鶏肉料理をメインに提供してくれる店で、ランチの日替わりが結構楽しみです。
この日のランチは、なんと広島風?
IMG_0314.jpg
「広島風トリカツ」(¥850)
一瞬なにかと思ったら・・。
IMG_0315.jpg
なんとトリカツ(チキンカツ)にキャベツ、マヨネーズ、鰹節がかかっています。
まさに広島風お好み焼きみたいです。
確かに普通にカツを食べると、キャベツの千切りが添えてありますが、チキンカツの
上に載せた珍しいタイプのチキンカツです。
IMG_0318.jpg
しかもキャベツを食べていくと、目玉焼きが登場するサプライズです。
最初は意外に重いかなと思ったけど、キャベツと鰹節があるので、トリカツの油っぽさ
が消えてさっぱりといただけます。
この鰹節をかけて、カツなどの油ものを食べるとさっぱり感が増しますね。
IMG_0317.jpg
しかもこの店特製の濃厚鶏白湯スープが最高に旨いっす。
鶏の旨味たっぷりで、この春雨がいいアクセントです。
お代わり自由なのも嬉しいですね。1杯しか飲めないけど・・・。
IMG_0313.jpg
ランチメニューには、参鶏湯もありサイズを選べるので、女性にも嬉しいですね。
次回の日替わりランチは、どうなるのか楽しみですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

自分でポテトサラダを作れる串かつ屋。珍しいドリンクメニューも!(東京田町:串かつ 田中) [グルメ(田町)]

普段は地元の大山のお店によって、フラッとちょちょいと食べに行くことが多いが
今回は、会社の後輩女子と恒例の女子会のために会社近くのお店へ。
お店は、「串カツ 田中 田町店」
普段いく大山店は、串全品¥100のメニューですが、こちらのお店は昔の串メニューです。
どうやらフランチャイズ店舗とメニューが異なるみたいですね。
でも、共通メニューで人気の商品がこれ↓
IMG_0325.jpg
「ポテトサラダ」(¥350)
御覧の通り、ジャガイモ、ゆで卵がそのまま提供されます。
これをすり鉢内で、自分風にアレンジできるのが特徴です。
IMG_0327.jpg
じゃがいもの食感が残った方が好きなので、少し粗めで作ってもらいます。
これって作る側も楽しいですよね。
IMG_0328.jpg IMG_0335.jpg
「冷やしあめサワー」(¥390)と「メガハイボール」(¥700)
ドリンクメニューも一風変わっています。
「冷やしあめサワー」って、まず見かけることがないですね。
大阪で昔から馴染みのある生姜と水あめで作ったドリンクらしいです。
「メガハイボール」は、田中恒例のイベントで頼むことになります。
P1010745.JPG
このチンチロリンです。
ゾロ目が出たら無料、偶数で半額、奇数ならメガジョッキというイベントです。
別にお客さんが損をすることは無いので、ハイボールを頼むならお得なキャンペーンです。
自分は大好きな「ガリ酎」を何杯もお代わりです。
IMG_0329.jpg IMG_0332.jpg
当然、串かつも大量注文です。
この日は、Lineのトモダチ登録で串が全品¥100のキャンペーンだったので、アスパラ、
エビ、牡蛎、ほたて、生麩田楽など¥200シリーズの串揚げを大量注文です。
ちなみに、右端のしみだしているのが、お餅の串です。
この餅串が、女性陣には意外に人気でした。
IMG_0336.jpg
うずらや煮玉子や当然、豚、牛などの定番メニューも注文です。
女性陣二人と3人ですがちょっと頼みすぎかも?
でもこの日一番楽しみにしていたのが、この鍋です。
IMG_0331.jpg
「ちりとり鍋」(¥590/@)
二人前からの注文なので、普段一人のみの時にはなかなか注文できないので、楽しみに
していたメニューです。
器が掃除のちりとりに似ているということで、この名前になったようですが、もやし
などのたっぷりの野菜に豚肉とホルモンを入れて、辛みそとお出汁で頂くお鍋です。
IMG_0333.jpg
しなった野菜を美味しくいただけます。かなり美味しいので、今度は一人でも
2人前食べてもいいかなと思うぐらいでした。
〆には、オジヤにしたり麺を入れたりできるようです。
串も美味しいけどサイドメニューも美味しいので、久しぶりにガッツリとお酒ともに
夕食を頂きました。ご馳走様でした!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

