So-net無料ブログ作成
ご当地グルメ(四国) ブログトップ
前の30件 | -

香川県でも都市伝説?蛇口をひねるとうどん出汁がでてきた(高松空港) [ご当地グルメ(四国)]

去年末に愛媛県に旅行に行った際に、松山空港で蛇口からみかんジュースが出ているのを
記事にしましたが、今回は高松空港です。
愛媛の蛇口からミカンジュースというのは、都市伝説としても有名な話ですが、まさか
高松にも同じような都市伝説があるとは・・・。
IMG_0350.jpg
高松空港で、国内線から国際便のロビーに向かう途中にその場所は存在します。
香川県の都市伝説です。
水道の蛇口から「うどんスープ」が出てくるという空港出汁のスポットです。
IMG_0352.jpg
さぬき麺業」が提供されているうどんスープみたいですね。
うどんスープはすっきりとした味で、少しぬるいので飲みやすいです。
IMG_0353.jpg
見た感じ普通の給湯室とかにあるシンクのようです。
松山空港のミカンジュースのスポットのような派手さがは全くないので、正直ちゃんと
確認しないとみないと気が付かないですね。
ウドンスープはすっきりとした味です。
IMG_9220.jpg
高松空港ももっと推したらいいのに思うのは自分だけですかね?
二番煎じでもいいんですよ!
ウーロン茶のペットボトルを持っていたので、うどんスープをペットボトルにいれて
東京に持ち帰り、家でお土産に買った讃岐うどんをゆでて、このうどん出汁で
頂きます。すっきり、サッパリして美味しいですね。
また是非、こんぴらさんには来てみたいので、今年から年1でお詣りしようかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

高松駅前で見つけた、リーズナブルで美味しい焼き鳥屋さん(高松駅:百崎商店) [ご当地グルメ(四国)]

翌日は早朝から、金比羅宮にお詣りに出かけるため駅前のお店で早めにしめることに。
向かったお店は、「大衆酒場 百崎商店」
昔の駄菓子やさんの様な雰囲気の店です。
IMG_0217.jpg
「肝刺し」(¥780)
数量限定のメニューです。肝刺しとあったので何かと思ったら、レバ刺しですね。
IMG_0216.jpg
いつものように、胡麻塩だれで頂くのは定番ですね。
IMG_0218.jpg
「アスパラベーコン」(¥180)「豚バラ」(¥180)
串一本あたり比較的お値段がはりますが、やはり美味しいですね。
特にアスパラベーコンは、アスパラのコリコリサクサクとした食感がたまりません。
IMG_0220.jpg IMG_0222.jpg
「豚串 えのき巻き」(¥150)「ピーマン肉詰め串」(¥180)
野菜の各種串焼きのメニューも豊富でなかなか美味しいです。
IMG_0225.jpg
「赤ウィンナーのタコチュー」(¥320)
昔懐かしい赤ウィンナーのタコ型フライです。
昔はケチャップで食べていましたけど、最近はオーロラソースで食べるんですね。
時代の移り変わりを感じます。
IMG_0215.jpg
「超百百レモンサワー」(¥480)
この日も最近填まっているレモンサワーです。
このお店オリジナルの冷凍レモンたっぷりのサワーです。最近、この冷凍レモンサワー
を出す店って多くなりましたね。
2杯ほどおかわりをして店を後にします。
IMG_0227.jpg
この後は明日の早朝から700段強の階段を登るためにホテルに戻ってゆっくりします。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

やっぱり高松と言えば骨付き鶏ということで、鶏料理の専門店へ(高松市百間町:かど弦) [ご当地グルメ(四国)]

