So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

無事に墓参りを終えて、故郷の滋賀県の有名和菓子店でお土産を買って東京に戻る。(滋賀県守山:たねや [ご当地グルメ(関西_滋賀)]

我が故郷、滋賀県で有名なものと言えば、「琵琶湖」「信楽焼」「甲賀忍者」「ふなすし」と
もう一つあるのが「たねや」
もともとは、和菓子店だったのですが、「CLUB HARIE」というブランドで、バームクーヘンや
リーフパイが話題となり一躍有名になったお菓子のお店。
近江八幡の本店はこじんまりとしているのですが、いくつかある支店はヨーロッパ風の雰囲気で
かなり綺麗です。
今回は、「守山玻璃絵館」を訪れました。
IMG_3770.jpg
入り口はヨーロッパ風ですね。
中に入るとお土産コーナーと、午後ティーを楽しめる喫茶店があります。
IMG_3769.jpg IMG_3767.jpg
有名なリーフパイと、自分で作ることができる最中です。
IMG_3768.jpg
当然、ケーキなどの洋菓子もディスプレイされています。
今回は、この最中と寒天をお土産に持ち帰りました。
この後、無事に墓参りを終えて、東京への帰路につきます。
帰りは京都から新幹線に乗ったのですが、ちょっと豪勢なお弁当を購入です。IMG_3785.jpg
日本三大和牛の一つ「近江牛」のお弁当です。(¥1,160)
そうです、滋賀県には近江牛という有名なお肉もあります。
IMG_3786.jpg
近江牛がふんだんに使われています。
IMG_3787.jpg IMG_3788.jpg
すき焼き風の味付けと、焼き肉風で二つの味を楽しめます。
横に座っていた、おばさんから美味しいそうねと思わず声をかけられました。
IMG_3789.jpg IMG_3790.jpg
おかずをふと見ると、なにやら赤い物体が。
実は、コレは赤こんにゃくで、これまた滋賀県近江八幡の名物です。
特に辛いわけではないので、普通に戴きます。 

こういう食事で自分の故郷を感じられるのっていいですよね。
駅弁は、冷めてもその地域の食材を楽しめるので、コレも出張旅行の楽しみですね!!


付け出しのキャベツの味噌が抜群の旨さ。焼き鳥もうまい、穴場のお店発見(滋賀県瀬田:ほっとけや家) [ご当地グルメ(関西_滋賀)]

今回の大阪出張では、タイミング良く田舎の墓参りもかねて滋賀県へ向かう。
毎年、自分で車を転がして滋賀県に向かい、甲子園の高校野球の観戦を行うのだが、今年は
仕事でばたばたしていたので、甲子園の観戦は控えて墓参りのみ。
でも車の移動が必須なので、草津駅に近いホテルで、ニコニコレンタカーがあった琵琶湖線の
「瀬田」駅近くで泊まることに。
でも泊まったホテルが、駅からかなり歩くので、送迎バスで向かい荷物を置いて再び駅へ。
駅前で見つけたお店が「元気印のほっとけや家」
串かつや焼き鳥がメインのお店でったので、気軽に入店。
IMG_3739.jpg
付け出しのキャベツ。
麹の入ったお店特製のお味噌だそうですが、この味噌がかなり美味しいです。
お味噌だけおかわりしましたが、他の料理も期待できそうです。
IMG_3741.jpg
串カツの店と言うことで、アラカルトで注文。
「豚肉」(¥110)「牛肉」(¥120)「きす」(¥100)「レンコン2個」(¥50/@)「ナス」(¥50)を注文。
関西で食べるレンコンって半身が多いですよね。
油が軽くて、サクッと戴けます。ソースも少し甘めで美味しいです。
IMG_3742.jpg
「砂ズリ」(¥120)「はつ」(¥90)は塩焼きで、「つくね」(¥150)「もも肉」(¥150)はタレ焼きで
戴きます。
モモ肉は、ジューシーでかなり美味しかったです。
この時点でお腹は十分張っていたけど、よせばいいのに店員さんのお薦めメニューを。
IMG_3744.jpg
幻の霜降り肉「いちぼのステーキ」(¥1,480)
IMG_3740.jpg
メニューの写真と全然違った。
焼くのに30分くらいかかりますと言われて待っているけど、ちょっと焼き過ぎちゃったのかなぁ?
なんだかパサパサのお肉になっていたので、ジューシーさも感じられなくて残念なメニューでした。

せっかく、串カツや焼き鳥が美味しかったので、この店にしてはかなり割高なメニューなんだから、
ちゃんと火の通りの管理はしてほしいですネ。


気持ち的に涼しさを求めて北海道のアンテナショップへ(有楽町:北海道どさんこプラザ) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

今年も夏は終盤にさしかかり、台風の影響で涼しくなったのかと思ったが、やはり残暑は厳しい。
そんなわけで、少しでも気分だけでも涼しくなろうと、北海道のアンテナショップへ。
有楽町のビックカメラで買い物を終えて、交通会館へ。
そこにあるのは「北海道 どさんこプラザ」
そこで戴いたのは、ソフトクリーム。
IMG_3670.jpg
「メロンミックス」(¥390)
夕張メロンとバニラのミックスです。
ホントは、もう少し長いんだけど、何口かなめてしまったので、ちょっと短くなっています。
IMG_3675.jpg
意外に男性の客が多かったですね。
IMG_3673.jpg IMG_3674.jpg
北海道と言えば、ジャガイモと言うことで、コロッケをお土産に購入です。
iriguti.jpg
有楽町、銀座界隈には、各地域のアンテナショップがあるので嬉しいですね。
久しぶりに、銀座一丁目にある沖縄のアンテナショップで、もずくの天ぷらを買ってこようかな?

大阪第四ビルはしごツアー。珍しい若鶏やハモの串カツを食べれるお店(大阪梅田:七福神) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

大阪第四ビルのお店をはしごツアーする2軒目は、串カツ専門店へ。
お店の名前は、「七福神」
大阪駅前第四ビルの地下2階にあるコの字カウンターのお店。
IMG_3703.jpg
「若鶏」(¥165)
串カツで、豚肉、牛肉のメニューはあるけど、骨付き鶏の串揚げは初体験。
ふっくらした身がジュワッとしてジューシーでかなり美味しいです。
久しぶりに美味しいと思う串カツでした。
IMG_3700.jpg
「盛り合わせ6本」(¥660)
牛肉、エビ、レンコン、キス、うずら、ししとうの組み合わせ。
エビが入っているから少しお得感ありです。
IMG_3705.jpg
「マイタケ、山芋、ニンニク」(¥110/@)
赤いにんにくは、出汁醤油で戴きます。
最後は、ハモの串揚げを戴きましたが、なぜか写真撮るの忘れました。
ハモの串カツなんて、なかなか食べれなかったので、ビックリしてしまいました。
IMG_3702.jpg
ちなみに、ハモはポン酢で戴きます。
IMG_3707.jpg
大阪の各駅前ビルには、ホントに安くて美味しい大衆店が多いので、嬉しいですね。
高いお金を出さなくても美味しい料理をたらふく食べれる大阪のお店は大好きです。




大阪駅前第四ビルで見つけた安くて美味しい立ち飲みや(大阪梅田:七津屋) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

