So-net無料ブログ作成

指宿で有名な出川のてっちゃんも立ち寄った絶景温泉へ(指宿市:玉手箱温泉) [ご当地グルメ(九州)]

鹿児島旅行2日目は、テレビ番組でよく紹介される観光スポットへ。
まずは、テレ東の人気番組の「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」で鹿児島県の
旅の際にボビーオロゴンと一緒に紹介されたいたスポットです。
その場所は、「玉手箱温泉」です。
この温泉は、絶景の温泉として湯名です。
IMG_9514.jpg
朝一番に並んだので他のお客さんがまだ入ってこないので、絶景を独り占めです。
IMG_9516.jpg
マリーナベイサンズのように、地平線と同化しているような絶景です。
こちらの露天風呂は、大きなお風呂と高温のお風呂の二つがあります。
大きなお風呂はホントにビックリするくらい大きなプールのような温泉です。
海を眺めながら入る温泉は本当に気持ちいいです!
朝の開店直後なので、お客さんも少なくてのんびりできました。
IMG_9525.jpg
先日の充電旅で訪問した時の出川のてっちゃんのサインも飾られていました。
IMG_9510.jpg
入り口はとてもシンプルですね。
IMG_9527.jpg
温泉の海側と反対側のには、絶壁の山々が控えています。
IMG_9513.jpg
近くには、砂風呂温泉もありました。
この日は曇っていましたが、晴れた日にはホントに綺麗なんでしょうね。
でも十分お湯も形式も楽しめました。
この後は、今回の鹿児島旅行の目的の一つの「霧島神宮」へ向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

指宿の夜の2軒目は、地元でも人気のおでん屋さんへ(指宿市:ほろ酔) [ご当地グルメ(九州)]

指宿での一軒目で、しっかりした料理を頂いたので、二軒目は軽めの料理を楽しもうと
訪れたお店は、おでん・一品料理 ほろ酔」
流石にこの時期になるとおでんが恋しくなりますね。

IMG_9477.jpgちょちょっと独特なおでんです。
味噌系かなと思って、お母さんに確認をしたところ、出汁系とのことでした。
ちょっと酸味も感じる珍しい濃いめの出汁で煮込まれたおでんです。
IMG_9478.jpg
「おでん串各種」(¥100/@)
厚揚げ、ウズラ、椎茸、タケノコとちょっと珍しいネタですね。
ちなみに、おでん種は9種類から選択です。
しっかりと煮込まれいるので、出汁がしっかり染みこんでします。
特にじゃがいもなんて凄かったです。
普段食べているおでんとは異なる一風変わったおでんですが、お店の雰囲気と
相まって味があります。
IMG_9480.jpg
「砂ずり刺身」(¥450)
実はネットで調べたときに、このメニューを食べたいと思って注文です。
砂ずりって関東ではあまり聞かないですが、いわゆる砂肝です。
コリコリとした砂肝を、珍しくポン酢で頂くタイプです。
この食感がたまりませんネ。甘酸っぱいタレでサッパリ頂くのもありですね。
IMG_9483.jpg IMG_9481.jpg
おでん種以外にもお刺身などのメニューも美味しそうでしたね。
IMG_9485.jpg
かなり味のあるお店構えなので、一見さんはちょっと入りにくいかもですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鹿児島霧島の老舗のお店で、鹿児島の地のものを美味しく頂く(霧島市:さつま味) [ご当地グルメ(九州)]

砂風呂で一汗かいた後は、美味しものを食べに霧島の街に繰り出します。
意外に、夜遅くまでお店が開いています。
まずは、地のものを食べたいと思い、老舗のお店に顔を出します。
お店の名前は、「さつま味」
お店に入るとカウンター席に通され、目の前には大将がいました。
東京からの旅行客であることを、いくつかお勧めの料理を紹介されます。
IMG_9468.jpg
「地鶏刺し」(¥750)
綺麗なピンク色した地鶏のお刺身です。
大将から、店先のガラスケースに飾っている鹿児島地鶏の剥製を紹介されました。
風貌は軍鶏のような感じだったのですが、肉質は柔らかくサッパリとしています。
昔は、各家庭で鶏を飼っていたそうですが今ではそういう家も殆ど無くなって
しまったそうです。昔から豆と一緒に食べる文化があったそうです。
特に、右上の赤身のような肝が抜群に美味しかったです。
IMG_9470.jpg
「黒豚串焼き」(¥580)
鹿児島名物の黒豚の串焼きです。
シンプルに塩胡椒での味付けですが、お肉は噛むと肉汁がジュワッと広がります。
また脂身が甘いので、塩胡椒のピリ辛さといい塩梅で美味しく頂けます。
IMG_9467.jpg
「三種盛り1人前」(¥1,100)
鯛、カンパチ、ヤリイカ、タコのお刺身です。
大将と心地のいい会話を楽しみながら、美味しい刺身を頂きます。
刺身が美味しかったので、煮魚も追加注文です。
IMG_9473.jpg
「金目鯛(頭付き)の煮付け」(¥2,000)
見事なお頭です。かなり時間をかけて煮付けられているようで、身に出汁が染みこんで
抜群の美味しさです。
絹ごし豆腐と一緒に提供されるのは初めてのパターンですね。
最近、本当に魚の煮付けを美味しいと思えるようになったのは、嬉しい進歩ですね。
IMG_9466.jpg
ちょっと嬉しかったのは、芋焼酎のお湯割りを注文すると、陶器に入って提供されて
きました。これなかなか冷めなくて、いい感じです。
いつまでも、美味しくお酒を楽しめます。
IMG_9460.jpg
割烹やさんのようなお店の雰囲気ですが、お値段もそんなに高くないので、美味しい
郷土料理をお酒と共に静かな雰囲気で頂ける嬉しい店でした。
IMG_9474.jpg
入り口の緑の提灯は、地産地消の証ですね。大将のお話を聞きながら美味しく料理を
頂けました。この後も何軒か霧島の夜の街を楽しみます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鹿児島指宿で宿泊するホテルは部屋のベランダにお風呂がある珍しいホテル(指宿市:指宿コーラルホテル) [旅行]

「指宿のたまて箱」で1時間弱揺られて到着した指宿は、あいにくの天気でしたが、
雨が降らなかったので、海沿いのホテルまで15分ほど歩きます。
今回宿泊したホテルは、「指宿コーラルビーチホテル」
残念ながらオーシャンビューの部屋ではなかったですが、部屋に入ってビックリです。
IMG_9454.jpg
部屋のベランダに、バスタブがありました。
室内に温泉がある高級な旅館に泊まったことはありますが、ベランダにバスタブと
いうのは初体験です。
結局ホテルの温泉に入ったので、このバスタブには浸かりませんでしたが・・・。
IMG_9459.jpg
こちら側がオーシャンビューの客室です。
IMG_9499.jpg
1Fには、ホテルのお風呂があります。
IMG_9503.jpg IMG_9502.jpg
内風呂、露天風呂とも2つずつ用意されています。
ちょっと気になったのですが、指宿の温泉は無味無臭なんですね。
ホテルで少しのんびりした後は、指宿名物の砂風呂に出かけます。
本当は、砂蒸し会館「砂楽」に行こうと思っていたのですが、ちょうど行った日まで
改装中であったので、別の場所に向かいます。
IMG_9457.jpg
ホテルから送迎が出るのですが、15分ほど走って近くのシーサイドホテル内にある
砂風呂を楽しみます。
ちなみに、すっぽんぽんの上に専用の浴衣を着て砂風呂に入るのですが、隣にいた
韓国人の観光客は、下着を着けたまんまだったので、もう一度着替えに行ってました。
砂風呂は初体験でしたが、火傷する可能性があるとのことで、砂風呂は十数分が
目安のようです。
他のお客さんは、皆10分ほどで上がったのですが、さほどきつくなかったので、
結局30分ほど浸かっていました。
店員さんから暑くないんですか?と驚かれましたが、ちょっと温い位でしたね。
でも、ポカポカして気持ちよかったです。
風呂から上がると、そのままお風呂に入れるのも嬉しいですね。
この後一端ホテルに戻って、指宿の夜の街に繰り出します!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ついに念願のJR九州の観光列車「指宿のたまて箱」に乗車して指宿温泉へ向かいます。 [電車_乗り物]