高松と言えば、骨付き鶏が有名ですよね。
以前、高松市内のお客様の対応で何度か来ていた時には、有名店の「一鶴」などにも
行きましたが、今回のお店は初めてお邪魔します。
お店の名前は、「とり料理 かど弦」
鳥料理専門と言うこともあり、骨付き鶏以外にも鶏料理のメニューが充実してます。
IMG_0188.jpg
「骨付き鶏 ひなどり」(¥860)
骨付き鶏は、毎回柔らかい「ひな」を注文してます。
当然、お肉の質がしっかりしているので、はさみで一口大にカットします。
こちらのお店は鶏油が少ないので、ギトギト感が無く比較的すっきりと頂けます。
他の店の様に鶏油が少ないので、おにぎりを浸して食べることがないので、他の
鶏メニューも注文です。
IMG_0185.jpg
「名物かどから ハーフ」(¥380)
お店のイチオシメニューです。
サクサク衣とジューシーお肉を特製のスパイスをつけて頂きます。
このスパイスがかなり美味しいですね。思わず少し残ったものをペーパーナプキンに
包んで持って帰りました。
IMG_0191.jpg
「悪魔の手羽先(辛辛味)」(¥380)
久しぶりに揚げ物をがっつり頂きます。
悪魔と言うから、とんでもなく辛いのかとちょっとヒヤヒヤしましたが、辛辛味との
ことですが、意外に辛さは控えめでした。
IMG_0181.jpg
「塩こんぶキャベツ ハーフ」(¥190)
ちょっと脂モンを食べ過ぎたので、お口の中をサッパリと。
ハーフサイズでも結構なボリュームです。
サッパリする予定が、意外に濃い味付けだったので、お酒が進んでしまいました。
でも、こういうおつまみも美味しいですよね。
IMG_0189.jpg
このメニューにつられて、希少糖のハイボールを頂きました。
IMG_0174.jpg IMG_0175.jpg
鶏のメニューがホントに豊富ですね。
IMG_0176.jpg
愛媛の名物のじゃこ天やフィッシュカツなどのメニューもありますネ。
できればこの店でのんびりしたいのですが、地方に来たときはハシゴが前提なので、
次の店に向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

讃岐うどんのハシゴ2軒目は、四国村という古民家風のお店で釜揚げを楽しむ(高松市:わら家) [ご当地グルメ(四国)]

高松で讃岐うどんハシゴ2軒目は、古民家風のお店で釜揚げを楽しむことに。
讃岐うどんの店は、比較的早い時間に店を閉めてしまうケースが多いので、ネットで
長い営業時間の店を発見して、雰囲気のある店という事で訪問。
お店の名前は、四国村にある「わら家」
町中のお店と違って釜揚げうどんをメインで提供しているお店です。
となると頼むのは当然・・・。
IMG_0144.jpg
「釜揚げうどん」(¥460)
釜揚げうどんは、1人前のものと、数名で食べる中ジャンボのサイズがあります。
IMG_0142.jpg
熱々のうどんが提供されてきました。
うどんの腰はかなり強めです。でもあまり噛まずにツルッとのど越しを楽しみます。
たっぷりのアサツキとショウガもいいアクセントです。
IMG_0140.jpg
この専用の熱々のつけダレの器が名物のようです。
IMG_0137.jpg
器はとっくりと言われているんですね。
しっかりと持たないと、結構重いので、零れてしまいそうです。
うどんだけだと物足りないので、追加で注文です。
IMG_0139.jpg
「天ぷら(小)」(¥600)
これで、¥600はちょっと高いですね。
他の店舗のように単品の天ぷらやコロッケがあることを期待していたので、
ちょっと物足りなさを感じました。
こちらのお店は、釜揚げうどんと古民家の雰囲気を楽しむことがメインですね。
IMG_0134.jpgIMG_0135.jpgIMG_0136.jpg
一つの湯飲みにお店の名前が書かれています。
IMG_0155.jpg
お店はかやぶき屋根の、とても雰囲気のあるお店です。
IMG_0153.jpg
近くには、水車も現役で動いています。
水車なんて滅多に見ないので、ちょっとセンチになりました。
IMG_0169.jpg
このお店は四国村という所にあります。
源平の古戦場として知られる屋島山麓の地に、四国各地から古い民家を移築した
野外博物館です。
時間があればゆっくりと見たのですが、ゆっくりと呑みたいと思ったので、レンタ
カーでホテルに戻ります。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

