So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

久しぶりに生まれ故郷のB級グルメを堪能したけどやっぱり旨い!(滋賀県大津市:ちゃんぽん亭) [ご当地グルメ(関西_滋賀)]

久しぶりの関西出張で、滋賀県を訪れた。
自分は滋賀県甲賀市(昔は甲賀郡)というところで生まれ。東京ではまだ販売されて
いなかった「チキンラーメン」を初めて食べたのも、甲賀市にある母方の実家。
そんな滋賀県といえば、ふな寿司や、たねやの和菓子、クラブハリエのバームクーヘンや
リーフパイなど結構なグルメ王国ですが、B級グルメの代表格と言えば近江ちゃんぽん。
その近江ちゃんぽんを提供するのが「ちゃんぽん亭」です。
大津駅にあるビエラに大津店があったので、ランチを食べに入店。
IMG_6575.jpg
「近江ちゃんぽん 野菜並盛り」(¥580)
一般的なちゃんぽんとは異なるオリジナルのちゃんぽんです。
特徴は、たっぷり野菜とこのスープ。
IMG_6576.jpg
黄金出汁という、黄金色の澄んだスープです。
削り節と昆布からとった京風の出汁がベースになっているようです。
IMG_6577.jpg
中太ストレート麺が、スープと合いますね。
普通の中華そばとは違う、すっきりしてコクのあるうま味のあるスープで
やっぱり美味しいです。
このうま味は、野菜と豚肉から出ているものですかね。
普段ラーメンを食べてスープを飲み干すことはないですが、毎回この近江ちゃんぽん
だけはラーメンのお椀が空になるほど大好きなラーメンです。
IMG_6578.jpg
東京には、近江ちゃんぽんのお店が少ないですが、また食べに行きたくなりますね。

コメント(0) 

大好きなプチイタリアンのお店が、ランチメニューをやることになった(板橋:君想ふ暮らし) [グルメ(地元:板橋近辺)]

家にポストに入っていた宅配ピザのチラシで、Mサイズが¥1,500のキャンペーンとの
お知らせがあったので、お盆のこの時期、早い時間から吞もうと行きつけのイタリアン
のお店に向かった。
お店の名前は、三田線新板橋駅にある「君想ふ暮らし」
いきつけの一人でフラッと立ち寄れるイタリアンのお店。
IMG_6959.jpg
「トマトとベーコンのビスマルク風ピザ」(¥880)
ビスマルク風って何かなと思ったら、卵焼きや生卵など卵がのっているピザを
ビスマルクというらしいですね。
シンプルな味付けですが、生地もサクサクして美味しいですね。
しかも1枚千円以下で食べれるのって、嬉しいですね。
家にいたら、¥1,500もかかっていたからかなりお得ですね。
IMG_6953.jpg
「三種盛り+生ウニ」(¥980)
最近生ウニ入りの盛り合わせが、標準メニューになったようです。
この日は、カンパチ、アジ、ウニ、真鯛、マグロ赤身の5点セットです。
お盆の時期でしたが、新鮮なお刺身が食べれるのが嬉しいですね。
IMG_6957.jpg
「すりおろし塩レモンサワー」(¥580)
最近はまっている、塩付きのレモンサワーです。
塩がついていると、なんだかさらに美味しく感じますね。
そういえば、店長の上じぃさんより、お知らせがありました。
なんと、ランチメニューをお盆明けの8/16から開始するそうです。
IMG_6950.jpg
普通のピザやパスタ以外に、ランチの吞みコースも用意しているそうです。
板橋マダムをターゲットにしているみたいです。
でも、吞むのをメインに色んなアラカルトを用意しているみたいですね。
デザートまで用意していますね。
その代わり、夜の営業時間が少し短くなるみたいですね。
機会があれば、是非メニューを食べに来ようっと!!

コメント(0) 

普段あまりラーメンを食べないけど、ラーメン総選挙で1位になったお店に入ってみた(東京府中:青葉) [グルメ(東京都下)]

府中にある取引先との打ち合わせがあったので、府中本町の駅に向かう。
駅を降りてすぐの場所に有名なラーメン屋さんがあったので、入ってみた。
お店の名前は、「中華そば 青葉」
中野にある青葉の系列店が、府中にあるんですね。
数年前のテレビ朝日のラーメン総選挙で1位を取ったお店とのことなので、かなり混雑
しているかと思ったら、意外にもかなり空いていました。
IMG_6536.jpg
「中華そば」(¥720)
シンプルでオーソドックスなラーメンですね。
チャーシュー、海苔、シナチク、なるとの昭和の雰囲気漂うラーメンです。
IMG_6537.jpg
豚骨や鶏ガラなどの動物系スープと鰹節や煮干しなどの魚介系スープのダブルスープを
使ったラーメンとしては有名ですよね。
魚介系の匂いが少しきつい感じもしますが、口当たりはすっきりしています。
コクとキレのあるスープで美味しいですね。
IMG_6539.jpg
麺は中太麺で、しっかりとスープが絡みます。
結構ブラックペッパーの風味がきいていますね。
東京ラーメンのような、サッパリ系とは違い深みがありますネ。
IMG_6541.jpg
以前通っていた、蒲田にあった「こうや」が店を閉めてから、ラーメンを食べる
機会が大分減りましたが、美味しいラーメンならたまにはいいかな?

コメント(0) 

地元板橋で、博多焼き鳥を味わえるお店。やっぱ鶏皮は旨い!(板橋ときわ台:かわ屋) [グルメ(地元:板橋近辺)]

久しぶりに博多焼き鳥を食べようと、東武東上線ときわ台駅へ向かう。
向かったお店は、「かわ屋 ときわ台店」
博多名物の焼き鳥を食べれるお店です。
IMG_6336.jpg
「名代 かわ焼き」(¥170/@)
鶏皮を頼むときは、5本、10本という単位で注文するのがセオリーです。
博多のお店で食べたときなんかは、女性二人組でも最初に20本を注文していたので
凄いなぁと思います。
でも、脂が極限までそぎ落とされているので、サッパリと食べれるので、10本ぐらい
は平気で食べれます。
このカリカリの食感がたまらないのが、博多焼き鳥の鶏皮の醍醐味です。
IMG_6339.jpg
「博多名物 しぎ焼き」(¥210)
鶏ささみの焼き鳥です。レア加減が絶妙です。焼いているというよりは、蒸して
いるような感じです。
フワフワという食感で、溶けるように柔らかい身をワサビ醤油で頂く、珍しい
焼き鳥です。
IMG_6342.jpg
「極み レバテキ」(¥580)
しっとりとしたレバーを、塩系の味付け頂ける逸品です。焼き加減が絶妙です。
糸唐辛子のピリッとしたアクセントもいいですね。
IMG_6347.jpg
「博多屋台名物 焼きラーメン」(¥720)
野菜たっぷりのボリューム感のある焼きラーメンです。
屋台で食べたときは、汁がベチョベチョの焼きラーメンが多かったですが、
この店も汁なしのすっきりしたラーメンです。
でも、味付けはしっかりされているので美味しいですね。
この日は、カウンターで地元の常連のおじいちゃんと隣り合わせになり、色々と会話を
楽しみながら吞んでいたのですが、おじいちゃんが自分の焼酎のボトルをご馳走して
くれたので、結構食べてしまいました。
しばらく体調を崩していたらしいので、元気でまたお店で会えれば嬉しいですね。

コメント(0) 

うどん屋さんで、なぜか冷やし中華と赤坂離宮の杏仁豆腐!(埼玉和光市:山田うどん) [グルメ(埼玉)]

姪っ子と夏祭りに出かけた帰りに、ちょっと小腹が空いたので、朝霞からの帰り道に
あるうどん屋のチェーン店へ。
お店の名前は、「山田うどん」
都市部では殆ど見かけない郊外で展開されているお店です。
自分も初めて行ったのは、大学生時代に通っていた八王子だったので懐かしいです。
車で移動中に冷やし中華の登りを見つけて早速入店。
IMG_6873.jpg
「昭和の冷やし中華」(¥630)
なんと麺の大盛りが無料という、ガテン系には嬉しいサービスです。
確かに懐かしい感じがします。
でも、冷やし中華に辛子はわかるけど、マヨネーズってついていたかな?
滅多に冷やし中華は食べないけど、サッパリして美味しいですね。

IMG_6871.jpg
でもやはり、普段は提供されていない夏限定のメニューですね。
このメニューで気になったので、追加注文です。
IMG_6874.jpg
「杏仁豆腐」(¥150)
なんと、あの炎の料理人の周富徳さんが総料理長を務めた中華の名店の赤坂離宮
の杏仁豆腐が提供されます。
爽やかな甘さで、八角の香りも控えめで食べやすいです。
あ~、この杏仁を食べたら、この前行った飯田橋にあるセンピンシャンの杏仁豆腐
をまた食べたくなったので、飯田橋に仕事の都合をつけて行ってこようっと!




