So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

久しぶりに関西出張。事務所近くの大阪天満宮で天ぷらランチを(大阪天満宮:稲田屋) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

久しぶりの大阪出張。
会社の大阪事務所近くの南森町のホテルに荷物を置いて、まずはランチに出かけます。
向かったお店の名前は、「稲田屋」
天神橋商店街にあるちょっと オシャレなお店構えのてんぷらのお店です。
IMG_9264.jpg
「お昼の天ぷら定食」(¥850)
天ぷら各種、卵焼き、小鉢、漬物、味噌汁と結構ボリュームがありますネ。
IMG_9266.jpg
この日の天ぷらは、ブラックタイガー2匹、キス、キクイモ、四角豆、野菜五種の
かき揚げのセットです。
ブラックタイガーの身がふっくらしてて美味しいですね。
12時回っていましたが、ひっきりなしにお客様が入ってきます。
店内が満席になってしまって、断るお客さんも多かったので、地元でも有名なお店
なんですね。
優しそうな大将と奥さんの雰囲気もまた家庭的でゆっくりできます。
IMG_9269.jpg IMG_9272.jpg
ランチメニューは、天ぷら定食と天丼のみですが、殆どのお客さんが定食でしたね。
IMG_9268.jpg IMG_9267.jpg
夜のメニューも、焼き物、揚げ物、焚き物とかなり充実していますね。
IMG_9271.jpg
今度は、夜にゆっくりお邪魔してみたいですね。







コメント(0) 

今年も年の瀬の時期になったので、最近恒例のある場所へ(ひたちなか市:ジョイフル本田) [趣味]

ここ数年はこの時期は、ひたちなか市にあるショッピングセンターまで向かう。

その目的は、年末ジャンボ宝くじを購入するため。
高額当選者が頻繁に出ることで、有名なお店です。
takarakuji.jpg
ジョイフル本田ひたちなか店にある「ジョイフル本田ニューポートひたちなか店
宝くじ売場」です。
今日は、六曜では友引と言うことで、大安に次ぐ縁起のいい日だったので、開店と
同時に長蛇の列ができます。
幸いにも、早い順番だったので、10分ほど並んで購入です。
IMG_9902.jpg IMG_9901.jpg
専用の封筒が提供されて、当選祈願のはんこを押して帰ります。
mise.jpg
帰りがけに、近くの「たっぷり庵」で鯛焼きを購入して帰ります。
IMG_9887.jpg
こちらの鯛焼きは、あんこやクリームがたっぷり入っているので、生地で挟むような
感じです。
IMG_9899.jpg
噛むと、あんこやクリームがはみ出してしまうので、食べるのが大変です。
この後は、宝くじの当選祈願のため、ある場所に向かいます。
SAKARETU.jpg
ひたちなか市磯前町にある「酒列磯前神社(サカツライソマサキジンジャ)」です。
宝くじが当たる神社として有名な神社です。
IMG_9893.jpg
幻想的な参道です。
IMG_9896.jpg
神社の入口付近には、水戸(徳川) 斉昭公が座ったと言われる石が残っています。
IMG_9897.jpg
お詣り後には、この亀さんに願い事をしながらなでるとかなうと言われているので、
頭から甲羅までたっぷりとなでなでしてきました。
今年の最後にいいことがあると嬉しいですね。

コメント(0) 

今年もある目的のために、茨城県ひたちなか市へ朝からドライブに(ひたちなか市:森田水産) [ご当地グルメ(茨城)]

今年もある目的があって、日曜なのに6時に起きて、常磐道に乗って茨城県ひたちなかへ
ドライブに出かけた。

目的のお店が10時開店だったので、ひたちなかに着いたのが結構早かったので、ランチ
もかねてモーニングを食べることに。
向かったお店は、「森田水産」
那珂湊漁港にあるお店です。1Fはお土産物屋と回転寿司があり、2Fにレストランが
あります。
前回来たときは、提供するまで20分ぐらいかかると言われたので、今回は時間もあった
ので、お目当ての料理を注文。
IMG_9879.jpg
「金目鯛御膳」(¥1,400)
大好きな金目鯛の煮付けです。キンメの煮付けを食べるのは、三浦海岸の漁火亭か
この店が殆どです。
前回は朝一だったので、まだ浸かっていないということで時間がかかりましたが、
この日は、10分程度で提供されました。
IMG_9882.jpg
お頭はついていませんが、このお値段で金目鯛の煮付けが頂けるのは嬉しいですね。
金目鯛のみがふっくらとして、汁によく浸かっています。
この煮付けの甘めの汁が美味しいですよね。
最後にご飯にかけて食べる飯が絶品です。
IMG_9881.jpg
アサリの味噌汁も美味しいですね。
やっぱり港の近くで、魚料理を食べるとタマランですね。
IMG_9877.jpg
前回は、お刺身定食を頂きましたが、金目鯛の煮付けよりも、あいなめの煮付けや
メバルの焼き物の方が、お値段がするんですね。
キンメの煮付けでも、湘南や焼津とかでも¥2,000ぐらいするので、このお値段は
お値打ちモンです。
この後は、この日の目的のためにある店に向かいます。

コメント(0) 

松山空港で、美味しい鯛ラーメンを頂く。やっぱり愛媛は鯛王国!!(松山空港:シェフズキッチン [ご当地グルメ(四国)]

無事に愛媛県旅行を終えて、東京への帰路につきます。
この日は、早い時間で東京に戻ることにしていたので、お昼前には松山空港に着きます。
そのため、ランチを済ませようと空港内をうろついていると、フードコードを
発見したので、メニューを見ると大好きなメニューを見つけたので早速入店。
入った店は、「CHEF'S KITCHEN」
IMG_9224.jpg
「鯛塩ラーメンと鯛飯(小)のセット」
今年は、鯛塩ラーメンを食べる機会が多かったような気がしていますが、塩ラーメン
のなかでも、鯛塩ラーメンが一番好きですね。
IMG_9225.jpg
「鯛塩ラーメン」(¥980)
瀬戸産の鯛の塩ラーメンです。すっきりとしたスープにしっかりと鯛の出汁が
でていますね。フードコートの料理としては美味しいですね。
IMG_9230.jpg
しかも結構、鯛の大きな切り身ものっているので、鯛そのものの美味しさも味わう
ことができるのがまた嬉しいですね。鯛のフワッとした身が美味しいです。
IMG_9228.jpg
「ミニ鯛めし」(¥300)
追加¥300で鯛飯がついてくるのも嬉しかったですね。
前日に「二番町のかど 福」で食べた鯛飯とは比較はできないですが、ちゃんと鯛の
風味を味わえるので、これこれで有りですね。
サイズ的もちょうどいい塩梅です。
IMG_9234.jpg
最後は、この鯛飯の上に鯛の身をのせて、ラーメンスープをかけてオリジナルの
鯛飯を作ってみました。
茶漬け系の宇和島鯛飯と炊き込み系の松山鯛飯の融合ですね。
意外に結構美味しかったです。
IMG_9235.jpg
1泊二日の短い期間でしたが、それなりに愛媛県の食の魅力を堪能できました。
IMG_9237.jpg IMG_9238.jpg
愛媛県推しのメニューが沢山あるなど結構メニューは豊富ですなぁ。
愛媛県にも、「八幡浜ちゃんぽん」というご当地ちゃんぽんがあるんですね!

