So-net無料ブログ作成
ご当地グルメ(中国) ブログトップ
前の30件 | -

漁港にある道の駅で、生、煮る、揚げるの手法でお魚三昧のランチ(山口県萩市:来萩) [ご当地グルメ(中国)]

萩シーマートで、お刺身、たまげナスなどを購入した後は、施設内のレストランで
ランチを楽しみます。
お店の名前は、「来萩(キハギ)」
どう読むのか不思議でしたが、音読みと訓読みが混ぜ合わさっていたとは・・・。
山口県で有名なフグやノドグロなどの海産メインのレストランです。
IMG_20190619_114633.jpg
「よくばり和ランチ」(¥1,000)
限定25食のランチメニューです。
のどぐろの煮付けがついた「来萩定食」にしようか悩んだけど、今回はリーズナブルに
頂けるメニュ-を楽しみます。
IMG_20190619_114640.jpg
ますは、あら煮を頂きます。
最近、ハマっているあら煮ですが。皮目の部分もトロッとして美味しいですね。
IMG_20190619_114637.jpg
この日のフライは、あじフライです。身がふっくらとして美味しいです。
IMG_20190619_114643.jpg
お刺身は、ハマチです。脂がのっていて、トロッとして甘みを感じますね。
IMG_20190619_114647.jpg
味噌汁は、なめたけと海苔の海鮮味噌汁の出汁がまたメチャクチャ旨いっす。
魚を惜しく食べれる生の刺身のまま、煮物、揚げ物と3種の調理法で頂き、
なおかつ茶碗蒸しもついているかなりお得で、大満足の定食を頂きました。
IMG_20190619_114503.jpg
結構ミックスフライを注文する観光客の人も多かったですね。
IMG_20190619_114508.jpg IMG_20190619_114519.jpg
どんぶりやお寿司のメニューも美味しそうでした。
IMG_20190619_115708.jpg
写真を見るとどれも美味しそうです。
IMG_20190619_115727.jpg
帰り際に気がついたのですが、定食の味噌汁が¥300の追加料金で海鮮あら汁に
なるという裏メニューがあったので、最初から知っていれば変えたのにぃと
ちょっと後悔です・・・。
この後は、北九州空港へレンタカーで戻りますが、小倉に立ち寄って温泉と夕食を
楽しみます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

JALのどこかにマイルの企画で行きたい場所に無事当選!福岡から山口へ [ご当地グルメ(中国)]

6月末にJALのマイレージの企画で、6000マイルで指定された4カ所のうち、どこかの
空港に往復チケットが当たるのを申し込んで無事に狙っていた場所に当選したので、
日帰り旅行に行ってきました。
ちなみに自分好みのプランが出るまで1日に20回ぐらい再検索で候補地を選べますが
土日の日程はなかなかいいプランは見つからないのですが、平日だと比較的多くの
候補地が表示されます。
今回の企画では、「北九州」「青森」「鹿児島」「宇部山口」の4カ所からランダムに
行き先が決定されるプランで申し込み、北九州空港の往復チケットをゲット。
IMG_20190619_075631.jpg
普段福岡に来るときには福岡空港を利用するので、生まれて初めての北九州空港です。
今年で、13年目の新しい空港なので、空港内はかなり綺麗です。
聞いたところに寄ると、この北九州空港はスターフライヤーのためにTOTOの重渕会長
の肝いりで作られた空港らしいですね。
海に浮かぶ海上の空港なので、市街地へは専用の橋を渡って向かいます。
今回の旅は、ある物を求めて、山口県の萩に向かいます。
IMG_20190619_095002.jpg
北九州空港から1時間半ほどで萩の街に到着です。
まずは、道の駅「萩往還(ハギオウカン)」に到着です。
IMG_20190619_095403.jpg
萩沖14kmの所に浮かぶ「相島」名物のスイカです。
この時期の名物らしいです。
実は、この「萩往還」の道の駅にもおいてあったのですが、海鮮物も充実している
道の駅「萩シーマート」に向かいます。
IMG_20190619_101039.jpg
北九州空港から約2時間かけて無事に10:30頃に到着です。
当日は、市場が休みという事で、事前に電話をして取り置きをしてもらっていた
今回の旅行のお目当てのものがコレ。
IMG_20190619_102408.jpg
「萩のたまげなす」です。
重さが500g以上でまっすぐに実った物が、萩のブランドナスとなるようです。
毎年、5月中旬頃から7月初旬ぐらいまで、出回るそうです。
昨年初めて出会って、新山口駅の近くのお店で頂いたのですが、田楽や天ぷらなど
にしても身がトロッとしてかなり美味しかったので、今年も購入に来ました。
IMG_20190619_102403.jpg
形の悪い物は、大ナスとして、安価で売られていますが、味は一緒ですので、
こちらも購入です。
IMG_20190619_105053.jpg
実は、ネットでも販売しているのですが、他にも買いたい物もあったので、わざわざ
萩の地まで来たのです。
IMG_20190619_103923.jpg
近くの市場に漁港にあがった魚を格安で購入できるんです。
IMG_20190619_104853.jpg
天然のヒラメやタイ、アオリイカなどのお刺身パックが、なんと¥400です。
お昼前だったので、お刺身の種類が限られていましたが、自分で欲しかった物を
買えたのは大満足です。
まさか、東京に持って帰るの?と思う人もいますが、このためにちゃんと持ってきて
いますよ。
IMG_20190619_104949.jpg
551蓬莱の保冷バックです。ちょうどいいサイズだったので、併せて保冷剤も家から
持参して、飛行機に乗って持ってきたので、用意周到です。
日帰りだからこそできる技ですね!
ちなみに、「たまげナス」ですが、県内の有名なスーパーでは取り扱いがあるようで
「マルキュー、アルク、サンマート」などのマルキューグループのお店では

売っていました。※イオンなどの全国スーパーには無かったですね。
予定していた萩での買い物を終えたので、この後はお昼ご飯を食べに行きます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

出雲旅行の最後は、出雲縁結びで神話の食べ物を頂きます(出雲空港:麺家) [ご当地グルメ(中国)]

一泊二日の出雲大社へのお詣り旅行を終えて、東京への帰路へつく前に出雲最後の
食事を楽しみます。
立ち寄ったお店は、「出雲の國 麺家」
出雲縁結び空港の3階にあるお店です。
IMG_2558.jpg
「日本海のどぐろ一夜干し(小)」(単品の場合:¥1,100)
やはり、島根と言えばのどぐろということで、注文しました。
実は、奥にある日本酒を飲むあてに何がいいかなと言うことで、焼き魚を注文。
IMG_2553.jpg IMG_2550.jpg IMG_2551.jpg
島根県の銘酒3点セットを注文したのです。(¥2,000)
出雲富士、七冠馬、李白の3種です。
飲み比べができて、高級魚ののどぐろを堪能できるので大満足ですね。
結構、日本酒が残っていて、まだフライトの時間があったので、もう一品注文です。
IMG_2562.jpg
「神話セット 出雲割子そば1枚」(¥1,100)
スサノオラーメンと出雲割子そば、大社アゴ野焼きのセットです。
IMG_2563.jpg
スサノオラーメンは、地元の味噌と麹をブレンドしたブレンドした味噌ラーメンです。
普段味噌ラーメンは食べないので、新鮮な感じです。
IMG_2568.jpg
これは、アゴのすり身を使った剣型のかまぼこです。
アゴって九州の名物と思ったら、島根の名物でもあるんですね。
ちなみに、アゴって飛魚のことなのは有名ですね。
IMG_2564.jpg
出雲割子のそばです。
ちなみに、「わんこ」蕎麦ではなく「わりこ」蕎麦と呼ぶので、注意しましょう!
IMG_2569.jpg
ここにも、飛魚のかまぼこがついてきました。
IMG_2557.jpg
この神話セットを注文しているお客さんは結構いましたね。
実はこのスサノオも出雲には関係があるんですよね。
IMG_2433.jpg
「須佐神社(須佐大宮)」です。
出雲大社に行く前日は、この須佐神社にお詣りをしてました。
IMG_2417.jpg
須佐之男命を祀った神社です。
意外に参拝する観光客の人も殆どいなかったですね。
IMG_2419.jpg
かなり静かな雰囲気ですね。
IMG_2420.jpg
拝殿には、しめ縄があります。
IMG_2425.jpg
拝殿の裏に本殿がありますが、直接本殿にお詣りができませんでした。
IMG_2418.jpg
この亀石が結構有名みたいですね。
でも、あのスサノオを祀った神社なのにどうしてこんなにひっそりしているのか
不思議でしたね。
神々、そして神話の國 出雲にはまだまだ魅力的な場所がありそうですね。
ホントは、もっと神社を巡りたかったのですが、今回は時間も短かったので、
次回はもう少し長い日程でお邪魔しようと思います!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