コメント(0) 

地元でお昼の12時から飲める昼のみ千ベロ店。名物のマカロニサラダはスパイシー(東京十条:碁ゑん) [グルメ(地元:板橋近辺)]

地元でも昼の12時から飲める美味しいお店は殆どないので、時間があると訪問するお店。
お店の名前は、「もつやき 碁ゑん」
十条の商店街をちょっと路地脇に入ったところにあるお店。
IMG_4628.jpg
「マカルボ」(¥420)
お店名物です。マカロニサラダとカルボナーラが合わさった料理。
マカロニサラダにチーズがたっぷりかかって、卵の黄身でマゼマゼして食べます。
こってりした味付けの中にブラックペッパーのピリッとしたアクセントがたまりません。
IMG_6115.jpg
「もつ煮豆腐」(¥400)
濃い口の味噌味ベースのもつ煮込みです。豆腐にまでしっかり味が染みこんでます。
そのため、豆腐だけを追加注文です。
IMG_4624.jpg
「煮込み豆腐」(¥200)
もつ煮込みと違って、少し煮込み汁が薄い感じがするのは気のせいであろうか?
でも豆腐にしっかりと味がついているので、旨いっす!
IMG_4636.jpg
「レモンサワー」
最近はまっている、グラスの縁に塩がついたレモンサワーです。
カクテルのソルティドックだとよくついていますが、最近レモンサワーのこの形態で
提供するお店が多くなりましたね。
ちなみに、スノースタイルと呼ぶそうです。
IMG_6119.jpg
「網れば」(¥200)
脂をまとったレバ焼きです。
脂がゆっくり溶けてしっとり焼かれたレバがジューシーに感じます。
IMG_6120.jpg
「しそピーマンつくね」(¥310)
特に味付けはせずにダイレクトに味わいます。
生のシャキシャキしたピーマンの食感もよく、苦みがないので鶏肉のうまみが一層
美味しく感じます。
またしその香りのアクセントもいいですね。
焼き物も美味しいので、昼から夜まで時間を気にせずにいれそうです。
でも、かなり酔っ払って記憶をなくしそうですね・・・。

コメント(0) 

20数年振りに訪れた、川崎のコリアンタウンの焼肉屋は、やっぱり旨い!(川崎:美星屋) [グルメ(神奈川)]

会社の後輩を連れて久しぶりに川崎コリアンタウンを訪れた。
以前の会社に在籍時には、頻繁にお邪魔していたけど、20数年振りに訪問。
でも残念なことに、コリアンタウンには以前の繁栄している姿はなかった。
以前は,セメント通り沿いの両端にひっきりなしに焼き肉屋のお店があったけど、今は
半分ぐらい閉店してしまったようで、かなり寂しい雰囲気でした。
そんな中、昔から通っていたお店は、「美星屋」
以前、アドマチック天国で放送されたときに客として食べているとこを放送された
ことがある懐かしいお店です。
IMG_6561.jpg
「ハラミ2人前」(¥810/@)
これが、美星屋で一番お勧めのメニューです。
このハラミのタレ焼きが一番旨いっす!このハラミ肉を焼いて、キャベツの千切りを
くるんで一緒に食べるのが美星屋名物です。
流石に20年以上前の食べ方だったので、隣のお客さんが食べているのを見て、後から
思わず千切りキャベツを追加注文したのでした。
IMG_6562.jpg
「骨付きカルビ」(¥1.350)
一番のお値段でしたがので注文したけど、ちょっと期待外れ。
骨周りのお肉が固くて、なかなかちぎれなくて食べずらかったです。
IMG_6557.jpg
「タン塩」(¥1,296)
まずはタンを真っ先に注文です。大きなタンですね。
食感も申し分ないですね。レモン汁は提供してくれなかったのが残念です。
IMG_6559.jpg
「カルビ肉 2人前」(¥918/@)
シンプルなカルビ肉は美味しかったですね。
このカルビには、白飯が合うので、ご飯を注文しみんなでシェアです。
IMG_6554.jpg
「豚足」(¥432)
最近の若い女性は、焼き肉屋でも豚足はあまり食べないみたいで、皆初体験でした。
ちょっと、このグロテクスさがそうさせるんですかねぇ?
最近焼き豚足は結構食べていましたが、ゆで豚足は久しぶりです。
一口食べて見ましたが、酢味噌よりやっぱり焼いた方が美味しいかな?
IMG_6556.jpg IMG_6560.jpg
「キムチ盛り合わせ 小」(¥756)と「ネギ馬鹿」
ネギ馬鹿には、ごま油と塩を追加でもらいまぶして頂きます。
お肉で巻いて食べてもいいし、そのまま突いて食べても旨いっす。

久しぶりに美星屋で焼き肉を頂きましたが、やっぱり旨いっす!
帰りがけのお父さんのことを伺ったら、6,7年前に亡くなられたそうです。
流ちょうな日本語を話されていましたが、どこかユーモアのある優しいお父さん
でしたので、天国で元気に暮らしていてほしいですね。

コメント(0) 

西日本豪雨への被災地支援!「獺祭 島耕作」がついに発売! [ご当地グルメ(中国)]

今年の7月に起きた西日本豪雨により被害を受けた中国地区。
山口県、広島県、岡山県などの中国地区は大変な被害に見舞われました。
自分も直前の週末に岡山県で仕事をしていたので、帰りは雨でビショビショになって
帰りました。
しばらくして、普段よく飲む日本酒の獺祭を蔵本の「旭酒造」さんも、被害に遭われ
当時発酵タンクにあった50万リットルが「獺祭」としては出荷できないということで、
廃棄処分にするところを、「島耕作」シリーズの作者で山口県出身の弘兼憲史さんと、
獺祭の蔵元・旭酒造(同県岩国市)の桜井博志会長、桜井一宏社長が協力して販売する
ことになったのが、「獺祭 島耕作」です。
IMG_6931.jpg
限定65万本販売の限定プレミアの日本酒です。
4合瓶で¥1,200で、¥200が被災地支援に寄付されます。
プレミアものだったので数本注文してたので今日家に届きましたが、すでに予約販売や
直営店舗では売切れになっており、酒屋さんで入手ができるかという貴重品です。
IMG_6929.jpg
いやぁ、貴重なプレミア品ですね。
IMG_6930.jpg
元々廃棄処分にするような話が新聞に載っていたので、こういう形で販売するような
アイデアを出した人は凄いですね。
おそらく杜氏の方は職人気質だし、最初はNGだったと思うから、粘り強く交渉を
されたんだと思います。
旭酒造も、機械などかなりの損害を受けているので、売り上げと被害に遭われた方
への義援金となるので、安心ですね。
なかなか災害の被害に遭われた方々へ直接的な支援ができないので、こういう形で
しか支援ができませんが、何かの役に立てればいいですね。

コメント(0) 

茨城ひたちなか市発祥の「SAZA Coffee」の将軍コーヒーを初体験(茨城県つくば市:SAZA COFFEE) [ご当地グルメ(茨城)]

焼き肉を楽しんだ後は、お口直しのために喫茶店へ。
向かったお店は、「SAZA COFFEE つくば駅前店」
茨城県のコーヒーと言えば、SAZA COFFEEは有名ですよね。
以前も、テレビ番組で紹介をされていたのを見て行こうと思っていたお店。
でも、自分はコーヒーは飲まないので別物を。
IMG_6527.jpg
「アイス徳川将軍カフェラテ(大)」(¥600)
コーヒーはまず飲まないので、ミルクたっぷりのカフェラテを注文。
この「徳川将軍コーヒー」は、徳川慶喜公がコーヒー好きだったということで、
慶喜公のご子息である徳川慶朝氏とSazacoffeeの社長と意気投合し、生まれた
商品です。
IMG_6525.jpg
この素敵な陶器の器で飲むと、美味しく感じますね。
なんだか避暑地で美味しいカフェオレを飲んでいるような気分です。
ミルクとの相性もいいと言うことで、自分が購入した徳川将軍カフェオレも人気の
商品のようです。
IMG_6522.jpg
お店では、ケーキなどのデザートにも力を入れているようです。
茨城笠間の岩間栗を使っているモンブランタルトも美味しそうです。
IMG_6520.jpg IMG_6521.jpg
普段コーヒーを飲まないので、喫茶店に寄ることは少ないですが、たまには喫茶店で
コーヒー飲むのもいいですね。