今月は、月末に香川高松の800段もの石段を登る金比羅宮に今年最後のお宮さん詣り
にもう一度四国へ向かいます。

コメント(0) 

愛媛県の名物列車を朝から見学。伊予鉄のカラーはオレンジです! [電車_乗り物]

愛媛県道後温泉で見かけた「坊ちゃん電車」を生で見ようと、伊予鉄の人に運行
スケジュールを確認して、朝一番の電車の時間を確認して、ホテルをチェック
アウトして松山市駅へ向かう。
IMG_9204.jpg
臨時列車の「坊ちゃん列車」です。
通常は、2編成で運行されているのですが、1編成がメンテナンス中と言うことで、
本数が限られています。
IMG_9191.jpg IMG_9192.jpg
現在は、松山市駅から道後温泉までは、3便のみなんですね。
実は以前、松山市に来たときにも気になったのですが、この1両目の車両をどうやって
回転させるのかをゆっくり見ることができました。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-27-14_No-00.jpg
まずは1両目が切り離されて、終点ポイントに向かいある地点まで手バックします。
このポイントが見物なんです。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-27-44_No-00.jpg
一端、車体が少し浮いた後で、なんと手動で回転させ、車両を反転させるんです。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-28-6_No-00.jpg
二人の職員さんが、一生懸命押しています。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-28-24_No-00.jpg
無事に回転終了です。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-29-14_No-00.jpg
この後は、乗客を乗せる車両も連結させるのですが、この作業も完全手押しです。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_8-58-11_No-00.jpg
この光景を見たくて寒空の下、30分以上も待っていました。
こういうレトロな感じがいいですよね。頑張っている職員を応援したくなりますネ。
この昔ながらの運行形態が、伊予鉄の人気なんですね。
ちなみに伊予鉄グループのカラーは、ミカンを意識してオレンジです。
IMG_9189.jpg
最新型の車両はかっこいいですね。
IMG_9194.jpg IMG_9196.jpg
いろんな型式の車両が走っています。
IMG_9190.jpg
ちなみに、バスもオレンジ色ですね。
この坊ちゃん列車の切り換え作業を見れたので、今回の旅行は無事終了です。
この後は、東京に戻るために松山坊ちゃん空港へ向かいます。

この坊ちゃん列車の手動切り換え処理の動画はこちら

コメント(0) 

愛媛県の名物料理 第四弾:日本一美味しい松山鯛めしに遭遇!(松山市:二番町のかど 福) [ご当地グルメ(四国)]

今回の愛媛旅行では、愛媛県の郷土料理の鯛めしを食べることが目的であったが、
愛媛には、出汁で頂く「宇和島鯛めし」と焼き込み系の「松山鯛めし」の2種類があり、
2種類を制覇することを目指して向かったお店は「二番町のかど 福」
なんと日本一美味しい鯛めしが食べれるお店です。
IMG_9182.jpg
「日本一美味しい鯛めし」(¥980)
待望の松山鯛めしです。鯛の炊き込みご飯です。
注文から30分ほどかかりますが、これは本当に美味しい鯛めしでした。
1人前で、¥980という値段は嬉しいですね。
IMG_9183.jpg
ご飯のお焦げもあり、お米に出汁が染みこんで最高の味付けです。
もっちもちのご飯の食感もたまりません!これはメチャクチャ美味しいです。

ちなみに、ご飯には餅米が混じっているので、もちもち感は秀逸ですね。
まさにメニューの通り、「日本一美味しい鯛めし」に偽りはないですね。
この鯛めしだけを食べに松山まで来るのも絶対にありという位美味しいです!
人数が揃うと、鯛を丸々一匹入れて炊き込んでくれるみたいですね。
IMG_9181.jpg
「せせりとキノコのゆず胡椒炒め」(¥650)
せせり肉の締まったお肉の食感と、キノコの真逆の柔い食感とたっぷりの葱でシャキ
シャキとした食感のバランスがまた絶妙ですね。
ゆず胡椒でピリッとした味付けもまた美味しいです。
IMG_9186.jpg
「伊予地鶏の塩焼き」(¥750)
愛媛の地鶏も美味しく頂きます。お肉は身が締まっていますが、ジューシーですね。
ゆず胡椒で頂くことで、更に味が締まりますね。
この料理も美味しいですね。全部の料理が美味しいので、この店大当たりです!
IMG_9187.jpg
絶対にまた是非来たいですね。
鯛めしもかなり美味しかったですが、もう一つの愛媛名物の鯛ソーメンも味わえるので、
愛媛の名物グルメが全部頂けるも、嬉しいですね。


コメント(0) 

愛媛県で初めての夜の呑み家をハシゴします。まずは大街道の商店街で(松山市:壷々炉) [ご当地グルメ(四国)]

松山城の見学を終えて、松山市の繁華街の大街道周辺で食事を楽しみます。
伊予鉄の大街道駅にある大きなアーケードを歩いていると結構栄えていますね。
ネットで事前に調べたお店で、格安の名物があるということで訪問。
お店の名前は、「壷々炉(こころ)」

なかなか、こころと読むのは難しいですよね。
このお店を選んだのは、実はこの逸品が名物とのこと。
IMG_9166.jpg
「中島産 皮はぎの薄造り」(¥1,123)
皮はぎをこのお値段で頂けるのは嬉しいですね。
お店の一番人気だそうです!
IMG_9169.jpg
このカワハギの肝を溶いた醤油で頂くのが絶品ですね。
肝が本当はもう少しトロッとしているはずなんですが、ちょっと固形状なのがきになり
ましたが、醤油に溶いててっさのように何枚かをスクって頂きます。
カワハギの身は締まって、シコシコして美味しかったので、肝はちょっと残念ですね。
IMG_9163.jpg
「真鯛刺し」(¥742)
お刺身のメニューが結構充実していましたが、やっぱり大好きな鯛の刺身を頂きます。
身が厚いですが締まっているので歯ごたえもあって大満足です。
やっぱり愛媛県の鯛は名物というのを実感です。
IMG_9158.jpg IMG_9160.jpg
お刺身以外にも、焼き物など美味しそうなメニューもありましたが、名残惜しいですが
店を後にし、次へ向かいます。
IMG_9170.jpg IMG_9172.jpg

コメント(0) 

日本の城:第3位に選ばれた松山城にのぼってみた。 [旅行]

山の上に立つお城として有名なお城の松山城に初めて登ってみた。
IMG_9126.jpg
松山城へは、ロープウェイかリフトもしくは徒歩で登ることができますが、リフトに
乗ってみたいなぁと思ってたので、数十年振りにリフトに乗ってみます。
ロープウェイでは味わうことができない雰囲気を味わいますが結構怖いですね。
しっかり捕まっていないと落ちてしまいそうです。
osiro.jpg
リフトを降りて山を少し登っていくと綺麗な雰囲気の中で天守閣を望むことができます。
なんだか時代劇に出てきそうな雰囲気ですね。
春は桜が咲き乱れる中で美しく映えそうです。
IMG_9134.jpg
見事な城壁の高さです。14メートルもの高さだそうです。
IMG_9132.jpg
ちなみに松山城は、「金亀城」とも呼ばれているそうです。
築城の際の内堀に金の亀が潜んでいたといわれたことが由来のようです。
IMG_9140.jpg
また徳川家と縁があったことで、現存の国内のお城で、唯一「葵の紋」をもした
お城だそうです。
IMG_9139.jpg
内部はかなり急な階段で構成されています。
IMG_9142.jpg
天守閣からは、松山市内全体を見渡すことができます。
標高132メートルの勝山の頂上に立てられたお城のため、地上161メートル強から
望むパノラマの眺望は圧巻ですね。
osiro2.jpg
城壁の高さが際立ちますが、全体的に美しいフォルムですね。
帰りも、リフトに乗って帰りましたが、行きよりも帰りの方が怖いですね。
やっぱり、お城や神社を見てワクワクする自分は、日本人で良かったと改めて
幸せだなと思いました。
この後は、夜の松山市のグルメを楽しみます!