最近話題で入手困難なあれを遂にゲットです。でも任天堂Switchではないですよ。 [オヤジのつぶやき]

最近ネットでも話題になっている、ニトリの抱き枕。

「あたまも支える抱きまくら ポリヌード(P型タイプ)」という商品なんですが大人気で
製造が追いつかず、現在ニトリのサイトで注文をしても、12月以降の発送になるという
プレミアものです。

今日ダメもとで、近くの志村三丁目にあるニトリに行ったところ、売り場には置いて
なかったので、店員さんに「やっぱり在庫は無いですよね?」と聞いたところ、即答で
「入荷待ちでだんだん配送日が後ろに遅れてきているんです」と答えた瞬間に、店員さん
が端末を操作をしながら「えっ?あれっ?」というので、もしかしてと思うと・・・
本日入荷されている可能性があるということで、入庫のトラックを確認してみますと。
IMG_20171028_115450.jpg
「あたまも支える抱きまくら ポリヌード(P型タイプ)」(¥1,565)
店内で少し待っていると、なんと一つも持ってきてくれました。

久しぶりの入荷のようで、「お客様ラッキーですね」と一言。

入荷待ちで取り置きの他のお客さんがいないのか気になったけど、すぐにレジに向かい
無事に購入です。

でも、この抱き枕は専用の枕カバーがないと使えないので、唯一一つだけ残っていた
枕カバーも追加で購入しました。
IMG_20171028_115446.jpg
専用の抱き枕カバーは、¥1,195と本体の抱き枕とほとんど同じ金額するので、
その点は気になりますが・・・・・

早速家に持ち帰り、枕カバーは洗濯をしているので、抱き枕は中身のまんまですが、
抱き心地は最高に気持ち良いです。

頭の部もぴったりフィットするので、これは寝心地も良く安眠ができそうです。

ちょっとプチラッキーな一日です。

コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

アメ横で見つけた三陸の海の幸の宝庫。お行儀悪いけど立ち呑みで(上野アメ横:魚草) [グルメ(東京/上野/神田近辺)]

先日、Tokioの松岡君と博多大吉さんのテレ東の番組「二軒目どうする?~ツマミの話~」
で紹介された上野アメ横のお店。
お店の名前は、三陸の海の幸をお届けする「魚草」
日本酒が豊富で1杯¥500で、海鮮系のおつまみも¥500。
しかも、ウニや中トロ、生シラスなども¥500で提供される嬉しいお店。
IMG_0367.jpg
「たらば+ホタテ+中トロの3点セット」(¥1,000)
IMG_0368.jpg
タラバの足が1本の半分ぐらいついてきます。特に何もつけずにカニの身をそのまま味わいます。
ボイルしただけのようですが、かなり美味しいです。
IMG_0369.jpg IMG_0370.jpg
ホタテは、少し炙ってあります。中トロは二切れ提供です。
ホタテの身はかなり大振りですね。弾力があって旨いっす!
醤油さしはないので、ホタテの貝殻に醤油を流して頂きます。
この千円セットは、かなりお得ですね。
urakasumi.jpg SAKE.jpg
この日は、浦霞を頂きました。日本酒のメニューは、「天の戸」や「一ノ蔵」など充実です。
IMG_0362.jpg IMG_0360.jpg
ホントは、マグロの脳天を食べてみたかったけど、大陸の常識の無い観光客でかなり
混んできたので、次回の楽しみに取っておきます。
4人ぐらいしかテーブルにつけないのに、なんで10人ぐらいでずけずけ入ってくるのか?
中国人は訳わかりません。少しは遠慮しろよという感じです。
ホントにマナーの悪い中国人の観光客が多いのは困ってしまいますネ。
misesai.jpg
店先では、タラバの足とか、ホタテ、牡蛎などがお土産としても売っています。
mise.jpg
昼間から開いているので、呑兵衛のオヤジさんたちや観光客が昼間は多いですね。
海鮮のメニューが充実していますが、立ち呑みでしかも通り沿いの店前で食べるので、
長居はできないので、サクッと楽しむ店ですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日は、東京タワーの特別イルミネーション。東京オリンピックまであと何日? [オヤジのつぶやき]