遂にこの日がやってきました。先日一ヶ月前のチケット販売の時にようやく手にした
JR九州の観光列車の乗車券。
「指宿のたまて箱」についに乗車です。
今年3月のテレ東のカンブリア宮殿でJR九州(九州旅客鉄道)の唐池恒二会長が出演
した際に紹介されたのを見て、是非この電車に乗りたいと思い待ちに待った瞬間です!
IMG_9413.jpg
これが、「指宿のたまて箱」です。
鹿児島中央駅と指宿駅間を海沿いを1時間弱走る観光列車です。
なんだかブチのフレンチブルドックのような雰囲気で可愛らしいですね。
IMG_9394.jpg
当然反対側は、白黒が逆になります。
kemuri.jpg
駅に到着すると、玉手箱を開けた時の煙の様に、霧が噴射されます。
IMG_9403.jpg
社内は、窓側を向いたカウンター席と普通の席がありますが車両によってまた
席の配置が換わります。
IMG_9418.jpg IMG_9424.jpg
ソファー席やキッズ席なども用意しております。
kyaku.jpg
この日はご年配のご婦人方のグループが車両を占拠していました。
IMG_9429.jpg
今回は、いぶたまのグッズも一緒に乗車です。
たまたま鹿児島中央駅で鉄道グッズの販売をしていてイブタマ専用グッズがあった
ので、購入して良かったです。
ちょっと小腹が空いたので、鹿児島中央駅で買っていたさつま揚げを頂きます。
IMG_9433.jpg
トウモロコシ、安納芋、明太子の購入していましたが、やっぱり安納芋のが格別に
美味しかったですね。
IMG_9430.jpg IMG_9438.jpg
車内販売で、限定販売の「ONITAMA」があったので、購入してみました。
肉味噌のおにぎりで、半分が海苔で覆われているので、車体と動揺にモノトーンですね。
50分ほどの乗車時間でしたが、この日はあいにくの曇り空だったので、景観は
残念でしたが、十分社内を楽しめました。
ibusuki.jpg
無事に指宿駅に到着したので、この後は,ホテルに向かい砂風呂を楽しみます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年最後の出張は、神戸三宮へ。まさかの鯛のあら煮がこのお値段?(神戸三宮:鶴亀八番) [ご当地グルメ(関西)]

今年の年末最終週でありますが、取引先から大型の案件の相談を頂いたので、急遽神戸
三宮へ向かいます。
朝9時からの客先訪問と言うことで、流石に東京からその日の移動が厳しいので、前泊し
翌日の提案に備えます。
前日夜の取引先と打ち合わせを終えて、三宮の街に繰り出しますが、ネットで事前検索を
して気になる店が合ったので訪問。
お店の名前は、「鶴亀八番」
なんとも縁起の良さそうなお店ですが、三宮駅近くのサンキタ通りにある立ち呑み屋です。
店内は年末という事もあり、かなり混んでいて心地のいい関西弁が聞こえてきます。
運良くカウンターの席が空いていたので、通してもらいます。
IMG_0390.jpg
「鯛のあら煮」(¥360)
最近、ちょっと煮魚にもハマっているので、試しに注文です。
スタッフが運んできてくれたものを見てビックリです。
鯛の尾頭付きで、25cm位はありそうな結構な大きさのあら煮が、まさかまさかのこの
お値段で提供されます。これは嬉しいですね。
多少、鯛の身に煮汁のしみこみが薄いのが気になりましたが、濃いめの煮汁というのも
あり、食べるときには結構ガツンときます。
立ち飲み屋さんという事を考えると魚好きとしてはかなり嬉しいメニューです。
IMG_0386.jpg
「鶏皮ポン酢」(¥250)
普段食べる鶏皮ポン酢って、湯引きした鶏皮が多いですが、この店では少しの衣をつけた
揚げた鶏皮で提供されます。
このカリッと言う食感がいいですね。たっぷりの大根おろしでサッパリと頂きます。
IMG_0389.jpg
「チキンカツ自家製たっぷりタルタル」(¥400)
実は、食べログを見て気になっていたのが「牛カツ デミグラスソース」というメニュー
だったので、これを食べに来たのですが、もう販売がされていないという悲しい状況
でしたので、せっかくだからカツを食べようと注文です。
タルタルソースの上に、高菜が乗っているのも珍しいですね。
サクサクに上がったチキンカツを卵たっぷりのタルタルソースで頂きます。
他のメニューでチキン南蛮のメニューもあるので、なぜチキンカツにわざわざと思い
ましたが、結構タルタルとの相性はいいですね。
アジフライトかもタルタルで食べると思えば、普通にアリなメニューですね。
IMG_0381.jpg
立ち呑み屋ということで、メニューも手ごろな価格なので、店の中は店員さんが
メニューを提供するのも大変なぐらい店内は混んでいましたが活気のある店だったので、
良かったです。
IMG_0392.jpg
今日で仕事納めとなるので、今晩からは貯まっているネタを超放出しないとですね。
まずは、今月実施した鹿児島指宿旅行編、金沢旅行編、京都出張、大阪、神戸出張の
ネタが数十件あるので、年末でカキカキしてみます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都八坂神社近くのご飯が美味しいと評判で行列になるお店にようやく行けた(京都四条:八代目儀兵衛) [ご当地グルメ(関西_京都)]

まずい最近の出張、旅行ネタが貯まりすぎてしまったので、時系列に掲載できず申し訳
ないのですが、とりあえず先に記事にしやすいネタを一端掲載。
もう数年、京都へ旅行や仕事で行った際に、近くを通る度に気になって仕方のなかった
お店についに、朝早くから並んで食事を楽しむことが出来た。
お店の名前は、「八代目 儀兵衛」
昔っから、ご飯がとてつもなく美味しいというお店です。
開店は11時からですが、1時間以上も前~行列が出来る店なのですが、土曜日の朝速く
から並んだのですが、1巡目で入ることが出来ず2巡目まで待ちます。
45分ぐらい待ったところで、1巡目のお客さんが帰り始めたので、ようやく入店。
IMG_0105.jpg
「季節の焼き魚2種 銀シャリ御膳」(¥1,520)
列に並んでいる内にメニューは注文しておく制度です。
この日は、焼き魚の定食を注文しました。
IMG_0107.jpg
この日のお魚は、鯖と鮭です。
焼きたてで提供されるので、身がふっくらとして皮目が香ばしくて美味しいですね。
IMG_0106.jpg
でも、なによりも美味しいのが、この銀シャリです。
艶々してお米が光っています。炊き具合も最高で身がふっくらとしていて、噛むと
ご飯の甘みを感じることが出来ます。
しかもこの銀シャリが食べ放題というのも嬉しいですね。でも2杯が限界ですが。
IMG_0110.jpg
実は、おかわりすると、自動的にお焦げを提供してくれます。
このお焦げが、普通のお焦げとは違って、オカキの様です。
板場の人に聞くと、1膳目から希望があれば提供はされているようです。
1膳目はご飯、そのものの美味しさを味わってもらい、2膳目はごま塩やこのおこげ、
またオプションの玉子で、玉子かけご飯にして味わうようです。
でも、玉子かけご飯にするのはもったいないですね。ご飯そのものの甘みや、風味など
を本当に味わうことが出来る至極の銀シャリです。
久しぶりに本当に美味しいとご飯でした。1時間半以上も待った甲斐、十分有りです。
IMG_0111.jpg
若い人や海外の観光客の人たちは、唐揚げを食べている人が多い買ったですが、やはり
京都という土地柄上、ご年配の方は、お刺身や焼き魚が多かったですね。
omise.jpg
なお、並ぶ際の注意なのですが、せっかく待つ際に記帳をするのですが、店員さんが
確認をした際に、その場にいないとすぐにキャンセル扱いになりますので、必ず
店前の列に誰か一人は残しておかないと水の泡ですので、グループの際には十分
注意して下さい。
この日も何度もキャンセル扱いになって、文句を言いながら並び直す人が多かった
ので注意しましょうね。あんたが悪いんですよ!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年は取引先との忘年会は行きつけの店へ。なんと大間の本マグロが¥900!(新橋:三文の得) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