コメント(0) 

愛媛のご当地グルメの第三弾!ここにもあったご当地バーガー!!(愛媛県松山市:揚げ鯛) [ご当地グルメ(四国)]

道後温泉でお湯と、二つのご当地グルメを楽しんだ後は一端ホテルに荷物を置いて、
松山城に向かいます。
その松山城に向かう途中に、気になるお店があったので寄ってみた。
お店の名前は、「揚げ鯛」
店先に芸能人の写真が飾ってあったので、話題の店なんだと思って入ってみると、
お酒も飲めるお店だったのでセットで注文。
IMG_9149.jpg
「揚げ鯛バーガーセット」(¥1,000)
普段、佐世保バーガーとか横須賀バーガー等のご当地バーガーって高いイメージが
あり殆ど食べたことはなかったけど、大好きな鯛だったこともあり食べて見た。
鯛バーガーとポテトフライとビールのセットです。
IMG_9150.jpg
揚げ鯛は、衣はサクッとして、身はふっくらしていますね。
バッチリ、鯛の味を体験できます。
鯛という魚は、刺身で良し、煮ても良し、焼いても良し、揚げても良しの本当に
万能で美味しい魚なので一番好きな魚です。
IMG_9148.jpg
揚げ鯛バーガー以外にも、じゃこかつバーガーや、鯛のフィッシュ&チップスも
メニューにあるんですね。
IMG_9153.jpg
この店は綺麗な女性オーナーをはじめ、綺麗なスタッフが働いているので華やかです。
そういえば揚げ鯛バーガーってB級グルメかと思ったら愛媛発祥のA級グルメだそうです。
A級グルメって、あまり聞かないですけど、調べてみると新潟発祥の言葉だそうです。
本来は、雪国の伝統料理を指すらしいのですが、この店で言うA級グルメってどういう
意味なんでしょうね?

コメント(0) 

愛媛県の地元飯の第二弾は、今治のB級グルメを堪能(道後温泉:金兵衛) [ご当地グルメ(四国)]

早いランチで、宇和島鯛めしを食べた後は、道後温泉をしばらく散策します。
実は予定していた日帰り温泉を探すのに1時間近く街をうろうろとしていたのですが
流石に見つけられなかったので、電話をすると現在改装中とのことで、もっと早く
確認すれば良かった。
そのため、坂の上にある日帰り温泉を楽しめるホテルで温泉を楽しみます。
IMG_9113.jpg
日帰り温泉を楽しんだのは、「道後館」です。
鉄筋コンクリートの今風の造りのホテルですね。ホテルのロビーは凄い広いですね。
日帰り温泉は、¥1,000で利用できます。
露天風呂もあったので、1時間ほどゆっくりとお湯を楽しみます。
そういえば道後温泉のお湯は、無味無臭なんですね。
散策と日帰り温泉で2時間ほど時間を過ごしたので、ちょうど良くお腹もすいたので
もう一つの愛媛名物を食べに向かいます。
向かったお店は、「瀬戸内料理 金兵衛」
愛媛県の各地の料理を提供しているお店です。
IMG_9115.jpg
「今治 焼豚玉子めし」(¥780)
B級グルメとしても有名な料理ですよね。
もともとは中華料理屋さんのまかない飯だったらしいのですが、このダレでも作れそう
と言う手軽さがいいですね。
IMG_9116.jpg
必ず目玉焼きは二つですね。この目玉焼きをぐちゃぐちゃに解いて、チャーシューと
ご飯をマゼマゼして頂きます。
甘めのタレと、目玉焼きの胡椒がピリッと効いてこれは美味しいですね。
以前、コンビニで時期限定で提供された時に食べた事があったけど、やっぱり地元で
食べるとメチャクチャ美味しいですね。
IMG_9119.jpg
ちょっと気になったのが愛媛の味噌汁は、この鞠のようなお麩が必ず入るんですかね?
さっきの丸水でも汁物に入ってました。
IMG_9114.jpg
2種類の鯛めしや、伊予牛など愛媛の郷土料理を楽しめそうなお店ですね。
IMG_9121.jpg
結構店内は広いので、団体さんも歓迎ですね。
お湯も楽しんだので、この後は、松山市内へ戻ります。
karakuri.jpg
駅前には、坊ちゃんからくり時計があります。
このからくり時計が上に伸びて,中から人形が登場して数分間演劇のような動きを見せて
くれます。
eki.jpg
この後は、伊予鉄の路面電車に乗って、ホテルのある大街道に戻ります。IMG_9086.jpg
今回は乗れませんでしたが、坊ちゃん鉄道も未だに走っています。
現在1日3便走っていると言うことで、翌日はkの坊ちゃん鉄道の撮影に向かいます。

コメント(0) 

愛媛の地元飯といえば、やっぱり鯛めしでしょ。でもまずは宇和島鯛めしを(愛媛道後温泉:丸水) [ご当地グルメ(四国)]

今回の愛媛旅行では、愛媛県のご当地飯を楽しみにしていたので、まずは松山空港から
リムジンバスに乗って道後温泉に向かいます。
まずは道後温泉に着いたら、ここに来ないと行けませんね。
onsen.jpg
道後温泉の本館です。
入浴料は、¥410です。外観もかなりふるい建物ですが、趣もありますね。
朝6:00から開いているので、朝早い時間は地元のお年寄りが多いですね。
お風呂は、左右二つの浴室がありますが、基本的に同じ造りですが、雰囲気は
銭湯のような懐かしい造りです。(ドライヤーは、3分¥10です)
あまり長居はできなかったので、30分ほどで出てきました。
この後は、念願の鯛めしを食べに行きます。
向かったお店は、「丸水 道後店」
愛媛、鯛めしでググると結構頻繁に紹介されているお店です。
11:00の開店前にすでに並んでいる人がいたので、3番目に並びます。
IMG_9099.jpg
「宇和島鯛めし 膳  天然鯛」(¥2,100)
宇和島鯛めしには、天然鯛と養殖鯛を選択できます。
天然鯛の方が¥500ほど割高です。
IMG_9102.jpg
鯛の形をした器に鯛のお刺身が盛られて提供されます。
せっかく歯ごたえのある美味しい天然鯛の身なんだから、こういう風にごちゃっと
盛るんじゃなくて、綺麗に並べて提供をした方がいいんじゃないかと思ったのは自分だけ
ですかね。
IMG_9101.jpg
この鯛の身を、この特製の生卵を説いた出汁にくぐらせます。
最初は、ご飯の上にお刺身として軽く頂きます。
本当は、この出汁の中に、鯛の切り身、薬味を入れて、出汁に浸した後でそのまま
ご飯に茶漬けのようにかけて頂くのが主流のようです。
ご飯はおひつで提供されますが、テーブルに一つのようなので、自分はおひつを一人
占めだったのですが、おひつあたりご飯2杯ぐらい食べれます。
IMG_9104.jpg IMG_9098.jpg
本当は、天然と養殖の食べ比べができるセットのメニューもあるのですが、繁忙期
だから現在は提供をしていないとのことでした。
今の時期が繁忙期というのがよく理解できなかったのですが、別に半分ずつ提供してする
だけだから、繁忙期もくそも関係ないんだから、ちょっと納得できませんでしたね。
IMG_9106.jpg
すぐに満席になるなど人気の店なのですが、接客が丁寧すぎて、一つのテーブルから
オーダーを取るのに5分ぐらいかかっていたので、丁寧さもほどほどにしてもらった
方がいいですね。老舗の店だからしょうが無いのかな?
この後は、もう1軒、温泉に寄っていきます。

コメント(0) 

松山空港で見つけた愛媛県の都市伝説。これは面白い!(愛媛:松山空港) [ご当地グルメ(四国)]

今月は、愛媛県松山市へプチ旅行に出かけた。
愛媛県へは、人生二度目の訪問となるが、今回は愛媛の名物料理を堪能するのと、温泉を
楽しむためのグルメ&温泉旅行!
まずは、松山空港に到着後、テレビ番組で紹介された愛媛名物を!
IMG_9219.jpg
なんと、蛇口からミカンジュースが出てるじゃないですか?
これこそ、愛媛県の都市伝説です。なかなかユニークですね。
1杯¥350というちょっと割高な値段設定ですが、思わず買ってしまいますね。
IMG_9220.jpg
空港の1Fにあるので、是非松山空港に出かけた際には、よってみてはどうですか?
絶対に子供さんは喜びそうですね。
IMG_9222.jpg
綺麗なミカンジュースのタワーも飾ってあります。
IMG_9223.jpg
愛媛県は「かんきつ王国」を名乗っているんですね。
四国の各県は、それぞれユニークなアプローチで観光産業に力を入れていますね。
先日は、徳島県に旅行して、今月は愛媛と月末に香川の金比羅宮にもいくので、
四国制覇は、後は高知県のみだから、いつ行こうかなぁ?

