So-net無料ブログ作成

福岡/山口日帰り旅行の〆は小倉発祥といわれる料理を!(北九州市小倉:赤ちゃん) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

小倉で娘娘(ニャンニャン)で、肉やきめしを楽しんだ後は、小倉区西港町にある
「天然温泉コロナの湯」で日帰り旅行の疲れをリフレッシュします。
1時間ほどのんびりした後で、北九州空港へ向かいますがもう1軒寄りたい場所が
あったので、お目当てのお店に向かったところ、すでに営業が終わっていたので、
別の店に向かいます。お店の名前は、「赤ちゃん」
実は、だるま堂という店に向かう予定でしたが、16時前には店を閉めてしまって
いたので、小倉の名物料理を提供する近くの赤ちゃんで楽しみます。
IMG_20190619_173105.jpg
「焼きうどん」(¥500)
北九州小倉が発祥と言われる焼きうどんです。
当初予定していた「だるま堂」さんが、発祥の店と言われているそうで、焼きそばを
作る際に、そば玉がなくて干しうどんを湯がいて提供したのが最初らしいです。
赤ちゃんでは、目玉焼きがデフォルトで載っているんですが、他の店では、「天窓」
という名称で提供されているようです。
うどんは、モチモチしてかなり太めの麺なので、食べ応えバッチリです。
しかも、福神漬けがついています。個人的には紅ショウガがあまり好きではないので、
福神漬けはちょっと嬉しいですね。
具材はキャベツと豚肉のみで、醤油味のシンプルなオーソドックスな焼きうどんです。
鰹節のアクセントもいいですね。
IMG_20190619_173100.jpg
この食堂は、洋食がメインのお店のようですが,ひっそりと焼きうどんのメニューが
ありました。
実は、だるま堂のご主人が、少し前まで店を閉めた後、この赤ちゃんで夕食を
取っていたそうです。
家で自分が作るときは、天かすを入れるので、自分なりのアレンジができる簡単料理
として焼きうどんは家庭の味ですよね。
IMG_20190619_173704.jpg
昔ながらの定食屋さんです。
IMG_20190619_173739.jpg
早い時間に閉めてしまっていた発祥の地の「だるま堂」さんです。

IMG_20190619_173752.jpg
二軒とも、この鳥町食堂街にあるお店です。雰囲気のあるお店が多いですね。
でも意外にどの店も早く閉まってしまうのはビックリでした。
日帰り旅行のため、ゆっくりする時間が余りありませんでしたが、地元の名物料理
を楽しめたので、良かったですね。次回はどこの空港に向かおうか?

コメント(0)