会社からの帰り際にふと見上げると東京タワーのイルミネーションが綺麗だったので、
写真を一枚。
IMG_0544.jpg
イルミが4色に灯っています。
ふと、あれ何?っと思ったのがこれ。
IMG_0546.jpg
1,000という数字です。たまに見かける意味ありげな数字・・・。
家に帰ってから、思いついたのが東京オリンピックだったので、調べてみるとやはり
今日がちょうど東京オリンピックまで1,000日でした。

1,000日前だと思って、検索すると大阪の千日前もランク上位にヒットします。

東京タワーに点灯される数字って、いつも意味があるのでたまに見つけるとなんだか
得した気分になりますね。
さてと普通のグルメネタに戻りますか・・・。

コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

可愛いおばあちゃんの声かけにキュンとしてしまった大衆食堂(東京巣鴨:フクノヤ) [グルメ(地元:板橋近辺)]

買い物帰りに久しぶりに巣鴨駅で途中下車してランチをとることに。
巣鴨といえば、おばあちゃんの原宿などと呼ばれていますが、ちょっとだけ近代化もしてきましたが、まだまだ下町風情のあるお店が沢山あります。
その中でも「ときわ食堂」は有名ですが、引けを取らない新しいお店を発見です。
お店の名前は、「フクノヤ」という大衆食堂。
しかも嬉しいのが、サービスランチがなんと¥500。

最近、ワンコインで定食を食べれる店を見つけるのも難しくなりましたね。
IMG_0473.jpg
「日替わりランチ」(¥500)
この日は、ヒレカツ、目玉焼き、ポテトコロッケの定食です。
味噌汁は昭和の雰囲気たっぷりの、もやしがどっさり入っています。
IMG_0474.jpg IMG_0476.jpg
中央に鎮座するナポリタンをたいらげて、目玉焼きを横にどけるとヒレカツと、コロッケが顔を出します。
ヒレカツは決して大きくありませんが全体的に丁度いいボリュームです。
食べている途中に、お母さんが、「嬉しそうにしかも美味しそうに食べてくれるネェ」と
声掛けを頂き、ちょっとドキッとしてしまいました。
開店と同時にほぼ席も埋まってしまいましたが、全員がサービスランチを注文です。

配膳はお母さんが担当しますが、足がわるいようで運ぶのも大変そうでしたので、
食べ終わったあと会計時に、カウンターまで食器を運ぶとまたしても、お母さんの
声掛けです。
「わざわざアリガトネ、嬉しいねぇ、絶対にまた食べに来てよねェ!」
とまるで、キャバクラの様な攻撃に、思わず胸がキュンキュンしてしまいました。

メニューは結構充実しています。
嬉しいのが「レトロランチ」がこれまた、¥500メニューです。
IMG_0469.jpg IMG_0472.jpg
カツカレーがこのご時世、¥500で食べれるなんて魅力的です。
IMG_0477.jpg
店内の雰囲気も昭和のノスタルジーを感じる雰囲気で、料理も美味しかったので、
ぜひまた来たいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

取引先との打ち合わせの前に少し休憩。やっぱり名古屋といえばコメダ珈琲でしょ(名古屋丸の内:コメダ珈琲) [ご当地グルメ(東海)]