コメント(0) 

出雲空港で、島根県ならではの地元飯を頂きます。(出雲空港:やくも) [ご当地グルメ(中国)]

今回の島根県での出張で、無事にお客様先でのプレゼンを終えて東京への帰路に
つきます。
松江駅まで取引先の人に車で送ってもらいましたが、松江駅からの空港までの
リムジンバスが激混みになるのはさすがにビックリしました。
補助椅子まで人が座ることがあるんですね。
もしかしたら、夕方のこの時間だけなのかもしれませんが・・・
空港について、出発まで1時間強あったので夕食をとることにします。

向かったお店が「レストラン至誠 やくも」
出雲空港の3階のあるレストランです。
という事で、まずは島根県といえば「のどぐろ」ということで。
IMG_8922.jpg
「のどぐろの唐揚げ」(¥800)
お店の入り口でも、完全にのどぐろ推しでしたね。
IMG_8923.jpg
小ぶりなのどぐろです。でも、揚げちゃうと正直美味しいのかわかんなくなりますね。
ポン酢と紅葉おろしの味が先行してしまって、高級魚ののどぐろを食べてるんだぁと
いう感覚のみなのが、残念でした。
やっぱり焼きか刺身で食べるべきですね。

IMG_8914.jpg
「地魚なめろう」(¥750)
これは美味しい一品でした。味噌とショウガのバランスが良くて変に主張をしない
ので、魚の美味しさを感じることができましたね。
個人的には、付け合わせでついていたマロニーの「プチプチ海藻麺」が嬉しかった
ですね。これ大好きなんです!

IMG_8916.jpg
美味しい料理があるとお酒も進んじゃいますね。
飛行機の搭乗の時間も迫ってきたので、最後に締めに一品。

IMG_8926.jpg
「出雲の〆」(¥500)
割子そばとかやくご飯のセットです。
後から知ったのですが、出雲そばは日本三大そばとも言われているんですね。
「わりごそば」という郷土料理です。
割子そばだけだと、3段重ねで提供されるのが一般的だそうですが、この〆の
セットは1段のみです。
そば猪口が無かったので、そばに薬味とそばをぶっかけて頂きましたが正しい
食べ方のようです。
IMG_8928.jpg
ちなみに薬味は、鰹節、海苔、小ネギ、,紅葉おろしが定番のようです。

IMG_8927.jpg
かやくご飯は、シジミご飯でした。
やっぱり島根と言えば、宍道湖のシジミは有名ですもんね。
しっかりと今回の出張の最後の食事で、島根県を感じることができました。
今回のお客様でも無事に提案システムが採用されるのを後は祈るのみです。

コメント(0) 

鳥取県は漫画王国だったんだぁ。ねこ娘電車まで発見!!(鳥取県) [電車_乗り物]

今回の島根県への出張では、鳥取県米子へも移動しましたがその際に、珍しい電車に
遭遇です。
意外だったのが、鳥取県は漫画を売りにしているの?
先日は、平井県知事が鳥取港で水揚げされたズワイガニが200万円もしたことで、
ギネス世界記録に認定されたことを報告してましたが、個人的にはこの電車の方が
興味がわきます。
IMG_8883.jpg
「猫娘電車」
JR境港線にゲゲゲの鬼太郎の猫娘がラッピンされています。
ネットの記事によると、鬼太郎電車もあり、鬼太郎電車と猫娘電車が一両ずつ
連係するパターンもあるそうですが、この日は、猫娘電車のみでした。
IMG_8886.jpg
実は外側だけかと思ったら、シートなども猫娘仕様になっていることを後から
ネットで知りました。ちゃんと見ておけば良かったなぁ。
IMG_8889.jpg
ちなみに、米子駅は「ねずみこぞう駅」っていわれてるんですね。
でも、世の中には広まっていないよなぁ・・・。
IMG_8882.jpg IMG_8884.jpg
米子駅には、ゲゲゲの鬼太郎関係のオブジェもありましたね。
実は、他にもラッピング電車がいました。
IMG_8897.jpg IMG_8894.jpg
コナントレインです。
調べてみると「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげる先生、「遥かな町へ」「父の暦」の
谷口ジロー先生、「名探偵コナン」の青山剛昌先生など有名な方に縁があるみたいです。

広島、岡山、山口などの瀬戸内の地域は訪れる機会は多いですが、中国地区の日本海側は
あまりないので、今度は出雲大社に行ってみようかな?
寝台列車の「サンライズ出雲」に久々に乗ってみるかな?

コメント(0) 

今回は島根県に出張!取引先の車に揺られて塩ラーメンの専門店へ(島根県松江市:ラーメン長さん) [ご当地グルメ(中国)]

島根県のお客様への出張は初体験。
朝一の便で羽田から出雲縁結び空港へ向かいます。
空港でしばらく時間を過ごして、取引先の車で客先へ向かう途中にランチをとることに。
取引先の人のすすめで、お客さんの近くに美味しいラーメン屋があるとのことで向かった
お店は、「ラーメン長さん」
塩ラーメンの専門店だそうです。塩ラーメン好きで良かった!
IMG_8905.jpg
「もずくラーメン」(¥800)
もずくラーメンってあまり聞いたことが無いので、注文です。
IMG_8908.jpg
スープはクリアに澄んでいますが、結構ずしんとする塩味です。
個人的には、これぐらいインパクトのある塩味は嬉しいですね。
どのラーメンにも、葱がどっさりと載ってくるのはインパクトありますネ。
IMG_8909.jpg
この厚切りのチャーシューがメチャクチャ美味しいです。
しかも、トロッとしているので、このチャーシューと白飯があれば大満足です。
チャーシューにもしっかりと味がついているので、これは絶品のチャーシューです。
久しぶりに美味しいと思うチャーシューでした。
IMG_8911.jpg IMG_8912.jpg
ラーメンの食べ方指南書がちゃんと用意されてましたが、流石にこのあと、提案プレゼン
だったのでニンニクはご遠慮させてもらいました。
IMG_8910.jpg
塩味ベースで、カレー風味ラーメンってどんな感じなんだろうね。
昔ながらの町中にある雰囲気のお店ですが、かなり美味しいラーメンでした。
IMG_8913.jpg
ここまで美味しいとは正直意外でしたね。お店の外観で判断しちゃまずいっすネ。

コメント(0) 

ランチメニューが豊富な居酒屋。海鮮丼の2段重なるメニューを初体験。(新山口駅:目利きの銀次) [ご当地グルメ(中国)]

山口で仕事をする際に、ランチを食べるときはこの店が多いけど、理由は単純明快で
海鮮を食べれるのと、メニューを選ぶ楽しみがあるから・・・。
そんなお店の名前は、「目利きの銀次 新幹線駅前口」
全国的なチェーン店ですけどお気に入りのお店です。
今回のランチで選んだ食事は、どんぶりメニューでもちょっと珍しいもの。
IMG_8396.jpg
「海鮮二段重」(¥1,050)
桶の二段重で提供される珍しい海鮮丼です。
桶っていうのが、なんだか趣があっていいですよね。
IMG_8392.jpg
最初はこんな形で提供されます。
IMG_8394.jpg
この日の刺身のネタは、まぐろの赤身、鯛、ウニ、イクラのセットです。
このお値段で、ウニとイクラがつくなんて有り難いですね。
IMG_8395.jpg
ご飯はおひつのように提供されます。
意外に底が浅いので見た目ほどボリュームはないのですが、残念ながら他のランチ
メニューのようにご飯のおかわりはできないようです。
でも、海鮮系のお店のアラ汁って旨いっすよね。
IMG_8389.jpg IMG_8390.jpg
店内の照明が独特なのか、全体的にピンクっぽい写真になったのはなぜだろう?