コメント(0) 

茨城県つくば市で豪勢な焼き肉ランチを食す(つくば市:焼肉トラジ) [ご当地グルメ(茨城)]

棒研究機関へのシステム紹介の機会があったので珍しく茨城県つくば市へ、つくば
エクスプレスに乗って向かいます。
昔は、つくば市へは、東京駅からの高速バスしかなかったですが、最近はつくば
アクスプレスも開通したので、快速に乗ると1時間以内で東京から移動できるように
なったので、ホントに便利ですね。
午後からの打ち合わせだったので、まずはランチを。
向かったお店は、駅近くのクリオスクエア キュートにある「焼肉トラジ」
トラジというと高級感のあるイメージですがランチメニューはお得ですね。
IMG_6512.jpg
「彩り御膳」(¥1,000)
平日限定のランチメニューです。
お肉の盛り合わせ、サラダ、キムチ、スープ、ライスのセットです。
IMG_6513.jpg
カルビ、ハラミ、豚ロース、赤身などいろいろな部位がありますネ。
これだけボリュームのある焼き肉ランチは珍しいですよね。
IMG_6516.jpg
お一人様でも、専用の焼き台が準備してもらいます。
お肉の部位も柔らかくてかなり美味しいです。これだけしっかりしたお肉をこれだけ
提供してもらって、¥1,000とはかなりのお得感です。
お肉が10切れもあると、普通に食べたら¥2,000円以上はしそうですね。
IMG_6517.jpg
最後には、メニューには書いてありませんでしたが、デザートも提供されます。
席からは、筑波山ちかくの緑を望むことができ、とても開放感のあるお店です。
なんだかリゾート感を感じることができるオシャレな空間です。
IMG_6510.jpg IMG_6509.jpg
今回頼んだ「彩り御膳」が一番お得感あるかもしれないですね。IMG_6518.jpg
清潔感のあるお店で居心地が良かったです。

コメント(0) 

改装された伊丹空港で、スイーツを楽しむ(大阪伊丹空港:DEAN&DELUCA) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

梅田で千ベロ吞みを楽しんだ後は、ちょっと甘いものを・・・。
改装された伊丹空港には、フードコートがかなり増えましたね。
先日の沸騰ワード10でも、風間俊介くんが、お好み焼きの店を紹介していましたが
その店は、入り口に数十人ぐらいが並んでました。
自分のお目当ては、スイーツの食べれるお店。
お店の名前は、「DEAN&DELUCA」
ドリンクメニューが充実していますが、アボガドトーストが結構美味しそうでした。
IMG_6857.jpg
「ストロベリーフラッペ」(¥550)

ちょっとお値段が張るスイーツですが、フラッペの氷のザクザク感が心地いいです。
とちおとめを使っているので、高級感がありますね。
ストロベリーのソースの甘酸っぱさと、練乳の甘さがバランスいいですね。
お店のカウンターには、これ見よがしにインスタポイントがあったので撮ってみました。
IMG_6860.jpg IMG_6856.jpg
フラッペは、この夏だけの特別メニューのようです。
IMG_6855.jpg
出発ロビーの上の3Fにあるホテルフロアにお店はあります。
無事に飛行機に登場が終わると、この日は、淀川の花火大会があったので、運良く
飛行機の中からちょっとだけ見ることができました。
IMG_6861.jpg
大忙しの、京都、大阪日帰り旅行でした!!

コメント(0) 

モルツビール、チューハイ、ハイボールがオールタイム¥199のとんでもない居酒屋さん() [ご当地グルメ(関西_大阪)]

大阪駅前第三ビルはしご酒最後の店は、アルコールを激安提供するお店。
お店の名前は、「大衆酒場 丸力」
お店の入り口の垂れ幕に惹かれて入店。
IMG_6853.jpg
なんと、モルツの生ビール、ハイボール、チューハイなどが、毎日オールタイム
¥199で吞むことができます。
一般的にはハッピーアワーにやすくなることがありますが、一日中このお値段は
お値打ちもんですね。
IMG_6848.jpg
「しめ鯖」(¥390)
毎日市場から仕入れている鮮魚だそうです。しめ鯖はかなり実が分厚いです。
しっかりと酢じめしているので、濃い口の醤油にも合いますね。
IMG_6850.jpg
「厚切りあぶりベーコン」(¥680)
お店の人気メニューだそうです。
ベーコンの厚みがあるので、歯ごたえバッチリです。
ジューシーですが、意外に脂身がサッパリしているので、食べやすいです。
ベーコンの塩味が、お酒によく合います。
IMG_6847.jpg
付け出しは、この夏には嬉しい、なめたけとオクラのネバネバおひたしです。
サッパリして美味しいですね。
IMG_6844.jpg IMG_6843.jpg
ドリンクメニューが一番安いという、ちょっと珍しいお店です。
ここまでアルコールが安いとグビグビ飲んじゃいそうですね。
この後は、マルビルからバスに乗って、伊丹空港へ向かいます。


コメント(0) 

お魚もお肉も手軽な価格で美味しい料理を楽しめる居酒屋さん(大阪梅田:徳田酒店) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

大阪駅前第3ビルのハシゴ酒の2店舗目は、前回も訪れたお店。
お店の名前は、「徳田酒店」
前回フラッと寄って、食べた豚肉のポン酢料理が美味しかったので今回も・・・。
まず一品目は、この日は、お魚を食べていなかったので。
IMG_6827.jpg
「お造り3種盛り」(¥490)
ハマチ、マグロの赤身、鯛という組み合わせは王道ですね。ハマチはかなり脂がのって
いましたね。
シンプルな盛り合わせですが、ちょうどいいサイズ感ですね。
やっぱりアルコールを吞むときには、お刺身食べるとほっとしますね。
IMG_6829.jpg
「漬け込みハラミ」(¥370)
メニューではこってりと書いてありますが、味付けはしつこくないので、食べやすくて
美味しいです。
甘めの味噌のような感じですが、お肉も柔らかくてハラミ肉と言うことで、ヘルシー
さも感じますね。
IMG_6832.jpg
食べ終わる頃に、ゆでもやしが顔を出してきました。
徳田酒店は、御肉という店舗もあるように、肉料理も美味しくいただけるので、
前回も美味しいなぁと思ったお店のお勧め料理を。
IMG_6834.jpg
「豚バラポン酢」(¥390)
牛肉だと、¥590もするのですが、豚肉で十分美味しいです。
脂がしっかりのっているので、ジューシーさがありますが、ポン酢とネギでさっぱり
感も同時に味わえます。
お肉自体が柔らかいので、ホントに食べやすいです。
かなりリーズナブルなお値段で、ここまで美味しい料理をいただけるので、徳田酒店は
お気に入りの店舗です。
IMG_6826.jpg
日替わりのメニューも充実しているのがまた嬉しいです。
IMG_6835.jpg
梅田地区以外にも展開されているので、迷ったらココですね。
店舗によっては、「徳田盛り肉」というとんでもない肉料理を提供する店もあるので
複数人で行くときには、是非試してみたいですね!