大阪出張で今回は、串カツを食べようと食べログをチェックしていると気になる店を発見し訪問。
立ち飲みやということで、それほど大きな期待をしていなかったけど誤らないといけません。
お店の名前は、大阪駅前第4ビルの地下1階にある「七津屋」
IMG_3689.jpg
「串揚げ各種」
レンコン(¥90)、うずら(¥90)、豚肉(¥90)、牛肉(¥110)、いかげそ(¥140)。
こちらのお店では、ソースにつけずにかけて食べます。
IMG_3694.jpg
衣がさくさくで美味しいですね。
IMG_3691.jpg
「鉄板焼き 牛ハラミ」(¥290)
食べログの写真を見せながら注文。ハラミ肉が柔らかくて、しんなりしたもやしと濃いめのタレ
で頂きます。
このボリュームとクオリティでこのお値段は、お値打ちものです。
IMG_3693.jpg
「白身魚フライ」(¥140)
白身がフックラとしています。ソースではなく、塩で食べるのもイイですね。
料理のクオリティがかなり高かったので、もう少し食べたかったけど、この日は何軒か一人
はしご酒をする予定だったので、惜しみながらお店を後にします。
IMG_3687.jpg IMG_3688.jpg
メニューも充実しているので、このお店は人気がありそうですね。
gekikomi.jpg
帰りがけに店前を通ってみると、激混みで立ち呑みメンバですし詰めでした。
お気に入りの店を見つけたので、良かったです!!


三田米を売りにしている定食屋さんを訪問!ご飯は艶々しています。(兵庫県三田市:田助) [ご当地グルメ(関西)]

久しぶりに仕事で兵庫県を訪れた。
午後一からのお客様向けの提案プレゼンを控えていたので、しっかりパワーとつけるために
美味しいご飯を探していると、店前の登りに勢いがあったお店を発見。
お店の名前は、「魚と鶏と粋な酒 田助

山田錦の三田米を使っているとの説明で、白米に期待して入店。
IMG_3682.jpg
「だし巻き玉子と日替わりおかず定食」(¥880)
 この日も暑かったので、ガッツリ系ではなく、ちょっと和食風にということで、卵焼きを。
IMG_3683.jpg
結構ボリュームのある卵焼きです。
玉子2個以上は使っていそうです。あっさりとした出汁の味付けで美味しいですね。
大根おろしと頂く事で、さらにさっぱりと頂けます。
この日のおかずは、豚肉の 冷ごましゃぶでしたが、これまたすっきりとした味付けで
美味しく頂けます。
IMG_3684.jpg
これが、噂の三田米です。
ご飯が艶々していますね。ふっくらとしており、甘みがあります。
普段、ご飯をおかわりすることは、殆ど無いですが、今回は1/3おかわりです。
 →でも、殆ど普通盛りで出てきたので、ビックリです。
所々ご飯が堅い部分があったのは仕方ないですね。
IMG_3680.jpg
ちょっと珍しい八味唐辛子なるものもおいてありました。
IMG_3678.jpg IMG_3679.jpg
結構魅力的なランチメニューで目移りしそうです。
IMG_3686.jpg
やっぱり白米が美味しいとおかずも一段と美味しく感じられるので、嬉しいですね!


板橋行きつけのイタリアンのキミオモの店長のリンダ君の最終日に訪問(板橋:君想う暮らし) [グルメ(地元:板橋近辺)]

つい先日の訪問をしたけど、店長のリンダ君の最終出勤日にコレまでのお礼もかねて再訪。
この日は、会社の同僚を引き連れて訪問。
リンダ君の最終日と言うことで、1時間ぐらい他の店で時間をつぶしてようやく21時過ぎに
入店するが、店内は激混み。

この日は、普段食べないものを注文
IMG_3648.jpg
「色々鮮魚のカルパッチョ」(¥680)
この日は、すでに刺身系がほとんど売り切れてしまったので、あり合わせで作ってもらった。
サバが入っている珍しいカルパッチョ。
このドレッシングというかソースがメチャクチャうまいです。
IMG_3649.jpg
「エビとキノコのアヒージョ」(¥580)
バケットを追加注文したので、アツアツグツグツにもう一回煮立ててもらって提供してもらいます。
やっぱりうまいです。
IMG_3651.jpg IMG_3652.jpg
「ソーセージのグリル」(¥580)
初めて注文しましたが、まさかこんなに大きいとは・・・。カットして戴きます。
お店で腸詰めしているので、臭みがなくて新鮮ですね。
付け合わせのこの紫キャベツが、美味しいです。
IMG_3653.jpg
「蛤とトマトワイン蒸し(¥580)」
さっぱりとしてスープも戴けるので、美味しいです。
 IMG_3655.jpg
「新玉葱と生ハムの白いピッツア」(¥880) 
普段ピッツァはあまり食べないのですが、この日は同僚が是非食べたいと言うことで、
玉葱が苦手ですけど注文してみました。 
IMG_3654.jpg
「裏ニュー:珈琲牛乳割り」
牛乳割りのメニューが合ったので、珈琲焼酎はないのかをリンダ君に聞いてみたら、実は
あるんですよと言うことで、裏メニューで提供してもらいました。
個人的にコーヒー豆を漬け込んでいるらしいので、いつなくなってしまうか分からないメニュー
なので、今の内かな?
この日は閉店まで、満員ぎゅうぎゅうでした。
あしたからは、カミジイが復活するので、また違った雰囲気になってくるかな?

あっ、忘れてた。
ひなたの若手スタッフが、10/9(日)に板橋の赤塚公園で1日限定のケータリングサービスを
やるそうです。いわゆる出店です。
「BridgeParty」というイベントが開催されるのに合わせて出店するそうです。
まだ、メニューは決まっていないようですが、若手スタッフが一生懸命考えているようですので、
是非近くの方は顔を出してみてはいかがですか?

お盆の時期でも築地場外の立ち食い寿司屋さんが開いていて良かった(築地:すし兆) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

新富町近くにある取引先で朝一からの打ち合わせを終えて、ランチをとるために築地へ向かう。
10分ほど歩いて築地駅に着くと、お盆ではあったが観光客の人も結構いたけど、見かけた
お店が比較的空いていたので、入ってみることに。
お店の名前は「築地 すし兆」(STANDING SUSHI BAR)
築地の店では初めて見かけた立ち食いのお店。
お店の中は、比較的年配のお客さんが多かった。
IMG_3665.jpg
「くじら赤身」(¥180)
最近鯨を食べれる店が少なくなったので、かなり珍しいですね。
身がしっかりしているので、ステーキのような感じで美味しいですね。
IMG_3658.jpg IMG_3661.jpg
「大名さば」(¥120)
シャリがほとんど無いサバ鮨です。焼いていない棒サバ鮨みたいな感じですね。
酢締めも程よい感じでサバ好きの自分としては、サバの身が多いので気に入りました。

「煮穴子」(¥150)
煮穴子は湯気が出ているので、暖かいまま戴けます。
穴子は溶けるように柔らかい身で、甘めのタレが良いです。
IMG_3663.jpg IMG_3664.jpg
「真鯛」(¥150)
身がしまっているので、歯ごたえがありますね。火を通した皮目の食感もイイですネ。
「真いか」(¥80)
しっとりしたイカの身は甘みを感じます。
IMG_3662.jpg
「びんちょうまぐろ」(¥80)
コレがかなり美味しかったのにビックリです。
口の中でとろけるようなマグロのみが美味しかったです。まるで大トロかと勘違いするよう
だったので、ついもう一貫追加です。
IMG_3667.jpg IMG_3666.jpg
最後には、巻物とつまみ玉子を注文です。
「まぐたく手巻き」(¥180)
トロたくの手巻きは多いけど、まぐたくは初体験です。
赤身、トロ、たくわんの贅沢手巻きです。結構具だくさんだったので、ボリュームがあります。
「つまみ玉子」(¥80)
甘さ控えめの卵焼きでした。
IMG_3669.jpg
築地で初の立ち食い寿司屋を体験しましたが、お手頃価格でいただけたので良かったです。
この夏は、「まぐろづくし5貫盛り」がお得でイイですネ。
IMG_3668.jpg
入り口は一瞬格好いいなと想うような造りでしたが、かなり庶民的なお店で良かったです。
このお盆の時期だったので、市場が休みだったのでネタが限られていたので、次回は普通の
営業時にまたお邪魔したいですね。ご馳走様でした!!