コメント(0) 

山口県へ出張の時には絶対にこの店で食事を楽しみます!(新山口駅:黒船) [ご当地グルメ(中国)]

最近、山口県のお客様とお仕事をすることになり、山口にはたまにお邪魔していますが
そんなふ普段来れる場所ではないのですが、大好きなお店があるので、今回もお邪魔
しました。
そんなお店の名前は、「魚鮮海山 黒船」
以前お邪魔した際に、「たまげなす」の美味しさを教えてくれたお店です。
今回もまずはこれで乾杯!
IMG_8372.jpg
「黒船レモンサワー」(¥500)
この凍ったレモンが、氷代わりになるので、お皿にどけて中だけ3杯ほどおかわりして
楽しみます。
IMG_8379.jpg
「シマアジの刺身」(¥600)
高級魚のシマアジです。身が締まってしこしこしてます。
2種類のワサビがあるので、又違った味わいです。このトロッとしたのもワサビかな?
IMG_8383.jpg
「チキンチキンごぼう」(¥780)
ゴボウと鶏肉の唐揚げの甘辛煮ですね。糸唐辛子と枝豆で色合いが綺麗ですね。
しんなりしたゴボウが食べやすいです。鶏肉は衣がまだカリッとして美味しいです。
IMG_8382.jpg
「小ふぐの天ぷら」(¥550)
やっぱり山口と言えば、ふぐですよね。
小ふぐと言うことで、かなりコンパクトなふぐでしたが、身がふっくらしてます。
オクラとブロッコリーの天ぷらは珍しいですね。
お塩で頂くと味が締まりますね。
IMG_8386.jpg
「タコの唐揚げ」(¥400)
タコの弾力が凄いですね。普段タコの唐揚げなんて口にしないので、意外な食感に
小躍りしそうです。こちらにもブロッコリーの天ぷらがついてきました。
IMG_8374.jpg
海産系のメニューがやっぱり充実していますね。
IMG_8388.jpg
何でこんなに美味しいのに、食べログの記事が少ないのか店長に聞いたところ、
一見さんのお客さんよりも、地元のお客さんとの付き合いを大事にしたいと言う
ことで、お店の宣伝やメインの通りにお店の案内の看板などは出していないそうです。
お店の味をわかってくれる人が着てくれれば嬉しいと言ってました。
この日は、東京を19時過ぎに出たので、お店には、22時前についたのですが
快く迎えてもらえました。
自分はこのお店の美味しさを理解しているので、また機会があれば絶対に行きますよ!

コメント(0) 

福岡空港で見つけたあまり目にしないパスタ料理を体験(福岡空港:天神B.B.Quisine) [ご当地グルメ(九州)]

東京への帰路へつく前に、羽田に着いたらご飯を食べる時間が無いなあと思って出発時間
30分ほど前に無理矢理なだれ込んだ店。
フードコートコーナで1店舗だけ混んでいる店を見つけて人気があるんだろうと思って
向かったお店は「天神B.B.Quisine(ビービー・キュイジーヌ)
キュイジーヌって言葉は、昔料理の鉄人で鹿賀丈史が発言していた記憶があったけど
台所という意味があるんですね。
そんな台所で提供される料理が・・・。
IMG_8787.jpg
「ビーフバター焼き」(¥741)
ゆでたパスタと牛肉のスライス、おろしソースをかけた鉄板焼きです。
これは焼きパスタとでも言うんですかね?
バター焼きと言いますが、バターの風味はほとんど感じないですね。
パスタの焦げた部分がカリカリして意外に美味しいです。
スキレットが熱々なので、火傷には気をつけないといけないですね。
IMG_8785.jpg
最初は、ソースがプチプチはねるので、収まるまで待ちます。
搭乗手続きの時間が迫っていたので、速攻で頂きます。
おろしソースのおかげで、しつこいかと思った料理が意外にサッパリ頂けます。
でも、ちょっと飽きちゃうかも???
IMG_8781.jpg
メニューには、地元の明太子や女性受けするアボガドトマトなどもメニューも
ありますが、ご飯とのセットもあるようです。炭水&炭水のタイプですね。
mise.jpg
このフードコーナーでは一番人気のようですが意外の料理の提供は速いので、
時間がないときもいけそうですよ。
天神コアにも店舗があるみたいですね。年寄りにはちょっとキツいから若者向きかな?

コメント(0) 

新橋で見つけた魚メインの店のランチの小鉢の数がすごいんじゃぁ~(新橋:魚焼男) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

霞ヶ関の取引先と午前中の打合せを終えて、新橋で久しぶりにランチ。
新しい店を開拓しようとうろついていて見つけたニューフェイス。
お店の名前は、「魚焼男(さかなやきお)」
実は、サンマの炭火焼きを食べたいと思って入店したが、残念ながら限定と言うことで
売り切れていたので、いつものように刺身定食を注文。
IMG_9071.jpg
「刺身定食」(¥980)
配膳されてきてビックリです。小鉢の数が尋常じゃ無かったんです。
数えてみるとなんと7つもあります。
サラダ、切り干し大根、ほうれん草のおひたし、もやしのナムル、オクラ、漬物
白身魚のフライと盛りだくさんです。
これを見たら、千鳥のノブでなくとも「小鉢の数が凄いんじゃぁ」と声を発して
しまいそうです。でも、魚メインの店なのに、これだけ野菜がとれるのは凄い
嬉しいですネ。一目でお気に入の店に登録です。
IMG_9072.jpg
この日の刺身は、サワラ、しめさば、ハマチの三点です。白身魚で良かったぁ。
サワラとハマチは、舌触りが滑らかで美味しいですね。
それと対象にしめさばは、しっかりと身が締まっています。酢じめの加減も◎です。

味噌汁が、かなり美味しかったです。
最初は、あら汁かと思ったのですが、あらは全く入っていないですが濃厚で
美味しかったですね。
IMG_9074.jpg
あと意外にも、この箸がとても食べやすかったです。
手作り感満載ですが、手のひらにフィットしていいですね。
IMG_9070.jpg
なかなか嬉しいお店です。
新橋三丁目の奥の方なので、新橋駅からは少し離れていることもあり、適度な混み具合
なので、そんな感じもいいですね。
カウンターには、なぜか巨人のお酒が並んでいるので、聞いたところ店長が巨人ファン
とのことで同朋ですね。
IMG_9075.jpg IMG_9076.jpg
また是非利用します。魚好きの方にはお勧めですよ!!

コメント(0) 

福岡空港で出会った進化形の豚骨ラーメンを食してみた(福岡空港:ラーメン海鳴) [ご当地グルメ(九州)]

つい先日もテレビで放送された、福岡空港のラーメン滑走路。
その中にある最近テレビでも取り上げられるお店によってみた。
お店の名前は、「ラーメン海鳴(うなり)」
このお店は進化形の豚骨ラーメンがウリのお店です。その代表的なメニューがこれ
IMG_8769.jpg
「ラーメンジェノバ」(¥840)
これこそ進化形の代名詞。イタリアン ジェノベージェ風のラーメンです。
IMG_8770.jpg
確かにスープにはバジルの風味が結構主張します!
一時期はやった、コンポタ系の感じですね。
でもベースは豚骨の味がするので、ちょっと頭の中がごちゃごちゃしちゃいます。
IMG_8774.jpg IMG_8775.jpg
具は、王道のチャーシューと半熟玉子です。
チャーシューは炙りチャーシューなんで、少し締まって歯ごたえがありますネ。
IMG_8777.jpgIMG_8776.jpg
ラーメンウォーカーでもかなりの評判の店ですね。
個人的には、この辺の奇抜はあまり得意ではないので、オーソドックスな方が好み
ですね。でも、アイデアとしては女性には人気がでそうなメニューでした。
street.jpg IMG_8779.jpg
ラーメン滑走路には、10店舗が展開しているんですね。
でも、最近はラーメンを食べる機会が少なったので、次回寄る可能性は低いのかな?