三重県からの移動で、名古屋駅に戻り地下鉄に乗って丸の内へ。
取引先との打ち合わせまで少し時間がったので、打ち合わせ内容の整理のために喫茶店へ。
喫茶店が多い名古屋はでも、やっぱりこのお店を見つけると入ってしまう。
お店の名前は、「コメダ珈琲 桜通大津店」
最近、東京でもコメダ珈琲の店って多くなりましたよね。
自宅近くの店でも、土日は朝から駐車場が満杯になっているのでビックリです。
IMG_0388.jpg
やっぱり、コメダといえばこれです。
このデニッシュパンの上のソフトクリーム乗せがたまらないですね。
IMG_0395.jpg
「ミニシロノワール」(¥400)
普通サイズは一人ではちょっと食べれないので、ミニで注文です。
まさかこのデニッシュ生地が、64層にもなっているって知りませんでした。
この64という数字は、何か意味があるんですかね?
エンジェルナンバー、真理の数なども言われており、何か縁起の良い数字のようです。
確かに末広がりの「8(八)」という数字をかけ合わせると64になるし・・・。
IMG_0396.jpg
このソフトクリームの上に、シロップをかけて頂く、このフォルムがたまりません。
店内でも、自分より年上の方のおじいちゃんも珈琲と一緒に楽しんでいます。
でこのデニッシュ生地を口に運ぶと、上に載っているソフトいクリームが崩れてしまうのは
防ぎようがないですね。
でも、崩れたソフトクリームをフォークですくって、生地のonしていただきます。
サクサクフワフワの生地がヒンヤリして美味しくいただけます。
やはり、コメダのシロノワールは、喫茶店スイーツの王様ですね。
IMG_0390.jpg
このレンガ風の造りも、なんだかほっこりします。
IMG_0392.jpg
店内にはちょっと見かけないメニューもありました。
恐るべし名古屋文化。なんとドリンクの下の方に小倉あんこがたまっています。
東京だと想像できないですが、ちょっと試したい気持ちとイヤイヤありえんだろ?という
気持ちが交錯しています。
もし機会があれば、またレポートします・・・。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

名駅近くで、つくね専門で美味しいつくねを頂きます。(名古屋名駅:つくね屋本舗) [ご当地グルメ(東海)]

名古屋出張の最後のお店は、つくねの専門店へお邪魔した。
お店の名前は、「つくね屋本舗 名駅店」
ミッドランドスクエア裏にあるウィンク愛知の地下1Fにあるお店です。
少しオープンな感じの店なので比較的入りやすいですが、なかなかお一人様のお客様は少ないですね。近くの会社員やOLさんが多いですね。
店の入ると、カウンターに通されました。
まずは名物のつくねのメニューを確認すると、二本ずつのオーダーが必要との事で、お一人様には、ちょっと難しい注文の仕方ですがノーマルのつくねを注文です。
IMG_0419.jpg
「生つくね 自然塩」(¥90/@)
やはりつくねのメインにしているお店だけありますね。
つくねの身は、ふわっとしてほどける様な感じです。
こちらのつくねは、ナンコツの無いタイプでお肉本来の美味しさを味わうことができます。
自然塩がお肉の旨味とうまく調和していますね。
IMG_0416.jpg
つくねの種類が豊富で、バラエティに富んでますね。
柚子胡椒や、生ワサビ、名古屋系など、いろんな味付けを楽しめますね。
グループ等の大人数で来ると、つくねだけで机がいっぱいになりそうですね。
IMG_0420.jpg
「つけだしのキャベツ」
このキャベツですが、珍しくお酢のドレッシングで味付けされています。
酸っぱさは控えめで、ちょっと面白い味付けで美味しいです。
このサッパリさがお肉の美味しさを際立たせているのかもしれません。
IMG_0423.jpg
「手羽先唐揚げ 4本」(¥490)
やはり名古屋名物の手羽先は注文しないといけませんね。
他の手羽先を売りにしている店と比べると、しっかりと身をつけているので、食べごたえがあります。しっかりと味付けされていてこれまた美味しいですね。
IMG_0421.jpg
「アボガドのお刺身」(¥490)
お肉ばかりだったので、最後はお魚の雰囲気を味わおうと、あるあるネタで。
熟したアボガドを刺身醤油で頂くと、マグロの味がするということで頂きましたが、
マグロ感はあまりなかったですね。
しっかりとアボガドのトロっと感を味わうことができます。
IMG_0413.jpg IMG_0414.jpg
つくね以外にも豊富なメニューですね。
火柱焼という鶏料理は結構気になりますね。
できれば機会があれば他のメニューを楽しめる機会があればいいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

