So-net無料ブログ作成

菅平高原近くの日帰り温泉で、珍しいかき氷を食べてみた(長野市松代:まきばの湯) [ご当地グルメ(長野)]

昼時に、長野市B級グルメの「焼きそば」を食べた後は、信州の代表的なグルメのおそばを食べるために時間を空けるため、2軒目の日帰り温泉施設に出かけた。
長野市松代にある「大室温泉 まきばの湯」

最初は大宝温泉と間違えていたので、なかなか見つけることができなかったので、ちょっとたどり着くまで一苦労。
お湯にゆっくり浸かった後は、ちょっと珍しいかき氷をいただきます。
IMG_8776.jpg
「台湾風かき氷 ばあちゃんの手作り甘酒」(¥250)
なんと甘酒風味のかき氷です。酒粕がたっぷりと載っていて、食感も楽しめます。
おばあちゃんの手造りというフレーズの様に昔懐かしい感じです。
甘みが抑えめで面白い味付けで、ちょっと癖になりそうです。
甘酒が好きなので、個人的にはありですね。
IMG_8775.jpg
台湾風ということですが、よく言われる台湾かき氷の雪の様にフワッとした感じではなく昔ながらの日本風のガリガリっとしたかき氷です。
IMG_8773.jpg
メニューにヤキソバがありましたけど、B級グルメではなく普通の焼きそばでした。
IMG_8771.jpg IMG_8769.jpg
温泉の施設は非常にシンプルで、内湯と露天が一つずつあります。
IMG_8778.jpg
こちらのまきばの湯は、「最高の美人の湯」と呼ばれているようです。
日本の三大美人の湯である「川中温泉」「竜神温泉」「湯の川温泉」に比べ、湯量がダントツに豊富なため、自称「最高の美人の湯」と呼んでいるようです。
IMG_8780.jpg
こちらの温泉は、結構山の中にあるのでそんなに混雑することもなく、ゆったりを温泉を楽しむことができました。
この後は、信州そばを頂いてから東京への帰路につきます。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0