コメント(0) 

大阪駅前ビルの海鮮メインの居酒屋さん。でもナスの煮浸しが絶品(大阪梅田:海鮮一番) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

今日での神社の散策を終えて、帰りの飛行機の予定もあったので、梅田に戻って千ベロ
はしご吞みにブラブラと。
今回は、大阪駅前第3ビルのお店を巡ってみた。
最初に訪れたのは、第3ビル地下1階の「海鮮一番 はなれ」
すぐ横の梅田産直市場とは姉妹店だそうです。
海鮮居酒屋ではありましたが、他の居酒屋メニューを頂きます。
IMG_6818.jpg
「茄子の煮浸しトロロがけ」(¥390)
あまり期待をしていなかったけど、これがかなり美味しいです。
茄子に、出汁がしっかり染みこんでいて、噛むと煮汁が口の中に広がります。
結構、しっかり濃いめの味付けの出汁なので、意外にガツンときます。
茄子自体も溶けるような感じで、さらにトロロが入ることで、ツルッといただけます。
濃いめの味付けですが、トロロでサッパリ感も感じることができる、この暑い時期に
あう美味しい料理でした。
IMG_6820.jpg
「塩だれキャベツ」(¥299)
お通しとしては鉄板のキャベツですね。
ニンニクと塩昆布、ごま油での定番の味付けですが、ニンニクがしっかり主張して
いますね。
濃いめの味付けなので、自然とお酒が進みますね。
IMG_6816.jpg
そんな中で気になったお酒が、「ハブボール」(¥399)。
初めてハブボールには出くわしました。ギラギラしちゃいそうですね。
でも、意外にすっきりした味わいで甘みを感じます。
IMG_6822.jpg
「ヤングコーンの天ぷら」(¥399)
せいぜい数本かなと思ったら、7本も提供されてきました。
サクサクの衣とサクッとポリッとした心地いい食感がたまりません。
おやつのようなスナック感覚でいただける天ぷらですね。
シンプルにお塩のみでいただきます。
IMG_6813.jpg IMG_6812.jpg
ホントは、魚介系がメインの店なので、次回はちゃんとお魚料理を頂きましょう!
IMG_6824.jpg
この日は、時間が早かったのと、淀川の花火大会の日だったので、比較的どの店舗も
すいていたので1店舗30分ぐらいの滞在で、4軒ハシゴして帰ります。

コメント(0) 

平安神宮の近くで見つけた、昔ながら雰囲気のお団子屋さん(京都市左京区:六方屋) [ご当地グルメ(関西_京都)]

銀閣寺の散策を終えて、平安神宮へ向かいます。
銀閣寺から40分ほど歩いてようやく到着したのですが、流石に歩き疲れたので、平安
神宮近くの岡崎通りにある小さな喫茶店へ。
お店の名前は、「六方屋」
なんとも趣のあるお店でしたが、抹茶のセットが手頃なお値段だったので、入ってみた
ところ、なんと有名スポーツ選手のご実家でした。
IMG_6791.jpg
「わらび餅と冷たい抹茶のセット」(¥600)
京都という町中で、このお値段で和菓子をいただけるなんて嬉しいですね。
IMG_6792.jpg
このわらび餅が、プルンプルンの柔らかさとほどよい食感があってとても美味しいです。
ちなみに、わらび餅など全ての和菓子は、こちらのお店で作られているそうです。
お母さんに聞いたところ、4,5年前までは普通のお団子屋さんだったそうで、それから
お母さんがちょっとずつメニューを増やして、今のメニューに行き着いたそうです。
それぞれ、手とかけてお店で作っているから美味しいんですね。

しばらくお母さんと世間話をしているとご子息の話になってお話を聞いていると、
バレーボールの選手だったそうです。
で、お名前等から調べてみると、パナソニックから豊田合成に移籍して活躍をされた
「松永理生(マツナガリオ)」選手のご実家だそうです。
現役時代には、ファンの方が結構お店に来ていたそうです。
IMG_6788.jpg
元々団子屋さんと言うことで、みたらし団子やおはぎも甘さ控えめで美味しそう
ですね。「こがねもち」とメニューが気になったので、お母さんに聞いてみると
みたらしのタレをお餅にかけたものだそうです。
みたらし団子とは食感が少し違うみたいです。
IMG_6794.jpg
普段は常連のお客さんが殆どで、自分のように観光客が来るのは珍しいそうです。
のんびりと1時間ぐらいお母さんとおしゃべりを楽しみましたが、こういう昔ながら
の雰囲気のお店って気取っていないので、落ち着きますね。

しばらく休憩をさせて頂き、平安神宮へ向かいます。
京都には何度も来ることがありましたが、平安神宮は初めて訪れました。
IMG_6808.jpg
この鳥居の大きさにはビックリしました。とんでもない大きさです。
IMG_6805.jpg
大鳥居をくぐって、神宮通りの向こうに応天門が見えます。
IMG_6804.jpg
応天門をくぐって、大極殿(正殿)へ向かい参拝します。
IMG_6803.jpg
なんだか、沖縄の首里城のようです。
境内はかなり広かったですが、この日は暑さのせいか参拝客も少なかったですね。
さっきの六方屋のお母さんに聞いたところ、最近は観光客も大分減ってきている
ようで、特に中国人の観光客の数が激減だそうです。
京都って外国人観光客の訪問スポットとして、第一位になっていますが、それでも
観光客は減っているみたいです。
特に今年はこの暑さのせいかもしれませんね。
この後は大阪に戻って、飛行機の帰りの便まで、千ベロのみを楽しみます。

コメント(0) 

銀閣寺の見所は、「向月台」それとも「銀閣寺」?いや銀箔のソフトクリーム!(京都銀閣寺) [ご当地グルメ(関西_京都)]

朝一で、京都嵐山で、天龍寺や竹林の小径を散策した後は、バスを乗り継いで京都市
左京区にある「銀閣寺」にむかいます。
室町幕府八代将軍の足利義政により建立された東山慈照寺というのが正式名称とのこと
ですが、銀閣寺という方がわかりやすいですね。
IMG_6743.jpg
「向月台」
銀閣寺というと、お寺よりも向月台と銀沙灘が有名ですね。
IMG_6744.jpg
この向月台は、月を見るための砂盛りという説があるようですが、180cm以上の
高さがあるようです。しかも毎日、開門前に整備がされているみたいです。
IMG_6748.jpg
この向月台は実は、「銀沙灘(ぎんしゃだん)」という白砂を波状に整形された砂上に
あります。
銀沙灘は方丈前にあり月の光を反射させるために整備されたといわれているようです。
綺麗に波状に整備がされていますね。職人の技を感じます。
こういう庭の風景というものに、日本の美を感じますね。
IMG_6746.jpg
皆さんご存じですが、銀閣寺は実際に銀色にはなってません。
銀箔がの張られる予定があったとか、色々と言われていますが調査の結果、当初より
漆黒の漆色であったそうです。
この漆黒の色合いが、秋の時期の紅葉の時期には映えて見えるそうです。
IMG_6757.jpg
境内には、8代将軍足利義政がお茶の水に使われたという湧き水があります。
IMG_6762.jpg
境内を散策した後で、近くのお店で休憩を取ります。
IMG_6763.jpg
何年か前に来たときには、銀閣寺入り口付近の「世継茶屋」で、お団子を食べた
のですが、今はうどん専門店に変わってしまったそうで、和菓子のメニューが
無くなっていたのが残念です。
そのため、もう一軒の目の前のお店へ。
IMG_6772.jpg
「ぶんぶく茶屋」というお店です。最初は、ぶんぶくちゃがまカナと思ったけど・・
IMG_6768.jpg
「抹茶 八つ橋付き(冷)」(¥600)
冷たい抹茶と生八つ橋のセットです。
IMG_6769.jpg IMG_6770.jpg
お抹茶は、シャカシャカと茶筅でお茶をたててもらっていました。
サッパリといたお抹茶を頂いて、休憩も無事終了です。

この後は、平安神宮へ向かいますが、途中の参道で気になるデザートを発見。
お店の名前は「箔匠 きんとぎん」
なんとも、縁起の良さそうなお店です。名古屋の双子のおばあちゃんにもいたなぁ。
IMG_6774.jpg
金閣ソフトと銀閣ソフトとなるソフトクリームが・・。
金箔のソフトクリームは、金沢で結構売られていて見慣れているので、よく知って
いますが、銀箔のソフトって聞いたことが無いので・・・。
IMG_6777.jpg IMG_6778.jpg
銀閣寺ソフト(¥800)を注文です。
IMG_6782.jpg
よく銀紙を噛んだときに、歯が痛くなることってありますよね?
そんな記憶がよみがえって、恐る恐る口にしてみると、あれっ?痛くないと思い
パクパクと食べてみました。
IMG_6784.jpg
抹茶とバニラのMIXを注文しましたが、なんと中には白玉ぜんざいが入っています。
IMG_6775.jpg
ちなみに、店内にはインスタ用の撮影場所も用意されていました。
IMG_6780.jpg
ちょっと照明がきついかなぁ・・・。もう少し綺麗に撮れれば良かったんだけど。
IMG_6773.jpg
かなりインパクトのある暖簾ですね。
IMG_6785.jpg
行きしなにチェックした店だけど、参道を下る際には、看板が上手に見えないので、
見失ってしまったぐらい目立たない店なので、帰りに食べる際にはよく注意して
くださいな!!