出雲大社に参拝後は、心身共にゆったりするために近くの温泉へ(出雲市:いずも縁結び温泉ゆらり) [ご当地グルメ(中国)]

出雲大社にお詣り後に、心身ともにリフレッシュするために出雲大社近くの温泉施設
にランチもかねて向かった。
向かったのは、「いずも縁結び温泉 ゆらり」
出雲大社から車で20分ほど行った場所にある、休日は、¥700で利用できる露天風呂の
ある温泉設備です。
温泉でのんびりした後は、施設内の食事処でランチを楽しみます。
お店の名前は、「お食事処 遊庵」
祝事、法要などの公式な場としても利用できる由緒ある食事処です。
IMG_2534.jpg
「おすすめセット」(¥1,500)
お刺身、茶碗蒸し、サラダ、小鉢、小鍋、出雲蕎麦、お漬物、今日の一品、味噌汁
のセットになっています。
IMG_2537.jpg
この日の小鍋は、豚肉の海鮮鍋でした。
IMG_2536.jpg
島根名物の出雲蕎麦が食べれるのは良かったですね。
この日の一品は、唐揚げ串だったので、できれば和風の何かが良かったですね。
IMG_2531.jpg
定番メニュー以外にも、日替わりのメニューも用意されています。
IMG_2533.jpg
ゆっくりと過ごすことができたので、この後は、東京への帰路のためにいずも空港
に移動します。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

島根の美味しい魚介類をお寿司で頂きます。(島根県出雲市駅:日本海) [ご当地グルメ(中国)]

2軒の飲み屋さんを回って、ホテルに戻ってノンビリしていると、無性にお寿司を
食べたい衝動に駆られたので、再び街に繰り出します。
ホテルの向かい近くにあったお店が帰りに気になっていたので、その店に向かいます。
向かったお店の名前は、「すし居酒屋 日本海」
カウンター席のはじが空いていたので、座ってメニューとにらめっこです。
単品で食べようかと思いましたが、握りのセットもよさげだったので・・・。
IMG_2477.jpg
「握り盛り合わせ 松(10貫)」(¥2,000)
結構豪勢なネタですねぇ。
マグロ赤身、ブリ、赤貝、玉子、イカ、エビ、ノドグロ、さより、いくら、かに味噌
の組み合わせです。
IMG_2478.jpg
特に、ブリが脂がのっていて、トロのように溶けるようで美味しかったです。
日本海のぶりと言えば、やっぱり富山氷見のぶりは有名で絶品ですよね。
このブリはどこ産だったのかな?
IMG_2479.jpg
ノドグロは、寿司で頂くと身が締まっていてキュッキュという歯ごたえ抜群です!
結構シャリも大きめなので、かなりの満腹感でした。
IMG_2472.jpg
でも、それより最初にビックリしたのが、お通しが、なんとアン肝でした。
トロッとして紅葉おろしのアクセントがいい塩梅ですね。
IMG_2475.jpg
こちらのお店も、やはりノドグロ推しですね。

今年の東京ドームで実施された「ふるさと祭り」で、グランプリを取ってたんですね。
この金の器がまた高級感を醸し出していますね。
次回またお邪魔したときには,是非食べて見たいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

出雲に来たら、やはり「のどぐろ」を食べないと朝を迎えられないでしょ(出雲市駅:呉作) [ご当地グルメ(中国)]

島根旅行、初日の夜の2軒目は、一軒目のお店で食べれなかった島根名物のある食べ物を
求めてお店を探します。
向かったお店は、「くいもん屋 吾作」
ビックリしたのは、迎えてくれたお店の女将さんが、アジア系の女性でした。
かなりパワフルな元気な女将さんなので、活気のあるお店ですね。
IMG_2465.jpg
「のどぐろの塩焼き」(¥1,200)
のどぐろは、刺身、煮付け、塩焼きのメニューが用意されていたので、女将さんに
何が一番お勧めかを聞いたところ、塩焼きが一番だよといわれたので、注文です。
ノドグロの身は、脂がのっていて、ふっくらとしてホントに美味しかったです。
塩味が多少強かったですが、お酒が進むようにしているのかもしれません。
IMG_2466.jpg
ホントに、喉が黒いかのかを確認したところ、やはり真っ黒でした。
今までの経験上、大体ノドグロ一匹頼むと、2千円ぐらいするので、このお値段で
このクオリティは最高ですね。大衆居酒屋レベルではない美味しさでした!
IMG_2457.jpg
「真イカの刺身」(¥580)
シコシココリコリの食感がたまりませんねぇ。
お刺身もかなりクオリティが高いですね。
IMG_2460.jpg
「春の山菜天ぷら盛り合わせ」(¥680)
菜の花、ふきのとう、たけのこ、ぜんまいと盛りだくさんです。
たっぷりの大根おろしと、ショウガでサッパリと頂きます。
正直、居酒屋さんということで、あまり期待をしていなかったのですが、結構料理も
美味しいので、当たりのお店でした。
やっぱり日本海の海の幸、最高です!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

出雲駅周辺で、お魚の美味しい店へ。「ぼっか」って何の魚だ?(出雲市駅:よしだ屋) [ご当地グルメ(中国)]

島根県滞在一日目の夜は、地元でも穴場と言われる海鮮の美味しい店へ。
お店の名前は、「魚酒場 よしだ屋」
出雲市駅から少し離れた商店街で見つけたお店です。
商店街は一部シャッター街のような雰囲気がありましたが、お客さんも一杯です。
IMG_2440.jpg
「ボッカの煮付け(小)」(¥1,480)
ボッカって何の魚かと思ったら、「かさご」の事らしいです。
カサゴの煮付けは定番ですよね。
しっかりと煮込まれていて、濃い目の少し甘さのある味付けで美味しいですね。
ふっくらとした身で、オメメまでしっかりと頂きました。
できればこの煮汁をご飯にかけたかったんですが、ちょっと割烹のような雰囲気の
店だったので、遠慮しておきました。
IMG_2436.jpg
「刺身の盛り合わせ」(¥1,000)
この日のネタは、奥からひらめ、ひらまさ、〆サバ、石鯛のセットです。
平目は、甘みがあって、しっとりとした身が美味しいです。
ヒラマサが、脂がのっていてシコシコした歯触りですね。
ヒラマサって、西日本だとヒラスというかと思ったら、お店の人に出雲では
ヒラスとは絶対いわないといわれました。
お刺身の鮮度も抜群ですね。
IMG_2442.jpg
「島根和牛の牛カツ」(¥1,380)
いつも、魚料理が多いので、久しぶりにお肉料理を注文です。
牛カツってここ数年で本当に流行りましたね。
IMG_2446.jpg
薄い衣に、レア感のある牛肉です。
衣のサクッとした食感に、肉汁あふれる牛カツが美味しいです。
わさび醤油と塩で頂きましたが、シンプルに塩で頂く方がやっぱり肉のうま味を
素直に感じれますね。美味しいお肉って、やっぱり甘いですよね。
国産和牛のカツをこのボリュームでこのお値段はお値打ちモンですね。

やっぱり地元の人が集まるお店は、鉄板ですね。
美味しい料理を頂けるお店でした。ご馳走様です!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

出雲大社へ初のお詣り!まずは松江に向かって贅沢なカニのランチを楽しみます(島根県松江市:まつや) [ご当地グルメ(中国)]