博多うどんが新橋で食べれる店。モーニングは、日替わりで異なるうどんを楽しめます(新橋:ウドン ブゼン) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

朝一で取引先への打ち合わせへ向かう途中で新橋で朝ご飯をとることに。
新橋駅へ向かう途中にある博多のうどんの店に寄ってみた。
お店の名前は、UDON BUZEN(ウドン ブゼン)」
この店の朝メニューは日替わりで楽しむことができます。
IMG_3614.jpg
この日は、火曜日だったので、「とりちくわ天うどん」(¥300)
この時期は、さっぱりと冷やしうどんで戴く。だって、大根おろしが美味しいから・・・。
冷たい博多うどんを食べるのは初めてかもしれない。
案外この腰のないニュルッとしたうどんは冷たい方が美味しいかも?
この店には、特殊な唐辛子がおいてあって、超辛口の「黄金」をかけてピリッと戴きます。
IMG_3615.jpg
個人的には、ごぼう天が好きなので、月曜日か木曜日がいいかな?
IMG_3616.jpg
夜はちょい飲みで楽しめるようです。
天ぷらつまみに、ちょっと飲むのもいいかもしれませんね・・・。


久しぶりに夕飯にガッツリイタリアンを食べてみた(板橋:君想う暮らし) [グルメ(地元:板橋近辺)]

久しぶりに新板橋にある人気イタリアン「君想う暮らし」を訪れた。
帰り際に、残念なお知らせがあった。
なんと店長のリンダ君が8/15でひなたグループをやめてしまい、地元の福岡に戻るとのこと。
福岡に戻って、すぐに自分の店を構える訳ではないらしいけど、是非お店を持つようになったら
行ってみたいですね。
この日は、久しぶりにパスタを戴きます。
IMG_3632.jpg
「小柱のジェノベーゼパスタ」(¥880)
トマトの赤とバジルソースの緑のコントラストが鮮やかでうっとりです。
アルデンテのパスタと小柱の口当たりがまたいいですね。
IMG_3627.jpg
「沖縄もずく~土佐酢~」(¥200)
新しいお勧めメニューですが、かなり美味しいです。
お酢が酸っぱさは控えめで少し甘みがあるような感じです。
もずくをツルッとサラッと戴け、喉ごしが抜群です。
IMG_3631.jpg
「イタリアン蒸しキャベツ」(¥380)
この時期はさっぱりと食べれるものを体が自然と欲するので、体にヘルシーな物を。
バルサミコ酢で彩られた蒸しキャベツは程よい食感を残したキャベツをイタリアンソースで
戴きます。夏の疲れた胃にはこういう料理はベストですね。
IMG_3636.jpg
「骨付き鶏もも肉のコンフィ」(¥580)
さっぱり料理で胃が活気付いてきたので、肉料理も戴きます。
パリパリした皮目と、ホロホロとした身の味付けが最高ですね。
粒マスタードをつけなくても、十分美味しくいただけます。
この低温でじっくりとオイルで煮る手法によってこのお肉の柔らかさになるんですね。

少し前の日にも訪問をしていました。
IMG_3606.jpg IMG_3607.jpg
「おまかせ刺盛り3点」(¥680)
ひなたグループ名物のメニューよりも、点数が多くなる刺し盛り。
運んでくる途中に落としてしまったので、別盛りですが5点盛りです。
やっぱり、白身魚の刺身は大好きです。
IMG_3608.jpg
「若鶏の唐揚げバジル風味」
この時期のお勧めメニューですが、珍しい唐揚げを注文。
バジルソースにつけ込んでもらって、もう少しバジルの味を出してもらってもいいかな?

相変わらず、お手頃価格で美味しい料理を提供してくれるひなた系はホントに嬉しいですね。
リンダ君最後の15日にも顔を出してみようかな?

会社の近くでタイ料理の人気店があったので初めて入ってみた(田町:威南記海南鶏飯) [グルメ(田町)]

普段会社にいるときには、外で外食をすることはほとんど無いが、この日は取引先に
午後一で打ち合わせがあったので、取引先のあるビルの近くでランチをとることに。
立ち寄ったお店は、チキンライスが有名な「威南記海南鶏飯」 
ちなみに、読み方は「ウィーナムキーハイナンチキンライス」というみたいです。
まさか田町にシンガポールの有名名お店があるとは思わなかったが、近所のOLさんがどんどん
入っていくのをみてつられて入店。
IMG_3409.jpg
「ローストチキンライス」(¥1,100)
¥1,000を超えるランチに違和感があったけど、スチームよりはローストがいいかなと思い注文
チキンライスとローストチキン、スープのセット
IMG_3411.jpg
ローストチキンは、暖かいと思ったら、冷製のチキンでした。
ぱりぱりの皮目を期待していたけど、案外このしっとりした皮目もイイですネ。
スパイシーさは意外に控えめです。
このボリュームは食べ応えありますね。
パクチーの少しツンする清涼感がまた合いますね。
IMG_3410.jpg
このチキンライスを食べるときには、「ダークイソース」を少しかけて食べるようです。
少し濃厚な甘みのあるソースですね。オイスターソースみたいな感じですね。
チキンは、チリソースとジンジャーソースを混ぜた物につけて戴きます。
IMG_3405.jpg IMG_3406.jpg
ちゃんと食べ方を説明しているメニューもあるので安心です。
IMG_3412.jpg
店内は、涼しげなアジアンテイストの雰囲気なので、ちょっと避暑地感を味わえます。
tennnai.jpg
暑い夏には、ピッタシのお店かもしれませんネ。


最近テレビCMに力をいれている丸亀製麺によってみた(日比谷:丸亀製麺) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

さっぱりした冷やしの饂飩を食べたいなと思い、讃岐饂飩を食べるために途中下車。
日比谷駅の帝国劇場のビルにある「丸亀製麺」
丸亀という付いているけど、丸亀には全然関係無い神戸に本社があるトリドールが運用するお店。
最近のCMでは、「タル鶏天ぶっかけ」をやっているので、食べて見た。
IMG_3604.jpg
「タル鶏天ぶっかけ」(¥620)
実はもう一つの、大根おろしが付いているメニューを頼もうと思っていたんだけど、間違って
こっちを注文してしまった。
IMG_3605.jpg
揚げたての鶏天が四つも入っています。
実際食べて見るとこのタルタルソースが、自分にとってはかなりくどい。
さっぱりしたうどんを食べたいと思っていたので、このオーダーは失敗でした。
ガッツリ食べたい人はいいんだけど、このタルタル以外に、タマネギのみじん切りがどっさり
入っているのも、タマネギ嫌いの自分にとってもマイナスだった。
結局、うどんと鶏天一個を口にして、後は残してしまった。

好きな人には、たまらないメニューかもしれないけど、鶏天は二個ぐらいでも十分かな?
普通のおろしうどんに、鶏天を一個追加するのがコスパはいいかな?

