So-net無料ブログ作成
グルメ(カレー) ブログトップ

カップに水入れ、レンジでチンするカレーライス(日清:CUP CURRY RISE) [グルメ(カレー)]

最近、日清食品から発売されている「CUP CURRY RISE(カップカレーライス)」に
興味があったので、チャレンジしてみた。
市原隼人がCMに出て、「めんどくさい」というフレーズが妙に頭に残る商品。

早速、近くのドンキで購入し、ランチに家で食べて見た。
パッケージ2.JPG
購入したのは、辛口バージョン!
水入れ前8.JPG
蓋を明けてみると、こんな感じ。
ココに、水を投入し、電子レンジで500wで5分加熱すると・・・。
水入れ後3.JPG
かなりベチョッとした感じになった。
水の量を失敗したかなと思ったけど、多分これが正しい分量の結果だと思う。
カレーラスというよりは、カレーリゾットという感じ。

味は、以外に悪くないです。
それよりも、かなりスパイシーだったのには驚いた。
結構、スパイスには力を入れているようなので、辛い系カレーライスが好きな自分は
ちょいとご飯にはいい感じです。

イメージは、スープカレーのイメージがあったけど、このおじや感覚のカレーもいいかもしれません。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いなばのタイカレーの缶詰を食べ比べてみた!一番好きなのは・・・きいろ? [グルメ(カレー)]

昨年ぐらいから話題になっていた、いなばのカレー缶詰シリーズを遂に食してみた。

今年1月頃に放送されたテレビ番組でも紹介されていたこともあり気になっていたが
so-netの食べ物系Blogの大先輩の「wattana」さんの記事を見て、早速、
ローソンストア100に買いに出掛けた。
地元のローソンストアを5軒ほど回って、漸く見つけることが出来た。
思わず、3缶づつ購入。
3カレーツナ.JPG
と言うことで、プチ贅沢にも、大人食いで3缶同時に食べ比べをしてみた。
グリーン.JPG グリーン6.JPG
まずは、「いなば ツナとタイカレー グリーン」。
これよく食べる、カレー専門店のグリーンカレーと遜色ない美味しさ。
他の「イエロー」「レッド」と違って、バジルが入っていることで、風味が増している。
イエロー.JPG 黄色.JPG
続いて、「いなば チキンとタイカレー イエロー」。
これは、この3兄弟の中で、唯一のチキンを利用したカレー。
他の2種類に比べて、一案スパイシーな感じがした。
でも、鶏肉は、ココナッツミルクの旨く調和していて、肉自体は甘みを感じる不思議な味付け
だけど、3兄弟の中では一番好きな味かも?
レッド.JPG 赤.JPG
最後は、「いなば ツナとタイカレー レッド」。
正直、一番辛くてスパイシーかなと思っていたけど、ココナッツミルクのせいか、辛さを
あまり感じられなかったのが残念。イエローと一緒に食べたのがいけなかったかな?

3種類3.JPG
今回の3兄弟を食してみて、一番美味しいなと思ったのは「イエロー」。
タイカレーを味わいたい気分なら、「グリーン」という感じかな?
※あくまでも、個人的な感想です・・・。

でも、よく言われているように、¥100でここまで本格的な感じが出せるのは凄いと思う。
サラサラ系のカレーを食べるときに、手頃な金額で贅沢したい時には最適の一品です。

でも、なかなかお店で見かけられないかもしれないので、探す楽しみもありますね!

nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夏はやっぱりカレー!しかも野球場で食べるカレーはサイコー!! [グルメ(カレー)]

今日は、高校野球の埼玉県予選を見に行ってきた。

県営大宮公園野球場で行われた2012年夏予選の準々決勝。
第一戦は、花咲徳栄vs浦和学院。
第二戦は、聖望学園vs狭山ヶ丘。

まずは、腹ごしらえと言うことで、カレーライスを注文。
カレーライス.jpg
やはり野球場で、食べるのは、カレーライスが一番。
後楽園球場、東京ドーム、神宮球場、甲子園球場とカレーを食べたが、絶対に外れがない。
特に夏の屋外で食べるカレーは格別です。

しかし、この県営大宮公園球場のカレーは違った。
多分、他の球場のように、業者が販売しているのではなく、選手会のお母さんか
地元の主婦の会などの団体が作っている「お母さんカレー」と思う。

中辛でスパイシーが聞いているが、玉葱の甘さが際立っている。
野菜がゴロゴロしたお母さんカレーでとても旨かった。
試合開始から、汗をダラダラかいていたので、このスパイシーさがタマラン。
浦学側ベンチ.jpg
試合は終盤まで、2-0で浦和学院がリードした。
途中、花咲徳栄のチアリーダーの子が、熱射病で倒れてしまった。
この炎天下、彼女たちは元気いっぱいにダンスをして、声をからして球児たちを応援している。
父兄たちが彼女の看病をしながらも試合は続いた。

試合は、最終回に1点を花咲徳栄が返し、二死三塁と追い込んだが一歩及ばず、
2-1で浦和学院が辛くも勝った。

試合後エールの交換をしたのだが、なんと花咲徳栄のリーダーは女性だった。

気丈に頑張っていたのだが、最後は崩れるように泣き崩れてしまった。
周りの人は、誰も彼女に近づけず、OGと思われる女性が駆け寄り、彼女を抱き起こした。

そんな光景を見ながら、思わずオッサンの顔には、涙が頬を伝っていた。
感動しちゃったよ(≧◇≦)感激!

2試合目は、終盤まで動きのない試合だったが、最終回に聖望学園がサヨナラ勝ちを
納めた。試合は完全に、狭山ヶ丘がかっていた展開であったが、こんな波乱があろうとは。

高校野球は、この筋書きのないDORAMAが面白い。

今年も、甲子園球場に試合を見に行くぞぉ!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
グルメ(カレー) ブログトップ