生まれて初めて、出雲大社へ向かう神社仏閣巡りの旅!
米子空港に降りたって、そのままレンタカーを借りて、CMでも有名になったある
スポットを目指します。
その前にランチをとるために、事前にネットで調べていた店に向かいます。
お店の名前は、「味処 まつや」
松江市美保関町能美沿いにある民食を兼務しているお食事処です。
IMG_2373.jpg
「日本海定食」(¥2,484)
紅ズワイガニ、お刺身、煮魚、天ぷら、炊き込みご飯とかなり豪勢なランチです。
普段は、絶対にこんなに豪勢なランチは食べれないですね。
IMG_2368.jpg
お刺身は、ブリ、ホタテ、カツオ、甘エビ、もさえび、イカとシマアジですかね?
どの魚も身がシコシコしていて歯ごたえがあり、美味しいです。
特に島根県でしか食べれないもさえびは、プリップリですね。
いやぁ、このお刺身の盛り合わせだけでも十分です。
IMG_2369.jpg
紅ズワイガニは丸々一杯分ですかね。身がほぐしやすいので、すだれの中にどんどん
そいでいきます。
IMG_2378.jpg
蟹味噌もたっぷりです。甘くて絶品ですね。
もう贅沢極まりない、ランチですね。
IMG_2370.jpg
天ぷら盛り合わせは、エビ天が2尾も入ってます。
IMG_2377.jpg
わかめの酢の物も、ツルッとして口の中がサッパリします。
IMG_2371.jpg
煮魚は、色的には、薄めの味付けのように思えますが、しっかりと味がついています。
ホタテが付いてきました。身がふっくらして美味しいです。
IMG_2372.jpg
お味噌汁もカニ汁というホントに贅沢三昧です。
いやぁホントに、凄いランチセットですね。
他のどのお客さんも、単品メニューより、盛りだくさんメニューを注文しています。
女性は食べれるのかなと思うくらいのボリュームに驚きです。
IMG_2365.jpg
紅ズワイガニをうなぎに変えれるメニューなのですが、流石に変えている人は
いなかったですね。
IMG_2374.jpg
他には、ウニ丼セットが人気メニューみたいです。
IMG_2363.jpg
この日は開店前に着いたので、まだ行列はできていないですね。
IMG_2364.jpg
もう海鮮一本で勝負という雰囲気がありありですね。美味しかったです。
島根に来て最初の食事でこれだけ満喫できる大満足です!
この後の旅が楽しみです!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岡山駅で岡山名物のお土産を購入。帰りの羽田空港で、風間俊介のテレビの企画が終了した理由が発覚! [ご当地グルメ(中国)]

岡山の取引先での仕事を終えて、岡山駅で岡山名物を買って帰路につきます。
IMG_2093.jpg
岡山名物の「えびめし」です。
東京渋谷にあるカレーやインディラの社長が,出身地の岡山にのれん分けをしたお店が
販売したことで、岡山のB級グルメとして話題になった料理です。
IMG_2163.jpg
デミソースベースのピラフです。
ちょっと茶色いご飯が、不気味な雰囲気もありますが、デミソースがしっかりと味が
ついて濃い味付けで美味しいです。
脂っぽさがないので、冷めても美味しかったです。
少し甘い感じがするのは、デミソースのベースの野菜の甘みですかね。
錦糸卵の黄色のアクセントが映えますね!
IMG_2098.jpg
他にも、「祭りずし」のお弁当も購入です。
IMG_2100.jpg
ちらし寿しですね。
サバ、コハダ、あなご、タコ、貝、海老、椎茸、レンコンなど入ってますね。
最近、ご飯は酢飯の方が落ち着くので、,ちらし寿しのお弁当は嬉しいですね。
岡山空港の新たにオープンした、JALのラウンジでのんびりと頂きました。
seki.jpg
そういえば、今回初めて、JALの席で1列目のA席という一番前の席に座れました。
これまで、100回以上、飛行機に乗っていますが、初体験です。
羽田空港から京急に乗って帰りますが、最近楽しみにしていたテレビ番組が終了した
理由がはっきりしました。それがこれです。
IMG_2120.jpg
日本テレビの沸騰ワード10で人気企画であった、風間俊介がJALのステータスを獲得
するために修行の旅をする企画でしたが、最低搭乗回数の50回の搭乗達成の目前で
気買うが終了されなくなってしまったので、どうしてかと思ったら、この看板が原因です。
ジャニーズ事務所の企画ミスなのか、番組の企画が終了する前に競合の会社のCMに
起用するなんて、おかしいですよね?
実は、この企画を見て、去年、JALのステータス会員になるために全国各地を旅行した
経緯もあるので、残念でしたね。
でも、来週男沸騰ワード10では、別のタレント(サバンナ高橋)が、ステータス会員に
なるために修行を始めるようんなので、楽しみですね。
自分も、今年はもうワンランク上のステータスを獲得出来るようにするかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本酒を器でを楽しみながら、美味しいホルモン料理を楽しめるお店(岡山市:煮込み 瞠る) [ご当地グルメ(中国)]

昨年夏に初めて訪れてから、何度かお邪魔している内に店主にも顔覚えてもらった
プチ行きつけのお店の名前は、「煮込み 瞠る(みはる)」
岡山駅からは少し離れていますが、いつも混んでいるお店です。
これまで訪れたときは、女性客が多かったですがこの日は初めて男性客のみだったので、
ちょっと異様な雰囲気でしたね。
IMG_2069.jpg
「牛チレのタレ焼き」(¥580)
前回は、広島豪雨災害の時にお邪魔したので、仕入れの関係もありメニューが限定
されていたので食べれなかったのですが、ご主人の雄スト言うことでお勧めと言う
ことで、頂きます。
ほんのりと甘みを感じるのは、味噌味かな?
濃いめの味付けで、美味しいんでお酒が進みますねぇ。
IMG_2066.jpg
ということで、「東郷」という日本酒を頂きます。
鳥取県の福羅酒造さんの濁り酒です。
IMG_2063.jpg
この店では、自分の好きなおちょこを選択できるので,この日は見栄えのする
綺麗なおちょこをチョイスです。
IMG_2060.jpg
「豆腐の味噌漬け」(¥500)
この店で頂いた豆腐の味噌漬けが美味しくて,最近他の店でもハマってます。
このクリーミーで濃厚な味の味噌漬けが、日本酒のあてにホントによく合うんです。
他にも美味しい日本酒を追加で頂きます。
IMG_2056.jpg
「白レバー」(¥480)
フワフワトロトロのレバーが美味しいですね。
ねっとりとした舌触りで、ネギとスパイシーな味付けが絶妙ですね。
やっぱり定番のお店の一番人気ですね。
IMG_2070.jpg
「ピータン」(¥430)
なぜかホルモン焼きやさんに、ちょっと想定外のメニューですが、前回たまたま
頂いた頃が絶品です。
ラー油ベースのピリ辛のタレがまた食欲をそそります。
臭みもないので、食べやすくて美味しいですね。
IMG_2076.jpg IMG_2075.jpg
ご主人と奥さん?との会話も楽しみながら今回も美味しい料理とお酒を頂きました。
また、日本酒を楽しみにしておきます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岡山を代表する2大炒め麺のB級グルメを食べて見た。(岡山市:べんがら酒場) [ご当地グルメ(中国)]

岡山駅前の商店街で、ホテルに戻るまでに2軒目のお店を見つけて突入!
お店の名前は、「べんがら酒場」
この店に入った理由は、岡山名物を食べるため・・。
IMG_2088.jpg
「岡山ひるぜん焼そば」(¥780)
岡山のB級グルメの一つです。
ひるぜん焼そばは、甘辛のタレで焼そば麺、かしわ肉とキャベツをメインとした野菜
がメインの食材のようです。
麺はモチモチで美味しいですね。
ちょっと想像と違ったのが、タレが濃くて意外にスパイシーです。
調べてみると、ひるぜん焼そばの進化形で、「よるぜん焼きそば」なるものもある
ようで、居酒屋メニューとしてお酒に合う味付けにしているようです。
となると、今回頂いたのは、インスパイアの「よるぜん焼きそば」なのかもですね。
IMG_2082.jpg
「鰆の刺し身」(¥880)
こちらも、岡山名物ですね。
先の店で、鰆の刺身を食べれなかったので、待望のお刺身です。
サワラの身は、しっとりとして、舌にまとわりつくようです。
程よく脂ものっているので、白身のトロのような感じで美味しいです。
普段、サワラって西京味噌焼きで食べることが多いので刺身だと新感覚ですね。
IMG_2085.jpg
「シャコの天ぷら」(¥500)
ちょっと珍しいメニューですね。
シャコは見た目で、好き嫌いが多いですが、天ぷらは初体験です。
海老とは全然違って、感覚的にさきいかの天ぷらを食べてるような感じです。
でも、このシャコの天ぷらというのも岡山名物なんですね。
IMG_2077.jpg
お刺身や天ぷら、魚の煮付けなどかなりメニューも充実しています。
ノドグロの煮付けも食べたかったぁ。
IMG_2079.jpg
居酒屋のような雰囲気ですが、岡山の名物を堪能できるお店です。
お値段はちょっと張りますが、お料理はとても美味しかったです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりの岡山出張。自分好みの刺身の組み合わせで刺し盛りが注文できる店(岡山市:平平平平) [ご当地グルメ(中国)]

