So-net無料ブログ作成

追山ならしの前に、博多港でちょっと腹ごしらえ。(博多港:博多豊一) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

毎回福岡に来た時にのんびりしたい時は、博多港にある「波葉の湯」に向かいます。
お風呂も広いので、ゆったりできます。
千代県庁前から天神駅まで戻って、長ーいバスに乗って博多港へ向かいます。
IMG_4533.jpg
BRTといわれる乗り物です。
BRTとは、「バス・ラピッド・トランジット.」といってバスによる大量輸送シス

テムのことをゆうらしいです。
IMG_4532.jpg
全長が、18メートルものあり、130人が乗れるようです。
この日は平日と言うこともあり、ベイエリアに行く人は少なかったですね。
IMG_4537.jpg
7/12(金)は梅雨の時期とは思えないほど、晴れ間が広がっていました。
久しぶりに青空を見ましたね。
このベイサイドプレスで、「博多豊一」という鮮魚の仲卸業者が
お寿司のバイキングをしているので、毎回購入して近くのベンチで軽く食事を
楽しみます。
IMG_4538.jpg
「煮穴子」「ヒラメ」「ブリ」「活き鯛」「ウニ」「赤身」「中トロ」を
頂きます。ちなみに、1貫どれでも¥100です。
IMG_4540.jpg
このウニも¥100なんて驚きですね。サイズは小さめですが立派なウニです。
同じ¥100で帰るなら、高級なネタを食べた方が得しますよね。
他には、海鮮丼などもレストランで頂けます。
IMG_4541.jpg IMG_4543.jpg
いろんなネタが揃っているので、どれを食べるか迷っちゃいますね。
近くに韓国からの高速船が到着するので、この日も韓国の観光客が多いのですが、
同じネタを家族で数十貫買うのは驚きですね。
やっぱり日本のお寿司は美味しいのかな?
IMG_4546.jpg
食事の後は、「波葉の湯」に浸かって、移動の疲れを癒やして、追山ならしを
見るために櫛田神社へ向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今週は、初体験の博多祇園山笠をみるために、再び福岡を再訪! [神社/仏閣/パワースポット/祭]

今週は、福岡博多で開催される「博多祇園山笠」を見るために、
福岡の旅行です。
IMG_4506.jpg
福岡駅前にも、飾り山があります。
IMG_4505.jpg
毎年、7/1に開始となり、7/15に追山の最終日を迎えます。
今年は、最終日の追山が、祝日の海の日に開催されるという日程もよかったので、
是非一度生で見たいと思い、半年前に宿を予約して、飛行機は早めに取得です。
初日の7/12(金)は、「追山ならし」というイベントがあり、本番の距離よりも少し
短いルートで、本番さながらに山をかく行事がありました。
まずは、福岡でいつもお世話になる野球部の先輩が、山笠の期間に贔屓にしてもらって
いるという「千代流」のやまを見学に行きます。
千代県庁前の駅に千代流の詰め所があります。
IMG_4518.jpg
近くで見ると圧倒されますね。
IMG_4525.jpg
今年の千代流の山は、「加藤清正公」です。毎年変わるみたいですね。
加藤清正公と言えば、豊臣秀吉の家臣として有名ですよね。
荘厳な感じがして、見事な山です。
この山が実際に、担がれて町内を移動します。
IMG_4510.jpg
実は、先輩と一緒によく行く「中州おでん」の大将の計らいもあって先輩の愛娘の
お札を準備頂いたそうです。
このお札に名前を書いて頂いて奉納されるのは、とても珍しいことらしいです。
今年は、千代流が、7年に一度巡ってくる一番山笠の名誉と言うこともあり、とても
いいタイミングで訪問ができました。
この後、14時頃から、「追山ならし」という本番さながらの予行イベントが開催される
ので、それまでは福岡の街を散策します。

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー