So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

神田カレーグランプリで優勝したカレー屋さんを初体験!(大阪福島:上等カレー) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

久しぶりの大阪出張
朝始発に乗って、9時過ぎに大阪の到着し、そのまま取引先へ向かい打ち合わせに参加。
午後からの客先への提案を控えているため、ゲンを担ぐためにある食べ物を食へに近所の
お店に出かける。
その店は、「上等カレー」
正式名称は、「カレーライス専門店福島上等カレー」というらしく。
2015年度の神田カレーグランプリで優勝したお店らしいです。
確か去年、東京神田のカレーのイベントに行ったけど、もしかしれこれだったのかな?
ゲン担ぎのため、大人の男5人揃ってみんなで食べたのは・・・・。
IMG_4836.jpg
「カツカレー」(¥1,000)
カツカレーで¥1,000はちょっと高いですね。
調べてみると、店舗によって全く価格が違うようで、東京渋谷のお店では、とんかつカレーは
¥800なので、この福島店はもしかしたら一番高いのかも?
IMG_4837.jpg
今まで食べたカツカレーと大きな違いは、卵の黄身がのっています。
この卵の黄身を解くと円やかになるのが、定番ですね。
IMG_4838.jpg
しかも、キャベツの湯がいたものも載っていました。
この時間帯は、自分たち以外にカウンターに6人ほどいましたが、カウンター全部が
カツカレーのメニューでした。
大阪福島店では、カツカレーを食べるのが鉄板なのかな?
でもこの日の商談は、お陰様で無事に受注をいただけたので、縁起が良かったですね!
IMG_4839.jpg IMG_4840.jpg
久しぶりにカツカレーを食べたけど、やっぱり、揚げたてのカツをいただけるカツカレーは
美味しいですね。
なんだか調べてみると、上等カレーとは異なるお店みたいですね。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ホットする大衆居酒屋。でもこの店の銀ダラの西京焼きは絶品。(新板橋:ニュー加賀屋) [グルメ(地元:板橋近辺)]

銀だらの西京焼きを食べたくなると、きまってこの店に来る。
個人的には、銀だらの西京焼き焼きが一番おいしいと思う店。
そんなお店の名前は、新板橋駅近くにある「ニュー加賀屋」
この店は大衆割烹の居酒屋だけど、料理はかなり美味しい地域密着型のお店。
個人的には、この店の「銀だら西京焼き」が一番おいしいと思っているので、どうしても食べたくなると
この店に自然と足が向く。
IMG_4547.jpg
「銀だらの西京焼き」(値段:不明)
実は値段が変わったみたいで、メニューの価格が消えていたので、最初はメニューが提供
禁止になったのかとがっかりしました。
これがとってもウマイ「銀だらの西京焼き」。脂がのっていてふっくらした身が美味しいです。
どうしても、毎回白飯がほしくなりますね。
大根おろしなんか使ったことないです。
スーパーで買うんだけど、なかなか美味しく焼けないので、お店の西京焼きが一番ですね。
IMG_4545.jpg
「あじたばの天ぷら」(¥400)
これもこの店の名物です。サクッサクの明日葉を美味しくいただけます。
こっちは、大根おろしをたっぷりと天つゆに入れていただきます。
天つゆに浸しても、サクッ、カリッとした残っているので、食感がたまりません
個人的には、明日葉も好きですが、春菊の天ぷらも大好きです。
IMG_4549.jpg
「新ごぼう唐揚げ」(¥380)この竜田揚げ風がいいですね。しっかりあく抜きされており、
ちょっとスパイシーな味付けがクサクした食感で美味しいです。 
IMG_4548.jpg
「白菜漬け」(¥400)
この日は、野菜攻めです。
なんか年を取ってくると、お新香を美味しく感じますね。
焼き魚、お新香、みそ汁、白飯が出されると、贅沢なご飯とようやく感じられるようになり、
普通に食事をとれることが幸せに感じられる様になれましたね。
IMG_4543.jpg IMG_4551.jpg
家の近くに、魚を美味しくいただける店が合ってほんとによかったです。
年末は何かと忙しくなるので、体調管理には気を付けないと!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりに川崎で食事。生まれて初めて金目鯛のフライを食べて見た(川崎:魚王KUNI) [グルメ(神奈川)]

久しぶりに川崎で仕事があり、会社の後輩と取引先を訪問。
午前中の打ち合わせを終えて、東口の商店街に向かい、ランチをとる場所を探していると、
開店前から店前に、何人かのお客さんが並んでいます店を見つけて気になったので、11:30の
オープンと同時に入店。
お店の名前は、「魚王KUNI ウオクニ」
最近煮魚にはまっているので、ランチメニューにも煮魚定食があったが、他に気になった珍しい
メニューがあった。
IMG_5309.jpg
なんと、静岡県産の金目鯛をフライでたべれるという定食があったので、早速注文
IMG_5313.jpg
「金目鯛とアジフライ定食」(¥990)
ちょっと、フライの数が少ないのが残念だったけど、これが静岡県産の本物の金目鯛を
浸かっている証拠なんだろうね。
IMG_5314.jpg
小さいほうが金目鯛で、大きいのがアジフライ。
IMG_5316.jpg IMG_5317.jpg
ふわっとした身ですが、脂がのっていますね。
キンメ独特の甘みを、揚げ物でも十分満足に堪能できます。
先日食べた煮つけも美味しいですが、フライというのもやっぱり美味しいですね。
あら汁もかなりおいしかったですね。
IMG_5311.jpg IMG_5312.jpg
「特選海鮮丼」(¥880)
10種類ぐらいのネタが敷き詰められています。
その日の仕入れによって、かなりネタが変わりそうですね。
IMG_5310.jpg
後でわかったのですが、こちらの店では、ご飯も甘みがあって美味しかったです。
というにも、 山形県産の「はえぬき」(特A)を使用しているとのことで、納得です。
川崎で、まさか美味しい魚料理を食べれるとは思っていなかったので、大満足です。
IMG_5319.jpg
一瞬、トラフグ亭かな?と思ってしまう店先です。
帰りがけには、思わず匂いにつられて近くの店舗で唐揚げを思わず買ってしまいました。
IMG_5322.jpg IMG_5323.jpg
「川崎鶏唐揚定食店」
店先で販売されていたのですが、ニンニクの美味しい風味があたり一杯にまん延していたので、
4個セットのお持ち帰りパックに1個追加してもらいました。
唐揚げ専門店らしく、5種類もの味付けを用意していました。
家に持って帰って、夕飯に頂きました!!
でも、 甘ダレ以外の味付けは残念ながらわからなくなっていました・・・。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡県内でも人気の少ない温泉地でゆっくりし、美味しい地鶏を味わう(福岡;脇田温泉) [ご当地グルメ(九州)]