半年ぶりの岡山への出張。岡山駅前に宿を取ったので、駅前の商店街に向かいます。
時間も時間だったので、開いているお店が限られていたため商店街の一番奥のお店に
向かいます。立ち寄ったお店は、「大衆酒場 平平平平」
なかなか読めない店名ですね?「ひらだいらへっぺい」という店だそうです。
IMG_2020.jpg
「選べる刺し盛り 三種盛り」
「本マグロ(¥300)」「紋甲イカ(¥150)」「ツブ貝(¥280)」をチョイスです。
本当は、岡山名物の「サワラ」や大好きな「真鯛」を選びたかったけど、閉店近かった
ので、ネタが売り切れていたので、この三品をチョイス。
自分で好きなネタを選んで盛り合わせにできるのは嬉しいですね。
こういう店は初めてです!しかも盛り合わせにする場合と、単品で注文する場合も
金額が違っていて、分かるようになっているのも嬉しいサービスですね。
でも、「鰆(サワラ)」が、岡山を代表する魚というのはビックリですね。
IMG_2022.jpg
「ママカリ酢」(¥280)
ママカリってこんなに大きかったかな?
実は、ママカリも岡山名物なんですね。いつも小さな酢漬けをそのまま食べていますが、
この店のママカリは,骨がゴツゴツしていて、結構邪魔だったのが残念でしたね。
IMG_2021.jpg
「岡山地鶏のタタキ」(¥580)
この日は、岡山づくしでしめます。
冷製のタタキですね。しっとりとした身と、ポン酢でサッパリと頂きます。
お肉は身が締まっているので、噛み応えがありますネ。
最近、脂っぽいものを身体があまり歓迎しなくなったので、お刺身やこういう
サッパリ系のメニューはぴったしですね。
大衆酒場ということですが、かなりクオリティは高いお店で、美味しかったです。
岡山名物って、意外に多いですね。岡山の食文化をまだまだ勉強です!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

出雲空港で、島根県ならではの地元飯を頂きます。(出雲空港:やくも) [ご当地グルメ(中国)]

今回の島根県での出張で、無事にお客様先でのプレゼンを終えて東京への帰路に
つきます。
松江駅まで取引先の人に車で送ってもらいましたが、松江駅からの空港までの
リムジンバスが激混みになるのはさすがにビックリしました。
補助椅子まで人が座ることがあるんですね。
もしかしたら、夕方のこの時間だけなのかもしれませんが・・・
空港について、出発まで1時間強あったので夕食をとることにします。

向かったお店が「レストラン至誠 やくも」
出雲空港の3階のあるレストランです。
という事で、まずは島根県といえば「のどぐろ」ということで。
IMG_8922.jpg
「のどぐろの唐揚げ」(¥800)
お店の入り口でも、完全にのどぐろ推しでしたね。
IMG_8923.jpg
小ぶりなのどぐろです。でも、揚げちゃうと正直美味しいのかわかんなくなりますね。
ポン酢と紅葉おろしの味が先行してしまって、高級魚ののどぐろを食べてるんだぁと
いう感覚のみなのが、残念でした。
やっぱり焼きか刺身で食べるべきですね。

IMG_8914.jpg
「地魚なめろう」(¥750)
これは美味しい一品でした。味噌とショウガのバランスが良くて変に主張をしない
ので、魚の美味しさを感じることができましたね。
個人的には、付け合わせでついていたマロニーの「プチプチ海藻麺」が嬉しかった
ですね。これ大好きなんです!

IMG_8916.jpg
美味しい料理があるとお酒も進んじゃいますね。
飛行機の搭乗の時間も迫ってきたので、最後に締めに一品。

IMG_8926.jpg
「出雲の〆」(¥500)
割子そばとかやくご飯のセットです。
後から知ったのですが、出雲そばは日本三大そばとも言われているんですね。
「わりごそば」という郷土料理です。
割子そばだけだと、3段重ねで提供されるのが一般的だそうですが、この〆の
セットは1段のみです。
そば猪口が無かったので、そばに薬味とそばをぶっかけて頂きましたが正しい
食べ方のようです。
IMG_8928.jpg
ちなみに薬味は、鰹節、海苔、小ネギ、,紅葉おろしが定番のようです。

IMG_8927.jpg
かやくご飯は、シジミご飯でした。
やっぱり島根と言えば、宍道湖のシジミは有名ですもんね。
しっかりと今回の出張の最後の食事で、島根県を感じることができました。
今回のお客様でも無事に提案システムが採用されるのを後は祈るのみです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今回は島根県に出張!取引先の車に揺られて塩ラーメンの専門店へ(島根県松江市:ラーメン長さん) [ご当地グルメ(中国)]

島根県のお客様への出張は初体験。
朝一の便で羽田から出雲縁結び空港へ向かいます。
空港でしばらく時間を過ごして、取引先の車で客先へ向かう途中にランチをとることに。
取引先の人のすすめで、お客さんの近くに美味しいラーメン屋があるとのことで向かった
お店は、「ラーメン長さん」
塩ラーメンの専門店だそうです。塩ラーメン好きで良かった!
IMG_8905.jpg
「もずくラーメン」(¥800)
もずくラーメンってあまり聞いたことが無いので、注文です。
IMG_8908.jpg
スープはクリアに澄んでいますが、結構ずしんとする塩味です。
個人的には、これぐらいインパクトのある塩味は嬉しいですね。
どのラーメンにも、葱がどっさりと載ってくるのはインパクトありますネ。
IMG_8909.jpg
この厚切りのチャーシューがメチャクチャ美味しいです。
しかも、トロッとしているので、このチャーシューと白飯があれば大満足です。
チャーシューにもしっかりと味がついているので、これは絶品のチャーシューです。
久しぶりに美味しいと思うチャーシューでした。
IMG_8911.jpg IMG_8912.jpg
ラーメンの食べ方指南書がちゃんと用意されてましたが、流石にこのあと、提案プレゼン
だったのでニンニクはご遠慮させてもらいました。
IMG_8910.jpg
塩味ベースで、カレー風味ラーメンってどんな感じなんだろうね。
昔ながらの町中にある雰囲気のお店ですが、かなり美味しいラーメンでした。
IMG_8913.jpg
ここまで美味しいとは正直意外でしたね。お店の外観で判断しちゃまずいっすネ。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ランチメニューが豊富な居酒屋。海鮮丼の2段重なるメニューを初体験。(新山口駅:目利きの銀次) [ご当地グルメ(中国)]

山口で仕事をする際に、ランチを食べるときはこの店が多いけど、理由は単純明快で
海鮮を食べれるのと、メニューを選ぶ楽しみがあるから・・・。
そんなお店の名前は、「目利きの銀次 新幹線駅前口」
全国的なチェーン店ですけどお気に入りのお店です。
今回のランチで選んだ食事は、どんぶりメニューでもちょっと珍しいもの。
IMG_8396.jpg
「海鮮二段重」(¥1,050)
桶の二段重で提供される珍しい海鮮丼です。
桶っていうのが、なんだか趣があっていいですよね。
IMG_8392.jpg
最初はこんな形で提供されます。
IMG_8394.jpg
この日の刺身のネタは、まぐろの赤身、鯛、ウニ、イクラのセットです。
このお値段で、ウニとイクラがつくなんて有り難いですね。
IMG_8395.jpg
ご飯はおひつのように提供されます。
意外に底が浅いので見た目ほどボリュームはないのですが、残念ながら他のランチ
メニューのようにご飯のおかわりはできないようです。
でも、海鮮系のお店のアラ汁って旨いっすよね。
IMG_8389.jpg IMG_8390.jpg
店内の照明が独特なのか、全体的にピンクっぽい写真になったのはなぜだろう?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山口県へ出張の時には絶対にこの店で食事を楽しみます!(新山口駅:黒船) [ご当地グルメ(中国)]

最近、山口県のお客様とお仕事をすることになり、山口にはたまにお邪魔していますが
そんなふ普段来れる場所ではないのですが、大好きなお店があるので、今回もお邪魔
しました。
そんなお店の名前は、「魚鮮海山 黒船」
以前お邪魔した際に、「たまげなす」の美味しさを教えてくれたお店です。
今回もまずはこれで乾杯!
IMG_8372.jpg
「黒船レモンサワー」(¥500)
この凍ったレモンが、氷代わりになるので、お皿にどけて中だけ3杯ほどおかわりして
楽しみます。
IMG_8379.jpg
「シマアジの刺身」(¥600)
高級魚のシマアジです。身が締まってしこしこしてます。
2種類のワサビがあるので、又違った味わいです。このトロッとしたのもワサビかな?
IMG_8383.jpg
「チキンチキンごぼう」(¥780)
ゴボウと鶏肉の唐揚げの甘辛煮ですね。糸唐辛子と枝豆で色合いが綺麗ですね。
しんなりしたゴボウが食べやすいです。鶏肉は衣がまだカリッとして美味しいです。
IMG_8382.jpg
「小ふぐの天ぷら」(¥550)
やっぱり山口と言えば、ふぐですよね。
小ふぐと言うことで、かなりコンパクトなふぐでしたが、身がふっくらしてます。
オクラとブロッコリーの天ぷらは珍しいですね。
お塩で頂くと味が締まりますね。
IMG_8386.jpg
「タコの唐揚げ」(¥400)
タコの弾力が凄いですね。普段タコの唐揚げなんて口にしないので、意外な食感に
小躍りしそうです。こちらにもブロッコリーの天ぷらがついてきました。
IMG_8374.jpg
海産系のメニューがやっぱり充実していますね。
IMG_8388.jpg
何でこんなに美味しいのに、食べログの記事が少ないのか店長に聞いたところ、
一見さんのお客さんよりも、地元のお客さんとの付き合いを大事にしたいと言う
ことで、お店の宣伝やメインの通りにお店の案内の看板などは出していないそうです。
お店の味をわかってくれる人が着てくれれば嬉しいと言ってました。
この日は、東京を19時過ぎに出たので、お店には、22時前についたのですが
快く迎えてもらえました。
自分はこのお店の美味しさを理解しているので、また機会があれば絶対に行きますよ!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡滞在最終日は、山口下関の台所「唐戸市場へ」へ [ご当地グルメ(中国)]