名駅地下で意外に美味しい天ぷらやさんに出会った。人参のかき揚げが美味しい(名駅地下:なかしょう) [ご当地グルメ(東海)]

名古屋での仕事を終えて、東京への帰路に就く前に美味しい食事をとれる店を探す。
ネットでいくつか気になった店が、名駅近くにあったので訪問。
まず一軒目は、「天ぷら酒場 NAKASYO」
店名はNAKASYOですが、中庄というお店のようです。
名古屋クロスコートタワーの地下のお店で、名古屋駅に向かう道沿いにあるので、
仕事帰りの方も多く見かけますが、通り沿いのカウンターに座ります。
IMG_0403.jpg
「キノコ盛り合わせ」(¥580)
椎茸、舞茸、しめじの天ぷら盛り合わせです。
秋のこの時期はキノコをより美味しくなじますね。
IMG_0406.jpg
椎茸も肉厚でジューシーです。舞茸はもう少しボリュームが欲しいですね。
IMG_0402.jpg
天ぷらは三種類のお塩でいただきます。
ちなみに、天ツユも提供されますが残念ながら大根おろしは用意されていませんので、
お塩で頂くことを念頭に置いた方がいいかもです。
IMG_0404.jpg
「金目鯛の天ぷら」(¥390)
皮つきで提供されます。ふっくらとした身が美味しいです。
でもこのサイズで¥390はお値段が高いなぁ。できれば二切れ提供してほしいですね。
IMG_0407.jpg
「人参かき揚げ」(¥420)
NAKASYO名物のかき揚げメニューです。
細切りの人参が薄い衣をまとっていますが、これがかなり美味しいです。
いい塩梅に揚げられているので、サクサク食感を楽しめます。
お塩で頂くので、人参の甘味も感じられますね。
これだと人参嫌いの人でも、十分食べれると思います。
ボリュームもあって、人参をダイレクトに味わうことができるので大満足です。
IMG_0399.jpg IMG_0400.jpg
もう一つの名物の「極太さつまいも ハチミツ添え」もホントは堪能したかったけど、
注文後40分もかかるので断念です。
omise.jpg
鉄骨むき出しのお店も雰囲気もなんだかいい感じです。
人参のかき揚げが是非お勧めですよ!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今週は名古屋に出張。ランチに新名物の名古屋料理を頂きます(名古屋駅:海老どて食堂) [ご当地グルメ(東海)]

今週は、三重、名古屋に出張。
朝一で三重県に仕事で向かい、午後からは名古屋でお仕事だったので、名古屋駅でランチをとることに。
名古屋名物を食べようと地下街で見つけたお店が「海老どて食堂」
入り口で日本一大きい海老フライの定食がったので、海老フライを食べようと入店。
IMG_0378.jpg
「海老どてランチ」(¥1,480)
新名古屋名物といわれるのランチです。
フライを名古屋名物のどて煮に浸して食べる初体験の食べ物です。
IMG_0376.jpg
まずは八兆味噌のどて煮を沸騰させたら、溶き卵を流します。
IMG_0379.jpg
溶き卵がいい加減に固まってきます。
IMG_0380.jpg
フライの盛り合わせは結構なボリュームです。
海老フライが6本に、オクラ、レンコン、椎茸、ナスのセットです。
IMG_0382.jpg
海老フライに、どて煮に浸し、溶き卵の固まったものを乗せていただきます。
八丁味噌特有の甘めのどて煮ですが味が濃いので、ご飯が進んでしまいます。
しかも、海老フライが6本もあるので・・・。
残念ながら、御椀は赤出汁ではなくお吸い物でしたが、名古屋の新名物を十分堪能することができました。
海老フライと、どて煮、味噌カツを一度に味わえる贅沢なランチでした。
確かに新名古屋名物の誕生かも?です。
IMG_0372.jpg IMG_0375.jpg
大海老フライのメニューも魅力的でしたね。
IMG_0383.jpg
次回は是非、この大きなサイズのエビフライもやっぱり食べて見たいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大阪出張の帰りに食べるのは、やはり鉄板の串かつということで梅田の地下街へ(大阪梅田:ヨネヤ) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