丸亀製麺は、前回の季節メニューの「麦とろ牛ぶっかけ」を是非食べたいと思っていた矢先に
食中毒事件を起こしてしまったので、食べれずじまいだったけど、CMの効果か限定メニューが
美味しく見えてしまうのはやっぱり上手だね。

最近、ホントに年のせいなのか、夏バテのせいなのか、ガッツリメニューを食べるとかなり胃に
もたれてしまうので、上手に美味しい物を食べる方法はないものか?

最近、夏ばて気味なので、お昼はガッツリ美味しいカツ料理を!!(新宿:とんかつ三太) [グルメ(新宿)]

久しぶりに新宿買い物
でもその前に、腹ごしらえということで、お肉料理を食べようと新宿南口を歩いていると
ユニークな名前のお店を発見。
お店の名前は、「とんかつ三太」
新宿では結構有名なお店のようですね。
ホントはとんかつを食べるのがセオリーなんだけど、ちょっと体に気を遣って・・・。
IMG_3513.jpg
「チキンカツ定食」(¥1,100)
ちょっと割高のチキンカツですが、このお店の特徴がこれ↓
IMG_3514.jpg
衣が独特なんです。超粗めのパン粉でかつ筋状のパン粉をつかっているので、かなりの
ザクザク感です。
衣でざくっとして、中のお肉がジュワッとした食感が珍しいですね。
この異なる食感のハーモニーがたまりませんネぇ。

チキンカツも大好きなんですが、何よりも好きなのがとんかつ専門店の千切りキャベツです。
この超薄くスライスされたキャベツがおかわり自由なのが嬉しいです。
この日も4回もおわかりをしてしまいました。キャベツばかりを食べてすぐなくなったので、
店員さんが、器からキャベツがなくなるたびにおかわりしますか?と確認をしてくれます。
カツもサクサク、ジューシーで当然美味しかったですが、キャベツのおかげてお腹も満腹です。
IMG_3517.jpg
食後には、コーヒーかシャーベットを選択できるので、コーヒーは飲まないので、シャーベットを
当然選択です。口当たりさっぱりです。
IMG_3515.jpg
他のお客さんが頼んでいた、カツカレーも美味しそうでした。
omise.jpg IMG_3518.jpg
やっぱりキャベツを沢山食べたいときは、とんかつ専門店に限りますね。
当然、カツレツは戴きますけどね・・・。


宇都宮餃子の有名店で、焼き、水の餃子を食す(栃木宇都宮:宇都宮みんみん) [グルメ(北関東)]

取引先との打ち合わせも終盤となり、宇都宮餃子の話になり、どこで食べるのがいいかを
取引先の人に相談をしたところ、やはり「みんみん」で食べるべきとのことで、帰りがけに
駅前の店舗に寄ってみた。
IMG_3570.jpg
宇都宮駅東口の駅前広場にある餃子村のなかにある「みんみん」。
取引先からは、焼き、揚げ、水の全部を味わってと言われたけど、18個の餃子を食べれる自信が
なかったけど、とりあえず入店。
IMG_3573.jpg
「焼き餃子」(¥260)は、ランチに食べた餃子と同様に、やはり食べると肉汁がジュワッと
広がります。それにしてもすごい水分ですね。
思ったほど、ニンニクの強みがないので、あっさりといただけますね。
IMG_3574.jpg
「水餃子」(¥230)
最初は食べ方が分からなかったので、ネットで調べてみると、餃子のたれを水餃子の
スープに溶かしていただくようです。
なお、スープにも味が付いているので、そのままでも食べれるようです。
かなりあっさりして、ツルッといただけます。

残念ながらこちらの店舗には、揚げ餃子は売っていませんでした。
IMG_3571.jpg IMG_3572.jpg
メニューは餃子とその定食オンリーなのにはビックリしました。
唯一、盛岡名物のジャジャ麺?がありました。説明書きがあったけど見過ごしてしまった。

美味しかったので、お土産に4人前を持ち帰りです。
普段、王将の餃子ばかり食べていますが、たまには本場の餃子をいただくとイイですネ。
今度は、車に乗って浜松に食べに行くかな?

今年初めての栃木への出張。となると宇都宮餃子を堪能。(栃木宇都宮:宇都宮餃子館) [グルメ(北関東)]

今年初めて、栃木県に出張
となると当然、宇都宮餃子を食べようとまずは、打ち合わせの前にランチを戴くことに。
駅前でお店を探していると、よくテレビで見る風景がない。
実はテレビで写るお店は、ちょっと寂しい東口のお店のようだったので、西口出てお店を
さがすと、少し賑わっている地域を発見して入店。
お店の名前は「宇都宮餃子館 餃子村本店」
餃子ガッツリの餃子定食を食べようかと思ったけど、打ち合わせを控えていたので、お口の臭いを
気にして餃子は控えめにしてみた。
IMG_3564.jpg
「肉野菜炒めセット」(¥580)
なかなか野菜を普段食べないので、最近野菜炒めは積極的に食べるようにしているのが
密かなマイブーム。
IMG_3565.jpg
結構しっかり目のたれで美味しいです。
野菜炒めが美味いと当然他の料理もうまいはず。
IMG_3567.jpg
焼き餃子も結構大きめです。
コレ食べてビックリしましたが、噛むとジュワッとみずみずしさが広がります。
この店だけなのか、それとも宇都宮餃子がそうなのかは、帰りに他の店で再確認です。
でも、この水分たっぷりの餃子はホントに美味しかったです。
IMG_3563.jpg IMG_3560.jpg
結構有名人の人が来店しているみたいですね。
実は、この店舗ではなく、「宇都宮餃子館」全体で来店されたのを共有しているようです。
IMG_3568.jpg
打ち合わせ終了後には、別の店に行こうと決心し仕事へ向かいます。
ちなみに今回は、久しぶりに山形新幹線に乗って栃木へ向かいました。
IMG_3556.jpg
他の新幹線とは、ちょっとフロントノーズのフォルムがチョっと違いますね。

大阪でだし巻き卵を注文すると、出汁に浸かって出てくるのは鉄板か?(新大阪:そば処 やま家) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

関西出張時に取引先との打ち合わせを終えて、新幹線の出発まで取引先のオジサン連中で
飲むことになり、いつものように新しいDeepなお店を案内される。
今回のお店は、新大阪駅既構内にある「そば処 やま家」
結構歴史のあるお店のようです。
この日は軽くと言うことで、よくあるサラリーマン向けのお疲れセット様セットを注文。
「ほろ酔いセット」は、ビール1杯と¥300の付け出し2品のセットだったので、3人で6品を注文。
IMG_3501.jpg
「だし巻き」(¥300)
最近、関西で注文するこのだし巻き卵がいつも気になっている。
2/3の確率で、出汁に浸かって提供されてくる。
東京にいると、出汁に浸かって出てくることがないので、コレは関西の文化なのかと思うけど、
必ずしもそうではないので、何か理由があるのか気になってしまうので、今度ちゃんと調べて
みようっと。
IMG_3497.jpg
「そばチップ」(¥300)
ポテトチップスのような感じで出てくるのかなと思ったら揚げそばだった。
よくあるイタリアンの揚げパスタのように味が付いているのかと思っていたけど、残念ながら
味が付いていないので、塩を振っていただく。
でもこのシンプルなポリポリとした食感が大好きです。
IMG_3502.jpg IMG_3500.jpg
「フライドポテト」(¥300)と「するめの天ぷら」(¥300)
いつもご一緒するこの取引先のおじさま方は齢50を超えているのに、揚げ物もしっかりと
胃の中に入れます。
IMG_3498.jpg
「冷やしトマト
夏の冷やしトマトは美味しいですね。
さっぱりしているので、涼しさを感じます。
IMG_3499.jpg
「たこ焼き」(¥300)
やはり大阪ならではですね。しっとり系のたこ焼きです。
東京でそば屋でたこ焼きのメニューなんてまずないですもんね。
IMG_3496.jpg IMG_3503.jpg
駅構内では比較的値段が高い店がありがちですが、こういう庶民的な価格の店があるのが
本当に嬉しいですね。
出張帰りにふらっと寄って、千円札握りしめてお酒を楽しめる嬉しいお店です。
でも、一杯で終わることがないので、何杯かは飲んでしまいますが、千ベロ系のいいお店です。
取引先のおじさま方が、新しいお店を毎回紹介してくれるのも嬉しいですね。
取引先のRのTサンやNサンには大変お世話になっているので、早く大きな花火を打ち上げて
さらに美味しい酒を飲みたいですね!!
関西のお仕事も頑張るぞぉ!!