今年お世話になった取引先のメンバと、新橋でプチ忘年会を実施。
自分の行きつけの店に行きたいと言うことで、最近よく利用する新橋駅前ビルにある
立ち飲みのお店へ。お店の名前は「三文の得」
お刺身や焼き物、揚げ物に加えてこの時期はお鍋までも楽しめるお店です。
IMG_9681.jpg
「青森大間の生本マグロ刺」(¥900)
最近何度かお邪魔した際に目にしたメニューです。
なんと、大間の本マグロの赤身がこのお値段で楽しめるなんて最高ですね。
トロのような程よい脂ののった赤身は最高の美味しさです。
IMG_9684.jpg
「鶏レバ刺し」(¥400)
定番のレバ刺しです。しっとりした血抜きの良いレバが美味しいですね。
この料理は絶対に外せません!
IMG_9687.jpg
「本カワハギ刺し」(¥600)
カワハギのキュッと締まった身を、肝醤油で頂きます。定番のうまさです。
IMG_9689.jpg
「トロサバ西京焼き」(¥500)
鯖の西京焼きは普段あまり食べる機会が無かったので、思わず注文です。
焼き魚の中でも西京味噌焼きが一番好きなので、このホイルであぶった鯖もまた
いい感じですね。西京味噌の特有の甘みがいい塩梅です。
IMG_9694.jpg
奥の棚で奇妙なものを見つけました。
サッポロの焼酎です。金ラベルですね。まさかサッポロが焼酎を出しているとは・・。
この日も、魚系を中心に美味しい料理を堪能でき、取引先のメンバも大満足です。
立ち飲みの店だけど、料理の質は最高ですね。また来年もお世話になります!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

人生二度目の鹿児島上陸。まずは鹿児島中央駅について、鹿児島名物を楽しむ(鹿児島中央:六白亭) [ご当地グルメ(九州)]

金曜日に休みを取って鹿児島旅行へ。
今回の目的は、以下の4つ。
1)観光列車の「指宿のたまて箱」に乗る
2)指宿で砂風呂温泉を楽しむ
3)「霧島神宮」を参拝
4)鹿児島名物を楽しむ
まずは、鹿児島中央駅について、「いぶたま」の乗車時間までに鹿児島名物を食べに
出かけます。向かったお店は「六白亭」
鹿児島黒豚の専門店なのですが、平日ランチはビッフェ形式です。
IMG_9366.jpg
ランチビッフェの鶏飯です。鹿児島県奄美地方の郷土料理ですが、東京でも滅多に
食べる機会はないので、貴重な体験ですね。
IMG_9365.jpg
蒸した鶏胸肉と椎茸、錦糸玉子などを鶏出汁で頂くお料理です。
サッパリした料理ですが、鶏出汁がしっかりと出ており、甘く煮詰めた椎茸が噛むと
ジュワッと甘さが広がります。
IMG_9364.jpg
他にも野菜の炒め物や焼きそば、カレー、煮物などバラエティに富んでいます。
このビッフェ形式だと¥600なんですが、もう一品メインメニューを付け足すと
¥900のランチになります。
IMG_9369.jpg
「鹿児島黒豚 肩ロースステーキ」

他にも鹿児島黒豚の溶岩焼きやどんぶり、ハンバーグなどのメニューもありましたが
ダイレクトにお肉を味わいたいなぁと思って、ステーキを選択です。
お肉は弾力があって、噛み応えがありますネ。
普段脂身の部分は食べませんが、甘みがあって美味しいです。
鹿児島に来て、いきなり鹿児島を堪能できました。
IMG_9372.jpg
この後は、鹿児島中央駅まで戻り、楽しみにしていた観光列車の「指宿のたまて箱」
に乗車して、指宿へ向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりに蒲田での飲み会。まずは、軽くお刺身の美味しい店へ(大田区蒲田:五坪) [グルメ(品川・京浜地区)]

やばいやばい旅行ネタが貯まりすぎで、普段のネタの掲載忘れてた。
ちょっと前の11月のネタなので、まだサンマが旬の時期!
先日、会社の若手女子メンバとの恒例の飲み会を珍しく蒲田で実施する事になったんで
0次会で訪問したお店は、「さしみや 五坪」
新鮮なお刺身を手ごろな価格で提供してくれる立ち飲みのお店です。
IMG_8421.jpg
「秋刀魚の塩焼き」(¥350)
限定7本の塩焼きです。
お店のが広くないので、焼き置きされたものでしたが、刺身でも提供できるような
新鮮さがあるので、後からレンジでチンでも抜群の美味しさです。
普段内臓は食べれないのですが、新鮮なお魚という事もあって内臓まで美味しく食べる
事ができました。これには自分でもビックリです。
骨しか残らないように綺麗に頂けたので、大満足です!!
IMG_8423.jpg
「とらふぐ刺し」(¥600)
東京でふぐのお刺身を食べるのは何年振りだろう?
しかもこのリーズナブルな価格で頂けるなんて・・・。
IMG_8424.jpg
大きめのカットされたふぐの身は綺麗ですね。
ふぐの刺身は薄いですが、しっかりとした歯ごたえを感じることができます。
オーソドックスにポン酢、あさつき、紅葉おろしで頂きますが、高級感を感じますね。
立ち飲みで、ふぐの刺身なんて、なかなか粋ですね。
IMG_8418.jpg
やっぱりこの店のお魚は美味しいですね。
この日はこの後、何軒かハシゴの予定なので、次の約束の店に向かいます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

天神橋商店街で、お魚料理の安くて旨いお店を発見!なんと目玉商品は半額という嬉しいサービス!!(大阪天満宮:とっつぁん) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

梅田で呑んだ後、ホテルのある南森町まで歩いて移動します。
梅田から15分ぐらい歩くので、それなりにお腹も減ったので、もう何軒か寄ってみる
ことにします。
天神橋商店街のあるちょっと惹かれるお店を発見したので早速入店。
お店の名前は、「地魚屋台 とっつぁん」
外観は掘っ立て小屋のような雰囲気ですが、店の中はお客さんで熱気にあふれています。
まずはこの日の目玉商品!
IMG_9329.jpg
「ブリ刺し」(¥190)
なんとブリ刺しが通常価格の半額です。
決して粗悪品では無く、プリッとして身が締まっていて美味しいです。
これは嬉しいですね。その日によって目玉商品が変わるのかな?
IMG_9325.jpg
「鳥取 金目金時鯛刺し」(¥380)
鯛の身も、しっとりして美味しいです。鯛というと愛媛のイメージが強いですが
鳥取産も負けずと甘みがあってとて美味しいです。
お刺身は、ほとんどが¥380ととんでもなく嬉しい価格帯です。
IMG_9324.jpg
「平目刺し」(¥380)
この日は、白身オンパレードです。噛むと、キュッキュッとした平目の食感が
たまりません。
IMG_9328.jpg
「剣先イカげそ塩焼き」(¥280)
隣のテーブルで食べている人の醤油をかけた匂いが香ばしくて思わず追加注文です。
いかげそのコリコリした食感もまたいいですね。醤油を少し垂らすとうま味倍増です。
こちらのお店、このお値段で本当にお刺身が美味しいです。
IMG_9321.jpg
お値打ちモンのお店発見です。
この日は、既に3軒目だったので、さすがにもう入りませんが、是非一軒目に来て
「鯛のあら炊き」や「鯨の竜田揚げ」なども是非楽しみたいですね。
IMG_9331.jpg
調べてみると、大阪各地に展開しているお店のようなので、また絶対に来ます!
大阪事務所の近くなので、また大阪出張が楽しくなりそうです。
翌日は、大阪駅のグランフロントで仕事がありましたが、綺麗なタワーがありました。
IMG_9337.jpg
綺麗なタワーですね。ちょっとクリスマスツリーとは違うかな?
IMG_9340.jpg
近くのメルセデスのショールームには、とんでもないベンツが飾られています。
ドドドドドドドドドのベンツ?何の意味があるんだろう?
IMG_9343.jpg
「ミニ・ドドドカー」のプレゼントキャンペーンもやってましたね。
今年も残すところ、あと9日間ですねっと思ったら、年末最後に神戸への出張が
控えているので、まだまだ気も抜けません。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