大阪の梅田近辺の取引先との打ち合わせを終えて、東京へ戻ることに。
新幹線の乗車まで時間があったので大阪駅でいったん下車して、梅田の地下街へ。
向かったお店は、梅田のホワイティにある「串かつ ヨネヤ」
立ち呑みスペースと、座りの店内があるお店です。
IMG_0283.jpg
こちらのお店が珍しいのが、付け出しで出るキャベツは個別に提供されるカウンターに
直接盛られたものを共通で頂きます。
個別に提供された場合、中には食べない人もいるので、効果的な提供方法ですね。
IMG_0287.jpg
「エリンギベーコン(¥140)とハムカツ(¥30)」
IMG_0293.jpg
なんと今月は、ハムカツは¥30とお値打ちもんのメニューです。
IMG_0289.jpg
お値段もあってかなり薄めのハムカツですが、食べやすいです。
よく行く駅前第四ビルの地下のお店も、確かヘレ(ヒレ肉)が特価で提供しているので、大阪のお店によってはこういう特別メニューを提供してくれるんですね。
IMG_0284.jpg IMG_0286.jpg
「うずら、豚肉、牛肉、レンコン」など、各種注文です。
油がいいのか比較的衣が軽いので、サクサクといただけます。
当然二度漬けは禁止ですよ!
IMG_0285.jpg
「たこわさ」(¥250)
ちょっとお口直しに、たこわさです。
IMG_0280.jpg IMG_0281.jpg
立ち呑みならではの価格設定なのは、やっぱり嬉しいですね。
IMG_0292.jpg
大阪は美味しいものを安く食べれるので、ホントにうらやましいですね。
10月から会社も新年度になった事もあり、関西圏での仕事も置くなったので、これからも美味しいお店をどんどん探さねば・・・。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

初体験の天満の夜の〆は、こってりラーメンを頂きます(大阪天満:天四郎) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

初めて訪れた天満のはしご酒の〆は、ラーメンを食べることに。
お店の名前は、「麺や 天四郎」
大阪や四日市のラーメンとして有名な「麺や輝」系のラーメン屋さんのようです。
IMG_0235.jpg

「ラーメン」(¥680)
これまで4軒も回っていたので、お腹もいっぱいだったので王道のラーメンを注文。
まずスープを飲んでみると、魚介系の豚骨スープでした。
凄い濃厚で、魚介の風味がすごい強いですね。
最近ラーメンを食べていなかったので、この濃厚さにはびっくりです。
IMG_0236.jpg
麺は中太のストレート麺ですね。
この濃厚スープとの相性は良い様でスープがよく絡みます。
東京だと醤油とんこつ系の店が多いので、魚介系とんこつは新鮮で美味しいです。
炙りチャーシューもトロっとして美味しかったです。
IMG_0233.jpg IMG_0234.jpg
つけ麺には、徳島県産のすだち果汁を使うみたいですね。
魚介系のラーメンは澄んだ醤油系のスープのラーメンは食べたことはありますが、豚骨系
の魚介系はほとんど初体験でしたが、結構美味しかったです。
初めての天満の夜は美味しい料理が頂けて良かったです。
また是非、天満に泊まって他のお店も探してみようっと!!