マツコの知らない世界で放送された板橋チャーハンのお店(板橋区役所前:まるよし) [グルメ(地元:板橋近辺)]

板橋大山ハシゴ酒の最後の〆のお店に選んだのは、「まるよし」という中華料理や。
このお店は、マツコの知らない世界の板橋チャーハンの特集の時に紹介され、放送翌日から
お客が殺到し、チャーハンのオーダーが制限されたりしていたが、現在は落ち着いてきた
ので、普通の営業に戻っていた。
IMG_3247.jpg
「チャーハン」(¥550)
コレが話題の板橋チャーハンの代表格といわれているチャーハン。
マツコの知らない世界でも紹介された、いわゆるしっとり系チャーハン。
確かに美味しいチャーハンと言われているパラパラ系ではないけど、それほど、しっとりしている
訳ではありませんが、これはこれで美味しいです。
かまぼこが入っているのが、いい海鮮のアクセントになってますね。
IMG_3248.jpg
餃子(¥350)
四人でチャーハンだけでは問題なので、餃子も追加オーダーです。
餃子のネタはぎっしり入っていますね。
IMG_3244.jpg
4軒目の締めにチャーハンというまるで男の飲み会のような〆を行うこの女性3人組は
中身はオヤジなんじゃないかと疑ってしまいます。
IMG_3245.jpg IMG_3246.jpg
カウンターだけのお店ですが、いわゆる街中の中華料理やという感じで趣があります。
IMG_3249.jpg
30年以上も板橋という土地にいながら、初めての訪問でしたが、経営しているご夫婦の
優しい感じのお店でほっこりできますね。
一時期の激混みがなくなり、落ち着いてきてくれたので良かったです。

板橋大山のひなた系のお店をはしご酒 その2(板橋大山:魚猫) [グルメ(地元:板橋近辺)]

1軒目のひなたで十分食を堪能した後で、2軒目は魚が食べたいと言うことで、ひなた系の
「魚猫」に向かった。
4人目が飲み友達が合流し、運良く4人席が空いていたので、待つことなく通してもらう。
まずは、魚猫と言えば、お刺身の盛り合わせ。
IMG_3235.jpg
「刺身の盛り合わせ」
たぶん5点盛りだったと思うけど、相変わらず二品ぐらい多いです。
この日は、白身、光り物が多かったので嬉しいですね。
IMG_3238.jpg
「生牡蠣 4人前」
大振りの生カキです。塩気が丁度良いので、紅葉おろしで少しだけ、ピリッとさせますが、
プリプリでクリーミーでツルッと口の中に運ばれます。
IMG_3241.jpg
名物「サバカレー」
だいぶお酒が入っていたので、完全に写真がぶれてしまってます。
このサバカレーをみると、フジテレビのドラマの「コーチ」を思いだします。
玉置浩二の「いきている~んだ、それでいいいんだ・・・・・」という歌詞のフレーズを位今でも
思い出しますね。
IMG_3242.jpg IMG_3240.jpg
「ボタン海老」「きびなど」のお刺身。
さっき、ひなたで沢山食べたのに、女性陣の食欲はすごいですね。
魚猫での〆の一品はコレ↓
IMG_3243.jpg
「しらすのパスタ
この写真は綺麗に撮れていたので、良かった。
でも、この時点で、結構なお酒の量になっていたので、食べたという記憶があまりないんだけど、
女性陣は喜んでいたようです。
この後は、ひなたから独立した「ヨシエchan」のお店をはさんで、最後に一軒によって帰ります。
マツコの知らない世界で紹介されたあのお店です。

久しぶりに板橋大山で、ひなた系のお店をはしご酒 その1。(板橋大山:ひなた) [グルメ(地元:板橋近辺)]

板橋好きの取引先の方からのお誘いもあり、久しぶりに大山のみへ。
まず1軒目は、なかなか入れない「ひなた 大山店」
IMG_3231.jpg
「豚ホルモンMIXと色々キノコのオイル煮」(¥380)
これだけのボリュームでこの金額は嬉しいですね。
エノキなどのキノコとトマトとホルモンを一緒にバケットの乗せて戴きます。
直接お入りに浸しても美味しいです!
IMG_3228.jpg
「鶏レバーペースト バケット付き」(¥380)
名物のレバぺーです。相変わらず臭みが全くなく、美味しいですね。
IMG_3227.jpg IMG_3230.jpg
「串盛り合わせ6本」(¥580)
この日は、取引先の飲み友達と最初は3人で飲んでいましたが、このメンバーは女性のなりした
オヤジかと思うほど、オヤジ系の店が好きなんでビックリです。
しかも、ガンガン呑むし、料理もどんどん胃袋に納めていくので、頼もしいです。
IMG_3232.jpg
「季節野菜のバーニャカウダー」(¥580)
オヤジっぽいといいながら、たまに女性っぽい食べ物も注文です。
彩り鮮やかな野菜類ですね。でも、コレを頼んだ記憶がないのはなぜだろう?
IMG_3234.jpg IMG_3233.jpg
「つくね 卵黄付き」「肉巻きトマト」
IMG_3229.jpg
「ガツ刺し」(¥300)
このあと、3軒もハシゴをすることになりましたが、この女性陣の胃袋はいったいどうなっている
んだろう?と思うほどの食欲です。
ひなたは、もつ串に始まり、イタリアン系の物など多様な料理を手軽にいただけるので、
嬉しい店ですね。
さてこの後は、一転ひなたの魚系の代表格のお店に移動です。



回転寿司と言うけど、回っていない富山の本格的なお寿司屋さん(富山:とやま鮨) [ご当地グルメ(北陸)]