コメント(0) 

朝一の京都嵐山は、天龍寺の「雲龍図」を拝んでから、竹林の小径へ。お土産はわらび餅(京都嵐山) [オヤジのつぶやき]

朝7:30に大阪伊丹空港に到着して、モノレールと阪急を乗り継いで、1時間弱で
京都嵐山に到着。阪急嵐山駅なので、歩いてメインストリートに向かいます。
IMG_6714.jpg
この日は天気も良く、渡月橋も山の緑に綺麗に映えています。
先日の豪雨の際には、上流の日吉ダムの放流で、決壊の可能性もありましたが
問題なくて良かったです。
togetukyou.jpg IMG_6711.jpg
桂川では釣りを楽しんでいる人もいますね。
まだ朝早い時間だったので、観光客の混雑もなく、のんびりと渡月橋を渡ります。
今回の旅行の目当ては、天龍寺の法堂の天井に描かれている「雲龍図」を見に行きます。
IMG_6736.jpg
残念ながら、実際の「雲龍図」は撮影禁止なので、パンフレットを・・。
SnapCrab_NoName_2018-8-5_18-37-44_No-00.jpg
実際の天井図は、このパンフレットとは全然違って壮大で幻想的な絵図です。
床に座って龍を見上げると、龍ににらまれているような感じです。
暑いこの季節に涼しさを感じますね。
この後は、竹林の小径に向かいます。
IMG_6730.jpg
人力車で観光している人たちが、オシャレですね。
外は、気温が35度前後ありましたが、竹林の中はかなり涼しいです。
日本人観光客の割合は、2割ぐらいで殆どが外国人の方ですね。よくあるアジア圏の
人よりも、欧米の方が多いのはやっぱり京都ならではですね。
IMG_6726.jpg
竹林の小径の中にある「野宮神社」です。
この神社が珍しいのがこの鳥居です。なんと全国でも少ない木の鳥居だそうで、
日本で一番古いものだそうです。
IMG_6728.jpg
願い事を叶えてくれる神石(亀石)もあったのでお願いことをして神社を後にします。
昼間の竹林の小径の散歩は、夜ほどの幻想的な雰囲気はなかったですが、涼しさの
中で、せみの鳴き声が心地よかったです。(映像はこちら
IMG_6731.jpg
途中にある、竹林の散策路は外国人の観光客で一杯です。
竹林を散策した後は、嵐山駅に戻ります。
ina.jpg IMG_6738.jpg
駅に戻ると、前回ランチをとった「稲」というお店でデザートに食べた、わらび餅が
かなり美味しかったので、お土産に買って帰ります。
この後は、バスをの乗り継いで銀閣寺に向かいます。

コメント(0) 

羽田空港の駐車場は、朝5:30で3F,4Fはもう一杯になっていた・・・。 [オヤジのつぶやき]

今日は、大阪への朝一番の便に乗ることになり、電車では間に合わないので車にのって
羽田空港に向かった。
実はホントは、今年の夏の甲子園の開幕戦を見るつもりで、朝一の便を予約したけど
何を勘違いしたのか、まさか日曜日が開幕戦とは思わずに、日程を一日勘違いして前日
に予約をしてしまっていたので、京都散策をするために出かけた。
JALを利用するため,この日はP2のパーキングへ。
IMG_6701.jpg
横の案内を確認すると・・・。
IMG_6702.jpg
なんと、出発ロビーにつながる4Fが混むというのは事前に聞いていたけど、3Fまでも
すでに満杯になっています。
でも今の時間は、AM5:30ですよ?いくら夏休みの期間と言っても平日なのに流石に
ビックリしました。
でも日帰りなので、特に荷物もないので1Fに車を止めて、大阪へ向かいます。
IMG_6703.jpg
朝一の大阪便には、CAさんがなんと10人も乗るのはビックリです。
IMG_6708.jpg
空から大阪城を眺めます。
IMG_6705.jpg
大阪付近で、この緑色ののっぽビルは一体何だろう?
この後は、伊丹空港から、京都嵐山へ向かい天龍寺に立ち寄ります。

コメント(0) 

今年2度目の土用の丑の日は、地元で美味しいうなぎをいただく(東京赤羽:まるます家) [グルメ(赤羽)]

久しぶりの赤羽上陸。
昨日は、今年年の夏の土用の丑の日、2回目だったので地元のうなぎの有名店へ。
お店の名前は、「まるます家」
うなぎと鯉を食べれる地元でも有名店です。朝10時から開いているので、地元の飲兵衛
のオジサンや夜勤明けの肉体労働者で朝から賑わうお店です。
IMG_20180801_171533.jpg
「蒲焼き(中)」(¥2,300)
二串分で提供されます。決して天然ものではないですが適度な身の厚みもあって
美味しいです。
備長炭で焼かれているので、炭の風味も相まって美味しくなりますね。
IMG_20180801_181109.jpg
「肝串」
これまたお店の名物品です。常にオーダーを受け付ける訳ではなく、あるタイミング
で急にオーダーをとります。
IMG_20180801_175800.jpg
一度に20~30本しか焼けないので、先着順で受け付けますので、事前にお姉さんに
肝焼き買うよと伝えておくと、先に目で合図をしてくれるので助かります。
zyantyuu.jpg
「ジャン酎」(¥1,100)
あれっ、値上がりしたかな?名物のジャン酎です。1Lのチューハイなので、4,5杯
吞むことができます。
でも、一人あたり2本までという制限があるので、呑兵衛の人は注意が必要です。
IMG_20180801_171551.jpg
「たぬき豆腐」(¥500)
忘れてました、こちらもお店の名物です。
木綿豆腐に、天かす、かにかま、わかめを載せて、めんつゆをぶっかけるだけの
シンプルな料理ですが、なぜかメチャクチャ旨いです。
家で、よく試しますが、なかなかこうならないのが悩みの種です。
IMG_20180801_172017.jpg
「冷たいトマト」(¥400)
冷やしトマトではなく、冷たいトマトです。まぁ同じですけど・・・。
夏場は、トマトが美味しく感じますね。リコピンとって動脈硬化を防いだり、老化を
防止できるなど健康監理にも一石二鳥です。
IMG_20180801_191129.jpg
この日は、どのテーブルでも、うなぎの蒲焼きや重を頼んでいるお客さんが多かった
ですね。店の外には、お持ち帰り用のお弁当を買うお客さんが長蛇の列でした。
今年は異常なほどの暑さなので、2回の土用の丑とも,美味しいうなぎを頂いたので、
無事に乗り切れますように!!

コメント(0) 

羽田空港で出会った鉄道会社が経営する卵のお店(羽田空港:うちのたまご) [グルメ(品川・京浜地区)]

京急に乗って羽田空港で降りて、出発ロビーに向かう地下1Fにあるお店です。
お店の名前は、「うちのたまご」
自分の家の卵という意味かと思ったら、内野宿養鶏場で生産された健康卵を提供してます。
IMG_6088.jpg
「親子丼」(¥750)
フワトロ卵とジューシーな鶏肉の親子丼です。
最近親子丼を食べるケースは、なか卯で食べることが多いですが、やっぱりちょっと
高級感がありそうな気がして違いますね。
IMG_6089.jpg
生卵が一つついてくるので、親子丼にさらに追加でOnThe生卵という珍しい食べ方に
なります。
フワフワの卵に新鮮な生卵がのることで、少しTKGの雰囲気を追加で味わえます。
とろとろ感あふれる卵が、かなり美味しいです。
鶏肉も歯ごたえがありジューシーなので、食感も楽しめますね。
この鶏肉も、佐賀県産と言うことで九州三昧です。
IMG_6087.jpg
カウンターの前には、所狭しと生卵が蓄積されています。
当然、卵をウリにしてるので、TKGのメニューもあります。
IMG_6091.jpg
卵2個、ご飯おかわり一杯までは標準スタイルなので、かなりお得です。
朝ご飯に食べたいんですが、いつもギリギリなので、なかなか楽しめないですね。
IMG_6255.jpg
ちなみに、親子丼とたまご丼は持ち帰りができてしかも,あおさのお味噌汁も
ついてくるのでお得感満載ですね。
IMG_6090.jpg
実はこのお店は、JR九州グループが運営をされているというのを、撮りだめしていた
テレビ東京のカンブリア宮殿で紹介されていたのでビックリしました。
JR九州は、鉄道事業の収入よりそれ以外の事業の収入が多い珍しい業態なんですよね。
九州にこだわって、事業を進めていくという唐池会長のお話を色々と聞いて、ファンに
なってしまいましたので、JR九州を応援したいなと思い、旅行先はいつも九州を最優先
に計画してます。
次回は是非、卵かけご飯を試してみたいですね。