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

天満のど真ん中で一品¥80から提供する江戸前の寿司、天ぷらを提供するお店(大阪天満:寿司処たくみ) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

天満はしご酒の3軒目は、軽くお寿司をつまみに。
派手な黄色の店構えが目立つお店に、大阪に似合わぬ「江戸前」の文字。
お店の名前は、江戸前 すし天ぷら「寿司処 たくみ」
大阪のど真ん中で、江戸前を称して提供するなんて、なんて度胸のある店なんだ。
江戸前って一般的には東京湾でとれた魚を使っている場合に使う表現だと思うけどホントに
東京湾でとれた魚を使っているのか何だかきな臭い感じがしたけど、まぁいっか?
IMG_0209.jpg
「煮穴子」(¥160)
江戸前の代表格って、個人的には穴子かなと思っていますので、何となく関東風という
感じがしますね。
口の中で、穴子の身がほぐれるので、この穴子はいいかもしれません。
IMG_0207.jpg IMG_0208.jpg
「うに」(¥380)
やはり、ウニを食べると高級感を感じますね。
しっとりとしたウニが口の中で溶けていきます。
「鯛の昆布〆」(¥220)
昆布出汁に付け込まれた鯛の身のシメ具合がいいですね。
鯛の身を噛むと、ふわっと昆布の香りが口の中に広がります。
大好きでいつも塩か醤油で食べる鯛とはちょっとまた感じが違いますね。
IMG_0210.jpg
「白子の天ぷら」(¥900)
これは残念な一品でした。白子に火を通しすぎなので、パサパサになっていました。
白子の天ぷらは、食べた時に白子がトロっと溶けるぐらいでないと美味しくないですね。
IMG_0214.jpg
「白海老のかき揚げ」(¥350)
もう少しボリュームを期待していましたが、ちょっと小さめですね。
もう少し白魚のプリッと感が残っていると良かったので、もしかしたこれも火を通しすぎ
なのかも?もしかしたら油の温度が高いのかも?
全体的に、天ぷらは残念ながら揚げすぎ感が強いのでお勧めはできませんね。
IMG_0219.jpg
一品、¥80~というリーズナブルな価格設定なので、あまり期待をしてはいけないですね。
でも食の台所の大阪となると、安くても美味しいと思ってしまう自分がいけないのかな?


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

天満で鳥取のお酒を出す店を発見。鳥取にこんなに日本酒があるとは・・(大阪天満:鳥取) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

天満のはしご酒 2軒目は、日本酒の美味しいお店へ。
一軒目の「北よし」に行く途中に、店前のライトアップされていた店看板が気になって
二軒目に寄ろうと思ったお店が、立ち呑み処の「鳥取」
こちらのお店も日本酒のあてには、お魚のメニューが充実しています。
ということで、一品目は・・・。
IMG_0194.jpg
「本日の造り盛り合わせ」(¥880)
日によって4~5種のネタが提供されるようです。
この日は、クラゲ、たこ、ハマチ、大海老です。
海老の味噌がめちゃくちゃ美味しいので、チューチューと吸ってました。
当然、身はしっとりとして、口の中で溶けるようです。
クラゲのコリコリ感も嫌みが無くていいですね。
酔いが回っていると、目をつぶるとアワビと感じることができるかもです。
nihonsyu.jpg
頂いたのは、「千代むすび 純吟 強力」のひやおろしを頂きます。
ちょっとお洒落なグラスで提供されましたが、できれば日本酒は枡で提供してもらえると
雰囲気を感じれるんですがね・・・。
IMG_0189.jpg IMG_0190.jpg
鳥取には、意外に日本酒の種類も充実しているはびっくりでした。
どうしても、この地域の日本酒というと、山口の「獺祭」を思いついてしまうので。
IMG_0196.jpg
「大海老の一本姿天ぷら」(¥380)
刺し身の大海老が美味しかったので、天ぷらでも頂きました。
刺し身のしっとり感と違って、身がホクホクプリプリで食感がたまりません。
口の中で身が踊るようでした。
付け合わせの緑のものは、万願寺とうがらしです。
揚げているせいなのか、辛味が抑えられて逆に甘みを感じるようです。
京野菜の代表格ですね!
IMG_0197.jpg IMG_0195.jpg
隣にいたオジサンとの会話が弾みながら少し酔いが回っていたので、どんどん注文です。
「だしまき ~いくらのせ~」(¥580)
もう少し小さいのが来るかと思ったら、メガサイズの出汁巻きでびっくりです。
やっぱり玉子焼きは出汁巻きが一番おいしいね。
もう少しこぼれるくらいにイクラが乗っていると嬉しかったんだけど、一粒一粒口に
運ぶと、プチプチ感が心地よいです。
「あごちくわと海苔の磯部揚げ」(¥380)
最近、あごだしに興味をひかれていたので、ちくわを頼んでみましたが、残念ながら
酔っていたためか、あご感をうまく感じることができませんでした。
omise.jpg
日本酒とお刺身が美味しい店で大満足でした。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大阪のDeepTownの天満を初めて訪問し食べ歩き。最初はカニ、魚介にこだわりのお店へ(大阪天満:北よし) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