九州での今年最後の休日を過ごしたのは、福岡県内でも秘境といえる脇田温泉
いつものように野球部の先輩のY氏の車で向かった。
ホントは今年結婚された奥様もご一緒という事であったが、体調を崩しているとのことで、男二人で
ドライブがてら向かう。
向かったのは、「湯の禅の里」
こちらで、地鶏の炭火焼きを味わえると言うことで、屋外にセットされた炭火焼きを行える
「ぽっぽしゃん」というお店へ。
こちらのお店は、「湯の里」という食事処の別棟になり、天草大王や地鶏を炭火焼きで楽しめる
スペースです。
IMG_5284.jpg
「地鶏炭火焼き定食 塩焼きとタレ焼き(¥1,400/@)」
この定食は、地鶏、野菜、ご飯、汁物、香物のセットです。
二人だったので、塩焼きとタレ焼きの二つの味を楽しみます。
IMG_5283.jpg IMG_5298.jpg
最初は、火が小さかったですが、やはり炭火だけあって、火の勢いが強くなります。
IMG_5302.jpg
表面はかりっとして、中まで、火がじっくりと通っています。
鶏肉は、シャモを食べているように、お肉の弾力がすごいので、歯ごたえが抜群です。
しっかり噛むことで、肉汁がジュワッと口の中に広がります。
IMG_5300.jpg
お肉だけでなく、ご飯もツヤツヤしていて、お新香がとても美味しく感じますので、普段しない
ご飯のおかわりをしてしまうほどでした。
IMG_5292.jpg IMG_5297.jpg
もしかしたら、この人気のない自然の中の雰囲気が、より料理の味を美味しくしているのかも
しれませんね。
IMG_5290.jpg
メニューは限定されていますが、天草大王という地鶏も是非頂きたかったですね。

食事の後は、温泉でゆっくりと休憩です。
こちらの温泉は10個ぐらいの露天風呂があるので、ゆっくりとお湯を楽しむことができました。
IMG_5308.jpg IMG_5305.jpg
この後は、近くにあるスローフードレストランの「茅乃舎」によってちょっと買い物です。
かやぶき屋根の店舗と、少しばかり始まった紅葉がなんとも奥ゆかしいですね。
先日、訪れた中州の餃子やさんで食べた、赤いゆず胡椒が売っていたので、お土産に
購入です。
福岡ってかなり奥深い町ですね。ますますファンになってしまいました。
来年はいつ来ようか迷っているので、早めに日程を決めて格安ツアーに申し込もうっと!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

世界一の大きさの寝転んでいる大仏様を見つけた(福岡県篠栗町:南蔵院) [パワースポット]

九州出張で毎回お世話になる野球部の先輩に今回もアテンドをいただき、パワースポットへ。
お邪魔したスポットは、福岡県篠栗町にある「南蔵院」
南蔵院は篠栗四国霊場の総本寺で、高野山真言宗の別格本山でもあるとのことです。
院内を巡ると、ご利益の宝庫のような場所です。
その中でもとくに有名なのがこれ。
IMG_5272.jpg
『釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)』です。
全長41メートル、高さ11メートル、重さ約300トンという大きさです。
圧倒される大きさです。
和やかな雰囲気がありますが、荘厳な感じがしますね。
asiura.jpg
足裏ものぞくことができますが、この模様一つ一つにも意味があるようです。
境内を一通り参拝をして、おみくじを引いてみると嬉しいことに大吉です。
IMG_5277.jpg
今年もあとわずかですが、いい事がありそうです。
実はこの南蔵院は、宝くじのご利益もあるそうです。
daikoku.jpg
実はご住職が、1億3千万の当たったことがあるようです。
その際に、宝くじを大黒天様のお札と一緒に置いておいたということで、この南蔵院大黒天様の
お札を縁起物として買って帰る方も多いそうです。
で、そのご利益をおすそ分けするということで、この大黒堂を建立したようです。
年末ジャンボも発売されたので、お土産に買った黄色の財布に入れてお祈りしようっと!!
IMG_5259.jpg hara.jpg
南蔵院の入り口の七福神象のお腹は参拝者が撫でていくので、黄金色に光っていますね。
野球部の先輩も同じようなお腹ですが、ご利益があればいいですね。
zou.jpg IMG_5262.jpg
入り口の坂を上っていくと、「大聖不動明王」象があります。
実物はかなり大きいので、かなりの威圧感があります。悪いことをすぐ懺悔です。
近くには、雷が落ちたといわれるご神木があります。
被雷した木には、神様が宿るといわれているようで、雷神様が彫られています。
この木を使った数珠なども縁起物として販売されています。
思わず思いっきり抱き着いて、雷神様のご利益に少しでもあやかれればと思います。
IMG_5282.jpg IMG_5271.jpg
境内の入り口には、朱色の橋と小さな滝があります。
なんだか神秘的な雰囲気で、パワーを感じますね。
こちらは、いろんなご利益がありますが、魚のサバの神様も祭ってあります。
魚の祭るというのは、魚が美味しい、いかにも九州の寺院という感じですね。
IMG_5270.jpg
境内の木々は少し色づいてきましたね。
もう少しするとかなり綺麗な紅葉を楽しめるのでしょうか?ちょっと時期が早かったですね。
このパワースポットでかなりの”見えない力”をもらえた気がします。
今年も残すところ、あと一か月なので、最後の踏ん張りです!!
このあとは、秘境の温泉地に向かって、炭火で美味しい地鶏をいただきます!!



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大好きな博多屋台の店を二日連続で訪問。この日はお肉メインで・・・(博多屋台:須崎かじしか) [ご当地グルメ(九州)]

今年最後の九州地区訪問なので、「かじしか」の料理を堪能するために二日連続して訪問するも、
予約で夜中までいっぱいだったので24時過ぎに訪問。
この日は、前日大将から進められていたメニューを注文
IMG_5237.jpg
「さがり」(¥500ぐらいだったかな)
前日に大将から是非と勧められてが、すでにお腹がいっぱいだったので、この日に堪能。
ハラミの高級バージョンのような感じです。
肉質はかなり柔らかいですが、噛むと軽くジュわっとしますが、さっぱりしていてシンプル
塩味でかなりおいしいです。
IMG_5236.jpg
「極上白子」(¥800)
提供されてくるときには、湯気が立っていました。
さっと湯がいた濃厚な白子をさっぱりしたポン酢でいただきます。
屋台でいただく白子ポンズもまた格別ですね。
IMG_5245.jpg
「和牛みすじ」(¥1,800)
前回の訪問時にも頂いた和牛ミスジ。
10枚ほどにスライスされたお肉は、脂がのっていて美味しいです。
でも、どうしてこんなにさっぱりしているんだろう?
お肉の甘味があるので、塩加減で絶妙な味わいになります。
屋台でいただける贅沢な逸品です。
IMG_5236.jpg
「付け出し:アキレスのポン酢」
これ、コリコリして食感を楽しめて美味しいかったです。
IMG_5242.jpg
博多のネギ」(¥200)
この日もネギ焼きをいただきました、キュッ、ジュワッと感じが相変わらずいいですね。

この日も美味しい料理を頂けました。
お客さんの中には、前日にいたお客さんもいましたね。
また来年もぜひお邪魔したいので、大将も小大将も元気でいてほしいですね!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中州で人気の老舗の焼き鳥屋さんを訪問。絶品の串と豚足を食す!!(中州:とり政) [ご当地グルメ(九州)]