俺のイタリアンを久しぶりに見かけたら、なんとランチをやっていた(新橋:俺のイタリアン) [グルメ(新橋/銀座近辺)]

またも出張/旅行中の記事が6,7回分貯まってきたので、普段のネタをぶっ込みます。
取引先との打ち合わせの帰りに新橋で食事を取ろうと愛宕方面を歩いていると,久しぶりに
見かけたお店がなんとランチをやっていた。昔はやっていなかったと思ったけど・・・。
そんなお店の名前は、「俺のイタリアン 新橋赤レンガ通り店
一世を風靡したオレの系も最近は、客があまり入らなくなり、先日も中州にあるオレの
割烹が店を閉めるなど、かなり業績が悪化していたようでしたが、最近はランチも
始めたみたいで、まさかビックリしました。でも、結構人が入っていますね。
女性のお客さんがほとんどでしたが、一部男性の一人客も意外に入ってます。
運良くカウンターの端っこの席が空いていたので、すぐにオーダーです。
IMG_9910.jpg
「骨付き鶏もも肉のフリット トマト&バジルの2色ソース」(¥1,000)
なんだかミッキーマウスみたいな配置になってしまいました。
週替わりでメニューが変わるみたいですが、この日は数量限定のランチプレートから
大好きな鶏肉料理です。
IMG_9915.jpg
比較的大きめの鶏もも肉なので、結構ボリュームもありますです。
トマトとバジルの2種類のソースがありましたが、何もつけないでそのままでも
鶏肉自体のうま味を堪能できます。クリスマスも近いので、嬉しいですね。
IMG_9911.jpg IMG_9912.jpg
サラダもスープもそれなりの量なので、結構お腹いっぱいになります。
野菜がたっぷりとれるのもいいですね。
IMG_9917.jpg
それよりも気になったのは、バターライスの黒片です。
何かと思ってつまんでみると、なんと黒トリュフでした。
最初は、キクラゲが小さくカットされてるのかという程度でしたが、口にすると
トリュフの風味が広がります。
なんだかとても贅沢なランチを食べているのかとウキウキしました。
このランチで、税込み¥1,000というのはお得感がありますね。
tennnai.jpg
店内は、近くのOLの方達で満席です。
IMG_9906.jpg
ランチのメニューも豊富なので、このお値段でこれだけクオリティの高いランチだと
近くに来た際には、また立ち寄りたいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大阪に来たら絶対に、絶品のホルモン煮込みを食べにこの場所へ(梅田:やまと) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

大阪へ来たときには、ほぼ100%の確率でお邪魔するお店。
なんと言っても、この店のホルモン煮込みが絶品なので、それを目当てに訪問する
お店の名前は、「酒場 やまと」
相変わらず店先には行列ができていますが、1名なので先に案内してもらいます。
IMG_9273.jpg
「ホルモン煮込み」(¥480)
夕方以降の遅い時間になってしまうと売り切れてしまうと言う絶品の煮込みです。
この出汁が絶品で、塩系?のような感じの煮込みです。
プリプリッの脂部分が貯まらなく美味しいです。
この日も食べれて良かったです。
IMG_9276.jpg
「三種盛り 1名様」(¥480)
この日の3種盛りは、水蛸、ハマチ、鯛の3種類。
水蛸のコリコリした食感が抜群です!相変わらずお刺身美味しいですね。
IMG_9275.jpg
「鯛皮ポン酢」(¥380)
初めて食べましたが、鯛の皮がツルッとして程よいキュッという食感がたまりませんネ。
サッパリしていて美味しいです。酒のあてに最高の逸品です。
IMG_9278.jpg
「海老の天ぷら盛り合わせ」(¥680)
海老2本と、サツマイモ、白身魚、大葉のセットです。
塩で素材の美味しさをシンプルに味わいます。
海老がプリップリで、美味しいですね。
IMG_9280.jpg
お刺身も揚げ物も焼き物も,本当に美味しいお店です。
どうして多店舗展開しないんだろうといつも不思議に思います。
この後は、お店を後にして次の店に向かいます。
IMG_9282.jpg
この後は、ホテルに歩いて帰る前にお初天神でお詣りです。
有り難いことにこの日も大吉のおみくじを頂きました。年末までいいことあるかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりに関西出張。事務所近くの大阪天満宮で天ぷらランチを(大阪天満宮:稲田屋) [ご当地グルメ(関西_大阪)]

久しぶりの大阪出張。
会社の大阪事務所近くの南森町のホテルに荷物を置いて、まずはランチに出かけます。
向かったお店の名前は、「稲田屋」
天神橋商店街にあるちょっと オシャレなお店構えのてんぷらのお店です。
IMG_9264.jpg
「お昼の天ぷら定食」(¥850)
天ぷら各種、卵焼き、小鉢、漬物、味噌汁と結構ボリュームがありますネ。
IMG_9266.jpg
この日の天ぷらは、ブラックタイガー2匹、キス、キクイモ、四角豆、野菜五種の
かき揚げのセットです。
ブラックタイガーの身がふっくらしてて美味しいですね。
12時回っていましたが、ひっきりなしにお客様が入ってきます。
店内が満席になってしまって、断るお客さんも多かったので、地元でも有名なお店
なんですね。
優しそうな大将と奥さんの雰囲気もまた家庭的でゆっくりできます。
IMG_9269.jpg IMG_9272.jpg
ランチメニューは、天ぷら定食と天丼のみですが、殆どのお客さんが定食でしたね。
IMG_9268.jpg IMG_9267.jpg
夜のメニューも、焼き物、揚げ物、焚き物とかなり充実していますね。
IMG_9271.jpg
今度は、夜にゆっくりお邪魔してみたいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年も年の瀬の時期になったので、最近恒例のある場所へ(ひたちなか市:ジョイフル本田) [趣味]

ここ数年はこの時期は、ひたちなか市にあるショッピングセンターまで向かう。

その目的は、年末ジャンボ宝くじを購入するため。
高額当選者が頻繁に出ることで、有名なお店です。
takarakuji.jpg
ジョイフル本田ひたちなか店にある「ジョイフル本田ニューポートひたちなか店
宝くじ売場」です。
今日は、六曜では友引と言うことで、大安に次ぐ縁起のいい日だったので、開店と
同時に長蛇の列ができます。
幸いにも、早い順番だったので、10分ほど並んで購入です。
IMG_9902.jpg IMG_9901.jpg
専用の封筒が提供されて、当選祈願のはんこを押して帰ります。
mise.jpg
帰りがけに、近くの「たっぷり庵」で鯛焼きを購入して帰ります。
IMG_9887.jpg
こちらの鯛焼きは、あんこやクリームがたっぷり入っているので、生地で挟むような
感じです。
IMG_9899.jpg
噛むと、あんこやクリームがはみ出してしまうので、食べるのが大変です。
この後は、宝くじの当選祈願のため、ある場所に向かいます。
SAKARETU.jpg
ひたちなか市磯前町にある「酒列磯前神社(サカツライソマサキジンジャ)」です。
宝くじが当たる神社として有名な神社です。
IMG_9893.jpg
幻想的な参道です。
IMG_9896.jpg
神社の入口付近には、水戸(徳川) 斉昭公が座ったと言われる石が残っています。
IMG_9897.jpg
お詣り後には、この亀さんに願い事をしながらなでるとかなうと言われているので、
頭から甲羅までたっぷりとなでなでしてきました。
今年の最後にいいことがあると嬉しいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今年もある目的のために、茨城県ひたちなか市へ朝からドライブに(ひたちなか市:森田水産) [ご当地グルメ(茨城)]

