So-net無料ブログ作成

田舎(滋賀県甲賀市)の葬儀に参列してきました。 [オヤジのつぶやき]

日曜日の午前中に、父方の本家の叔父さんが亡くなったため、
久々に生家(滋賀県甲賀市)に葬儀等に出席のため帰った。

自分が生まれた当時は、甲賀郡であった。
あっそうそう、甲賀忍者のケムマキ君が有名であるが、「甲賀」とは、
〔こうが〕ではなく、『こうか』と濁らないのである。

父方の本家ということもあり、親族が集まることになり、自分も行くことになった。
昼過ぎに自宅を出発し、夕方に京都駅に到着。
京都タワー.JPG
実家の甲賀まで、京都から二時間以上かかるため、京都駅でレンタカーを借りて
移動した。

叔父が午前中に亡くなったため、夕方にはお通夜があると思われたが、翌日に
告別式と併せて行うことになった。
これまで、何度かお通夜に参列することはあったが、お通夜と告別式を同じ日に
実施するケースは無かったので、ちょっとビックリした。

どうやら、田舎の古い仕来りが関係しているようだ。
この地域では、「葬連組」という集まりがあり、地域の代表が葬式を取り仕切る
習わしがあるらしく、遺族との間での調整によるものらしい。
結果的に翌日午前中にお通夜、午後から告別式、火葬そして初七日を
一日で行うこととなった。
自分が社会に出てから、これまで身内が亡くなったことが無かったため、初めて
遺族関係者として葬式の段取りを経験することになった。

亡くなった日曜日の晩は、葬儀場でご遺体を安置していたのだが、ご遺族が
忙しいこともあり、叔父さんの弟であるうちの親父が、線香の火のお守りをする
ことになり、母親と自分とで交代で火の番をしていた。
最近は八時間程度保つ、巻き線香を使う事が多いようであるが、とても神聖な儀式である。

翌日の告別式では、「御詠歌」なる歌も初めて耳にした。

告別式、火葬後は、初めて『お骨上げ』に参加させて戴いた。
これまでは、二人一組でお骨上げをしていたが、最近は一人一人がお骨を骨壺に
入れるようになっているという。
足下から身体の部位単位で骨を拾い骨壺に納め、最後は喉仏を中心に配置し、
頭の骨で蓋をするイメージで納める。
時間にして,火葬から約2時間半程度の儀式であった。

20年ほど前に母方のおばあちゃんが亡くなった際には、土葬であった。
孫代表で、自分が穴を掘った記憶が鮮明によみがえったが、ここ4,5年で
火葬するようになったらしい。

人が亡くなるという自然の摂理の中で、今回は非常に貴重な体験をさせて戴いた。
叔父さんも沢山の方に見送って戴き、さぞ喜んでいるだろう。
謹んでご冥福をお祈りいたします。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0