何年か前に訪れたことのある老舗の焼き鳥屋さんを予約無しで訪れてみると、たまたまカウンター
が空いていたので、無事に入店。
お店の名前は、「味一途の焼鳥専門店 とり政」
こちらのお店は、老舗の人気店で普通は予約がないとなかなか入れないお店です。
夜のお仕事のお姉さんが出勤前に同伴をするケースも多いみたいですね。
この日も自分以外のお客さんの8割はそのようでした。
IMG_5229.jpg
名物「豚足」(¥500)
以前も食べて美味しかった豚足を注文です。
IMG_5230.jpg IMG_5232.jpg
表面はカリッとして、中はトロっとしています。ゼラチン質が美味しいです。
これは女性にしてみるとたまりませんネ。
この店の特性ポン酢をつけると絶品の美味しさです!
IMG_5213.jpg
豚足は締めに頂きましたが、最初は「酢もつ」(¥300)き頂きます。
コリコリしていて美味しいです。
改めて思いましたが、こちらのお店は、ポン酢がかなりおいしいですね。
お口がサッパリした後は、焼き鳥を注文です。
注文は、自分で紙に書いてオーダーします。
IMG_5216.jpg IMG_5219.jpg
「ばら」(¥120)と「豚レバー」(¥80)
博多焼鳥の定番のキャベツの上に載せます。そして、部位の間に玉ねぎです。
豚バラはどの店も美味しいですね。
IMG_5222.jpg IMG_5227.jpg
「鳥皮」(¥100)と「白もつ」(¥120)
鳥皮は、博多名物の鳥皮とはちょっと違いますが、カリカリ感と甘めのタレが美味しいです。
白もつは、この店の名物で、脂身が格別の美味しさですね。
IMG_5218.jpg IMG_5221.jpg
「若身」(¥100)と「えのき巻」(¥200)
若身って初めて聞きましたが、どこの部位か聞くの忘れちゃいました。
えのき巻きは、噛むとジュわっとエノキの水分が染み出しベーコンの塩味のみで、あっさり頂けます。
全体的に、串の身は小ぶりですが、やっぱり美味しいですね。
IMG_5214.jpg
茶漬けやおにぎりも、隣のお客さんが食べているのを見て美味しそうでしたね、
〆にはぴったりですね。
IMG_5234.jpg
老舗の人気店にすんなり入れて、野球部の先輩のボトルの焼酎もいただき、美味しいものを
食べれてよかったっす。次回はまたゆっくり来たいですね。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡屋台第二弾:福岡でしか食べれない焼きラーメンのもつ入りを初体験(中洲川端:風来桃庄) [ご当地グルメ(九州)]

女性大将の屋台の「かじしか」の後で、焼きラーメンを食べたいなと思い、隣の屋台を
覗いてみると焼きラーメンのメニューがあったので、寄ってみた。
屋台の名前は、「風来桃庄(ふうらいももしょう)」
屋台名がどこにも書いていなかったので、帰りがけに確認をさせてもらいました。
以前、焼きラーメン発祥の店といわれる天神の「小金ちゃん」で味わって以来、何年振りかに味わう
博多のB級グルメを早速注文
IMG_5253.jpg
「焼きもつラーメン」(¥950)
意外に、スープの量が多いですね。
少し甘めのスープに野菜ともつが煮込まれて美味しいです。
この甘さは、たぶんソースですかね?
IMG_5255.jpg
もつもたくさん入っています。
ネギは正直得意じゃないんだけど、シャキシャキしていてスープと絡んで意外に
美味しかったですね。
煮込まれたキャベツも含めてボリュームもあってお腹がいっぱいです。
実は提供されるまで時間があったので、串ものも注文です。
IMG_5252.jpg
「つくね」(¥200)と「豚バラ」(¥200)
つくねは弾力がすごいですね。鶏肉がどっしり詰まっています。
豚バラは、屋台では鉄板の美味しさですね。
程よい塩味で、ジューシーなお肉の美味しさが際立ちます。
IMG_5247.jpg
他にも、色々と食べたいものがありましたが、2軒目ということで、お腹もいっぱいだったので、
次回の楽しみに取っておこうっと!!
IMG_5256.jpg
この界隈には、「かじしか」意外に四店舗あるので、巡ってみるのもいいですね。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中州で飲んだ後のシメは、お茶漬けを食す(中洲川端:博多 鯛茶や) [ご当地グルメ(九州)]

中州の屋台で食事を楽しんだ後、ホテルに戻る際にちょっと小腹がすいたので、軽く食べようと
店を物色しているとホテルの近くにお店を発見。
お店の名前は、博多 鯛茶や」
中州で他にもあったのですが、お茶漬け専門店が最近増えているのかな?
こちらのお店は、鯛茶づけの他にカンパチ茶漬けやサバ茶漬けもありますが、やっぱり頂いたのは
このお茶漬け。
IMG_5186.jpg
「鯛茶づけ定食」(¥980)
IMG_5187.jpg
鯛がゴマダレに浸かっていますね。
最初は、茶漬けにしないで、これだけで頂きますが、かなり美味しかったです。
IMG_5189.jpg
付け合わせに、大好きな揚げ出し豆腐がついていたので、これは嬉しいですね。
IMG_5191.jpg IMG_5193.jpg
最後に出汁茶漬けでいただきますが、出汁で火が通った鯛の身がホロッとしてまた別の鯛の
美味しさを醸し出しますね。
濃い目の出汁ですが、さっぱりと鯛の風味を味わうことができてとてもおいしかったです。
機会があれば、次はサバ茶漬けを食べて見たいですね。
IMG_5185.jpg IMG_5197.jpg
食べ方の説明通りにしてよかった。
IMG_5196.jpg
飲んだ後のシメに、茶漬けというのもいいですね、日本人の文化です!!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

女性の大将で有名な博多屋台のお店を再訪問(博多:須崎 かじしか) [ご当地グルメ(九州)]

最近博多の屋台が大きく変わっているみたい。
今年の4月に市政の都合で、今まで屋台があった場所から撤去されて、別の場所に移動を
したみたいで、自分のお気に入りの屋台も昭和通り沿いに移っていた。
そのお店の名前は、「須崎 かじしか」
今年の2月に一回訪れたが今回も23時過ぎまで予約でいっぱいだったので、23時過ぎに訪問。
taisyou.jpg
笑顔抜群の大将に迎えられて着席。
嘘かホントか前回の訪問時を覚えているということで、ちょっと嬉しい感じ。
この笑顔に前回の訪問で大ファンになってしまった。
彼女は、新しいお客さんが席に着くと、どこから来たかを他のお客さんに説明をしてくれます。
まずは前回食べれなかった、このお店の名物を。
IMG_5177.jpg
「博多のネギ」(¥250)
前回の訪問時には、売り切れていてしまったので、今回初体験。
ネギのシャキシャキ感がいいですね。豚肉がジュワッとして、ネギがキュッとする感じです。
これは女性に人気があるのも頷けますね。
IMG_5171.jpg
希少部位「博多和牛ゲタ」(¥350)
ゲタという部位をあまり聞いたことが無かったけど、中落カルビのことをゲタと呼ぶようです。
お肉はとても柔らかくて、肉汁がたっぷり広がりますね。これ美味しかったです。
IMG_5179.jpg
「トマト焼き」(¥200)
トマト焼きの間にネギ焼きを置いてみたら、彩が鮮やかです。
ベーコンの塩気とトマトの酸味のバランスが絶妙ですね。
このフルーツ系の串が、季節によって変わるのがこの屋台の楽しみです。
IMG_5174.jpg
「レタス明太チーズ」(¥330)
野菜系のサッパリを頼んでいたので、こってり系です。
シソで少しさっぱり感が出てますがとろけるチーズと明太子の組み合わせは鉄板です。
IMG_5181.jpg
「太刀魚」(¥400)
まさか棒にまかれて出てくるとは・・。軽く塩で炙っている程度の味付けなので、深夜の時間帯でも
パクパク食べ進めてしまいますね。
IMG_5169.jpg IMG_5183.jpg
お店の暖簾にはもつ鍋とか書いてあるけど、メニューにはないなぁ?
大将から、ミスジとか他のメニューも進められたけど、この日はおなか一杯になったので、
翌日に二日連続で訪問していただきました。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

博多駅前でオープンな感じの魚系居酒屋で絶品の焼き魚をいただく(博多駅:しらすくじら) [ご当地グルメ(九州)]