今年もある目的があって、日曜なのに6時に起きて、常磐道に乗って茨城県ひたちなかへ
ドライブに出かけた。

目的のお店が10時開店だったので、ひたちなかに着いたのが結構早かったので、ランチ
もかねてモーニングを食べることに。
向かったお店は、「森田水産」
那珂湊漁港にあるお店です。1Fはお土産物屋と回転寿司があり、2Fにレストランが
あります。
前回来たときは、提供するまで20分ぐらいかかると言われたので、今回は時間もあった
ので、お目当ての料理を注文。
IMG_9879.jpg
「金目鯛御膳」(¥1,400)
大好きな金目鯛の煮付けです。キンメの煮付けを食べるのは、三浦海岸の漁火亭か
この店が殆どです。
前回は朝一だったので、まだ浸かっていないということで時間がかかりましたが、
この日は、10分程度で提供されました。
IMG_9882.jpg
お頭はついていませんが、このお値段で金目鯛の煮付けが頂けるのは嬉しいですね。
金目鯛のみがふっくらとして、汁によく浸かっています。
この煮付けの甘めの汁が美味しいですよね。
最後にご飯にかけて食べる飯が絶品です。
IMG_9881.jpg
アサリの味噌汁も美味しいですね。
やっぱり港の近くで、魚料理を食べるとタマランですね。
IMG_9877.jpg
前回は、お刺身定食を頂きましたが、金目鯛の煮付けよりも、あいなめの煮付けや
メバルの焼き物の方が、お値段がするんですね。
キンメの煮付けでも、湘南や焼津とかでも¥2,000ぐらいするので、このお値段は
お値打ちモンです。
この後は、この日の目的のためにある店に向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

松山空港で、美味しい鯛ラーメンを頂く。やっぱり愛媛は鯛王国!!(松山空港:シェフズキッチン [ご当地グルメ(四国)]

無事に愛媛県旅行を終えて、東京への帰路につきます。
この日は、早い時間で東京に戻ることにしていたので、お昼前には松山空港に着きます。
そのため、ランチを済ませようと空港内をうろついていると、フードコードを
発見したので、メニューを見ると大好きなメニューを見つけたので早速入店。
入った店は、「CHEF'S KITCHEN」
IMG_9224.jpg
「鯛塩ラーメンと鯛飯(小)のセット」
今年は、鯛塩ラーメンを食べる機会が多かったような気がしていますが、塩ラーメン
のなかでも、鯛塩ラーメンが一番好きですね。
IMG_9225.jpg
「鯛塩ラーメン」(¥980)
瀬戸産の鯛の塩ラーメンです。すっきりとしたスープにしっかりと鯛の出汁が
でていますね。フードコートの料理としては美味しいですね。
IMG_9230.jpg
しかも結構、鯛の大きな切り身ものっているので、鯛そのものの美味しさも味わう
ことができるのがまた嬉しいですね。鯛のフワッとした身が美味しいです。
IMG_9228.jpg
「ミニ鯛めし」(¥300)
追加¥300で鯛飯がついてくるのも嬉しかったですね。
前日に「二番町のかど 福」で食べた鯛飯とは比較はできないですが、ちゃんと鯛の
風味を味わえるので、これこれで有りですね。
サイズ的もちょうどいい塩梅です。
IMG_9234.jpg
最後は、この鯛飯の上に鯛の身をのせて、ラーメンスープをかけてオリジナルの
鯛飯を作ってみました。
茶漬け系の宇和島鯛飯と炊き込み系の松山鯛飯の融合ですね。
意外に結構美味しかったです。
IMG_9235.jpg
1泊二日の短い期間でしたが、それなりに愛媛県の食の魅力を堪能できました。
IMG_9237.jpg IMG_9238.jpg
愛媛県推しのメニューが沢山あるなど結構メニューは豊富ですなぁ。
愛媛県にも、「八幡浜ちゃんぽん」というご当地ちゃんぽんがあるんですね!

今月は、月末に香川高松の800段もの石段を登る金比羅宮に今年最後のお宮さん詣り
にもう一度四国へ向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛県の名物列車を朝から見学。伊予鉄のカラーはオレンジです! [電車_乗り物]

愛媛県道後温泉で見かけた「坊ちゃん電車」を生で見ようと、伊予鉄の人に運行
スケジュールを確認して、朝一番の電車の時間を確認して、ホテルをチェック
アウトして松山市駅へ向かう。
IMG_9204.jpg
臨時列車の「坊ちゃん列車」です。
通常は、2編成で運行されているのですが、1編成がメンテナンス中と言うことで、
本数が限られています。
IMG_9191.jpg IMG_9192.jpg
現在は、松山市駅から道後温泉までは、3便のみなんですね。
実は以前、松山市に来たときにも気になったのですが、この1両目の車両をどうやって
回転させるのかをゆっくり見ることができました。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-27-14_No-00.jpg
まずは1両目が切り離されて、終点ポイントに向かいある地点まで手バックします。
このポイントが見物なんです。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-27-44_No-00.jpg
一端、車体が少し浮いた後で、なんと手動で回転させ、車両を反転させるんです。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-28-6_No-00.jpg
二人の職員さんが、一生懸命押しています。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-28-24_No-00.jpg
無事に回転終了です。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-29-14_No-00.jpg
この後は、乗客を乗せる車両も連結させるのですが、この作業も完全手押しです。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_8-58-11_No-00.jpg
この光景を見たくて寒空の下、30分以上も待っていました。
こういうレトロな感じがいいですよね。頑張っている職員を応援したくなりますネ。
この昔ながらの運行形態が、伊予鉄の人気なんですね。
ちなみに伊予鉄グループのカラーは、ミカンを意識してオレンジです。
IMG_9189.jpg
最新型の車両はかっこいいですね。
IMG_9194.jpg IMG_9196.jpg
いろんな型式の車両が走っています。
IMG_9190.jpg
ちなみに、バスもオレンジ色ですね。
この坊ちゃん列車の切り換え作業を見れたので、今回の旅行は無事終了です。
この後は、東京に戻るために松山坊ちゃん空港へ向かいます。

この坊ちゃん列車の手動切り換え処理の動画はこちら

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

愛媛県の名物料理 第四弾:日本一美味しい松山鯛めしに遭遇!(松山市:二番町のかど 福) [ご当地グルメ(四国)]

今回の愛媛旅行では、愛媛県の郷土料理の鯛めしを食べることが目的であったが、
愛媛には、出汁で頂く「宇和島鯛めし」と焼き込み系の「松山鯛めし」の2種類があり、
2種類を制覇することを目指して向かったお店は「二番町のかど 福」
なんと日本一美味しい鯛めしが食べれるお店です。
IMG_9182.jpg
「日本一美味しい鯛めし」(¥980)
待望の松山鯛めしです。鯛の炊き込みご飯です。
注文から30分ほどかかりますが、これは本当に美味しい鯛めしでした。
1人前で、¥980という値段は嬉しいですね。
IMG_9183.jpg
ご飯のお焦げもあり、お米に出汁が染みこんで最高の味付けです。
もっちもちのご飯の食感もたまりません!これはメチャクチャ美味しいです。