富山出張の際に、帰りに立ち寄ったお店。
お店の名前は、「回転 とやま鮨」
回転鮨のレールがあるけど、お皿は一切回っていなかったのは時間の関係かな?
富山湾直送のネタが食べれると言うことで、何皿か注文
IMG_3342.jpg
「活生だこ」(¥220)
実は頼んでいなかったんだけど、店員さんが間違って握ってくれたたこ。
コレが、かなりの絶品。直前まで活きていたタコなので、甘みがあってシコシコしており、
舌にまとわりつくような弾力です。
IMG_3344.jpg IMG_3345.jpg
「たこの吸盤から揚げ」(¥220)
かなり大振りな唐揚げです。吸盤がかなり大きいですね。コリコリ感がたまりません。
IMG_3343.jpg IMG_3341.jpg
「太刀魚の炙り」(¥340)と「煮穴子」(¥340)
太刀魚の握りって普段食べないけど、厚めの白身なので、歯ごたえ抜群です。
煮穴子は、しっとりとして口の中で溶けるようです。
IMG_3346.jpg
「白海老」(1貫:¥590)
最後の一貫は、富山湾の宝石にしてみました。
贅沢にも昆布海苔で巻いてあります。生の白海老は甘くて美味しいですね。
IMG_3340.jpg
お土産には、まつこの知らない世界で紹介されていた「昆布ガリ」を買って帰りました。
IMG_3337.jpg
回転鮨の形態ですが、安くはないですね。
IMG_3338.jpg IMG_3339.jpg
美味しいいいネタを使っているので、当たり前ですね。
新幹線まで少しの時間でしたが、北陸の美味しいお魚を十分堪能できました。
次回、北陸来るのかいつなのかなぁ・・・。

大好きだった昭和の大横綱の千代の富士関が亡くなってしまいました・・・。 [オヤジのつぶやき]

本日7/31(日)16時過ぎに、九重親方(千代の富士)が、膵臓がんのため、亡くなられました。
まだ61歳という若さでした。
yahooニュースの記事

現役時代から、決して大きな体ではない千代の富士関が、努力・稽古をもってあれだけの大横綱に
なったことはすばらしい事だと思います。
男前でもあった千代の富士関の大ファンでした。
肩の脱臼癖を克服するために、肩の周りの筋肉を強化して強靱な体をつくり、必殺の上手投げ
なども豪快でしたね。
いまでも、小錦関との対戦など目に浮かびます。
また弟弟子の北勝海関も稽古で強くし、横綱に昇進させたとも言われてますね。
北天祐関の実弟の制裁事件などの事件もありましたが、突出した強さ故でしたね。

あれだけの強靱な肉体を持ってしても、がんには勝てなかったんですね。
自分も改めて健康には気をつけたいと思います。
九重親方のご冥福をお祈りいたします。


今日は土用の丑と言うことで、今年最初のウナギ体験!(赤羽:川栄) [グルメ(赤羽)]

今年の夏の土用の丑は、7/30(土)のみだったので、朝からウナギを買いに出かける。
実は、事前に予約をしていたので、並ぶことなく国産ウナギをゲット!
IMG_3512.jpg
お邪魔したお店は、赤羽のウナギの名店「川栄」
今回は、蒲焼き2つと白焼き一つを注文です。(¥1,700/@)
肝焼きなどのメニューが無かったのが残念ですね。
IMG_3525.jpg IMG_3526.jpg
土用の丑に白焼きを食べるのは初めてでしたが、蒲焼きよりもやはりあっさりとしているので、
ウナギ本来の味わいを堪能できますね。
ワサビ醤油や、たれをつけてなどいろんな味を楽しめたので、2倍嬉しいですね。
marumasu.jpg
近くにあるもう一つの、名店「まるます家」や予約がないので、朝から長蛇の列ができています。
蒲焼きとお弁当の2種類が販売されていました。
この日は、店内でのお酒の提供が無く、ウナギのメニューのみでしたね。
 
ちなみに今年は、
冬:1月20日(水)、2月1日(月)
春:4月25日(月)
秋:10月22日(土)、11月3日(木)
の日程が、土用の丑みたいですね。 

ウナギを食べて、夏ばてしないように梅雨明けしたこの夏を乗り切るぞぉ!!

神戸のお肉専門店のイートインコーナーで「兄貴のスタミナ丼」を食す(神戸三宮:大井肉店) [ご当地グルメ(関西)]

久しぶりの神戸出張
朝一から移動して、10時過ぎに神戸三宮に到着し、 一仕事を終えて神戸牛を堪能しのうかと
駅前を探すけど、11時過ぎに開いている店がなかなか無く、開いていた比較的人気店を訪問
してみた。
お店の名前は、神戸そごう 新館のB1Fにある「大井肉店」
普段、デパートの中で食事をすることなど無いので、どんなものかと思ったら、開店の少し前に
いくと、すでに長蛇の列ができている。
しかも比較的年配の女性陣ばかり。年の頃、70歳ぐらいでは無かろうかという老婦人ばかりが
列をなしているのには、ビックリした。
座席数が7席と少ないので、3回転目でようやく席に着くことに。
IMG_3493.jpg
「兄貴のスタミナ丼」(¥1,080)
兄貴とは阪神の金本監督のことである。
お肉の産地の明記はなかったが、当然国産だろうと思い食べて見ると、お肉が柔らかいこと
柔らかいこと。脂身がそんなに多くはないので、溶けるという事はないがとても美味しいです。IMG_3486.jpg IMG_3489.jpg
実はこのメニューは期間限定のメニューだそうで、7/31までのそごうの肉祭り用の特別メニュー
なんです。
お肉は、4枚程度ですが、十分ボリュームがあります。
IMG_3491.jpg
サラダと味噌汁のセットだったんですが、この味噌汁もとても美味しかったです。
IMG_3494.jpg
お肉は多分、ハラミかロースかと思うけど、それなりに厚みもあったので、お肉の食感と
美味しさを十分に味わえます。
IMG_3492.jpg
殆どのお客さんは、数量限定メニューの「サイコロ網焼き弁当」を注文してましたね。IMG_3475.jpg
失礼な言い方ですが、年配の女性の方でも食べれるように、あまりくどくないんでしょうね。
kaunnta-.jpg
スタッフも女性の方でしたが、カウンター全7席オール「オ・ン・ナ」なんていう焼き肉屋さんが
ありますかね?これにはホントにビックリです。
ジローラモだと、「オンナァ」喜んでいるでしょうね・・・。
IMG_3470.jpg IMG_3487.jpg
開店時にこんな混み具合なので、お昼時はもっと混むんでしょうね。
やはり高級牛肉を扱う店でしたので、美味しいお肉をイートインで手軽に頂けたので良かったです。
デパートの中のイートインコーナーもなかなか有りですね。
ごちそうさまでした!!


北海道の出張で食べれなかったスープカレーを渋谷で食べて見た(渋谷:SHANTI) [グルメ(渋谷/赤坂/六本木ほか)]

先日、渋谷買い物ついでにランチをとることになり、北海道出張で食べれなかった
スープカレーを食べたいと思い、お店を探していたところ、道玄坂にあるお店を見つけた。
お店の名前は、「SOUP CURRY DINING SHANTI(シャンティ)」 
原宿や池袋、高田馬場にも展開しているお店なんですね。
注文したのは一番人気のメニュー。
IMG_3393.jpg
「チキンと野菜のスープカリー」(¥1,080)
チキンは手羽くらいなのカナぁと思ったら大間違い。
かなり骨付き鶏が入っています。
IMG_3396.jpg
ほぼ器を満たした状態でスープの中に潜んでいます。
IMG_3394.jpg
野菜は、レンコン、にんじん、ピーマン、ナスとゆで卵。
辛さが選べるので、この日は、激辛で注文をしましたが意外にマイルドですっきりした
味わいです。
もしかしたら、白ごまがイイアクセントになって、すっきりした味わいになっているのかも
しれませんネ。
IMG_3391.jpg
でも未だに、スープカレーの食べ方が分かりません。
ご飯をスプーンにすくって、スープにくぐらせるとかよく聞きますが、いったいどうやって食べる
のがいいんだろう?
最初は、ご飯をのせてスープに浸して食べていましたが、野菜が食べにくいので、最終的には
スープカレーの中に、ご飯を全部入れて食べていました。
でもネットで見ると、そういう食べ方もあるみたいですが、周りの人でやっている人は少ない
ですね。でも、女性のお客さんが意外に多いのはビックリです。

初めて外食でスープカレーを食べてみましたが、やっぱり夏はカレーがいっそう美味しく
感じますね。
北海道のお土産に有名店のスープカレーをお土産に買ってきているから、家でもゆっくり
食べようっと!!