昨年末最後の旅行は、こんぴらさんを訪れるためにいざ高松へ(香川県高松市:かど弦) [ご当地グルメ(四国)]

昨年末の最後の旅行先として訪れたのは香川県の高松市。
1年の積もり積もったいろいろな思いを浄化してもらうために、金比羅宮を訪れます。
本当は、午前中に高松空港に着いたので、そのまま金比羅宮に向かう予定でいたのですが
あいにくの天気だったので、こんぴらさんの有名な石段を登るのは危険と言うことで、
翌日の朝に向かう事に予定を変更し、初日は高松グルメを満喫することに。
まず訪れたのは、香川と言えばやっぱり讃岐うどん。
お店の名前は「大吉」
外観はプレハブ小屋のような感じですが、郊外の讃岐うどんの店ってこういう感じが
多くそういう店ほど美味しいですよね。
IMG_0124.jpg
「かけ小」(¥180)、「げそ天」(¥110)、「ナス天」(¥80)、「わかめ握り」(¥80)
うどんは腰があって、歯ごたえもありますネ。
澄んだ黄金色のツユですがイリコ系の出汁がしっかりと出て本当に美味しいです。
ツユまで飲み干せるのって、すっきりサッパリ系だからですね。
IMG_0125.jpg
実は、天ぷらは鶏天のコーナーから取ったのですが,なぜかげそ天でしたが、逆に
正解だったかも。コリコリとした食感がいいですね。
IMG_0120.jpg
天ぷらよりは、コロッケとかの揚げ物のトッピングが多かったですね。
IMG_0122.jpg
このおにぎりコーナーも、昔ながらの定食屋のディスプレイのようで、懐かしい感じ
がしますね。思わず、わかめのおにぎりを取ってしまいました。
menyu-.jpg
讃岐うどんを食べるときって、基本1玉の小サイズを頼むことが多いですが、2玉とか
食べる人っているんですかね?
やっぱりこの時期は寒いのでかけを注文しましたが、暖かくなるとうどんの腰を
ダイレクトに味わえる冷やも美味しいですよね。
IMG_0121.jpg
讃岐うどんの店では、おでんを置いている店も多いみたいですね。
IMG_0127.jpg
これから、讃岐うどんのハシゴをするので、1玉で楽しんだあとは、ちょっと時間を
おいて次の店に向かいます。
お店の紹介されているサイトで書いてある「セルフサービス」を体験しようと思い
ましたが、自分でゆでる店など色んなパターンがあるので、どこまで何をすれば
いいのか観光客はわからないので、ドギマギしてしまいますね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

松山空港で、美味しい鯛ラーメンを頂く。やっぱり愛媛は鯛王国!!(松山空港:シェフズキッチン [ご当地グルメ(四国)]

無事に愛媛県旅行を終えて、東京への帰路につきます。
この日は、早い時間で東京に戻ることにしていたので、お昼前には松山空港に着きます。
そのため、ランチを済ませようと空港内をうろついていると、フードコードを
発見したので、メニューを見ると大好きなメニューを見つけたので早速入店。
入った店は、「CHEF'S KITCHEN」
IMG_9224.jpg
「鯛塩ラーメンと鯛飯(小)のセット」
今年は、鯛塩ラーメンを食べる機会が多かったような気がしていますが、塩ラーメン
のなかでも、鯛塩ラーメンが一番好きですね。
IMG_9225.jpg
「鯛塩ラーメン」(¥980)
瀬戸産の鯛の塩ラーメンです。すっきりとしたスープにしっかりと鯛の出汁が
でていますね。フードコートの料理としては美味しいですね。
IMG_9230.jpg
しかも結構、鯛の大きな切り身ものっているので、鯛そのものの美味しさも味わう
ことができるのがまた嬉しいですね。鯛のフワッとした身が美味しいです。
IMG_9228.jpg
「ミニ鯛めし」(¥300)
追加¥300で鯛飯がついてくるのも嬉しかったですね。
前日に「二番町のかど 福」で食べた鯛飯とは比較はできないですが、ちゃんと鯛の
風味を味わえるので、これこれで有りですね。
サイズ的もちょうどいい塩梅です。
IMG_9234.jpg
最後は、この鯛飯の上に鯛の身をのせて、ラーメンスープをかけてオリジナルの
鯛飯を作ってみました。
茶漬け系の宇和島鯛飯と炊き込み系の松山鯛飯の融合ですね。
意外に結構美味しかったです。
IMG_9235.jpg
1泊二日の短い期間でしたが、それなりに愛媛県の食の魅力を堪能できました。
IMG_9237.jpg IMG_9238.jpg
愛媛県推しのメニューが沢山あるなど結構メニューは豊富ですなぁ。
愛媛県にも、「八幡浜ちゃんぽん」というご当地ちゃんぽんがあるんですね!