ちなみに、ご飯には餅米が混じっているので、もちもち感は秀逸ですね。
まさにメニューの通り、「日本一美味しい鯛めし」に偽りはないですね。
この鯛めしだけを食べに松山まで来るのも絶対にありという位美味しいです!
人数が揃うと、鯛を丸々一匹入れて炊き込んでくれるみたいですね。
IMG_9181.jpg
「せせりとキノコのゆず胡椒炒め」(¥650)
せせり肉の締まったお肉の食感と、キノコの真逆の柔い食感とたっぷりの葱でシャキ
シャキとした食感のバランスがまた絶妙ですね。
ゆず胡椒でピリッとした味付けもまた美味しいです。
IMG_9186.jpg
「伊予地鶏の塩焼き」(¥750)
愛媛の地鶏も美味しく頂きます。お肉は身が締まっていますが、ジューシーですね。
ゆず胡椒で頂くことで、更に味が締まりますね。
この料理も美味しいですね。全部の料理が美味しいので、この店大当たりです!
IMG_9187.jpg
絶対にまた是非来たいですね。
鯛めしもかなり美味しかったですが、もう一つの愛媛名物の鯛ソーメンも味わえるので、
愛媛の名物グルメが全部頂けるも、嬉しいですね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛県で初めての夜の呑み家をハシゴします。まずは大街道の商店街で(松山市:壷々炉) [ご当地グルメ(四国)]

松山城の見学を終えて、松山市の繁華街の大街道周辺で食事を楽しみます。
伊予鉄の大街道駅にある大きなアーケードを歩いていると結構栄えていますね。
ネットで事前に調べたお店で、格安の名物があるということで訪問。
お店の名前は、「壷々炉(こころ)」

なかなか、こころと読むのは難しいですよね。
このお店を選んだのは、実はこの逸品が名物とのこと。
IMG_9166.jpg
「中島産 皮はぎの薄造り」(¥1,123)
皮はぎをこのお値段で頂けるのは嬉しいですね。
お店の一番人気だそうです!
IMG_9169.jpg
このカワハギの肝を溶いた醤油で頂くのが絶品ですね。
肝が本当はもう少しトロッとしているはずなんですが、ちょっと固形状なのがきになり
ましたが、醤油に溶いててっさのように何枚かをスクって頂きます。
カワハギの身は締まって、シコシコして美味しかったので、肝はちょっと残念ですね。
IMG_9163.jpg
「真鯛刺し」(¥742)
お刺身のメニューが結構充実していましたが、やっぱり大好きな鯛の刺身を頂きます。
身が厚いですが締まっているので歯ごたえもあって大満足です。
やっぱり愛媛県の鯛は名物というのを実感です。
IMG_9158.jpg IMG_9160.jpg
お刺身以外にも、焼き物など美味しそうなメニューもありましたが、名残惜しいですが
店を後にし、次へ向かいます。
IMG_9170.jpg IMG_9172.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本の城:第3位に選ばれた松山城にのぼってみた。 [旅行]

山の上に立つお城として有名なお城の松山城に初めて登ってみた。
IMG_9126.jpg
松山城へは、ロープウェイかリフトもしくは徒歩で登ることができますが、リフトに
乗ってみたいなぁと思ってたので、数十年振りにリフトに乗ってみます。
ロープウェイでは味わうことができない雰囲気を味わいますが結構怖いですね。
しっかり捕まっていないと落ちてしまいそうです。
osiro.jpg
リフトを降りて山を少し登っていくと綺麗な雰囲気の中で天守閣を望むことができます。
なんだか時代劇に出てきそうな雰囲気ですね。
春は桜が咲き乱れる中で美しく映えそうです。
IMG_9134.jpg
見事な城壁の高さです。14メートルもの高さだそうです。
IMG_9132.jpg
ちなみに松山城は、「金亀城」とも呼ばれているそうです。
築城の際の内堀に金の亀が潜んでいたといわれたことが由来のようです。
IMG_9140.jpg
また徳川家と縁があったことで、現存の国内のお城で、唯一「葵の紋」をもした
お城だそうです。
IMG_9139.jpg
内部はかなり急な階段で構成されています。
IMG_9142.jpg
天守閣からは、松山市内全体を見渡すことができます。
標高132メートルの勝山の頂上に立てられたお城のため、地上161メートル強から
望むパノラマの眺望は圧巻ですね。
osiro2.jpg
城壁の高さが際立ちますが、全体的に美しいフォルムですね。
帰りも、リフトに乗って帰りましたが、行きよりも帰りの方が怖いですね。
やっぱり、お城や神社を見てワクワクする自分は、日本人で良かったと改めて
幸せだなと思いました。
この後は、夜の松山市のグルメを楽しみます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛のご当地グルメの第三弾!ここにもあったご当地バーガー!!(愛媛県松山市:揚げ鯛) [ご当地グルメ(四国)]

道後温泉でお湯と、二つのご当地グルメを楽しんだ後は一端ホテルに荷物を置いて、
松山城に向かいます。
その松山城に向かう途中に、気になるお店があったので寄ってみた。
お店の名前は、「揚げ鯛」
店先に芸能人の写真が飾ってあったので、話題の店なんだと思って入ってみると、
お酒も飲めるお店だったのでセットで注文。
IMG_9149.jpg
「揚げ鯛バーガーセット」(¥1,000)
普段、佐世保バーガーとか横須賀バーガー等のご当地バーガーって高いイメージが
あり殆ど食べたことはなかったけど、大好きな鯛だったこともあり食べて見た。
鯛バーガーとポテトフライとビールのセットです。
IMG_9150.jpg
揚げ鯛は、衣はサクッとして、身はふっくらしていますね。
バッチリ、鯛の味を体験できます。
鯛という魚は、刺身で良し、煮ても良し、焼いても良し、揚げても良しの本当に
万能で美味しい魚なので一番好きな魚です。
IMG_9148.jpg
揚げ鯛バーガー以外にも、じゃこかつバーガーや、鯛のフィッシュ&チップスも
メニューにあるんですね。
IMG_9153.jpg
この店は綺麗な女性オーナーをはじめ、綺麗なスタッフが働いているので華やかです。
そういえば揚げ鯛バーガーってB級グルメかと思ったら愛媛発祥のA級グルメだそうです。
A級グルメって、あまり聞かないですけど、調べてみると新潟発祥の言葉だそうです。
本来は、雪国の伝統料理を指すらしいのですが、この店で言うA級グルメってどういう
意味なんでしょうね?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛県の地元飯の第二弾は、今治のB級グルメを堪能(道後温泉:金兵衛) [ご当地グルメ(四国)]