佐賀県での仕事後、特急かもめに乗って福岡空港へ向かうために博多へ戻り、帰りの便まで
取引先の人と軽く飲むことに。
駅前ビルにある博多漁家磯貝 しらすくじら 博多駅前店」
取引先の人のお勧めで、つぼ鯛のみそ焼きがかなり美味しいと言うことで注文。
IMG_5131.jpg
「ツボ鯛の味噌焼き」(¥790)
この味噌焼きは、脂がのっていて超美味しいです。
身がふっくらとしてて、味噌の加減もいいですね。
皮目のい焼きがちょっと甘かったので、最後は皮目をもう一回炙ってもらいました。
この皮目のカリカリ感も美味しいですね。
大根おろしが添えてありましたが、まったく使わなかったっですね。
IMG_5129.jpg
「ごぼうスティック」(¥410)
やっぱり福岡で天ぷらといえば、ごぼうですね。
大好きなごぼうのから揚げは、サクッとして中はしっとり感もあり、鉄板の美味しさです。
IMG_5128.jpg
「本日の刺身五点盛り」(¥990)
お店の一番人気です。
この日は、マグロ、サーモン、はまち、タコ、赤貝の五点盛りです。
普段貝を食べないので、貝のコリコリ感が新鮮です。IMG_5132.jpg
「とり肝煮」(¥340)
しっとりしていてこれも美味しいですね。日本酒か焼酎のあてにいいですね。
IMG_5133.jpg
「鯨赤身ネギ胡麻刺し」(¥570)
最後は、普段あまり食べれないクジラ肉です。
脂も控えめでしっとりとした赤身が美味しいです。かなりサッパリしていますね。
福岡では、ゴマサバなど刺身を胡麻で頂く料理が多いですね。
九州は、お魚を美味しくいただけるのが、この年になってホントに嬉しいですね。
リタイヤしたら、福岡にホントに住もうかなと思う今日この頃でした・・・。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ランチで限定メニューのボリュームたっぷりの「あら炊き定食」をいただけるお店(佐賀市:嬉乃) [ご当地グルメ(九州)]

先週に引き続き、2週連続で佐賀県を仕事で訪問。
取引先の勧めで魚系を食べましょうということで、お勧めのお店へ。
お店の名前は、「おさかな家 嬉乃」
ランチ時には近くの会社勤めのサラリーマンの人たちですぐに満席になる人気店です。
メニューを確認して真っ先にオーダーを決めましたが、数量限定メニューだったので、売り切れて
いないかドキドキでしたが大丈夫だったので注文
IMG_5202.jpg
限定10食の「あら炊き定食」(¥800)
あら炊き、潮汁、もやしのお浸し、お漬物のセット
IMG_5206.jpg
結構、あら炊きはボリュームがあります。
骨が多かったですが、たき汁がたっぷりしみ込んだ身は小さめの身ですが美味しいです。
あらは特定の魚ではなく、その日の仕入れで結構変わるようです。
IMG_5203.jpg
潮汁のようなあら汁は、最初は鶏身かなと思ったら、脂がのった白身でした。
しっかりと魚の出汁が出ているので、美味しかったですね。
限定10食とのことでしたが、実は20食ぐらいは仕込んでいるから、安心という内情も
教えてもいました。
先日の社員旅行で行った伊豆で食べた鯛のあら煮を食べて以来、あら煮にはまっているので、
大満足のランチでした。
IMG_5207.jpg
この日は業者側のメンバは、あら炊き定食を注文し、取引先の人は全員「特選海鮮丼」
(¥1,400)を文です。
10種類ものネタが乗った豪勢な海鮮丼で、美味しそうでした。
IMG_5209.jpg
帰りがけには、あら炊きの真空パックのお土産もあり、買おうかとも思いましたが、
そのあとに客先による予定だったので、今回は断念です。
IMG_5200.jpg
入り口の立て看板で気になったのが、夜はなんとあの高級食材が¥500です。
IMG_5199.jpg IMG_5201.jpg
夜のメニューでは、お通しでアワビのアドり焼きやお刺身を¥500で頂けるそうです。
ただし、お酒を注文する人が前提のメニューのようなので、お酒を注文しないとダメですよ!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

会社の後輩と新橋オヤジのみ会 その2(新橋:へそ) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

東京ビックサイトでの展示会の後、取引先とのお疲れ様会まで少し時間があったので、
以前から気になっていたお店を会社の後輩と訪問。
お店の名前は、「立呑処へそ 新橋本店」
近辺で食事をする機会があり、ぜひ一度行ってみたいと思っていお店を初訪問。
IMG_4949.jpg
「鉄板 和牛ミニステーキ」(¥880)
まずは、この店の人気No.1メニューです。
ミニステーキとのことですが、十分ボリュームがあります。180gぐらいありそうですね。
意外にお肉は柔らかくて美味しいです。
フライドガーリックのアクセントで、味がピリッとしますね。
IMG_4950.jpg
「鉄板ホルモン炒め」(¥480)
炒め物なのに汁気が多いのには、びっくりです。メニューと全然違ってました。
まぁ、仕方ないか?
IMG_4952.jpg IMG_4953.jpg
「炙りチャーシュー」(¥380)と「炙りキャベツ」(¥180)
炙りシーズです。
チャーシューは、ジューシーですね。On The Riceでいただきたい一品です。
意外に脂身部分はしつこくないので、食べやすかったです。
キャベツは、炙ることで、甘みが増しますね。
IMG_4948.jpg
串揚げ、おでん、鉄板焼き、刺身、揚げ物とメニューはバラエティに富んでいますね。
こういうお店大好きです!
mise.jpg
店内は、サラリーマンで一杯です!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

佐賀県出張2日目のランチは、午後からの仕事の活力へとんかつを食べる(佐賀市:きのや) [ご当地グルメ(九州)]

午前中に取引先との打ち合わせを終えて、ランチに出かける。
午後の仕事を勝ち取るために、ゲンを担ぐために「とんかつ」を食べることに。
取引先の人のお勧めで、訪問したお店は「とんかつ きのや」
地元でも美味しいと評判のお店のようです。
IMG_5113.jpg
「ロースかつ定食」(¥1,060)
IMG_5114.jpg
とんかつは結構大きいです。
厚みがあって、お肉が締まっているので、歯ごたえ抜群のとんかつです。
最近、揚げ物を食べると、胃がむかむかする事が多かったので、敬遠していましたが、
油がいいのかさっぱりといただけまました。
久しぶりのとんかつにテンションが上がります。
思わず、大好きなキャベツを3回もおかわりです。
それにしても、とんかつ屋さんで食べるキャベツッてなんで美味しいんだろう?
家で食べても、余り美味しいと感じないよね。

実は、メニューが豊富なので、かなり迷いました。
IMG_5110.jpg IMG_5111.jpg
他には、限定プレミアムメニューの「霧島黒豚」や「沖縄スーパーポーク」などという珍しい
メニューもったので、普通のとんかつにするかかなり迷ったので、次回お邪魔する機会があれば、
是非沖縄スーパーポークも食べて見たいですね。
IMG_5115.jpg
この後は、仕事場の佐賀市役所に向かいます。
するとなんと珍しいものがありました。
IMG_5122.jpg
なんと、市役所の前には、D51が展示されています。
IMG_5124.jpg
重厚な感じがしますね。漢らしさを感じますね。
でも、名前は可愛らしく「デコちゃん」というらしいです。
久しぶりにD51を見たので、大井川鉄道に乗りに行きたくなってしまいました。
是非佐賀市での仕事が成功することを期待しようっと!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今週は佐賀県に出張。となると、佐賀牛を食べるっしょ!!(佐賀駅前:Dining Dai) [ご当地グルメ(九州)]