コメント(0) 

福岡滞在最終日は、山口下関の台所「唐戸市場へ」へ [ご当地グルメ(中国)]

最近仕事で、山口県とはお付き合いのあるので、何度か新山口への方面へは訪れている
が、下関の方は初訪問。
野球部の先輩一家と車で福岡から向かいます。
itiba.jpg
初体験の「唐戸市場」です。
事前にちょっと調べてみたんですが、ご飯を食べるお店は少ないということだったので、
あまり期待していなかったのですが・・・。
IMG_8742.jpg
天井には、鈴木福君がふぐになってぶら下がっています。
itibanai.jpg
日曜日の午前中と言うこともあり、激混みでした。
しかもこの市場の飲食店が少ないという理由がわかりました。
IMG_8762.jpg
実は、市場内のお店で色々と買って、外で食べるというのが基本スタイルのよう
なのです。基本はお寿司がメインの店がほとんどなんですが・・・。
omise.jpg IMG_8754.jpg
揚げ物や貝類の煮物系のお店が多いです。
ということで、市場内のお店で色々と買って市場外の広場で昼食です。
IMG_8752.jpg
関門橋を眺めながら、市場外の芝生のところで、みんなでランチです。
この芝生の周辺が人だかりで大変です。大勢の人がスペースを狙って立ち往生です。
IMG_8751.jpg
先輩夫婦はお寿司の握りをメインにチョイスです。
IMG_8750.jpg
自分は、海鮮丼をチョイスです。(¥1,000)
ホタテ、ウニ、いくら,カニと豪勢な海鮮丼がなんとこのお値段です。
うーーーん、贅沢品ですね。
IMG_8749.jpg IMG_8747.jpg
他には、尾頭付きの海老フライ(¥250/尾)とふぐのフライです。
この30cm強はある海老フライが、¥250とはお得ですよね。
IMG_8748.jpg
この箱ウニがなんと¥1,000とは嬉しいですね。
老舗のお寿司屋さんに出るようなふっくらとしたウニとはちょっと違いますが、でも
かなり美味しいです。口の中に溶けてウニの香りが広がります。
IMG_8757.jpg
帰りにもう一度お店に寄ってみると、お店も閉店の時間だったので、なんと2盛りで、
¥1,300と破格値で提供してくれました。
なので、嬉しくてふぐ刺しも一緒にお土産に購入です。
たっぷりと保冷剤を入れてもらって、夜の便で東京へ持って帰ります。
IMG_8738.jpg
市場の近くにはふぐの像があり、皆さん記念写真を撮ってました。
ganryuujima.jpg
近くには、小次郎と武蔵の決闘の地の巌流島への遊覧船も出ています。
個人的には、巌流島は瀬戸内にあったと思っていたので、ちょっと勉強です。
この後は福岡へ戻り、先輩の家の愛犬(タロ、サクラ)と遊んで東京へ帰ります。

コメント(0) 

羽田空港で念願の朝からお寿司をついに初体験!(羽田空港:又こい家) [グルメ(品川・京浜地区)]

以前から噂に聞いていた、羽田空港の搭乗手続き後にお寿司を食べれる店があると言う
ことで、いつも気になっていたが今回たまたま出発まで時間があったので初訪問。
お店の名前は、「まぐろ寿司 築地 又こい家」
又来い!とは、なんとも攻撃的なお店です。
第一旅客ターミナルの中央部分にあるお店です。
IMG_8865.jpg
「金目鯛」(¥400)
ちょっとお値段は張るお店ですが,意外にも朝からお客さんはひっきりなしで来ます。
朝6時半からの開店ですが、丼ぶりを注文するお客が多くて、近くのテーブルで
食べる人が多いので、ビックリしました。
握りを食べる方は、カウンターで粋にスタンディングで頂きます。
金目鯛は、身がしっとりとしていて舌にまとわりつくような感じです。
甘みのある身は、お塩で頂く方が確実に美味しいですね。
IMG_8871.jpg
「平目昆布締め」(¥400)
ヒラメそのままでも十分美味しいですが、昆布締めにすることで、味がやっぱり
締まりますね。噛んだときに口に広がる昆布の風味がまたいいですね。
IMG_8870.jpg
「マグロの赤身」(¥250)
お店としては、まぐろをウリにしているので、赤身は美味しいですね。
流石に、朝7時前に脂多めのトロ系は胃に負担がありそうなので、赤身のさっぱり感が
またいい加減でしたが、やっぱり重厚感がありますね。
IMG_8873.jpg
「まだらの白子」(¥500)
白子は時期と言うこともあって美味しいですね。最近は、ちょっとリッチにふぐの
白子を頂いていたので、若干水気が多かったのが残念かな?
mise.jpg
朝7時までに食事を済ませましたが、朝からリッチな気分です。
意外に若い女性の方も朝からまぐろのどんぶりを食べている人も多かったので、
時代は変わったなぁとオヤジなりに思ってました。
IMG_8861.jpg
お寿司1貫でもいい値段をするので、何貫か頂くと朝から数千円になりますね。
気分良く、次の出張先に飛行機に載って向かいます。

コメント(0) 

中洲の二日目の〆は、宿泊ホテル近くのお茶漬け屋さん(博多中洲:鯛茶や) [ご当地グルメ(九州)]

中洲二日目の夜は、「CLUB清永」で相撲界の方たちと同じ空間を過ごしたことで
興奮が収まらなかったので、ホテルに戻る前にもう一軒向かいます。
向かったお店はホテル近くの「鯛茶や」というお茶漬けのお店。
何年か前に一度来たことのあるお店です。
IMG_8729.JPG
「鯛茶漬け」(¥980)
愛媛宇和島名物の鯛茶漬けです。なかなか食べれる店って見ないですよね。
IMG_8727.JPG
最初は、鯛の刺身をそのまま頂きます。
漬けになった鯛の身にワサビをのせて、ご飯を3口ほど頂きます。
IMG_8728.JPG
小鉢は、揚げ出し豆腐でした。これは珍しいですね。あっさりした茶漬けに
濃いめの味付けがいい塩梅です。
IMG_8730.JPG
最後は出汁をかけて頂きます。
しっかりした漬け用の汁が結構しっかりした味付けなので、濃いめの出汁に変わり
ますね。暖かい出汁で、鯛の身は少し色づいたところで頂きます。
さらさらの茶漬けに、少し身が締まった鯛の身と一緒に流し込みます。
IMG_8724.JPG
メニューは、鯛茶漬けのみならず、「カンパチ茶漬け」や「サバ茶漬け」「アラ炊き」
などもあります。
「サバ茶漬け」が一番お値段が高いのにはビックリです。なんでなんだろう?
IMG_8733.JPG
吞んだ後の〆には、ラーメンなどもいいけど、茶漬けも結構いいですね。
今度は、「カンパチ」「サバ」の茶漬けも是非チャレンジ!
そういえば12月には愛媛松山まで旅行に行くので、そのときは本場の鯛めしを
食べてこようっと!!