早いランチで、宇和島鯛めしを食べた後は、道後温泉をしばらく散策します。
実は予定していた日帰り温泉を探すのに1時間近く街をうろうろとしていたのですが
流石に見つけられなかったので、電話をすると現在改装中とのことで、もっと早く
確認すれば良かった。
そのため、坂の上にある日帰り温泉を楽しめるホテルで温泉を楽しみます。
IMG_9113.jpg
日帰り温泉を楽しんだのは、「道後館」です。
鉄筋コンクリートの今風の造りのホテルですね。ホテルのロビーは凄い広いですね。
日帰り温泉は、¥1,000で利用できます。
露天風呂もあったので、1時間ほどゆっくりとお湯を楽しみます。
そういえば道後温泉のお湯は、無味無臭なんですね。
散策と日帰り温泉で2時間ほど時間を過ごしたので、ちょうど良くお腹もすいたので
もう一つの愛媛名物を食べに向かいます。
向かったお店は、「瀬戸内料理 金兵衛」
愛媛県の各地の料理を提供しているお店です。
IMG_9115.jpg
「今治 焼豚玉子めし」(¥780)
B級グルメとしても有名な料理ですよね。
もともとは中華料理屋さんのまかない飯だったらしいのですが、このダレでも作れそう
と言う手軽さがいいですね。
IMG_9116.jpg
必ず目玉焼きは二つですね。この目玉焼きをぐちゃぐちゃに解いて、チャーシューと
ご飯をマゼマゼして頂きます。
甘めのタレと、目玉焼きの胡椒がピリッと効いてこれは美味しいですね。
以前、コンビニで時期限定で提供された時に食べた事があったけど、やっぱり地元で
食べるとメチャクチャ美味しいですね。
IMG_9119.jpg
ちょっと気になったのが愛媛の味噌汁は、この鞠のようなお麩が必ず入るんですかね?
さっきの丸水でも汁物に入ってました。
IMG_9114.jpg
2種類の鯛めしや、伊予牛など愛媛の郷土料理を楽しめそうなお店ですね。
IMG_9121.jpg
結構店内は広いので、団体さんも歓迎ですね。
お湯も楽しんだので、この後は、松山市内へ戻ります。
karakuri.jpg
駅前には、坊ちゃんからくり時計があります。
このからくり時計が上に伸びて,中から人形が登場して数分間演劇のような動きを見せて
くれます。
eki.jpg
この後は、伊予鉄の路面電車に乗って、ホテルのある大街道に戻ります。IMG_9086.jpg
今回は乗れませんでしたが、坊ちゃん鉄道も未だに走っています。
現在1日3便走っていると言うことで、翌日はkの坊ちゃん鉄道の撮影に向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛の地元飯といえば、やっぱり鯛めしでしょ。でもまずは宇和島鯛めしを(愛媛道後温泉:丸水) [ご当地グルメ(四国)]

今回の愛媛旅行では、愛媛県のご当地飯を楽しみにしていたので、まずは松山空港から
リムジンバスに乗って道後温泉に向かいます。
まずは道後温泉に着いたら、ここに来ないと行けませんね。
onsen.jpg
道後温泉の本館です。
入浴料は、¥410です。外観もかなりふるい建物ですが、趣もありますね。
朝6:00から開いているので、朝早い時間は地元のお年寄りが多いですね。
お風呂は、左右二つの浴室がありますが、基本的に同じ造りですが、雰囲気は
銭湯のような懐かしい造りです。(ドライヤーは、3分¥10です)
あまり長居はできなかったので、30分ほどで出てきました。
この後は、念願の鯛めしを食べに行きます。
向かったお店は、「丸水 道後店」
愛媛、鯛めしでググると結構頻繁に紹介されているお店です。
11:00の開店前にすでに並んでいる人がいたので、3番目に並びます。
IMG_9099.jpg
「宇和島鯛めし 膳  天然鯛」(¥2,100)
宇和島鯛めしには、天然鯛と養殖鯛を選択できます。
天然鯛の方が¥500ほど割高です。
IMG_9102.jpg
鯛の形をした器に鯛のお刺身が盛られて提供されます。
せっかく歯ごたえのある美味しい天然鯛の身なんだから、こういう風にごちゃっと
盛るんじゃなくて、綺麗に並べて提供をした方がいいんじゃないかと思ったのは自分だけ
ですかね。
IMG_9101.jpg
この鯛の身を、この特製の生卵を説いた出汁にくぐらせます。
最初は、ご飯の上にお刺身として軽く頂きます。
本当は、この出汁の中に、鯛の切り身、薬味を入れて、出汁に浸した後でそのまま
ご飯に茶漬けのようにかけて頂くのが主流のようです。
ご飯はおひつで提供されますが、テーブルに一つのようなので、自分はおひつを一人
占めだったのですが、おひつあたりご飯2杯ぐらい食べれます。
IMG_9104.jpg IMG_9098.jpg
本当は、天然と養殖の食べ比べができるセットのメニューもあるのですが、繁忙期
だから現在は提供をしていないとのことでした。
今の時期が繁忙期というのがよく理解できなかったのですが、別に半分ずつ提供してする
だけだから、繁忙期もくそも関係ないんだから、ちょっと納得できませんでしたね。
IMG_9106.jpg
すぐに満席になるなど人気の店なのですが、接客が丁寧すぎて、一つのテーブルから
オーダーを取るのに5分ぐらいかかっていたので、丁寧さもほどほどにしてもらった
方がいいですね。老舗の店だからしょうが無いのかな?
この後は、もう1軒、温泉に寄っていきます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

松山空港で見つけた愛媛県の都市伝説。これは面白い!(愛媛:松山空港) [ご当地グルメ(四国)]

今月は、愛媛県松山市へプチ旅行に出かけた。
愛媛県へは、人生二度目の訪問となるが、今回は愛媛の名物料理を堪能するのと、温泉を
楽しむためのグルメ&温泉旅行!
まずは、松山空港に到着後、テレビ番組で紹介された愛媛名物を!
IMG_9219.jpg
なんと、蛇口からミカンジュースが出てるじゃないですか?
これこそ、愛媛県の都市伝説です。なかなかユニークですね。
1杯¥350というちょっと割高な値段設定ですが、思わず買ってしまいますね。
IMG_9220.jpg
空港の1Fにあるので、是非松山空港に出かけた際には、よってみてはどうですか?
絶対に子供さんは喜びそうですね。
IMG_9222.jpg
綺麗なミカンジュースのタワーも飾ってあります。
IMG_9223.jpg
愛媛県は「かんきつ王国」を名乗っているんですね。
四国の各県は、それぞれユニークなアプローチで観光産業に力を入れていますね。
先日は、徳島県に旅行して、今月は愛媛と月末に香川の金比羅宮にもいくので、
四国制覇は、後は高知県のみだから、いつ行こうかなぁ?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

出雲空港で、島根県ならではの地元飯を頂きます。(出雲空港:やくも) [ご当地グルメ(中国)]

今回の島根県での出張で、無事にお客様先でのプレゼンを終えて東京への帰路に
つきます。
松江駅まで取引先の人に車で送ってもらいましたが、松江駅からの空港までの
リムジンバスが激混みになるのはさすがにビックリしました。
補助椅子まで人が座ることがあるんですね。
もしかしたら、夕方のこの時間だけなのかもしれませんが・・・
空港について、出発まで1時間強あったので夕食をとることにします。

向かったお店が「レストラン至誠 やくも」
出雲空港の3階のあるレストランです。
という事で、まずは島根県といえば「のどぐろ」ということで。
IMG_8922.jpg
「のどぐろの唐揚げ」(¥800)
お店の入り口でも、完全にのどぐろ推しでしたね。
IMG_8923.jpg
小ぶりなのどぐろです。でも、揚げちゃうと正直美味しいのかわかんなくなりますね。
ポン酢と紅葉おろしの味が先行してしまって、高級魚ののどぐろを食べてるんだぁと
いう感覚のみなのが、残念でした。
やっぱり焼きか刺身で食べるべきですね。

IMG_8914.jpg
「地魚なめろう」(¥750)
これは美味しい一品でした。味噌とショウガのバランスが良くて変に主張をしない
ので、魚の美味しさを感じることができましたね。
個人的には、付け合わせでついていたマロニーの「プチプチ海藻麺」が嬉しかった
ですね。これ大好きなんです!