北陸出張最終日:富山駅南口に7/15にオープンしたばっかりの富山食堂へ(富山駅南口:富山食堂 特撰) [ご当地グルメ(北陸)]

午前中に金沢での仕事を終えて、北陸新幹線富山に到着。
客先が、北口だったので、どうやっていこうか悩んだ結果、地下通路を通って向かうが
、駅の北口を南口の行き来が不便な駅は初めてだ。
コレが、金沢の方が人気になっている理由なのか?
調べてみると、あいの風鉄道の改札を抜けて北口に出れるようですが、それでもJR駅から
直接でれない不便さはどうしようも無いですね。早く解決してほしいね。
さて、富山駅についてすぐにランチをとることにしたが、あまりお店が見つからなかったので、
駅前に新しくオープンしたお店に入ってみた。
IMG_3333.jpg
お店の名前は、さかな屋 富山食堂 特撰」
ほとんどのご年配の観光客の人がこの店に向かっていきます。
IMG_3328.jpg
注文したのは、「特撰丸定食」(¥1,680)
うわっ豪勢なお刺身の定食です。
インドマグロ」「ハマチ」「マグロ赤身」「鯛「」「サザエ」の5種類のお刺身。
IMG_3327.jpg
普段サザエのお刺身なんて食べないので、サザエのコリコリ感がいいですね。
お刺身はかなりのボリュームだったのでご飯の量が少ないかなと思ったら、丁度いいですね。
普段白身をよく食べるけど、やはりマグロは美味しいですね。
出張の時ならではの、豪勢なランチでした。
ちなみに、醤油にこだわっているようです。
IMG_3329.jpg IMG_3326.jpg
濃い口や甘口などの複数種類の醤油が用意されています。

いまいちよくお店のシステムが分からないので説明すると
  1)席をまず確保する
  2)入り口の券売機で食券を買う
  3)席で待ち、呼び出されたら取りに行く
 という、高速のパーキング方式です。
 IMG_3325.jpg IMG_3324.jpg
メニューはまだ、準備中?という物が多いですね。
隣にいた人たちは、何のメニューか分からないけど、どんぶりを頼んだのにどんぶり形式で
出てこなかったことを怒っていました。

調べてみると、1週間前の7/15にオープンしたばっかりだったので、メニューの整備もできて
いないんですね。
IMG_3330.jpg IMG_3331.jpg
まだまだ、お店のスタッフも手探り状態でしたが、これからの夏休みに向けてサービスも
向上していくかな?
やっぱり北陸の魚は東京で食べるより、美味しく感じてしまうのか仕方ないのかな?


サヨナラホームランを打った関東一高の四番の「佐藤佑」君のスポーツマンシップに脱帽! [野球/スポーツ]

今年の夏の高校野球東京都予選も終盤戦。
昨日の西東京大会は、早実の清宮君の人気もあり、朝から神宮球場は満員になったので、
今日も混むかなと思い、開場時間の7:30には、神宮球場に到着。
内野席は混むと思ったので、今回は外野席で観戦することに。
第一試合の関東一高vs修徳の試合は、白熱の試合で9回表を終えて、2-1で修徳がリード。
雰囲気的には、修徳がそのまま押し切るかに見えたが勝利の女神はほほえまなかった。
IMG_3375.jpg
最終回、関東一高は、3番の米田君が左中間の最前部に放り込んで起死回生の同点ホーム
ランを放つ。コレで、関東一高は、イケイケムードになる。
続いて佐藤佑君が、打った瞬間にそれと分かる二者連続のホームラン。
ということは、試合を決定づけるサヨナラホームランを放った。

でもビックリしたのが、ホームランを放った佐藤佑君が、グランドを一周する際にガッツポーズ
など全くせずに、淡々とベースを回っていた。
喜びをかみしめながらのベースランニングだったのかもしれないが、ホントは、派手なガッツ
ポーズを繰り出したいだろうけど、相手の修徳の選手に対しての敬意を払っての行動と思えた。

まさしく、コレこそがスポーツマンシップと感動した!!
高校生でこんな事できるのは、松井秀喜選手とこの佐藤佑君だけではないかなぁ?

去年は、オコエ君フィーバーもあって、周りは騒がしかったと思いますがこういう指導をされて
いる関東一高の野球部の関係者の方にも感服ですね。
佐藤佑君には、このまま素敵な人間、野球選手に育ってほしいですネ。

この日は外野スタンドと言うことで、前回と違うカレーライスを。
IMG_3368.jpg
ポール際の内野側の席でしたが、椅子がグランドを見やすいように斜めになっているのを
初めて知りました。見やすくてイイですネ。
IMG_3386.jpg
「グリルソーセージカレー」(¥900)
TheBest HOTDOG&Cafeのジューシーなソーセージのカレーライス。
もう少しスパイシーさがほしかったけど、ソーセージは美味しいですね。
でもどうして、らっきょが付いてないんだろぅ?是非らっきょを漬けてくれぇ!!
IMG_3388.jpg
このお店はCafeという事なので、ちょっとオシャレに「マンゴースムージー」(¥550)も注文。
意外に、この暑さの中でも溶けることなく美味しくいただけました。

IMG_3370.jpg
こんな看板もオシャレですね!
さて今年最後の東京都の夏の高校野球の予選の観戦になりましたが、今年は夏休み
甲子園に行けるかな?


絶品の白エビの唐揚げを食べれるお店。お通しから美味しいの連続で脱帽!!(金沢:水魚) [ご当地グルメ(北陸)]

大阪での打ち合わせを終えて、サンダーバードに乗って金沢へ向かう。
金沢に着いたのは、夜の21時ちょい過ぎだったので、まずはホテルに荷物を置いて
少し休憩をしてから、ホテル近くのお店へ。
宿泊ホテルの真向かいにあった「かっぽう居酒屋 水魚」
やはり北陸に来たらまず食べるのはこれ↓
IMG_3315.jpg
「白海老のサクサクッ揚げ」(¥780)
コレまで、何度も白エビの唐揚げを食べていますが、今までで一番美味しいと思いました。
衣が軽くて、いつまでもサクッとしています。拘りの塩もイイですネ。
IMG_3313.jpg
まず最初に出てきた、お通しの「オクラ豆腐」ですがコレがメチャクチャ美味しいです。
しっとりモチッとした豆腐で、食べ応えもあってばっちりです。
このお通しでこの店は美味しいと確信!!
IMG_3312.jpg IMG_3318.jpg
「アン肝」(¥580)、「新湊産 白海老のコロッケ」(¥680)
アン肝は濃厚ですが、ポン酢がきいているので、結構あっさりしています。
白海老のコロッケは、味がしっかり付いているとの説明でしたが、ちょっと薄いですね。
ソースは、お塩がほしいですネ。
IMG_3317.jpg
「特撰握り 5貫」(¥780)
「まぐろ」「かさご」「かんぱち」「やいいか」「ボタン海老」のセットです。
カサゴのお寿司は初体験でしたが、身がしっかりしていてかなりの歯ごたえのある白身です。
ヤリイカもしっとりしていて、舌にまとわりつくようで、美味しかったです。
IMG_3311.jpg
この日は、梅酒で乾杯です。
梅酒jの三種の見比べ。定番の加賀の梅酒、能登、赤丹。
やはり加賀の梅酒は、すっきりしていて飲みやすくて美味しいですね。
IMG_3320.jpg
「加賀蓮根のはさみ揚げ」(¥580)
最後には、加賀野菜を戴きます。このはさみ揚げかなり太いので、ちょっと食べにくかった
けど、レンコンのシャキシャキ感がたまりません。
普通はお肉を挟んでいるケースが多いですが、海老のすり身が入っていてこれまた美味です。
3種のお塩で戴くのが美味しさを際だたせているのかな?
IMG_3322.jpg
ここ数ヶ月、金沢には何度かお邪魔しましたが、またしてもお気に入りの店を発掘です!
百パリ北陸の魚も美味いなぁ。翌日は、金沢で午前中仕事をして、富山へ向かいます。