コメント(0) 

福岡空港で予定していなかった朝食をとることに・・・(福岡空港:しらすくじら) [ご当地グルメ(九州)]

本当は、日曜日に東京に戻る予定であったが、先の記事でも書いたように、ちょうど
帰る時間に福岡空港が豪雨と雷にみまわれ、空港の滑走路に穴が開いてしまった
ことで、急遽乗る予定の便が欠航してしまったため、新幹線に乗り継ぎもできなかった
のでもう一泊することに。
翌朝、早い時間から空港でキャンセル待ちをすることにしたので、朝ご飯を福岡空港で。
立ち寄ったお店は、「九州産直角打ち しらすくじら」
以前、博多駅近くで吞んだ事ある店がまさかの朝から開いているとは・・・。
IMG_6498.jpg
「しらすくじらの朝定食」(¥800)
なんとも豪勢な朝ご飯です。
鮭のカマ焼き、明太子、辛子高菜、納豆、生卵、海苔、ご飯、味噌汁のセットです。
IMG_6499.jpg
「鮭のカマ焼き」です。
普通の塩焼きやハラス焼きなどは,定食のメニューで出ることが多いですが、
カマ焼きは珍しいですね。
皮目に近い部分は、脂がのっていて美味しいです。
これだけ、おかずが多いとご飯が全く足りないので、普段は滅多にしないですが、
白飯をおかわりです。ちなみにおかわりは、¥100です。
IMG_6493.jpg
ちなみに、朝食メニューに「まとう鯛の味噌焼き定食」があるのですが、朝食に
食べると¥1,000ですが、ランチ時には、¥1,380とちょっと割高になるので、
朝10時までに食べるとお得ですね。
IMG_6502.jpg
飛行機を眺めながら食べる朝食も、またわくわくしますね。
IMG_6503.jpg
やっぱり魚やさんが運営するお店は美味しいですね。
このあとは、売店で気になったメニューを購入です。
IMG_6504.jpg
JALの売店で売っていた、明太フランスの匂いが美味しそうだったので、
思わずお土産に購入して帰ります。
IMG_6505.jpg IMG_6506.jpg
家に着いてから、オーブントースターで温めましたが美味しかったですね。
想定外の一日遅れの帰京になりましたが、良かったかもしれませんね。

コメント(0) 

福岡県内のリゾート地の糸島の海沿いのカフェでパンケーキを頂く(福岡糸島:Hona Cafe) [ご当地グルメ(九州)]

九州旅行3日目は、福岡県糸島に向かう。
先輩の奥さんが、お子さんが生まれてから、なかなか行けないオシャレなカフェで
スイーツを楽しみたいという希望もあったので、以前も行ったハワイアンカフェへ。
お店の名前は、「HonaCafe 糸島リゾート」
糸島地区は、オシャレなカフェが多いことで有名な地区でもあります。
こちらのお店は海岸沿いのあるので、店から二見ヶ浦の夫婦岩も望むことができます。
IMG_6450.jpg
「リコッタチーズパンケーキとフレンチトーストのハーフ&ハーフ」(¥1,300)
パンケーキとフレンチトーストを一緒に食べれるナンで贅沢なデザートです。
パンケーキは、超絶フワフワです。溶けるようななめらかさです。
生地そのままでも美味しいですが、さらにフワフワの生クリームをのせると、優しい
甘さに包まれて頂くことができます。
爽やかな雰囲気を感じるスイーツですね。
フレンチトーストは、ハニーソースが甘いのでバターに風味とマッチして、これまた
美味しいですね。
全体的にしっとりとしたスイーツなので、クラッシュナッツの食感が心地いいですね。
IMG_6453.jpg
この日は、窓際の席に案内してもらったので、窓越しに二見ヶ浦の海を眺めながら。
IMG_6447.jpg
「ハワイアンロコモコ」(¥1,200)
先輩は、ロコモコをオーダーしてました。専用の舟盛り形をした器で提供です。
IMG_6444.jpg
テラスからは、二見ヶ浦の夫婦岩を見ることもできます。
IMG_6458.jpg
暑かったですが、テラスで食事を楽しんでいるカップルの人もいましたね。
海を眺めながら食事を楽しめる、カフェはいいですね。
次回、涼しくなったら、のんびりと何軒かはしごをしてみたいですね。

コメント(0) 

離れのような本館の雰囲気抜群の和室で頂くうなぎが最高!(福岡柳川:若松屋) [ご当地グルメ(九州)]

今年の土用の丑は、福岡の柳川の名店でうなぎを味わいことに。
土用の丑の日の7/20(金)は、お店もかなり混むだろうとのことで、翌土曜日に先輩の
家の車で、福岡柳川へ向かう。
当然、この日も愛娘の「ユリちゃん」もご一緒です。
柳川というと個人的には、どんこ舟による川くだりのイメージが強かったです。
サラリーマンのバイブル「課長 島耕作」でも、部下であった高市千鶴が、三郎丸社長と
結婚した際に、この柳川の川下りを白無垢姿で式場に向かったシーンを思い出します。
この日向かったお店は、「うなぎ料理 若松屋」
食べログでも、百名店に選ばれている超人気店です。
11時半頃に到着しましたが、既に25組待っていたので、1時間ほど待って入店です。
柳川のうなぎは、せいろ蒸しで食べるのが一般的のようですが、あえて蒲焼きを注文。
IMG_6425.jpg
「蒲焼定食(竹)会席」(¥4,540)
会席にすると、うざくと鰻巻きがついてきます。
IMG_6421.jpg
「うざく」
まずは、酢の物でサッパリと口を潤します。
鰻も適度にしっとりして、酢の物も美味しいですね。
IMG_6422.jpg
「鰻巻き」
だし巻き卵に、蒲焼きをほぐした鰻が挟まっています。
ふっくらとした卵が、これからのメインディッシュの登場を優しく迎えてくれます。
SnapCrab_NoName_2018-7-28_21-0-33_No-00.jpg
少し時間をおいて、蒲焼きが提供されてきました。
「竹」だと3切れで、「松」だと4切れだそうです。
鰻は、ふっくらとした焼き上がりです。皮目は軽く焦げ目がついているので、上顎と
下顎で異なる鰻の食感を楽しめます。
また、タレが美味しいですね。継ぎ足しのタレなので、深みを感じますね。
正直、二切れでも十分だったので、3切れも食べると大満足です。
久しぶりに、がっつりと鰻を頂きましたが、やはりこういう専門店で頂く鰻は、
格別ですね。お店の雰囲気もあいまって、美味しさ倍増ですね。
IMG_6431.jpg
ちなみに先輩夫妻は、鰻せいろ蒸しを注文されていましたが、ご飯大盛りにすると
実は2合ものご飯の量になるそうです。
せいろ蒸しされたタレでまぶされたご飯が、おひつの高さ10cm近くぎっしりと敷き詰め
られているので、かなりのボリュームです。
この後、先輩は夜ご飯も食べれないほど、お腹が満腹になっていました。
IMG_6419.jpg
やはり名店と言うこともあり、お値段もそれなりですね。
IMG_6438.jpg IMG_6424.jpg
この日は、赤ちゃんがいるため座敷に通してもらったのですが、現在のメインのお店
ではなく、横にある別館のような建屋に通してもらったのですが、実はこちらが
本館だそうです。お店の中も趣があっていいですね。
IMG_6439.jpg
ししおどしのようなものがありましたが、竹の音はなりませんでしたが、日本の
庭園のような雰囲気が落ち着きますね。
IMG_6415.jpg
受付は、こっちの新館になりますが、受付番号のところに人数を記載して、待ち番号
カードをプリントして待ちますが、途中で店員さんから存在確認が入るので、番号で
呼ばれるので、定期的にお店の待ち客リストで状況を確認した方がいいですね。

コメント(0) 

中州で美味しい博多焼き鳥と豚足を食べるなら、絶対に老舗のこのお店(博多中州:とり政) [ご当地グルメ(九州)]