最近仕事で、山口県とはお付き合いのあるので、何度か新山口への方面へは訪れている
が、下関の方は初訪問。
野球部の先輩一家と車で福岡から向かいます。
itiba.jpg
初体験の「唐戸市場」です。
事前にちょっと調べてみたんですが、ご飯を食べるお店は少ないということだったので、
あまり期待していなかったのですが・・・。
IMG_8742.jpg
天井には、鈴木福君がふぐになってぶら下がっています。
itibanai.jpg
日曜日の午前中と言うこともあり、激混みでした。
しかもこの市場の飲食店が少ないという理由がわかりました。
IMG_8762.jpg
実は、市場内のお店で色々と買って、外で食べるというのが基本スタイルのよう
なのです。基本はお寿司がメインの店がほとんどなんですが・・・。
omise.jpg IMG_8754.jpg
揚げ物や貝類の煮物系のお店が多いです。
ということで、市場内のお店で色々と買って市場外の広場で昼食です。
IMG_8752.jpg
関門橋を眺めながら、市場外の芝生のところで、みんなでランチです。
この芝生の周辺が人だかりで大変です。大勢の人がスペースを狙って立ち往生です。
IMG_8751.jpg
先輩夫婦はお寿司の握りをメインにチョイスです。
IMG_8750.jpg
自分は、海鮮丼をチョイスです。(¥1,000)
ホタテ、ウニ、いくら,カニと豪勢な海鮮丼がなんとこのお値段です。
うーーーん、贅沢品ですね。
IMG_8749.jpg IMG_8747.jpg
他には、尾頭付きの海老フライ(¥250/尾)とふぐのフライです。
この30cm強はある海老フライが、¥250とはお得ですよね。
IMG_8748.jpg
この箱ウニがなんと¥1,000とは嬉しいですね。
老舗のお寿司屋さんに出るようなふっくらとしたウニとはちょっと違いますが、でも
かなり美味しいです。口の中に溶けてウニの香りが広がります。
IMG_8757.jpg
帰りにもう一度お店に寄ってみると、お店も閉店の時間だったので、なんと2盛りで、
¥1,300と破格値で提供してくれました。
なので、嬉しくてふぐ刺しも一緒にお土産に購入です。
たっぷりと保冷剤を入れてもらって、夜の便で東京へ持って帰ります。
IMG_8738.jpg
市場の近くにはふぐの像があり、皆さん記念写真を撮ってました。
ganryuujima.jpg
近くには、小次郎と武蔵の決闘の地の巌流島への遊覧船も出ています。
個人的には、巌流島は瀬戸内にあったと思っていたので、ちょっと勉強です。
この後は福岡へ戻り、先輩の家の愛犬(タロ、サクラ)と遊んで東京へ帰ります。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

西日本豪雨への被災地支援!「獺祭 島耕作」がついに発売! [ご当地グルメ(中国)]

今年の7月に起きた西日本豪雨により被害を受けた中国地区。
山口県、広島県、岡山県などの中国地区は大変な被害に見舞われました。
自分も直前の週末に岡山県で仕事をしていたので、帰りは雨でビショビショになって
帰りました。
しばらくして、普段よく飲む日本酒の獺祭を蔵本の「旭酒造」さんも、被害に遭われ
当時発酵タンクにあった50万リットルが「獺祭」としては出荷できないということで、
廃棄処分にするところを、「島耕作」シリーズの作者で山口県出身の弘兼憲史さんと、
獺祭の蔵元・旭酒造(同県岩国市)の桜井博志会長、桜井一宏社長が協力して販売する
ことになったのが、「獺祭 島耕作」です。
IMG_6931.jpg
限定65万本販売の限定プレミアの日本酒です。
4合瓶で¥1,200で、¥200が被災地支援に寄付されます。
プレミアものだったので数本注文してたので今日家に届きましたが、すでに予約販売や
直営店舗では売切れになっており、酒屋さんで入手ができるかという貴重品です。
IMG_6929.jpg
いやぁ、貴重なプレミア品ですね。
IMG_6930.jpg
元々廃棄処分にするような話が新聞に載っていたので、こういう形で販売するような
アイデアを出した人は凄いですね。
おそらく杜氏の方は職人気質だし、最初はNGだったと思うから、粘り強く交渉を
されたんだと思います。
旭酒造も、機械などかなりの損害を受けているので、売り上げと被害に遭われた方
への義援金となるので、安心ですね。
なかなか災害の被害に遭われた方々へ直接的な支援ができないので、こういう形で
しか支援ができませんが、何かの役に立てればいいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

優しげなご夫婦が、こだわりの美味しいもつ料理を提供するお店。豆腐の味噌漬けが抜群に美味しい!(岡山駅:にこみ瞠る [ご当地グルメ(中国)]

鳥取米子からは、先日の西日本豪雨の影響で、電車が1ヶ月以上の不通になるという
事で、高速バスを利用して岡山県に移動。
岡山駅近くで軽く食事をした後で、二件目に向かったお店は、
「にこみ瞠る(にこみみはる)
若いご夫婦が去年から営業しているお店です。
店内は、カウンター席のみですが、ご夫婦と会話を楽しみながら、もつ焼きを
頂くことができます。
IMG_6219.jpg
「特性煮込み 煮卵入り」(¥600)
ゆず胡椒で頂く、あっさり味系の煮込みです。
普段味噌系で頂く煮込みが多いですが、大好きな梅田「やまと」の関西出汁系の
煮込みとはまた違った味付けです。
すっきりさっぱり系の味付けなので、癖が無く食べやすいですね。
でもちょっと濃い味系の食べ物が欲しくなってしまったので異色のメニューを。
IMG_6221.jpg
「おつまみピータン」(¥430)
嫌いな人は全く食べれないといわれるピータンです。
臭みが強いと言われますが、まずは見た目がだめみたいですね。
綺麗な色合いだと思うんだけど、嫌いな人は絶対に受け付けないですよね。
でも食べると濃厚で、チーズのように美味しいので大好きな一品です。
大概、中華料理店で食べることが多いので、まさかのメニューでした。
横にいた若い男性が今まで食べたことが無いと言うことで、お勧めしたら
意外な美味しさにびっくりしていました。
IMG_6225.jpg
「豆腐の味噌漬け」(¥500)
これが、絶品の美味しさでびっくりです。
6ヶ月ほど漬けたとのことですが、豆腐ようの感じですが、臭みが無く濃厚で
メチャクチャ、美味しいです。
ココまで濃厚だと日本酒がどうしても飲みたくなります。
ご主人のお勧めで、地元のお酒を頂きます。
IMG_6226.jpg
広島市西条の西條鶴醸造の「天成」です。
豆腐の味噌漬けを、ちびちびと食べながら頂きます。
結構とっくりが格好いいですね。
飲みやすかったので、すぐに無くなってしまったので次のお勧めは・・。
IMG_6229.jpg IMG_6231.jpg
京都の京丹後市の木下酒造の「玉川」です。
ご主人から、濁酒も飲んで欲しいと言うことで、珍しく燗で提供してもらいます。
豆腐の味噌漬けの味付けがホントに濃厚なので、日本酒にも全然負けないですね。

この日は、残念ながら西日本豪雨の影響で、物流が混乱していて市場も開いて
いなかったこともあり、メニューが限られていましたが美味しいメニューに
出会えて良かったです。
また岡山には来る機会があるので、そのときも豆腐の味噌漬けは注文しようっと!
ちなみに、店名の「みはる」は、奥さんのお名前ではないとのことでした。



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岡山駅近くにもあった、千ベロのお店。えびすセットはかなりお得!!(岡山駅:魚河岸えびす) [ご当地グルメ(中国)]