今週は佐賀県で仕事があったので、佐賀市へ向かった。
朝7時過ぎのフライトで、いったん福岡空港に入り、特急かもめに乗って佐賀へ向かいます。
SnapCrab_NoName_2016-11-19_22-8-14_No-00.jpg
九州鉄道はホントにカッコいいですよね。
佐賀駅について、すぐにランチに出かけます。
ネットで調べた佐賀牛のお店は、ちょっと駅から離れていたので、残念がっていると、駅前
佐賀牛を提供しているお店を発見し入店。
お店の名前は、「Dining Dai」
IMG_5081.jpg
気になったランチメニューがこのコロコロステーキ。
IMG_5089.jpg
「リブロース コロコロステーキ 100gセット」(¥1,830)
サイコロステーキみたいに提供されるかなと思ったけど、カットされたお肉で提供です。
100gって結構ありますね。
特にステーキソースなどがかかっていなく、塩コショウの味付けのみでいただきます。
お肉の甘味を感じておいしいです。お肉はかなり柔らかいです。
ちょっと趣向を変えてわさびで頂くと、お肉の旨味がぎゅっと締まるような感じですね。
やっぱり、佐賀牛は美味しいですね。
IMG_5088.jpg IMG_5084.jpg
濃厚なコーンスープとサラダのセットです。
100gのお肉でも、佐賀牛を十分堪能することができました。
お肉の甘味、ジューシーで絶妙な歯ごたえなど、最高です。ホントにおいしかったです!!
IMG_5092.jpg
外観はちょっとお洒落な外観の店だったので、ちょっと入りにくいかもしれませんが、
ランチ時には、ステーキ以外には¥1,000以下の佐賀牛のメニューもありました。
IMG_5087.jpg IMG_5086.jpg
焼肉丼はいいかもしれませんね。
IMG_5082.jpg IMG_5083.jpg
次回、佐賀牛を食べれるのは、いつになるかなぁ??

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりに会社の後輩と新橋オヤジ飲み その1(銀座:晩杯屋) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

普段、この店は板橋大山で行くことが多いけど、なんとお洒落な大人の街の銀座に店が
オープンしていたので、会社の後輩を連れて飲みに出かける。
都会に染まっていない純朴な感じの後輩の女の子が、普段飲みにあまり行かないということで、
オヤジ系のお店を紹介しようとこの店を訪問。
お店の名前は、「晩杯屋」
千ベロ系の店として雑誌とかでも紹介されているお店。
IMG_4786.jpg
「新さんま焼き」(¥250)
やっぱりこの時期になると、サンマが美味しいよネ。
今年も前半は、サンマは不漁ということで、スーパーでも少し金額が高いですよね。
北海道出身の若手のYは、美味しいと喜んで食べてくれていたので、よかったです。
若手のメンバは初体験のオヤジ系の店が楽しいようでどんどん注文です。
IMG_4785.jpg IMG_4791.jpg
「タコのから揚げ」(¥250)、「チーズカリカリ」(¥150)
若手は、揚げ物もやっぱりへっちゃらですね。この値段でこのボリュームはやっぱりすごい。
IMG_4788.jpg IMG_4789.jpg
「黒コショウメンマ」(¥130)、「長いも浅漬け」(¥150)
オヤジどもはあっさり系で食を進めます。
IMG_4787.jpg IMG_4792.jpg
「マグロやま掛け」(¥200)「あん肝ポンズ」(¥150)
海鮮系のメニューも充実です。アン肝が¥150で食べれる店なんてないでしょ?
IMG_4790.jpg IMG_4794.jpg
「ちくわ磯部揚げ」(¥130)「アジフライW」(¥180)
若い人には、フライ物も関係無し!!
普段こんなに食べないから、机の上が、満杯です!
IMG_4793.jpg
「揚げ餅納豆」(¥130)
個人的には、このメニューがお気に入りでした。
揚げ餅に納豆をかけるという発想がいいよね。
IMG_4795.jpg
銀座の街には、不釣り合いな看板ですが、こういう店が増えてくれるのは嬉しい限りです。
若手女子には、こういう店は新鮮だったようで、次回も期待しているようなので、次は自分の
ホームタウンの板橋の店に招待カナ?


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

沼津港で食べたキンメの煮つけのランチは最高の美味しさ。静岡はやっぱりお魚天国だぁ!(静岡沼津港:丸天) [ご当地グルメ(東海)]

午前中の堂ヶ島クルージングで青の洞窟を見学して、土肥金山で砂金を集めた後は、
東京への帰路につきます。
途中、沼津港に立ち寄りランチをとります。
お店の名前は、「丸天 みなと店」
普通は座敷などで固まって団体客は食事をすると思うんですが、残念なことに、30弱の団体旅行
でしたが、席がバラバラに通されます。
仕方なく席につきましてが、提供された料理でそんな嫌な思いも吹っ飛びます。
IMG_5039.jpg
「金目鯛煮魚定食」(¥1,600)
金目鯛の大きさによって、料金が変わるようです。
IMG_5040.jpg
かなり大きめのサイズの金目鯛の煮つけです。
見事な大きさですね。これだけの大きさの金目鯛の煮つけを¥1,600で食べれるなんて、
やはり地元ならではですね。
煮つけの汁も少し甘めで美味しいです。思わずご飯にかけていただいてしまいます。
IMG_5041.jpg
これ以外に、お刺身の盛り合わせが付きましたが、マグロのトロ以外に生シラスもついて
きました。
生シラスもついてくるとなると、ご飯の上にのせて食べたくなりますね。
かなり贅沢なお魚定食でした。
二日連続で金目鯛の煮つけを食べるなんて生まれて初めてですが、魚を美味しいと感じる
年齢になったことで、喜びも倍増ですね。
maruten.jpg
かなり混んでいるお店だったので、美味しいことが評判なんですね。
IMG_5044.jpg
余りにもキンメの煮つけの煮汁が美味しかったので、お土産も買って帰ります。
ぶりのかぶと煮を購入です。なんと、¥400でした。
翌日、姪っ子の七五三のお祝があったので、姪っ子と弟夫婦と一緒に頂きました。
美味しかったのか人気のメニューでしたね。

今回の社員旅行では、美味しい魚料理を堪能することができたので、かなり満足した
旅行だったので、よかったです!!

食事の後は、近くの土産物屋でトロアジの干物を購入です!!
お魚天国の静岡県 やっぱり万歳です!!
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

イタリアでも有名な「青の洞窟」を伊豆でも見ることができました。 [旅行]

社員旅行で訪れた堂ヶ島で、二日目観光スポットへ。
宿泊した「清流」から5分ぐらいのところにある、堂ヶ島マリンから洞窟巡りクルーズへ。
このクルージングで、青の洞窟といわれる天然記念物の「天窓洞」へ向かいます。
SnapCrab_NoName_2016-11-16_18-23-47_No-00.jpg
ここが、「天窓洞」の入り口です。
SnapCrab_NoName_2016-11-16_18-58-30_No-00.jpg
中に進むと鮮やかな水色の水面が顔を出します。
SnapCrab_NoName_2016-11-16_19-0-11_No-00.jpg
さらに奥に進むと、上方に青空がのぞきます。
この光の加減で、青い水面が浮かぶんですね。神秘的な景色でした。
びっくりしたのがこの洞窟の奥で、遊覧船がUターンして方向転換をする技術です。
SnapCrab_NoName_2016-11-16_19-0-34_No-00.jpg
壁にぶつかりそうな微妙なかじ取りで見事な運転です。
SnapCrab_NoName_2016-11-16_19-0-58_No-00.jpg
約20分ぐらいのクルージングの旅でした。
この後は、土肥金山へ向かいます。
IMG_5037.jpg
初めて見た金塊はとてつもない大きさでした。
IMG_5032.jpg
なんと、250kgの金塊です。
IMG_5035.jpg
11億8千3百万もする金塊だそうです。
IMG_5033.jpg
これにはおったまげました。 
これぐらいの金塊を持っていると、吉野家の牛丼を何杯食べれるかな?
この後は、砂金探しのチャレンジです。
30分間のチャレンジで、砂金の粒を7粒ほど見つけられたので良かったです。