最近テレビでもよく見るローストビーフ丼を大阪梅田で食べて見た(大阪梅田:ビアブルグ梅田) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

出張二日目は、大阪で朝一からの取引先との打ち合わせを終えて、梅田でランチをとることに。
毎週の出張続きで、流石に体も疲れているなぁと感じたので、スタミナをとろうとステーキを
探していたところ、気になったお店があったので入店。
お店の名前は、「生ビール&手作りソーセージ ビアブルグ梅田
店の入り口には、肉料理が陳列されていてステーキもあったけど、それよりも気になったのが
IMG_3295.jpg
「ローストビーフ丼  並」(¥890)
もう少し高い食べ物かと思ったけど、意外な金額にビックリ。
東京だと、「レッドロック」という店に長蛇の列ができていると聞いていたけど、こちらの店には
すんなりと入れて良かった。
IMG_3294.jpg
サラダつきのセットですが、三種類のソースで戴きます。
ヨーグルトソース」「オニオンソース」「特製ちょいピリ醤油ダレ」の三種類。
ローストビーフの量は、並でもかなりのボリュームです。
最初の内は、美味しいなぁと感じていたんだけど、そのうちちょっとソースがくどくなってきた。
というのも、醤油ダレソースの量が多すぎてご飯が全部浸ってしまってローストビーフを味わう
よりソースをダイレクトに味わうような感じ。
コレは、ちょっと考えてほしい。あくまでもメインはローストビーフなんだから。
しかも、ヨーグルトソースや生卵の良さを完全に消してしまっている。
結果的に最後は、このソースびちょびちょのご飯は残してしまった。
できれば、醤油ダレソースは後がけで、自分好みに量を調節できるようにしてほしい。
IMG_3293.jpg IMG_3298.jpg
久しぶりにお肉メインのお店で、ローストビーフの量も十分で、ランチ時には珈琲などの
ドリンクサービスも付くので、お店自体のサービスは満足できたんだけど、ホントはさっぱり
食べれるはずのローストビーフ丼にくどさを感じたのが残念だったなぁ。
せっかく、お店のお勧めメニューにしているんだから、ちょっと工夫してほしいですネ。

原則、全品¥280のお手頃価格の居酒屋さんに感動!やっぱり大阪はすごい!!(大阪野田:ちんどん) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

この日は、朝から愛媛松山→香川高松を経て、大阪に入る。
残念ながら梅田近辺のホテルは満杯でとることができなかったので、野田駅に近い「ホテル
ニュー松ヶ枝」というところに泊まったがコレがすごいホテルでビックリ。詳細は、また後で。
レイトチェックインのプランだったので、ホテルに荷物を預けて街に繰り出す。
立ち寄ったお店は、「ちんどん」
なんと、全品¥280という嬉しい価格設定のお店ですが、何ともレトロな感じのお店です。
結構鶏料理のメニューが多かったので、最新ハマッている炙り焼きを。
IMG_3284.jpg
「朝引き鶏 もも炙り焼き塩」
モモ肉のジューシーさとこのスパイシーさがイイですネ。
これで¥280とは、かなりのコストパフォーマンスです。
IMG_3279.jpg
「つくねおろしポン酢」
たっぷりの大根おろしで、同じく鶏系をさっぱりと戴きます。
IMG_3282.jpg
「だし巻き風オムレツ」
だし巻き風と言うことであって、だし巻きではないみたい。
中はフワトロの卵焼きで、美味しかったです。
IMG_3276.jpg
「どて焼き」
鶏モツのどて焼きは初体験かも?
普段よく食べる牛もつのどて焼きとはちょっと違って、もつがかなりあっさりしています。
キンカンが入っているのかな?最初は、ジャガイモかと勘違いしてました。

鶏料理のメニューはかなり充実しているので、鶏系が好きな人にはたまらない店ですね。
この日は地域のお祭りがあったようで、店内は祭り帰りの子供たちで一杯です。
お値段は、¥280と安いですが、料理は美味しいですね。
やっぱり、大阪では安く美味しい物を食べれるのがイイですネ。

さて、この日泊まったホテルの「ニュー松ヶ枝」ですが、部屋がとんでもなかったです。
IMG_3292.jpg
なんと、宴会場を貸し切りです。20畳以上の大広間を独り占めです。
こんなホテルは初体験でした。
残念ながらお風呂とトイレがない部屋なので、お風呂は8階の露天風呂を利用します。
大きな風呂にも入ってちょっとゆっくりできました。

愛媛松山の伊予鉄道の路面電車は手動でスイッチバックしていた(愛媛:松山) [ご当地グルメ(四国)]

今週は、四国から関西そして北陸と行脚中。
最初の訪問地は、四国愛媛の松山市。
空港からバスに乗り、市内へ向かうと何ともレトロな路面電車に遭遇。 
IMG_3253.jpg
SL電車っぽくて格好いいですね。
観光客の方も写真をぱちくりします。
でしばらくみていると、やはり特殊車両の関係で、方向転換が大変そうでした。
ビックリしたのが完全手動でスイッチバックします。
IMG_3254.jpg IMG_3255.jpg
先頭車両を手動で向きを反対にして、後続の車両は、電力が無くなったので、人の出て押し
ながら連結しているのにはックリです。
でも、こういう雰囲気がステキですね。
松山市内で仕事終えたあとは、高松へ移動します。
IMG_3265.jpg IMG_3266.jpg
松山から高松への移動は、「いしづち」で移動し、その後の関西への移動は、「マリンライナー
岡山へ向かいます。
高松で一仕事終えた後は、マリンライナーの出発時間まで1時間ほどあったので、軽くガソリンを
入れてみます。お店は、駅前から近い「ススム酒場」です。
IMG_3263.jpg IMG_3261.jpg
骨付き鳥を食べようかと思ったけど、メニューなかったので、「親とりのタタキ」(¥450)を注文。
親鳥だけあって、お肉の弾力が強いですね。タタキといえども、しっかりした歯ごたえなので、
満腹中枢が刺激されます。
あまり時間もなかったので、さっぱりと「冷や奴」(¥250)をサラッと頂きます。
IMG_3260.jpg IMG_3264.jpg
ドリンクは、高松では珍しいガリチュウを頂きます。
ホントは、もう一品頼んでいましたが、なぜかオーダーが通っていなかったので、電車の時間も
あり大阪へ移動します。
もう少し四国でゆっくりしたかったのですが、時間の関係で四国を脱出です。
ホントは、愛媛名物の鯛飯や焼き豚卵飯なども食べたかったのですが、取引先の方と次回の
夜の打合せを約束をして名残惜しく四国の地を後にします。


前の30件 | -