コメント(0) 

夜のお付き合いで何度かお邪魔している中州のクラブは、お相撲と縁のあるお店だった(博多中洲:クラブ清永) [ご当地グルメ(九州)]

最近、仕事で夜のお付き合いで訪問したお店に久しぶりに顔を出してみた。
お店の名前は、「CLUB清永」
中洲第1ビルにあるお店です。
こちらのお店のママさんが、実は相撲界とはお付き合いがあるそうで、この日も
九州場所の初日の前日と言うことで、大相撲関係の関係のタニマチの方など
沢山お店に来られてました。
1542844769598_20181122090308.jpg
清永部屋の清永親方です。というのは、冗談で・・・。
常連のお客さんが、清永ママをモチーフに作成したそうです。
確かに清永ママの雰囲気は出てて、結構似てるので、ビックリです。
バストの部分の干しぶどうについては、ママは本物とは違うと言ってましたが
テーブルの周辺の皆さんは大爆笑でしたね。

実は、前日の「かじしか」では、振分親方(元高見盛)が店に来られていたので、
握手をしてもらいました。彼は素人さんにも、ガチガチの雰囲気でしたね。
でも、その実直さが彼の良さなんだと思いますが・・・。

この日は、お店には元大関のとある親方と部屋関係者の方々と現役の関取の方等が
大勢で来られていました。
若手の関取さんは、当然明日取り組みがあるので、早めに店を後にしてました。

実は、自分も小さい頃は都内のわんぱく相撲の大会で上位に進出して、東京都大会
に出るような子供だったので、小学生の頃の卒業文集には将来の夢に「相撲の選手」
と書いてるぐらいの相撲好きの少年だったんです。
そのため、店の中では子供心にワクワクして目を輝かせてました。

ママは、九州場所中の観戦にも訪れるようで、先日もテレビ中継の際に、行司の
真後ろぐらいに着物姿で写っていました。
お店のお客さんからひっきりなしに連絡があったようで、取り組みどころではなく、
スマホと格闘してましたね。
九州場所では、有名な中洲のママさん方が結構観戦に訪れるようで、テレビ中継に
着物を着た綺麗な女性が結構写っているいますね。
来年はママのつてで、席を確保してもらえそうなので、是非観戦に行ってみたいと
思ってます。来年の中継ではテレビに映ってまうかも?

コメント(0) 

中洲で牛タンって珍しいね。お蕎麦と牛タンがメインの珍しいお店(博多中洲:さえ木) [ご当地グルメ(九州)]

博多埠頭で、温泉に浸かってのんびりした後は、友達と合流して夕飯に出かけます。
友達が行きたいと予約をしてくれた店なんですが、ちょっと中洲の雰囲気とは違います。
お店の名前は、「牛タンと蕎麦 さえ木」
牛タンとなると宮城仙台のイメージが強いので、まさか中洲で牛タンをウリにして
いるお店があるとは驚きでした。
でもメニューは、ゴマサバやゴマカンパチ、鶏天等九州地区の料理も揃ってます。
IMG_8718.jpg
「厚切り牛タン」(¥1,680)
最初は、特選牛タンを注文しようと思ったけど、この日は仕入れがなかったという
ことで、普通の牛タンを注文しましたが肉厚で美味しいですね。
特に何もつけずに頂きましたが、ジュワッと肉汁があふれてきます。
牛タンって、歯ごたえがある当イメージでしたが、ステーキのような食感が柔らかい
食感がたまりません。美味しいですね。特選はもっと美味しいのかな?
やはり店名に入れるほどなので自信の逸品なんですね。
付け合わせの白菜のお新香は、利休などの牛タン専門店の方が美味しいかな?
IMG_8714.jpg
「刺身盛り合わせ」(¥1,200~)
中トロ、鯛、サワラ、イサキ、ハマチ、鯖のセットです。
かなり豪勢なお刺身です。九州のお刺身は最高に美味しいですね。
どれも身がトロッとして、甘みがあって超絶旨いです。
IMG_8716.jpg
「タラ白子ポン酢」(¥980)
冬場になると、タラの白子は美味しくなりますよね。
1月~2月が一番美味しい時期のようですね。
新鮮な白子は薄いピンク色なので、濃厚で口の中でフワッと溶けていくようです。
IMG_8720.jpg
「天ぷら盛り合わせ」(¥1,480)
やはり蕎麦料理には、天ぷらはつきものですよね。
大エビ、サツマイモ、エリンギ、シシトウ、椎茸など盛りだくさんです。
軽めにサクッと揚がった衣が食欲をそそります。
IMG_8722.jpg
「鴨のあいやき(鴨肉と葱)」(¥780)
鴨肉もおそば屋さんには欠かせませんね。
鴨肉は柔らかくて、ジューシーです。鴨の脂身がジュワッとしてまた美味しいですね。
長ネギは正直苦手なんですが、こちらの葱焼きはメチャクチャ美味しかったです。
IMG_8609.jpg
お料理はかなり本格的ですね。カウンター前のオープンキッチンで作ってもらうので、
清潔感もあって安心です。
今回はお蕎麦は頂きませんでしたが、蕎麦にあう料理も多くて美味しかったので、
お蕎麦も絶対に美味しいでしょうね!!

コメント(0) 

今回の福岡旅行は、大相撲の九州場所の期間中。ベイエリアで一休み。 [旅行]

午前中に糸島へドライブに出かけて、スイーツ&ランチをカフェで堪能した後は天神に
一端戻ります。天神で気になるお店を発見。
ロブスターのお店の「LUKE'S LOBSTER 福岡パルコ店です。

IMG_8696.jpg
東京の表参道に3年ほど前にオープンして一時は大行列になっていましたが、最近は
落ち着いたのかな?
天神のパルコ店の1Fにある店も、残念ながらお客さんは並んでいなかったですね。
IMG_8697.jpg
¥500ぐらいならと思ったけど、メチャクチャ高いんですね。
この後は、今回ちょっとハードなスケジュールだったので、温泉に浸かりに向かいます。
博多埠頭にある「波葉の湯」でちょっとのんびりします。
¥850とリーズナブルな金額なので、よく利用させてもらいます。
SnapCrab_NoName_2018-11-25_0-1-29_No-00.jpg
天神駅から、2連結のバスに初乗車です。
初めて乗ったので、どこから乗るかわからなかったのですが、後ろのドアが開いていた
ので、とりあえず乗ってみました。
博多駅からウォーターフロントを巡回してるんですね。ちょっとわくわくです。
IMG_8700.jpg
九州場所が開催される、福岡国際センターです。
こんな海辺でやってるのは知りませんでした。
IMG_8703.jpg IMG_8705.jpg
残念ながら、横綱3人が休場してしまうなど残念な場所ですが、今日の一番でようやく
高安がトップに並びましたね。
明日はついに千秋楽ですね。優勝するのはダレかな?来年の場所は是非見に行きたい!

コメント(0) 

糸島の海辺のカフェで、海を眺めながらオシャレにランチを食べて見た(福岡県糸島市:パームビーチ) [ご当地グルメ(九州)]

朝一でスイーツを堪能した後は、しばらく近くを散策して、ランチの店に向かいます。
前回は、近くの「HANA Cafe」で食事を楽しんだので、今回が別の店で。
向かったお店は、「PALM BEACH(パームビーチ)」
海沿いにあるオシャレなお店です。
IMG_8682.jpg
オープン間もなかったので、海の見れるテラスの席で頂くことにします。
IMG_8687.jpg
「ふわふわチーズと糸島玉子のカルボナーラのランチセット」(¥1,850)
うーーーん、リゾート価格です。
パスタランチセットは、スープ、糸島ハーブ野菜サラダ、バケット、ドリンクの
セットです。
IMG_8684.jpg
この日のスープは、冷製のパンプキンスープでした。
サラダも含めてワンプレートで提供されます。
IMG_8689.jpg
海辺でパスタなんてオシャレですね。オヤジ一人にはもったいない景色です。
この日は、天気も良かったので、テラス席での食事は涼しくてちょうどいいです。
IMG_8692.jpg
半熟玉子を溶かすと、花が咲いたみたいです。
チーズがかなえいたっぷりの濃厚なカルボナーラです。
ベーコンも厚みがあって美味しいですね。
普段、パスタを食べる機会が少ないので、こういう機会でないと・・・。
IMG_8693.jpg
ウーロン茶もオシャレに見えますね。
IMG_8677.jpg IMG_8678.jpg
ランチセットは、4種類のパスタと4種類のピッツァのセットから選べます。
デザートの追加セットもありますネ。
IMG_8694.jpg
このストリートには他にも糸島で有名なお店が沢山あります。
54号線のカフェは、二見ヶ浦の周辺と、ロンドンバスカフェのある野北の周辺に
結構ありますが、野北の方には行ったことがないので、今度は是非行ってみようかな?
先日のテレビ番組で、元AKBの篠田麻里子が紹介をしていましたが、糸島の西部にある
芥屋の大門(ケヤノオオト)や立石山の頂上からの景色など素敵な場所がありますね。
また糸島の鯛も名産のようなので、また今度ゆっくり巡ってみます!