岡山県での初日の仕事を終えて、夕食を食べに街に繰り出す。
駅近くで、お店を探していると、お得なセットメニューのあるお店を発見したので、
早速入店したお店は、「魚河岸 えびす」
その気になったメニューというのがこちら。
IMG_6197.jpg
「えびすセット」(¥980)
なんと、お刺身5点盛りと、小鉢が二つに¥400までのドリンクがついたかなりお得な
セットです。
普通に頼むと、¥1,500ぐらいは行きそうですね。
IMG_6198.jpg
お刺身の盛り合わせも、アジ、甘エビ、マグロの赤身、ブリ、ツブ貝が各2切れづつ
提供されるのでボリュームもありますね。
しかも、ツブ貝が入っていたのが嬉しいですね。
IMG_6205.jpg
「お魚ユッケ」(¥280)
マグロ、サーモンともう一品入っているのに、このお値段にはびっくりです。
しかも、切り身も結構大きめなので、食べ応えも十分です。
最近、海産物のユッケを口にする機会が多くなりましたが、まず外れは無いですね。
ちょっと甘めのタレでしたが、美味しいです。
IMG_6208.jpg
「鶏モモジューシー焼き」(¥380)
これまたお値段にびっくりしました。
一口大にカットしてもらっていますが、その名の通り、噛むとじゅわっと肉汁が
あふれてきます。塩こしょうのシンプルな味付けですが美味しいです。
お魚がメインの店かと思いましたが、お肉料理も結構イケテますね。
自分以外にも、お一人さんのサラリーマンが数名いたので、出張族には人気がある
んですかね。
IMG_6211.jpg
お値段もリーズナブルで、美味しい料理を頂けるお店でした。
ご馳走様でした!!



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

米子駅近くで、美味しい会席ランチに遭遇。なんとカニ酢飯がおかわり自由!(米子駅:旬門) [ご当地グルメ(中国)]

中国地方で、瀬戸内側はよく来ることはあるけど、日本海側に来ることは殆どなかった
ので、仕事では初めて訪問する鳥取県。
朝一で飛行機便の都合で、羽田空港からいったん出雲空港に出てから米子へ向かう。
先日の西日本の豪雨災害の影響で、大きな被害に遭われた方が多かったので、今回の
出張は一度リスケの予定もあったが、幸いにも島根県、鳥取県は大きな被害がなかった
とのことで、予定通り訪問をさせて頂く。
ただし電車が不通の区間も多く、早めに移動し昼食を済ませます。
お邪魔したお店は、食べログの米子駅近辺の店でも3番目に高い評価を受けている
「和食居酒屋 旬門 米子本店」
意外にも米子後駅の改札口は一つしかないので、改札を出て徒歩5,6分のお店。
お店の雰囲気は和食居酒屋という軽い感じはなく、しっかりとしたお店です。
ランチメニューで限定の一番人気のメニュ-を頂きます。
IMG_6175.jpg
「旬門御膳」(¥1,500)
お造り、天ぷら、小鉢、献上豆腐、焼き物、焚き物、茶碗蒸し、ご飯、お汁のセット
です。お昼の会席膳と言うことで、かなり豪勢です。
このメニューが一番人気で、早い時間に売り切れになってしまうそうです。
IMG_6181.jpg IMG_6179.jpg
おそばの小鉢、茶碗蒸しと焚き物。
IMG_6178.jpg IMG_6177.jpg
天ぷらと焼き魚(サバ)、お造りです。
この日のお造りは、メバルとサワラでした。しっとり感のサワラ、シコシコ感の
メバルは美味しかったです。
IMG_6174.jpg IMG_6180.jpg
なんと、すき焼きも提供されます。お昼から、すき焼きって言うのも贅沢三昧ですね。
献上豆腐とは初耳でしたが、濃厚でモチモチした
食感の豆腐でした。ワサビですっきり頂きます。
で、メインのご飯ですが、なんと「カニ酢飯」を選択できます。
IMG_6183.jpg
鳥取は、カニの水揚げ量が、日本一なんですよね。
ちょっと遠慮がちのカニ身の量ですが、おかわり自由等のが最高に嬉しいですね。
でも、2杯食べるのが精一杯でしたが、大満足です。
食後には、ドリンクとデザートもついてくる、かなりお得な会席御膳でした。
これは、大満足のランチでした。
しかも、嬉しいサービスだったのが、この日も暑かったこともあり、開店前ではあり
ましたが、店の中に通して頂き、開店時間まで店内で涼しく待つことができました。
こういうお店の気遣いってホントに嬉しいですね。
鳥取米子の地で、ホントにいいお店に出会うことができました。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岡山駅の土産物コーナーで色んな食べ物を買って、東京に戻ります。 [ご当地グルメ(中国)]

東京までの帰路につく前に、岡山駅での土産物コーナーで、食べ物をしこたま買って
帰ります。
IMG_6123.jpg
「えびめしおこわ」(¥540)
以前、ケンミンショーで見た記憶があった岡山のB級グルメです。
この黒いご飯が特徴らしいのですが、東京にあるカレーハウスの「インディラ」の
社長が故郷の岡山に持ち帰ったのが発祥だそうです。
ちなみに、黒いのはカラメルソースとケチャップの味付けだそうで、食べたときに
何の味かわかりませんでした。
tagosan.jpg IMG_6077.jpg
駅ビルの「さんすて」の中にある、「たごさく」で購入しました。
続いて購入したのは・・・。
IMG_6100.jpg
「高菜明太」(¥206)
同じく「さんすて」内にある鬼繰り専門店の「山田村」です。
ネットで、どなたかのブログの記事を見て、この高菜で巻いたおにぎりを食べたいと
いう衝動に駆られて購入です。
IMG_6099.jpg IMG_6101.jpg
控えめな高菜の味付けが、一層明太子の味を引き立ててくれますね。
美味しかったので、また是非購入したいです。
最後は、駅弁を買って帰ります。
IMG_6098.jpg
「桃太郎の祭り寿司」(¥1,000)
通常は、¥1,000なのですが、賞味期限もあって20%オフになっていたので、思わず
購入です。
IMG_6096.jpg IMG_6097.jpg
可愛らしい桃の形をしたピンク色のお弁当箱です。
この器は、姪っ子にプレゼントしてあげようかな?

岡山にはこれまでほとんど来たことがなかったので、今まで、失礼ながらもきびだんごの
イメージしかなかったので、結構B級グルメ的なものも多いので、新しい発見です。

また次回は、津山の方に仕事で来るので、津山ホルモンを是非堪能してみたいです。
今まで、失礼ながらもきびだんごのイメージしかなかったので、



コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岡山駅で初めて見かけた石焼きのチャーハンの専門店。石焼きのお焦げが嬉しい(岡山駅:石焼炒飯店) [ご当地グルメ(中国)]

前日の山口県での仕事を終えて、岡山県へ移動。
次のお客様先まで時間があったので、駅ビル近くでランチをとろうと、食べログで
調べてみると、気になったお店を発見。
お店の名前は、「石焼炒飯店」
石焼きビビンバのお店は結構あるけど、石焼きの炒飯のお店は初体験なので早速潜入。
IMG_6071.jpg
「日替わりおかずランチ」(¥1,080)
曜日によって、変わるおかずと、石焼き炒飯、唐揚げ、スープのセットです。
IMG_6073.jpg
この日は、日替わりのおかずが回鍋肉でした。普通の定食で提供される量なので、
結構ボリュームもあります。
ちなみに、石焼き炒飯は+¥100でいくつかの種類を選べます。
IMG_6072.jpg
この日チョイスしたのは、四元豚塩だれ炒飯。
豚肉とキャベツの塩だれ炒めが、白ご飯の上に乗って提供されます。
ちょっと想像していた炒飯とは違っていましたが、石焼きの器でご飯を炒めると
いうことで、ある意味炒飯なのかも?
お肉とご飯をかき混ぜて、石焼きの器の周りに、ご飯をペタペタして焦げるのを
まちます。その間に軽くおかずを頂きます。
IMG_6075.jpg
なんともう一品、唐揚げもついてきます。
結構なボリュームでしたが、朝ご飯を食べていなかったこともあり、珍しく食事が
喉を自然に通ります。
五分ほどしてご飯に焦げ目がついてきたので、石焼き炒飯も美味しく頂きます。
おかずも充実していたので、ご飯の量も適量で良かったです。
SnapCrab_NoName_2018-7-8_21-15-0_No-00.jpg

小籠餃子のランチだと、杏仁豆腐がついたみたいですね。
この前行った、飯田橋の四川料理の店の杏仁豆腐は本当に美味しかったなぁと思いだし
また行こうと心に誓うのであった。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

刺し盛り1人前が、なんと¥320。なんだぁ、そういうカラクリかぁ?(新山口駅:魚鮮水産) [ご当地グルメ(中国)]

