So-net無料ブログ作成

大阪でだし巻き卵を注文すると、出汁に浸かって出てくるのは鉄板か?(新大阪:そば処 やま家) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

関西出張時に取引先との打ち合わせを終えて、新幹線の出発まで取引先のオジサン連中で
飲むことになり、いつものように新しいDeepなお店を案内される。
今回のお店は、新大阪駅既構内にある「そば処 やま家」
結構歴史のあるお店のようです。
この日は軽くと言うことで、よくあるサラリーマン向けのお疲れセット様セットを注文。
「ほろ酔いセット」は、ビール1杯と¥300の付け出し2品のセットだったので、3人で6品を注文。
IMG_3501.jpg
「だし巻き」(¥300)
最近、関西で注文するこのだし巻き卵がいつも気になっている。
2/3の確率で、出汁に浸かって提供されてくる。
東京にいると、出汁に浸かって出てくることがないので、コレは関西の文化なのかと思うけど、
必ずしもそうではないので、何か理由があるのか気になってしまうので、今度ちゃんと調べて
みようっと。
IMG_3497.jpg
「そばチップ」(¥300)
ポテトチップスのような感じで出てくるのかなと思ったら揚げそばだった。
よくあるイタリアンの揚げパスタのように味が付いているのかと思っていたけど、残念ながら
味が付いていないので、塩を振っていただく。
でもこのシンプルなポリポリとした食感が大好きです。
IMG_3502.jpg IMG_3500.jpg
「フライドポテト」(¥300)と「するめの天ぷら」(¥300)
いつもご一緒するこの取引先のおじさま方は齢50を超えているのに、揚げ物もしっかりと
胃の中に入れます。
IMG_3498.jpg
「冷やしトマト」
夏の冷やしトマトは美味しいですね。
さっぱりしているので、涼しさを感じます。
IMG_3499.jpg
「たこ焼き」(¥300)
やはり大阪ならではですね。しっとり系のたこ焼きです。
東京でそば屋でたこ焼きのメニューなんてまずないですもんね。
IMG_3496.jpg IMG_3503.jpg
駅構内では比較的値段が高い店がありがちですが、こういう庶民的な価格の店があるのが
本当に嬉しいですね。
出張帰りにふらっと寄って、千円札握りしめてお酒を楽しめる嬉しいお店です。
でも、一杯で終わることがないので、何杯かは飲んでしまいますが、千ベロ系のいいお店です。
取引先のおじさま方が、新しいお店を毎回紹介してくれるのも嬉しいですね。
取引先のRのTサンやNサンには大変お世話になっているので、早く大きな花火を打ち上げて
さらに美味しい酒を飲みたいですね!!
関西のお仕事も頑張るぞぉ!!
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0