九州旅行初日は、「須崎屋台かじしか」で食事を楽しんだ後は、先日の山笠で先輩が
お世話になった千代流の重鎮の中州おでんの大将の店に寄って、愛娘のユリちゃんの
ご挨拶を終えてこの日は解散したけど、もう一軒最後に寄っていきます。
立ち寄ったお店の名前は、「とり政」
博多焼き鳥の老舗店舗です。
IMG_6410.jpg
名物の「豚足」(¥500)
逸品の名物の焼き豚足です。細かくカットして提供されます。
特性のポン酢で頂きますが、焼き目の部分はカリッとしてゼラチン質の部分がトロッと
してかなり美味しいです。
普段目にする豚足とはちょっと違いますが、カットされているので食べやすいですね。
IMG_6408.jpg
「ばら」(¥120/@)
名物のバラ焼きです。
博多焼き鳥の定番である、バラ肉の間にタマネギがサンドされています。
豚バラ肉のジューシーさと、タマネギのシャキシャキ感の食感がいいですね。
IMG_6409.jpg
「豚レバー」(¥80/@)
しっとりとしたレバーのタレ焼きも美味しいですね。
やはり、博多焼き鳥の老舗のお店と言うことで、どの焼き鳥も美味しいですね。
今回は、もう一つの名物の「白もつ」を食べ忘れてました。
お店の雰囲気は、昔ながらの大衆店という感じですが、中州の夜のお姉さん方も
出勤前の同伴で利用される方も多いので大人気のお店です。
IMG_6413.jpg
こちらも博多に来たときは、必ず寄らせてもらう外せない美味しいお店ですね。

コメント(0) 

博多に来ると必ず立ち寄る大人気の旧屋台のお店の「かじしか」へ(福岡市博多区:かじしか) [ご当地グルメ(九州)]

今回の九州旅行でも、まずはこの店にこんと始まらんたい!!
ということで、福岡滞在中にお世話になる野球部の先輩一家と食事に向かう。
お店の名前は、「須崎屋台 かじしか」
言わずと知れた、女性大将が営む屋台の人気店店です。
屋台を廃業して店舗型に業態を変更してから、早1年と数ヶ月ですが、
いつも満員の人気のお店です。
料理は当然美味しいですが、大将と小大将(お父さん)の接客対応も人気の秘密です。
いつものようにショーケースには、色とりどりの綺麗な串ものが並んでいます。
IMG_6402.jpg
この鮮やかな色合いは、やはり女性大将の和代ちゃんのセンスですね。
IMG_6391.jpg IMG_6392.jpg
この日は、土用の丑の日だったことも有り、うなぎのメニューや海産物も豊富です。
当然最初に注文するのは、名物の串ものです。
IMG_6396.jpg
「名物 博多ネギ巻」(¥230/@)
豚バラで、博多ネギをくるんでいますが、豚バラのジューシーさと博多ネギの
瑞々しさのバランスが絶妙です。
いつ食べでも、シンプルだけど美味しい一品です。
IMG_6393.jpg
「肉味噌ピーマン」(¥400)
この日は、まずはさっぱり系です。
この新鮮なピーマンのカリカリ感がまた食欲をすすります。
肉味噌も甘辛で美味しいので、ピーマン以外にも豆腐に等にのせて頂くなど万能の
メニューです。実は、このピーマンの瑞々しさの秘訣はというと・・・。
IMG_6399.jpg
この石原裕次郎ばりのワイングラスの氷水に浸かっています。
直前までキンキンに冷やしてあるので、噛む時の抜群のシャキシャキ感を堪能できて
この美味しさも納得です。
ピーマンぐらいの人も絶対に苦みを感じないので、美味しく頂けます。
IMG_6394.jpg
「ざる豆腐」(¥550)
このざる豆腐、出汁を何もつけなくても濃厚で美味しいです。
沖縄の島豆腐ほど、歯ごたえはありませんが、豆腐の食感楽しめます。
色々な薬味を乗せて頂きますが、先輩の奥さんはミョウガをのせて食べるのを
えらく気に入って、翌日の夜の食卓の冷や奴でも早速活用していました。
IMG_6397.jpg
「ゴマサバ」(¥690)
やっぱり福岡に来ると、定番のゴマサバは食べないといけません。
お店によって、味が大分変わりますが、濃厚なごま出汁と薬味をしっかり混ぜ込む
ことで、絶妙の美味しさを味わえます。
この辺で、胃のアイドリングもできたので、メイン料理を注文です。
IMG_6398.jpg
「和牛のみすじ」(¥2,000)
脂がのってジューシーなみすじ肉です。口の中でトロのようにとろけます。
和風のソースがまた絶妙にマッチしますね。
その日の仕入れによって、いろんな希少部位が楽しめるので、毎回楽しみです。
IMG_6404.jpg
「焼きラーメン」(¥750)
博多屋台の定番の人気メニューですね。
普通は、豚骨スープでドロドロになる事が多いですが、この店はソースがベースに
なっており、すっきりした焼きラーメンです。
先輩の奥さんが、隣のお客さんが食べているのを見て、いてもたってもいられなく
なり追加注文で数年振りに頂きましたが、屋台の雰囲気を感じれる美味しい一品です。

この日は、土用の丑の日と言うこともあり、大将からうなぎを勧められましたが、
翌日、柳川へうなぎを食べに行く予定だったので、今回はご遠慮させて頂きましたが
前回頂いた「白焼き」はとても美味しかったので、次回の楽しみにとっておきます。
前回訪問時には、大将がちょっと体調が悪かったですが、今回は体調もよさげで
元気そうで良かったです。

実は、この日は、先輩夫婦の愛娘の生後八ヶ月の「ユリちゃん」も一緒だったので
大将に頼んで、奥の座敷に通してもらったのですが、周りの他のお客様も優しくて
たばこの煙が来ないように吸って頂いたり、皆さんに気を遣って頂けました。
おかげで、ユリちゃんも上機嫌で皆さんに愛想を振りまき可愛がってもらえました。
また数ヶ月後にお邪魔しようっと!!

コメント(0) 

夏の富士山は空から撮影すると、まさかの褐色の富士山だった・・・ [オヤジのつぶやき]

先週末の九州への旅行の際に、運良く富士山を機内から撮影できた。
というのも、JALに搭乗の際に、富士山の見える席を確認してから座席予約をする。
IMG_6368.jpg
初めて夏場の富士山を初めて撮影したが、まさかの褐色。
普段、見る富士山とは大違いです。
なんか、漢らしいゴツゴツしたイメージです。
頂上には常にうっすらとゆくがあるイメージだったので、ビックリです。
IMG_6365.jpg
火口付近は、物静かですね。
富士山_トップ.jpg
普段よく目にするイメージは、秋冬のイメージなんですね。
以前撮影したときには2月だったので、こんなにも雰囲気が違うんですね。
新たな富士山のイメージですが、個人的にはやっぱり冬の富士山が好きです。
まぁでも富士山を上から眺めることができるのは飛行機に乗った時ぐらいですから
貴重な体験です。

コメント(0) 

博多の名物料理の一つの天ぷら定食をランチに頂きます(博多天神:たかお) [ご当地グルメ(九州)]

今回の九州旅行は、土用の丑に福岡柳川で、ウナギを頂くことを目的に訪問です。
朝7時過ぎの羽田発の便で福岡に移動し、ホテルに一端荷物を預けた後で、天神の街に
出かけます。
まずは、早めのランチを食べようと、天ぷら定食のお店を探します。
福岡と言えば、豚骨ラーメン、ゴマサバ、もつ鍋、水炊き、鉄鍋餃子、博多焼き鳥
などかなりのグルメ天国ですが、その中でも天ぷらも人気メニューの一つです。
天ぷら専門のチェーン店も多いので人気のお店へ。
お店の名前は、「博多天ぷら たかお」
博多天ぷらのベースは、揚がったものから、どんどん提供するというスタイルです。
高級店では1品ごとの提供スタイルの店が多いですが、大衆店では珍しいですよね。
しかもテーブルにある漬物などが食べ放題です。
IMG_6380.jpg
「たかお定食」(¥980)
豚肉、エビ、魚介2種、野菜3種類で提供です。
普通は、揚がったネタが一品毎に提供されてきますが、全部の提供を待ってみます。
IMG_6381.jpg
この日の天ぷらは、豚肉、いわし、ゴボウ、エビ、イカ、茄子、レンコンのセット
で提供されました。
豚肉が一番大きいですね。
イカが柔らかくて、歯でサクッと切れます。
茄子、ゴボウ、レンコンなどのお野菜もシャキシャキで美味しいです。
IMG_6379.jpg IMG_6382.jpg
博多天ぷらの人気の一つである、漬物メニューの食べ放題です。
キャベツ、大根、レンコンの浅漬けと明太子と昆布の和え物です。
これがまた美味しいので、天ぷらを食べる前にご飯が無くなってしまいます。
ご飯のおかわりが有料なので、配分を考えないといけないですね。
この明太子と昆布の和え物が、なかなか売っていなかったのですが、久原グループの
椒房庵の店舗で売っていたので、帰りにお土産に購入です。