山口県での仕事を終えて、軽く吞んでからホテルに戻ろうと新山口駅のホーム下にある
居酒屋チェーン店に向かった。
お店の名前は、「三代目網元 魚鮮水産」
まさかチムニーが運営しているとは思わなんだ。
お店の入り口に特別メニューで刺し盛り1人前が半額と書いてあったので、まずは注文。
IMG_6029.jpg
「鮮魚入り刺身 5種盛り」(¥320)
通常は、¥640で提供されているのですが、メニューの写真とは大違い。
IMG_6031.jpg
てっきり、このサイズで提供されたのに、まさかネタが1枚ずつとは思わなかった。
ちょっとこれは詐欺のようで、いい気分がしなかったよなぁ・・・。
まぁネタ自体が、厚みがあったので、まぁ良しとしよう。
IMG_6034.jpg
「モロヘイヤの天ぷら」(¥390)
これは、超美味しくて満足です。
モロヘイヤって苦いイメージがあるけど、天ぷらにすることで苦みがないですね。
知りなかったのすが、モロヘイヤは栄養価が高く夏バテメニューとしても,ぴったり
だそうです。
IMG_6033.jpg
たっぷりの大根おろしを天つゆに浸して頂くとサッパリして、ジメジメしてちょっと
夏バテ気味のこの時期の身体にはピッタリですね。
IMG_6036.jpg
「自家製卵焼き」(¥390)
最後の〆には、大好きな卵焼きです。
出汁や甘さは控えめですね。大根おろしをたっぷりつけて頂きます。
この暑い時期は、大根おろしは胃に負担をかけないので、嬉しいですね。
次の店を予定していたので、この日は3品で終了です。
IMG_6037.jpg
カウンターには、お一人様のサラリーマンが一人飛ばしで4人座っていたので、
出張帰りにサクッとというパターンが多いですかね?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

山口県でこの時期にしか食べれないおったまげぇな「たまげなす」を初体験(新山口:黒船) [ご当地グルメ(中国)]

最近、中国地区での商談が佳境を迎えているので、先月に続いて山口県を訪問。
仕事を終えて、食べログで新山口駅近くでお店を探してみて気になるお店を発見。
気になったお店は、「旬鮮海山 黒船」
カウンターに通されて、目の前にあったものにびっくり。
IMG_6061.jpg
山口萩の名物の「たまげなす」だそうです。
4月下旬から7月中の期間に限って収穫されるんだそうです。
通常のナスの4,5倍はあろうかという大きさで、500gを超えるものがこのブランド茄子に
なるそうです。
まさに、平野ノラなみに、「おったまげぇ~」という感じです。
カウンターの上に飾られていたのですが、可愛い店員さんが気を遣ってくれて
わざわざ手元まで持ってきてくれました。
IMG_6060.jpg
断面はスカスカでは無く、ぎっしりと詰まっています。
IMG_6056.jpg
「旬味 萩たまげ茄子 天ぷら萩塩添え」(¥580)
メニューは、2~3人前だそうなので、板場の人から、一人だとかなり多いので、
半分にした方がとのアドバイスをもらって、1人前で提供してもらいました。
IMG_6057.jpg
身が大きいですがですが、滑らかで瑞々しくて、とてもジューシーで美味しいです。
IMG_6063.jpg
「旬味 萩たまげ茄子 田楽味噌焼き」(¥780)
あまりに美味しかったので、もう一品注文です。
こちらは、半身を半分に切って、残り半分は持ち帰りにしてもらいました。
焼くことで揚げたものよりもかなり瑞々しく、水分がじゅわっとあふれてきます。
しかも、トロッとしているので、ツルッと口の中に吸い込まれます。
甘辛の味噌も美味しいですね。いやぁ、この瑞々しさにはびっくりしましたね。
ホントにいいタイミングでこの料理に出会うことができました。
IMG_6048.jpg
「鯛のお刺身」(¥450)
大好きな鯛のお刺身も毎度のように注文です。
鯛の身は、結構厚みがありますね。しっとりしてますが、歯ごたえがあります。
甘みがある身が、ツンとする本わさびの辛味とベストマッチです。
IMG_6050.jpg
「鯨の竜田揚げ」(¥580)
山口名物の鯨料理です。珍しくケチャップで頂きます。
鯨肉は、かなり軟らかくて,そのまま頂いても美味しいです。
IMG_6038.jpg
「黒船レモンサワー」(¥500)
美味しい料理を補佐してくれたのが、このレモンサワーです。
これにもぶったまげました。凍ったレモンがこれでもかとあるので、このままでは
飲めないので、レモンは小皿に小分けにして飲んでみます。
おかわりは中身だけで¥280で追加してくれるので、4杯ほど追加です。
IMG_6069.jpg
お店のスタッフも気を遣って頂き、美味しい料理も頂けました。
ふらっと入ったお店ですが、とてもいいお店に出会うことができましたね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新山口駅前にある魚屋さんが運営する回転寿司屋さんで美味しい料理を満喫(新山口:たかくら) [ご当地グルメ(中国)]

山口県内で仕事を終えて、帰りの飛行機まで時間があったので、空港までのバスを
待つ間に、新山口駅近くの食べログのトップのお店へ。
お店の名前は、「魚屋の回転寿司 たかくら」
さかなやさんが運営する回転寿司屋と言うことで、新鮮味はお墨付きですね。
IMG_5422.jpg
「刺身盛り合わせ3種」(¥800)
まずは、大好きなお刺身を注文。
この日の三種盛りは、カンパチ、アジ、トビウオ。
トビウオのお刺身は珍しいですね。カンパチはかなり身が締まっていて、シコシコ
して美味しかったです。
アジとトビウオは新鮮なだけあって、臭みもなくコリコリしています。
気になったのが、刺身の量に比べてワサビの量。さすがに全部は使いませんでしたが
最近は、醤油に溶かずにネタに乗せるというように大人の食べ方にになりました。
IMG_5427.jpg
「鯛」(¥220)
白身魚では鯛が大好きなので、一番最初に頼みます。
身が厚いのに、透き通り加減がすごいです。
しっとりとした身が舌に絡みつくようで、かなり美味しいです。
IMG_5433.jpg
「ひらめ」(¥300)
鯛よりも身が締まっていて、コリコリシコシコ感の感触がすごいです。
噛むと、キュッキュッと音がするような弾力です。
綺麗な色合いに、うっとりしながら頂きます。絶品です!
IMG_5430.jpg
「シマアジ」(¥400)
高級魚のシマアジです。適度に脂がのっていて、この日頂いた白身の中でも
一番身が締まっています。
白身魚特有のサッパリ感はなく、ガツンとくる味わいです。
でも、お値段の影響かもしれませんが、上品な感じもしますね。
IMG_5425.jpg
「鯨の竜田揚げ」(¥600)
最後は、やっぱり山口名物の鯨料理を頂きます。
直前に別の店でユッケを食べてましたが、やっぱり鯨料理と言えば唐揚げですよね。
昔はホントによく食べる機会がありましたが、最近はなかなかお目にかかれないので、
最後の〆に頂きます。
かみ切れないほどの弾力があり、これこそ鯨肉の醍醐味ですね。
噛むと口の肉汁がふわっと広がりますが、サッパリしてるので食べやすいです。
でも、気になったのが唐揚げに大根のつまが一緒に提供されたのですが、このつまに
ドレッシングがかかっていたのです。これが意外に美味しいんです。
お刺身につく大根のつまって、いっつも残して捨ててしまっていましたが、
この食べ方は大発見です。よく考えれば、大根サラダだしね。

回転寿司の形式ですが、普通のお寿司屋さんのクオリティでした。
とても美味しかったです、山口県、ご馳走様でした。
美味しいお魚を堪能した後は、空路東京へ戻ります。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

羽田空港の滑走路からも富士山が見えた。山口に着いてもやっぱり食べるのはお刺身! [ご当地グルメ(中国)]