コメント(0) 

福岡二日目の朝は朝は、リゾート地「糸島 二見ヶ浦」のカフェへ、(福岡県糸島:サーフサイドカフェ) [ご当地グルメ(九州)]

福岡滞在二日目は、朝からレンタカーを借りて福岡のリゾート地:糸島へ。
博多駅前で8時過ぎにレンタカーを借りて、40分ほどで糸島に到着。
でも残念ながら、二見ヶ浦周辺のお店は朝早い時間は空いていないので、浜辺を
散策して時間を潰します。
IMG_8650.jpg
今回も夫婦岩を周辺を散策です。
毎回見ますが綺麗な神秘的な鳥居ですよね。
IMG_8654.jpg
この日は、天候も良かったので、夫婦岩が綺麗に海の景色に映えてますね。
土曜日の朝でしたが、海岸には殆ど人がいないんですね。まだ早いのかな?
1時間ほど浜辺を散歩して、カフェに向かいます。

訪れたお店は、「SURF SIDE Cafe」
IMG_8658.jpg
ビーチを望むカフェかと思ったら、ガーリックシュリンプの専門店だそうです。
でも、食べるのはスイーツ!
IMG_8671.jpg
「DutchBaby スイーツ&アイス」(¥1,000)
熱々のスキレットで提供されてきました。
IMG_8669.jpg
マンゴー、パイナップル、バナナのフルーツが盛られています。
薄い生地なので、スイーツと生クリーム、アイスと一緒に口に運びます。
甘さが控えめなので、すっきりと頂けます。
IMG_8673.jpg
窓越しの海がなんだかロマンチックです。オヤジ一人ですけど、なにか?アハハぁ
IMG_8665.jpg
店内は、南国の雰囲気満載です。
IMG_8676.jpg
後から知りましたが、表のテラスだとダイレクトに海を望むことができたので、
もっと気持ちよかったのかもなぁ?
やっぱり、海辺のカフェってオシャレで最高っすね!
IMG_8661.jpg IMG_8662.jpg
二見バーガーって言うご当地バーガーもあるみたいですね。
先日、元AKBの篠田麻里子が糸島の出身と言うことで、テレビ番組に出ていましたが
糸島には,トトロの森とかもあるみたいですね。
次回機会があれば、行ってみようかな?

コメント(0) 

地元で見つけた大阪の味。イカ焼きが旨いけど、明太ポテトサラダが絶品(東武練馬:あめちゃん) [グルメ(地元:板橋近辺)]

以前、地元の東武練馬のイオンに買い物に行った帰りに、フラッと立ち寄った事の
あるお店で、イカ焼きが美味しかったなぁと言う記憶があったので、今回もイオンの
帰りにフラッと寄ってみた。
お店の名前は、「あめちゃん」
東武練馬駅を超えて川越街道の方へ少し入ったところにあるお店です。
IMG_8326.jpg
「イカ焼きDX(デラックス)」(¥250)
クレープのようなイカ焼きです。もっちりした生地が美味しいですね。
大阪の方だとおやつ感覚ですかね。
モチモチした食感ですが、何枚でもいけそうです。シンプルな美味しさに感激です。
IMG_8331.jpg IMG_8332.jpg
この時期は、日本酒の冷やおろしが美味しい季節ですになりますね。
ちょっと涼しくなった頃に市場に出回ってきますよね。
IMG_8334.jpg
「明太ポテトサラダ」(¥380)
意外でしたが、このポテサラが抜群に美味しかったです。
ゴロゴロとしたポテトの滑らかな舌触りが交差してメチャクチャ美味しかったです。
明太のピリ辛感が酒のあてにもいいですし、パンと一緒に食べても美味しそうです。
またこのポテサラをリピートしたいですね。
IMG_8336.jpg
「カーティム・ヌーン 焼き茄子のネギ脂がけ」(¥530)
何かと思ったら、完璧なベトナム料理でした。
最初は、焼き茄子程度の認識だったので、これはかなり癖が凄い。
千鳥のノブの声が聞こえてきそうなぐらい、ナンプラーがかなり強烈です。
この強烈さが,好きな人は癖になるんでしょうね。自分はご遠慮でしたが・・・。

大阪の味をウリにしているので、当然串カツなどのメニューも充実しています。
とん平焼きやどて焼きなどもあるので、大阪の味を味わいたくなったらここへ行きます!

コメント(0) 

博多に来たら必ず寄らせてもらうお店。いつも混んでいるので、今回は23時に予約(福岡県博多:かじしか) [ご当地グルメ(九州)]

福岡に来たら必ず寄らせてもらうお店。
屋台の頃から何度も通わせてもらっているけど、店舗型になってからの方が多いかも?
お店の名前は、「須崎屋台 かじしか」
先日の秘密のケンミンショーでも、博多焼き鳥で野菜串焼きが流行っていることを紹介
する回で、司会の久本さんが、柴田さんの発言に「かじしかぁ~」と話したことでも
有名なお店です。
大将の和代ちゃんと、お父さんの小大将の雰囲気が大好きなお店です。
今回は、まずカウンター越しの小大将から今日のお勧めを紹介されます。
IMG_8631.jpg
「博多和牛 すき焼き串」(¥680)
これは初体験の創作串ですね。結構牛肉のボリュームがあるので食べ応えがあります。
確かにすき焼きを堪能できますね。サッパリ系の串が多い中で異色の美味しい
ガッツリ系串です。大満足です!!
IMG_8632.jpg
「黒毛和牛サガリ」(¥1,800)
今回は、お肉をダブルで頂きます。
大好きなサッパリした部位のサガリです。ハラミ自体が大好きな肉の部位なので、
この横隔膜周辺のお肉は、脂身も少ないので、ヘルシーに頂けます。
肉質も柔らかいので食べやすく、美味しくほどよく食感で頂けます。
やっぱりこの店で食べるときは、サガリかイチボだなぁ・・・。
IMG_8636.jpg
「肉味噌ピーマン」(¥400)
前回来たときも頂いた肉味噌ピーマンです。でもなんか違和感が・・・。
IMG_8635.jpg
前回は緑色だったのに、今回は黄色のピーマンです。
ピーマンって、完熟すると黄色になるらしいですよ。
IMG_8643.jpg
でも、ピーマンのパリパリした食感と甘辛の肉味噌がベストマッチです。
IMG_8638.jpg
「博多ネギ巻き」(¥330)
お店の定番人気メニューも頂きます。この時間のネギ焼きが残っているのは
珍しいですね。シャキシャキと頂きます。
結構,美味しいものを堪能できたので、そろそろ帰ろうとすると、大将が後ろから
可愛らしいアマーイ声で、今日のお勧めのお鍋も食べてってほしいと言われて、
大ファンの大将がせっかく進めてくれたので、お腹の加減も無視して注文です。
IMG_8639.jpg
「天然真鯛と松茸のしゃぶしゃぶ」(¥2,000)
IMG_8645.jpg
綺麗な黄金色の出汁です。
鯛のしゃぶしゃぶなんて専門店でないと食べれないですね。
この出汁が美味しいです。鯛の身をさらっとくぐらせて、少しだけ食感を残して
頂きます。天然と言うこともあって、身が締まっていてかなり美味しいです。
糸島で捕れた鯛ですかね?いい感じにお酒も回っていたので、聞くの忘れた。
IMG_8641.jpg
そうそう忘れてた。この日の鍋は、松茸もついています。
まんまで松茸の風味が凄いですね。出汁につけるのがもったいないくらいでしたが
出汁に浸しても、やっぱり松茸は松茸でした。
風味は損なわずに出汁の味と絶妙にマッチしますね。旨いっす!
かなり高級感を味わえるお鍋ですが、最後は雑炊で締めてみます。
IMG_8648.jpg
この時点で、かなり酔っ払っていたので、この雑炊を完食したのか覚えてない
ですが、毎回美味しい料理を頂けてホントに大好きなお店です。
次回は年が明けて、2月頃に来るかな?

コメント(0) 
前の30件 | -