この後は、沼津港へランチをとるために移動です。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

早起きして露天風呂へ向かいひと風呂浴びて、その後は美味しい朝食を(堂ヶ島:ホテル 清流) [ご当地グルメ(東海)]

前日の美味しい夕飯を食べた後で、最近体調がすぐれないので、早めの就寝。
翌朝、6時過ぎに起床して早速、話題の海岸沿いの露天風呂へ。
IMG_5012.jpg
これは見事な岸壁の露天風呂です。
IMG_5013.jpg
風呂は、3つに仕切られていて、お湯の温度が少しづつ違います。
IMG_5018.jpg IMG_5015.jpg
ホントは、日の出の時間にこのお湯につかって、朝日を眺めることができればよかったです。
朝湯につかった後は、ホテルからサービスです。
IMG_5009.jpg IMG_5010.jpg
なんと、あら汁のサービスです。
朝起きてひと風呂浴びた後の胃に優しくしみわたります。最高の一杯ですね。
この後は、朝食です。
IMG_5019.jpg
伊豆のB級グルメの「まご茶漬け」をいただくことができました。
ただのカツオ茶漬けと思ったので、まさか伊豆のB級グルメとは思わなかったです。
朝からマグロのたたきを食べれるなど、久しぶりのお魚メインの料理が、疲れた胃に優しく
語りかけてくれます。
IMG_5021.jpg
最後にカニ汁も提供されました。
やっぱり海所の食事は美味しいですね。
IMG_5024.jpg
ホテルの部屋からは、昨晩見れなかった綺麗な海が見れます。
写真でも少し見えていますが、引潮時には、道ができて三四郎島に渡れるそうです。
この現象を「トンボロ現象」と呼ぶそうです。
この後は、今日11/13(日)の徳光さんの「路線バスの旅」で再放送された「青の洞窟」を
遊覧船で巡ります。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

宿泊ホテルは、伊豆堂ヶ島の「海辺のかくれ湯 清流」。料理がおいしい!! [ご当地グルメ(東海)]

伊豆のパノラマパークでの散策を終えて、宿泊ホテルにバスで向かう。
宿泊するお宿は、堂ヶ島にある「海辺のかくれ湯 清流」
その名の通り、海岸沿いにあるホテルです。
夕方の日の入り直後にホテルに到着すると、見事な景色を部屋からのぞけます。
IMG_4996.jpg
宿で向かう途中のバスの中からも絶景が確認できました。
IMG_4990.jpg IMG_4989.jpg
雑木林の隙間からも、夕日が顔を除く奇跡の一枚も撮影できました。
宿に到着して、夕食まで時間があったので、まずはひと風呂浴びます。
大浴場と露天風呂がありましたが、時間の都合で露天風呂は翌朝に入ることにしました。
さて遂に、夕食兼大宴会の始まりです。
IMG_4999.jpg
見事な船盛です。
キンメダイとボタンエビ、サザエのおつくりです。
やはり西伊豆、下田のこの地域といえば、キンメダイですね。キンメはしっとりして美味しいです。
IMG_5004.jpg
当然、各自の料理にもキンメの煮つけがあります。
IMG_5003.jpg
料理はやはり、魚メインの食事になります。
唯一の肉料理は、イノシシ肉?のおそばですかね。
IMG_5006.jpg
これに、茶わん蒸しと追加であるものがついてきます。そのあるものとは・・・。
IMG_5008.jpg
マグロのカマ焼きです。
トロットロのマグロ肉が美味しいです。実はこれは宴会場で蒸されていました。
本当に美味しい料理でした。このお宿の料理は、どれも美味しくて、かなりお勧めのお宿です!
料理が美味しいと旅行の気分も高まりますね!
やっぱり、この年齢になると魚料理メインの食事は大歓迎です!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今週は、西伊豆に1泊2日のバスでの社員旅行。確か一昨年はグアムだったけど・・。 [ご当地グルメ(東海)]

今年の社員旅行は、西伊豆へ出発。
金曜日の午後は休みとなり一部のメンバは、お留守番で残っていましたが12時過ぎに
会社の前を出発し、まずは第一休憩所の海老名パーキングに到着。

まずは、名物のメロンパンを購入。
IMG_4977.jpg
この日は、「とろけるキャラメルクリームパン」と「プレミアムメロンパン」を購入。
IMG_4976.jpg
プレミアムメロンパンッて、¥280と結構高いね。
IMG_5046.jpg
表面のグラニュ糖がみっちりで、中にもクリームが詰まっています。
IMG_4979.jpg
先日、おじゃマップでも紹介された肉巻きシリーズで、アスパラベーコンまきも購入です。
IMG_4980.jpg
会社の後輩からに、エビエビ焼きが有名だと説明すると、わざわざ買ってきておすそ分けを
してくれました。数年ぶりに食べたけど、タコと違ってプリプリっとした食感がいいアクセントに
なって美味しかったです。
この後は、伊豆パノラマパークに向かいます。
IMG_4981.jpg IMG_4985.jpg
ロープウェイに乗って向かいますが、残念ながらこの日は、富士山を見ることができません
でしたが、足湯があるなど少しゆっくりできました。
この後は、この日の宿泊ホテルに向かいます。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

赤いカウンターに思わず魅かれて、入ってみた立ち食いのお寿司屋さん(池袋:さくら寿司) [グルメ(池袋近辺)]

久しぶりに池袋買い物をした後、西口の地下街の東武ホープセンターを通っていると
地下街の通り沿いに気になる店を発見。
その気になったお店が「立喰 さくら寿司
気になった訳とは・・・
IMG_4882.jpg
この見事な朱色のカウンターです。
赤色が大好きな自分にとっては、ゾクゾクする色合いです。
IMG_4881.jpg
このカウンターに笹の葉を乗せて握りをいただきます。
IMG_4888.jpg
まずは赤づくしとして、「本鮪赤身」(¥100/@)
見事な色合いですね。脂身ではありませんが、身はしっとりとしており、舌の上で溶けるようです。
冷凍ものとは思えないほどの、クオリティの高さです。
IMG_4884.jpg IMG_4885.jpg
「〆鯖」(¥130)「真鯛」(¥150)「平目」(¥200)
最初は、1貫づつ提供されるかと思っていたので、何種類も頼んでしまったが後の祭り。
でも、真鯛、平目などの白身も身が締まっていて美味しいですね。
IMG_4886.jpg
最後のシメはちょっと珍しい「桜えび」(¥150)
プチップチという食感がいいですね。老舗の店ではなくこういうお店で食べれるのもいいですね。
地下通り沿いなので丸見えなのを気にしなければ、ネタも新鮮なのでイケテルと思います。
老舗の高級店でなくとも、美味しいお寿司をいただけるのを改めて実感です!!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

最近の立ち食いソバ屋って、つけそばがプチブームになっているの?(新宿構内:そば一) [グルメ(新宿)]