朝一の羽田空港からの宇部山口便は、バス移動だった。
今まで結構飛行に乗って移動をしているが、この光景は初めて知った。
IMG_5369.jpg
飛行機に乗って滑走路を走っていたときにふと窓を見るとなんと富士山が。
まさか羽田空港から富士山が望めるとは・・・。朝からいい気分です。
山口県内で仕事を終えて、帰りの便まで時間があったので、新山口駅で軽く吞んで
帰ります。
立ち寄ったお店は、「目利きの銀次」
新山口の新幹線ホーム口の近くにあります。
IMG_5407.jpg
「刺身の徳盛り」(¥988)
7種のネタの盛り合わせです。まさにお得な刺し盛りです。
ネタは、マグロ赤身、ビンチョウマグロ、サーモン、雲丹、いくら、ツブ貝のセット。
まさかこのお値段で、少量ではありましたが、雲丹やイクラも味わえるなんて、
お値打ちモンの刺し盛りですね。
おひつからこぼれんばかりです。
個人的には、ビンチョウマグロのトロッとした感触とツブ貝が刺し盛りで食べれたのが
よかったです。
IMG_5411.jpg
「鯨のユッケ」(¥598)
山口県の下関は、鯨の捕鯨基地があったこともあり、鯨料理は名物料理のようです。
鯨料理ってヘルシーですが、最近提供される店もあまり見かけなくなったので、
食べれると嬉しいですね。
IMG_5404.jpg
これまでは、グループフルーツサワーを吞むけど、最近はレモンサワーを吞むことが
多くなりましたね。
レモンを凍らせて吞むケースや、縁に塩を持って吞むなどバラエティに富んでます。
この後は、もう1軒予定していたので、この辺で次へ向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

秘密のケンミンショーでも紹介された、山口のご当地グルメの名物「瓦そば」を初体験!(新山口:ANDO吉祥) [ご当地グルメ(中国)]

今年二度目の山口県を訪問。
朝一の山口宇部空港行きの飛行機に乗って、新山口駅に到着。
取引先との待ち合わせまで時間があったので、ランチをとることに。
立ち寄ったお店は、「ANDO(アンド)吉祥 小郡店」
前回来たときに山口の名物と聞いたので、今回はその名物とやらを頂きます。
IMG_5381.jpg
「瓦そばセット」(¥1,850)
これに天ぷらがついてくる定食です。
IMG_5384.jpg
熱々の瓦の上に茶そばがのっています。
茶そばの上に、たっぷりのネギ、錦卵、牛肉とのりが載っています。
IMG_5388.jpg
おそばと牛肉とネギをたっぷりとつまんで、そばつゆに浸します。
なお、そばつゆには、紅葉おろしを入れたので、ピリッと感が出ると思ったら、
すき焼きのツユのような甘めのそばつゆです。
ネギのシャキシャキ感が心地いいですね。
また茶そばの焦げた部分もあるので、そばには珍しくカリッとした食感も味わえます。
IMG_5389.jpg
牛肉のボリュームも結構あります。
しかも脂身たっぷりなので、先ほどの甘めのそばつゆが脂でこってりします。
がっつりこってり系の珍しいそば料理です。
IMG_5394.jpg
ちょっと時間をおいて、忘れた頃に天ぷらも提供されてきました。
おそばにゆかりご飯、茶碗蒸しとかなりボリュームのある料理だったので、すでに
お腹いっぱいでしたが、残すのも失礼なのでゆっくり頂きます。
先ほどの茶そばのつゆに比べて、軽めの衣だったのでサッパリを頂けました。
IMG_5380.jpg
会席料理も食べれるちょっと豪勢なお店です。
どのランチメニューも結構なボリュームですね。
出張に来ると、思わず贅沢なものを食べてしまいますね。
瓦そばは、西南戦争時に戦場で瓦で肉などを焼いて食べていたのが始まりのようです。
出張の時にはその土地の料理を食べれるのが嬉しいので楽しみですネ。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

最近の出張時のランチは、お刺身定食ばかりだけど全然飽きないなぁ(新山口駅:魚鮮水産) [ご当地グルメ(中国)]

朝一の便で山口宇部空港に向かい、バスで新山口駅に向かいます。
新山口駅は新幹線のぞみの停車駅なので、喫茶店で時間をつぶそうと駅周辺を北口、南口
と探せど、喫茶店が一軒もない。
たまりかねて、駅員さんに聞いてみると、やはり喫茶店は存在しないとのこと。
仕方なく駅中のベンチで1時間ほど過ごして、早めのランチに。
ランチをとったお店は「魚鮮水産」
あまり聞かないお店かと思ったら、チムニー系のお店でしたね。
最近はお刺し身メインにいただいているので、天ぷらとお刺身の定食を。
IMG_2486.jpg
「刺し身と天ぷら定食」(¥1,300)
IMG_2487.jpg
お刺身は、ホタテ、ブリ、マグロを二切れずつ提供されます。
流石にフグの刺身はなかったですね。
ブリは脂が乗っていてトロっとして美味しかったですね。
IMG_2488.jpg
天ぷらは、おくら、茄子、ちくわ、南瓜、以下、海老の盛り合わせです。
揚げたてではなかったのが残念でしたね。
IMG_2485.jpg
ランチメニューには、フグ料理もありましたね。これは流石にビックリです。
またこの地域のご当地グルメである瓦そばのメニューもありました。
瓦そばとは、熱した瓦の上に茶そばが盛り付けられて、温かいツユで頂く郷土料理で
昔、西南戦争時の合戦の合間に、兵士が瓦を温めて、肉などを焼いて食べたのが発祥
だそうです。
出張に来ると、千円以上するランチを食べてしまうので、東京にいるときはランチは
質素にしないといけないですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新春第一弾は、滅多に食べれない縁起の良い「ふく」料理で(新山口駅:入道) [ご当地グルメ(中国)]

新年あけまして、おめでとうございます。
今年も、普段の活動エリアと、出張先で気になった料理を提供してくれるお店を紹介
できればと思いますので、宜しくお願いします。
今年最初の記事は縁起物として「ふく」の料理を。
年末に出張で山口県を訪問し、仕事帰りに新山口駅周辺でお店を探す。
お店の名前は、「お食事処 入道」
お食事処という名称ですが、トンデモナイ。フグ料理の有名店のようです。
ということで、まず注文したのは・・・。
IMG_2494.jpg
「とらふぐ刺し」(¥2,500)
見事なお刺身です。本当は、長嶋さんのように一度で箸ですくって食べて見たいもの
ですが、そんな贅沢はできないので、1枚1枚味わっていただきます。
キュッキュっと身がしまっていて、歯ごたえが抜群です。
IMG_2497.jpg IMG_2493.jpg
河豚の皮も刺身でたっぷり提供です。
ふぐの皮は三層になっており、皮の表面部位に当たる皮を「シャミ皮」、真ん中を「本皮」、最下層となり身と最も近い位置にある皮を「身皮」と呼ばれているようです。
それぞれの部位ごとに食感が全く異なります。
個人的には、本革の部分のコリコリ感とキュッキュという食感がたまりませんネ。
なお、この河豚刺しについているネギですが、普通のわけぎとは異なるようで、
フグネギとして、下関市の安岡という地でフグ専用に生産されている「安岡ネギ」と呼ば
れる高級ネギだそうです。
なんと一束で、¥2,500~¥3,000もするネギだそうです。
このおネギもフグのお刺身に巻いて食べましたが、味わっていただきました。
このお刺身だけでも満足でしたが、お店の人に是非白子もと勧められたので・・・。
IMG_2505.jpg
「とらふぐ白子塩焼き」(¥1,800)
口に含んで薄皮を破ると、口の中にクリーミーな白子が広がります。
濃厚な白子ですが、塩の加減によって甘みも感じることができました。
焼き立てで、熱々で提供されてくるので、口の中が火傷しそうです。
IMG_2498.jpg
これだけ美味しいフグを頂くと、これを飲まないといけませんね。
山口県の名酒「獺祭」です。お姉さんが並々と注いでくれました。
この後は、大阪へ移動するので新幹線まで1時間ぐらいの時間だったので、もうちょっと
食事を楽しみます。
IMG_2501.jpg
「くじらの竜田揚げ」(¥900)
下関港は、現在唯一捕鯨船が出航する港だそうで、クジラ料理も名物だそうです。
クジラ料理って、たまにクジラベーコンを食べることがりますが、竜田揚げはもしかしたら
初体験カモ?
お肉は、クジラ肉特有の淡泊でサッパリしていますね。
山口のグルメの河豚刺しやクジラ肉は、低カロリーなので、女性には嬉しいグルメかも
しれませんネ。
IMG_2507.jpg
「車海老の踊り」(¥1,200)
イメージでは、自分で皮をむいて食べるのかなと思ったら、そのままお刺身で提供
されてきました。
さっきまで生きていたようなので、、身がプリップリで溶けるようです。
しかも甘みが凄いですね。
フグの本場で頂いたフグ料理は最高でした。
IMG_2514.jpg
帰りがけに、穴子の握りをお持ち帰りで頂きました。新幹線の中で頂きます。
しっとりした穴子もとても美味しかったです。
IMG_2519.jpg IMG_2517.jpg
ちなみに、御土産に手巻きずしもいただくことができました。
IMG_2511.jpg
割烹料理の様な店内ですが、板さんも丁寧にフグ料理のことを教えてくれるいいお店に
出会うことができたので、人生二度目の山口出張を堪能できました。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の30件 | - ご当地グルメ(中国) ブログトップ