最近は、もう一つの有名店の「ひらお」では、イカの塩辛がテーブルから無くなって
しまったようです。
博多天ぷらの人気のベースだったので、残念ですね。
でも、この博多天ぷらの店舗が是非東京にもできて欲しいですね。
そういえば、この前行った蒲田にある「てんぷら すずき」という店が、博多天ぷらの
提供形式をマネしていましたね。

コメント(0) 

飛行機に搭乗してから、欠航便になるというのを初体験。 [オヤジのつぶやき]

今日は、週末の九州旅行から帰る予定であったけど、なんと福岡空港からの帰りの便が
搭乗手続きを終えてから、欠航になるというとんでもない事態に。
16:00発の羽田行きの便を予約していたけど、直前の30分前ぐらいに急に雨が降り出して
激しい雷が・・・。
最初に優先搭乗の人たちが、便に乗り込んだ途端に、雷雲の影響でしばらく飛べないと
いうことで、戻ってきたので雷がおさまるまで待つことに。
そして出発予定時間から30分ほどたった頃に、雨雷がおさまったと言うことで、すべての
乗客が搭乗できたので、いざ東京へ戻る気持ちで機内で待っていたが、待てど暮らせど
一向に離陸する見込みがなく、数十分待っていると、いきなりアナウンスが・・

「落雷の影響で、滑走路に穴ができているので、応急措置に最低1時間かかる」

というアナウンスがあったので、トランジットカードを配り、一端飛行機を降りて、
ロビーでお待ちくださいと。
IMG_6490.jpg
まぁ1時間待てばいいかと、更に数十分ほど過ごしていると、追い打ちをかけるよう
なアナウンスが・・・。


「本便は、欠航が決まりました」

となんとも、いきなりの想像もしていないアナウンスだったので、機内は騒然と・・。
この時、既に予定時刻から2時間近く経過して18時近かったので、もう新幹線での移動
はできないと覚悟したが・・・。
JALのカウンターが大混乱と言うことで、もうこの日の便は振り替えで乗れないと確信
してホテルをまずは確保することに。
でホテルで振り替え便の予約を取ろうとすると、なんと翌日16時までの便がすべて
予約で埋まってしまっていた。
当初の搭乗予定の人たちに、今日影響を受けた数百名の人たちが流れたので、
こんな経験は初めてです。
でも18時前には、福岡空港の閉鎖は終わったいたことを後からニュースで知った
ので、あと数十分待っていたら予定便が飛んでいたんじゃ無いのぉとちょっとご立腹。
まぁJALだけで無く、すべての会社の便が欠航しているようだったので、まぁ仕方
ないけど・・・。
で本日朝一で空港に向かい、一応キャンセル待ちをするけれども、
既にキャンセルカウンターの前には何十人という人が溢れていて20組目と言う
ことで、まず先の便に乗り換えは無理だなと思い、13時の便の時点で予約便のチケットに切り替えてもらいました。
幸いにも、通路側の席を確保してもらえたので、窮屈な思いはしなくて良かった。
滅多にできない体験をする事になりました・・・。

コメント(0) 

優しげなご夫婦が、こだわりの美味しいもつ料理を提供するお店。豆腐の味噌漬けが抜群に美味しい!(岡山駅:にこみ瞠る [ご当地グルメ(中国)]

鳥取米子からは、先日の西日本豪雨の影響で、電車が1ヶ月以上の不通になるという
事で、高速バスを利用して岡山県に移動。
岡山駅近くで軽く食事をした後で、二件目に向かったお店は、
「にこみ瞠る(にこみみはる)
若いご夫婦が去年から営業しているお店です。
店内は、カウンター席のみですが、ご夫婦と会話を楽しみながら、もつ焼きを
頂くことができます。
IMG_6219.jpg
「特性煮込み 煮卵入り」(¥600)
ゆず胡椒で頂く、あっさり味系の煮込みです。
普段味噌系で頂く煮込みが多いですが、大好きな梅田「やまと」の関西出汁系の
煮込みとはまた違った味付けです。
すっきりさっぱり系の味付けなので、癖が無く食べやすいですね。
でもちょっと濃い味系の食べ物が欲しくなってしまったので異色のメニューを。
IMG_6221.jpg
「おつまみピータン」(¥430)
嫌いな人は全く食べれないといわれるピータンです。
臭みが強いと言われますが、まずは見た目がだめみたいですね。
綺麗な色合いだと思うんだけど、嫌いな人は絶対に受け付けないですよね。
でも食べると濃厚で、チーズのように美味しいので大好きな一品です。
大概、中華料理店で食べることが多いので、まさかのメニューでした。
横にいた若い男性が今まで食べたことが無いと言うことで、お勧めしたら
意外な美味しさにびっくりしていました。
IMG_6225.jpg
「豆腐の味噌漬け」(¥500)
これが、絶品の美味しさでびっくりです。
6ヶ月ほど漬けたとのことですが、豆腐ようの感じですが、臭みが無く濃厚で
メチャクチャ、美味しいです。
ココまで濃厚だと日本酒がどうしても飲みたくなります。
ご主人のお勧めで、地元のお酒を頂きます。
IMG_6226.jpg
広島市西条の西條鶴醸造の「天成」です。
豆腐の味噌漬けを、ちびちびと食べながら頂きます。
結構とっくりが格好いいですね。
飲みやすかったので、すぐに無くなってしまったので次のお勧めは・・。
IMG_6229.jpg IMG_6231.jpg
京都の京丹後市の木下酒造の「玉川」です。
ご主人から、濁酒も飲んで欲しいと言うことで、珍しく燗で提供してもらいます。
豆腐の味噌漬けの味付けがホントに濃厚なので、日本酒にも全然負けないですね。

この日は、残念ながら西日本豪雨の影響で、物流が混乱していて市場も開いて
いなかったこともあり、メニューが限られていましたが美味しいメニューに
出会えて良かったです。
また岡山には来る機会があるので、そのときも豆腐の味噌漬けは注文しようっと!
ちなみに、店名の「みはる」は、奥さんのお名前ではないとのことでした。



コメント(0) 

岡山駅近くにもあった、千ベロのお店。えびすセットはかなりお得!!(岡山駅:魚河岸えびす) [ご当地グルメ(中国)]

岡山県での初日の仕事を終えて、夕食を食べに街に繰り出す。
駅近くで、お店を探していると、お得なセットメニューのあるお店を発見したので、
早速入店したお店は、「魚河岸 えびす」
その気になったメニューというのがこちら。
IMG_6197.jpg
「えびすセット」(¥980)
なんと、お刺身5点盛りと、小鉢が二つに¥400までのドリンクがついたかなりお得な
セットです。
普通に頼むと、¥1,500ぐらいは行きそうですね。
IMG_6198.jpg
お刺身の盛り合わせも、アジ、甘エビ、マグロの赤身、ブリ、ツブ貝が各2切れづつ
提供されるのでボリュームもありますね。
しかも、ツブ貝が入っていたのが嬉しいですね。
IMG_6205.jpg
「お魚ユッケ」(¥280)
マグロ、サーモンともう一品入っているのに、このお値段にはびっくりです。
しかも、切り身も結構大きめなので、食べ応えも十分です。
最近、海産物のユッケを口にする機会が多くなりましたが、まず外れは無いですね。
ちょっと甘めのタレでしたが、美味しいです。
IMG_6208.jpg
「鶏モモジューシー焼き」(¥380)
これまたお値段にびっくりしました。
一口大にカットしてもらっていますが、その名の通り、噛むとじゅわっと肉汁が
あふれてきます。塩こしょうのシンプルな味付けですが美味しいです。
お魚がメインの店かと思いましたが、お肉料理も結構イケテますね。
自分以外にも、お一人さんのサラリーマンが数名いたので、出張族には人気がある
んですかね。
IMG_6211.jpg
お値段もリーズナブルで、美味しい料理を頂けるお店でした。
ご馳走様でした!!



コメント(0) 
前の30件 | -