IMG_8916.jpg
美味しい料理があるとお酒も進んじゃいますね。
飛行機の搭乗の時間も迫ってきたので、最後に締めに一品。

IMG_8926.jpg
「出雲の〆」(¥500)
割子そばとかやくご飯のセットです。
後から知ったのですが、出雲そばは日本三大そばとも言われているんですね。
「わりごそば」という郷土料理です。
割子そばだけだと、3段重ねで提供されるのが一般的だそうですが、この〆の
セットは1段のみです。
そば猪口が無かったので、そばに薬味とそばをぶっかけて頂きましたが正しい
食べ方のようです。
IMG_8928.jpg
ちなみに薬味は、鰹節、海苔、小ネギ、,紅葉おろしが定番のようです。

IMG_8927.jpg
かやくご飯は、シジミご飯でした。
やっぱり島根と言えば、宍道湖のシジミは有名ですもんね。
しっかりと今回の出張の最後の食事で、島根県を感じることができました。
今回のお客様でも無事に提案システムが採用されるのを後は祈るのみです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鳥取県は漫画王国だったんだぁ。ねこ娘電車まで発見!!(鳥取県) [電車_乗り物]

今回の島根県への出張では、鳥取県米子へも移動しましたがその際に、珍しい電車に
遭遇です。
意外だったのが、鳥取県は漫画を売りにしているの?
先日は、平井県知事が鳥取港で水揚げされたズワイガニが200万円もしたことで、
ギネス世界記録に認定されたことを報告してましたが、個人的にはこの電車の方が
興味がわきます。
IMG_8883.jpg
「猫娘電車」
JR境港線にゲゲゲの鬼太郎の猫娘がラッピンされています。
ネットの記事によると、鬼太郎電車もあり、鬼太郎電車と猫娘電車が一両ずつ
連係するパターンもあるそうですが、この日は、猫娘電車のみでした。
IMG_8886.jpg
実は外側だけかと思ったら、シートなども猫娘仕様になっていることを後から
ネットで知りました。ちゃんと見ておけば良かったなぁ。
IMG_8889.jpg
ちなみに、米子駅は「ねずみこぞう駅」っていわれてるんですね。
でも、世の中には広まっていないよなぁ・・・。
IMG_8882.jpg IMG_8884.jpg
米子駅には、ゲゲゲの鬼太郎関係のオブジェもありましたね。
実は、他にもラッピング電車がいました。
IMG_8897.jpg IMG_8894.jpg
コナントレインです。
調べてみると「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげる先生、「遥かな町へ」「父の暦」の
谷口ジロー先生、「名探偵コナン」の青山剛昌先生など有名な方に縁があるみたいです。

広島、岡山、山口などの瀬戸内の地域は訪れる機会は多いですが、中国地区の日本海側は
あまりないので、今度は出雲大社に行ってみようかな?
寝台列車の「サンライズ出雲」に久々に乗ってみるかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今回は島根県に出張!取引先の車に揺られて塩ラーメンの専門店へ(島根県松江市:ラーメン長さん) [ご当地グルメ(中国)]

島根県のお客様への出張は初体験。
朝一の便で羽田から出雲縁結び空港へ向かいます。
空港でしばらく時間を過ごして、取引先の車で客先へ向かう途中にランチをとることに。
取引先の人のすすめで、お客さんの近くに美味しいラーメン屋があるとのことで向かった
お店は、「ラーメン長さん」
塩ラーメンの専門店だそうです。塩ラーメン好きで良かった!
IMG_8905.jpg
「もずくラーメン」(¥800)
もずくラーメンってあまり聞いたことが無いので、注文です。
IMG_8908.jpg
スープはクリアに澄んでいますが、結構ずしんとする塩味です。
個人的には、これぐらいインパクトのある塩味は嬉しいですね。
どのラーメンにも、葱がどっさりと載ってくるのはインパクトありますネ。
IMG_8909.jpg
この厚切りのチャーシューがメチャクチャ美味しいです。
しかも、トロッとしているので、このチャーシューと白飯があれば大満足です。
チャーシューにもしっかりと味がついているので、これは絶品のチャーシューです。
久しぶりに美味しいと思うチャーシューでした。
IMG_8911.jpg IMG_8912.jpg
ラーメンの食べ方指南書がちゃんと用意されてましたが、流石にこのあと、提案プレゼン
だったのでニンニクはご遠慮させてもらいました。
IMG_8910.jpg
塩味ベースで、カレー風味ラーメンってどんな感じなんだろうね。
昔ながらの町中にある雰囲気のお店ですが、かなり美味しいラーメンでした。
IMG_8913.jpg
ここまで美味しいとは正直意外でしたね。お店の外観で判断しちゃまずいっすネ。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ランチメニューが豊富な居酒屋。海鮮丼の2段重なるメニューを初体験。(新山口駅:目利きの銀次) [ご当地グルメ(中国)]

山口で仕事をする際に、ランチを食べるときはこの店が多いけど、理由は単純明快で
海鮮を食べれるのと、メニューを選ぶ楽しみがあるから・・・。
そんなお店の名前は、「目利きの銀次 新幹線駅前口」
全国的なチェーン店ですけどお気に入りのお店です。
今回のランチで選んだ食事は、どんぶりメニューでもちょっと珍しいもの。
IMG_8396.jpg
「海鮮二段重」(¥1,050)
桶の二段重で提供される珍しい海鮮丼です。
桶っていうのが、なんだか趣があっていいですよね。
IMG_8392.jpg
最初はこんな形で提供されます。
IMG_8394.jpg
この日の刺身のネタは、まぐろの赤身、鯛、ウニ、イクラのセットです。
このお値段で、ウニとイクラがつくなんて有り難いですね。
IMG_8395.jpg
ご飯はおひつのように提供されます。
意外に底が浅いので見た目ほどボリュームはないのですが、残念ながら他のランチ
メニューのようにご飯のおかわりはできないようです。
でも、海鮮系のお店のアラ汁って旨いっすよね。
IMG_8389.jpg IMG_8390.jpg
店内の照明が独特なのか、全体的にピンクっぽい写真になったのはなぜだろう?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山口県へ出張の時には絶対にこの店で食事を楽しみます!(新山口駅:黒船) [ご当地グルメ(中国)]

最近、山口県のお客様とお仕事をすることになり、山口にはたまにお邪魔していますが
そんなふ普段来れる場所ではないのですが、大好きなお店があるので、今回もお邪魔
しました。
そんなお店の名前は、「魚鮮海山 黒船」
以前お邪魔した際に、「たまげなす」の美味しさを教えてくれたお店です。
今回もまずはこれで乾杯!
IMG_8372.jpg
「黒船レモンサワー」(¥500)
この凍ったレモンが、氷代わりになるので、お皿にどけて中だけ3杯ほどおかわりして
楽しみます。
IMG_8379.jpg
「シマアジの刺身」(¥600)
高級魚のシマアジです。身が締まってしこしこしてます。
2種類のワサビがあるので、又違った味わいです。このトロッとしたのもワサビかな?
IMG_8383.jpg
「チキンチキンごぼう」(¥780)
ゴボウと鶏肉の唐揚げの甘辛煮ですね。糸唐辛子と枝豆で色合いが綺麗ですね。
しんなりしたゴボウが食べやすいです。鶏肉は衣がまだカリッとして美味しいです。
IMG_8382.jpg
「小ふぐの天ぷら」(¥550)
やっぱり山口と言えば、ふぐですよね。
小ふぐと言うことで、かなりコンパクトなふぐでしたが、身がふっくらしてます。
オクラとブロッコリーの天ぷらは珍しいですね。
お塩で頂くと味が締まりますね。
IMG_8386.jpg
「タコの唐揚げ」(¥400)
タコの弾力が凄いですね。普段タコの唐揚げなんて口にしないので、意外な食感に
小躍りしそうです。こちらにもブロッコリーの天ぷらがついてきました。
IMG_8374.jpg
海産系のメニューがやっぱり充実していますね。
IMG_8388.jpg
何でこんなに美味しいのに、食べログの記事が少ないのか店長に聞いたところ、
一見さんのお客さんよりも、地元のお客さんとの付き合いを大事にしたいと言う
ことで、お店の宣伝やメインの通りにお店の案内の看板などは出していないそうです。
お店の味をわかってくれる人が着てくれれば嬉しいと言ってました。
この日は、東京を19時過ぎに出たので、お店には、22時前についたのですが
快く迎えてもらえました。
自分はこのお店の美味しさを理解しているので、また機会があれば絶対に行きますよ!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理