今回の大阪出張では、初めて天満という場所に宿泊することに。
最近、梅田の近辺のホテルが割高になってきたので、初めてエクスペディアで検索すると
かなり広い部屋のホテルを見つけたので天満周辺に宿泊。
取引先との打ち合わせを終えて、いったんホテルに戻り荷物を置いて街に繰り出す。
最初は、穴子が名物のお店があったので連絡すると満席とのことだったので、もう一軒
調べていたお店へ。
お店の名前は、「香住 北よし」
最初はメニューに、「へしこ」があったので、福井県のお店かなと思ったら、兵庫県
美方郡香美町香住区という日本海に面した町にある「北由商店」という老舗の干物店の
店舗だそうです。
IMG_0182.jpg
「但馬牛の薄切りレアステーキ」(¥1,580)
近畿の「神戸牛」「近江牛」と並んで代表的な「但馬牛」のレアステーキです。
IMG_0186.jpg
片面を軽く炙って提供されましたが、お肉の甘味を存分に味わえます。
お塩で頂くと、さらにお肉の甘み、旨味を堪能できます。
お肉の舌ざわりが滑らかで、舌の上で脂が溶けてホントに美味しいお肉に感動です。
IMG_0180.jpg
「きんきの干物」(¥580)
お店の名物の自家製干物の中から、大好きなキンキを選んでみました。
大根おろしの鬼おろしもいいですね。この鬼おろしを見て、やっぱり福井の店なんじゃないかと思ったけど、地理的には福井のすぐ横なので同じ食文化なんだね。
IMG_0178.jpg IMG_0177.jpg
「焼きいか へしこ」(¥480)
へしこは、福井県の郷土料理なので、以前福井県に出張で出かけた時に頂いた時以来です。
凄い漬け込まれているので、かなり濃厚な味付けです。
普通のイカの一夜干しの様にマヨネーズなんかつけて食べれません。
この料理に合うのは、やはり日本酒ということで・・・。
IMG_0179.jpg
「香住鶴 福壽蔵限定酒『生酛純米原酒 ひやおろし』」
このお店でしか飲めない限定酒です。この時期はひやおろしが美味しくなりますね。
すっきりとした飲み口が美味しいです。
へしこの濃厚さは、やっぱり日本酒とあいますね。
IMG_0171.jpg IMG_0172.jpg
リーズナブルに美味しい干物を頂けるのが嬉しいですね。
実は、この日は仕入れがなかったのですが、実は黄金ガニや松葉ガニなど美味しいカニを
食べる事ができる有名なお店のようです。
天満で初めて訪れた店が、美味し店だったのでこの後のはしご酒が楽しみです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の30件 | -