神宮球場で野球観戦の後、帰り道に新宿駅で乗り換えの際に、ちょっと小腹がすいてきたので、
新宿駅南口の駅構内の立ち食いそば屋に立ち寄る。
お店の名前は、「そば・天ぷら そば一」
以前あった店とはちょっと変わったかな?
この店は、立ち食いにしては珍しくうどんは提供していないので、そばのメニューしかありません。
ホントは、この時期のメニューだと舞茸の天ぷらなどキノコ系のメニューが多くなるので、
それを期待したけど、こち他の店にはなかったので、気になったメニューを注文
頂いたメニューは、この秋の新メニュー。
IMG_4921.jpg
「揚げなすと豚肉のみぞれつけそば」(¥480)
最近、立ち食いそば屋さんで。つけそばのメニューが多くなっていると思うのは、自分だけで
あろうか?以前だと、鴨つけそばぐらいしかなかったけど、バラエティに富んでいます。
IMG_4922.jpg IMG_4923.jpg
少し甘めのつけダレですが、大根おろしも相まってサッパリして美味しいですね。
豚肉も柔らかくて、つけだれの味がしみ込んでいるので、美味しいです。
つけメンのような熱々のつけダレではなく、少し暖かいつけダレなので、おそばをツルツル
のど越しよく、いただけるのもいいですね。
IMG_4925.jpg
最近ホントに、立ち食い系のお店のクオリティが上がっていますネ。
手軽に美味しい料理をいただけるのはホントにありがたいです。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年最後の野球観戦は、明治神宮外苑創建90年記念の野球大会(神宮球場) [野球/スポーツ]

ヤクルトファンの知り合いからのお誘いで、季節外れの野球観戦へ。
幸いにも天気にも恵まれ、ポカポカ陽気のなかで野球を見ることができました。
この試合は、明治神宮外苑創建90年記念の野球大会で、東京6大学の選抜チームと
ヤクルトスワローズの試合です。
前回は、10年前に実施されてヤクルトが辛くも3-2で勝ったそうです。
iriguti.jpg
13時からの試合開始だったので、その前に腹ごしらえです。
IMG_4910.jpg
球場の外で「タレ漬け唐揚げ丼」(¥850)を購入です。
あまりからあげ丼というのは食べないので、実は理由があります。
IMG_4907.jpg IMG_4908.jpg
ホントは、ネギ塩ヤキソバを買う予定だったんだけど、なんと6大学のヘルメット付きの丼ぶりが
もらえるということで、我が母校の法政大学のヘルメット丼をもらうためにからあげ丼を購入。
IMG_4909.jpg
ちょっと逆向きですが、法政大学の「H」です。
実はこの唐揚げ丼が、後で悲劇を生みます。
この後、始球式があり、元ヤクルトで今日ヒューストンアストロズに移籍が決まった青木宣親選手
が始球式を終えて、なんと観客席にグローブを投げ込んだのですが、自分の座っているすぐ真横
に投げ込まれました。
この時、左手に食べかけの丼ぶりを持っていたので、右手しか使えずに、つかみ損ねました。
もし、もっと早く丼ぶりを食べ終えていれば今頃・・・。
実際に、近くにいてグローブを手にした女性が早速Twitterにアップしていました。
あ~あ、俺のだったのかもしれないのに・・・。
IMG_4912.jpg IMG_4919.jpg
残念ながら試合結果は、6大学選抜は惨敗でした。
立教のピッチャーが不幸にも点を取られすぎましたね。
でも、法政から選出された選手が、チームヒット数の半数以上を打ったのは嬉しかったです。
IMG_4914.jpg
ヤクルトファンも上機嫌になり、傘が連なっています。
この日は、秩父宮でラグビーの日本代表のテストマッチもあり、神宮周辺はスポーツ祭りです。
でも近くの外苑前駅が、銀座線が今日明日と不通になっているので信濃町駅が大混雑して
フィーバーしてました。
でも、やっぱりスポーツ観戦は生が一番ですね!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

立ち食い焼き肉を初体験!お肉1枚から注文できるうれしいシステム(秋葉原:治郎丸) [グルメ(東京/上野/神田近辺)]

秋のテレビ番組の改変時期で、また年末年始のテレビ番組の録画のため、外付けのハード
ディスクを買いに秋葉原に出かけた。
ちょっと前まで、1TBのディスクが1万円ぐらいだったけど、今では2TBが¥5,000ぐらいに値下がり
しているのには驚いて思わず2本も買ってしまった。
いつも買っているツクモ電機の近くにオープンした焼肉のお店を訪問。
お店の名前は、「立喰い焼き肉 治郎丸」
西武新宿店では、元プロ野球選手で巨人でも活躍した中村隼人さんが働いている店です。
お店の特徴は、立喰い形式というだけでなく、様々な肉の部位を1枚から注文できることです。
IMG_4859.jpg
特に美味しかったのが、この「A4級イチボ 長崎和牛」(¥300/@)
上の肉は「タン先」(¥200/@)です。
イチボは、焼いた瞬間に脂身がジュワッとして、少し火を炙るだけで、イイ焼き上がりです。
口にすると、とろける様な歯ごたえで激ウマでした。
何もつけずにいただくと、お肉が甘いですね。これな絶品のお肉でした。
以前、福岡の屋台で食べたイチボも長崎の和牛だった気がしてます。
IMG_4860.jpg
「のどがしら」(¥80/@)「豚ハラミ」(¥110/@)
豚ハラミは、意外に歯ごたえが強いですね。普段食べる牛ハラミとは明らかに食感が違います。
IMG_4861.jpg
個人用の卓上のコンロで、美味しく焼き上げます。
IMG_4857.jpg
「もやしナムル」(¥300)
これ、結構おいしかったです。
IMG_4865.jpg IMG_4867.jpg
最後のシメには、「マルチョウ」(¥100/@)をいただきました。
焼けてくると、油身部分がくるッと反転するんですね。
ジューシーで溶ける様な感触でした。
自分の好みの肉を必要な部分だけ食べれるスタイルは嬉しいですね。
IMG_4871.jpg
その日によって仕入れが変わるようですが、「友三角」や「ザブトン」はなかなか食べれないので、
ぜひまた今度こようっと!!
でも、店内の価格と違うのはなぜかな?

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鬼平犯科帳をモチーフにした羽生パーキングでどでかい海老天丼に遭遇!(埼玉羽生PA:万七) [グルメ(埼玉)]

長野上田の信州旅行の帰りに、東北道の羽生パーキングによってみた。
羽生パーキングといえば、鬼平犯科帳をテーマとした江戸の街並みをイメージしたテーマパーク
ようなパーキングです。
以前、一本うどんを食べた記憶がありますが、今回は別の店を訪問。
この時期、秋のシーズンメニューを出している店が多いのですが、その中でも気になったメニューを
提供しているお店へ訪問。
お店の名前は、「江戸めし 万七」
丼ものとカレーをメインとしているお店で、今回いただいたのは・・・・。
IMG_4768.jpg
「大海老天重」(¥1,280)
IMG_4770.jpg
これは見事な海老天ですね。
かなり大きなエビ天ぷらが、3本も入っています。
IMG_4772.jpg
海老の大きさは、30cmはあろうかという大きさです。
IMG_4775.jpg
しかも衣は薄目で、噛むと海老の実がプリップリっとしています。
まさに意外な一品ですね。
普段海老天丼ってあまり食べないので、これは贅沢な丼ぶりでした。
IMG_4779.jpg
この秋の時期は、フォアグラ丼のメニューもあるみたいです。
IMG_4782.jpg
この江戸の街並みの雰囲気は、夜は一段と明りの加減などかなり幻想的ですね。
羽生パーキングは、いろいろと趣向を凝らしているのもドライブの際にぜひ立ち寄りたいですね。
これからの時期、寒くなり雪が降り始めるとなかなか寄れないので、とてもいい時期に立ち寄る
ことができたので良かったです!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

真田の里を巡る信州ぶらり旅。国宝など神社を巡り心身ともにリフレッシュ(長野県上田市) [旅行]

別所温泉で、朝湯につかった後は、まず真田ゆかりの地へ。
真田幸隆、昌幸が眠る長谷寺へ。
じつは、「はせでら」かと思ったら、「ちょうこくじ」という名前なのは知らなかった。
IMG_2129.jpg
こちらが、真田幸隆、昌幸のお墓です。
IMG_2132.jpg
中央が幸隆公、左が幸隆公夫人、右が昌幸公のお墓です。
IMG_2141.jpg
ここのお墓は、市の指定文化財にしてされてまだ日が浅いみたいですね。
IMG_2144.jpg IMG_2143.jpg
てっきり幸村のお墓もあると思ったのですが、幸村のお墓は調べてみると存在しないみたい
ですね。その代わり全国に供養墓や供養塔が存在するみたいですね。
こちらが、幸村の供養塔です。
IMG_2135.jpg
お墓の入り口の門は、幸村の象徴の赤門に真田の代名詞の六文銭です。
IMG_2138.jpg
参拝者が必ず行う儀式も当然やってきました。
IMG_2137.jpg IMG_2131.jpg
苔のある部分に六文銭の形を作ります。この日のために5円玉を数十枚用意してきました。
この日は、まだ朝早かったので、参拝客も少なく、自分が一番乗りして自分で占領できましたが
翌日になると整理されてしまうんでしょうね。
IMG_2127.jpg
本殿は最近改装したばかりなのか、比較的新しいです。
IMG_2128.jpg IMG_2122.jpg
境内は各所に六文銭です。
IMG_2120.jpg IMG_2121.jpg
このあとは、真田の本城があったといわれる場所に移動です。
かなりわかりにくい場所にあります。
IMG_2155.jpg
実際は、城の跡がほとんどないので、ここにあったのではないかという話のようです。
IMG_2151.jpg IMG_2146.jpg
確かに観光客も少ないので、ちょっと拍子抜けですね。
IMG_2156.jpg
でも、山の上から見る景色は綺麗でしたね。
この後は、上田城に向かいます。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

上田城の近くでおそばを食べるなら、やっぱりこの店の六文銭かき揚げ!(長野上田:千本桜) [グルメ(北関東)]

別所温泉で、ゆっくりと朝ぶろを堪能した後で、真田の里を巡って、最終目的地の上田城へ向かう。
やはり、大河の影響なのか城内はかなり混雑しています。
真田神社や真田の井戸を巡った後で、混む前に早めのランチに向かいます。
向かったお店は、上田城址公園内にある上田市観光会館の1Fにあるお蕎麦屋さん。
お店の名前は、信州上田手打ちそば処「千本桜」
こちらのお店の名物は、六文銭かき揚げです。
IMG_2164.jpg
ちくわで描いた六文銭が見事ですね。しかもかなりボリュームのあるかき揚げです。
IMG_2163.jpg
「六文銭かき揚げ天ざるそば」(¥1,570)
この六文銭かき揚げは、この天ざるセットのみです。
サクサクとした食感と、そばをすする音が心地いいですね。
お蕎麦もそば処の信州ということもあり、そばの風味があり、味わいながらいただきます。
実は、今回の旅行の目的は、このかき揚げを食べることだったので感動ですね。
事前にお店をチェックしていたので、混まないように11時過ぎに入店したので、ゆっくりと
食事を楽しむことができました。
IMG_2158.jpg
田舎そばも人気のメニューのようです。
田舎そばに、六文銭かき揚げの単品追加という組み合わせもよかったかもしれませんね。
そろそろ、大河ドラマも佳境に来ているので、また落ち着いて温かくなったらこようっと! 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

真田幸村ゆかりの里 別所温泉で早朝から温泉に浸かってみた。 [旅行]

久しぶりのプチ一人旅
今回は、真田の里目指して金曜日の夜出発して、途中伊勢崎で下車をして食事をとったあと、
再び高速に乗り、途中横川のSAに立ち寄って車の中で朝方まで仮眠をとった後、お日様が
出る前に野へ向かう。
一人旅だと、ホテルなどへ宿泊せずに、車の中や漫画喫茶で夜を明かせるのも都合がいい。
実は、真田の里に向かう前に目的の一つが温泉に行くこと。
別所温泉駅には、公衆浴場が3つあるので、すべての湯に浸かろうと。
IMG_2046.jpg
まず入り口で迎えてくれるのは、葵の湯「大湯」です。
朝、6時から空いているのですが、すでに地元のお年寄りで一杯です。
運良く一つ空いていたので、体を洗って温泉にゆっくり浸かります。
しばらくすると、近くのホテルに泊まっている人たちも入ってきたので、湯から上がり次の
温泉へ向かいます。
IMG_2048.jpg
公衆浴場 2軒目は「大師湯」です。
先の大湯からは少し坂を上っていくので、比較的すいていたので、ゆっくりできました。
IMG_2049.jpg
ちなみに入浴料は、どの温泉も¥150です。
最後の温泉は、こちらの石湯です。
IMG_2057.jpg
こちらは、真田幸村の隠し湯といわれているようです。
戦国時代には、幸村もこの湯につかったんですかね?
2時間ぐらいかけて、ゆっくりと3か所の湯につかってちょっと散策をします。
IMG_2069.jpg
見事な甲冑ですね。
IMG_2071.jpg IMG_2072.jpg
左が真田幸村モデルで、右が父の真田昌幸の甲冑です。
やはり、幸村のこの朱色の甲冑は綺麗で見事ですね。うっとりしてしまいます。
この赤色をみると、心が落ち着きますね。
IMG_2045.jpg IMG_2047.jpg
途中、足湯などもありました。
2,3時間湯の下でゆっくりしてから、ついに真田の里へ向かいます。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北関東を中心に展開しているステーキ屋を初めて訪れた(群馬伊勢崎:どんさん亭) [グルメ(北関東)]

大河ドラマで話題となっている大好きな真田幸村のゆかりの地を訪れるために長野へ向かった。
途中、群馬伊勢崎で高速を降りてディナーをとることに。
立ち寄ったお店は、「ハンバーグ・ステーキ どんさん亭」
群馬と栃木で4店舗展開しているそうです。
ファミリー向けのいうことですが、店内はファミレスという雰囲気ではないですね。
IMG_2019.jpg
「テンダーロインステーキ 180g」(¥2,680)
IMG_2020.jpg
180gといえども、結構なボリュームですね。
IMG_2015.jpg IMG_2016.jpg
この日は、スープとグリーンサラダとライスのデラックスセット(¥600)を注文。
IMG_2025.jpg
見事な赤身ですね。
ステーキの脂分はなかなか胃が受け付けなくなったので、この赤身がうれしいです。
程よい肉感があるので、ステーキ肉の醍醐味を味わえますね。
IMG_2022.jpg
ちなみに、2種類のソースでお肉を味わいます。
美味しいお肉は、シンプルに塩コショウで十分ですが、味を変えることでまた違ったお肉の
美味しさを味わえますね。
IMG_2012.jpg
ステーキは結構いいお値段がしますが、リーズナブルなメニューもあるので、こういう部分は
ファミリー向けかもしれないですね。
IMG_2026.jpg
こちらのお店を運営する「サンフーズ」ですが、肉だけでなく、海産系や居酒屋なども、群馬県
栃木県内に多店舗展開しているようですね。
北関東には、まだまだ知らないお店がたくさんありそうですネ!

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の30件 | -