今月は、月末に香川高松の800段もの石段を登る金比羅宮に今年最後のお宮さん詣り
にもう一度四国へ向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛県の名物料理 第四弾:日本一美味しい松山鯛めしに遭遇!(松山市:二番町のかど 福) [ご当地グルメ(四国)]

今回の愛媛旅行では、愛媛県の郷土料理の鯛めしを食べることが目的であったが、
愛媛には、出汁で頂く「宇和島鯛めし」と焼き込み系の「松山鯛めし」の2種類があり、
2種類を制覇することを目指して向かったお店は「二番町のかど 福」
なんと日本一美味しい鯛めしが食べれるお店です。
IMG_9182.jpg
「日本一美味しい鯛めし」(¥980)
待望の松山鯛めしです。鯛の炊き込みご飯です。
注文から30分ほどかかりますが、これは本当に美味しい鯛めしでした。
1人前で、¥980という値段は嬉しいですね。
IMG_9183.jpg
ご飯のお焦げもあり、お米に出汁が染みこんで最高の味付けです。
もっちもちのご飯の食感もたまりません!これはメチャクチャ美味しいです。

ちなみに、ご飯には餅米が混じっているので、もちもち感は秀逸ですね。
まさにメニューの通り、「日本一美味しい鯛めし」に偽りはないですね。
この鯛めしだけを食べに松山まで来るのも絶対にありという位美味しいです!
人数が揃うと、鯛を丸々一匹入れて炊き込んでくれるみたいですね。
IMG_9181.jpg
「せせりとキノコのゆず胡椒炒め」(¥650)
せせり肉の締まったお肉の食感と、キノコの真逆の柔い食感とたっぷりの葱でシャキ
シャキとした食感のバランスがまた絶妙ですね。
ゆず胡椒でピリッとした味付けもまた美味しいです。
IMG_9186.jpg
「伊予地鶏の塩焼き」(¥750)
愛媛の地鶏も美味しく頂きます。お肉は身が締まっていますが、ジューシーですね。
ゆず胡椒で頂くことで、更に味が締まりますね。
この料理も美味しいですね。全部の料理が美味しいので、この店大当たりです!
IMG_9187.jpg
絶対にまた是非来たいですね。
鯛めしもかなり美味しかったですが、もう一つの愛媛名物の鯛ソーメンも味わえるので、
愛媛の名物グルメが全部頂けるも、嬉しいですね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛県で初めての夜の呑み家をハシゴします。まずは大街道の商店街で(松山市:壷々炉) [ご当地グルメ(四国)]

松山城の見学を終えて、松山市の繁華街の大街道周辺で食事を楽しみます。
伊予鉄の大街道駅にある大きなアーケードを歩いていると結構栄えていますね。
ネットで事前に調べたお店で、格安の名物があるということで訪問。
お店の名前は、「壷々炉(こころ)」

なかなか、こころと読むのは難しいですよね。
このお店を選んだのは、実はこの逸品が名物とのこと。
IMG_9166.jpg
「中島産 皮はぎの薄造り」(¥1,123)
皮はぎをこのお値段で頂けるのは嬉しいですね。
お店の一番人気だそうです!
IMG_9169.jpg
このカワハギの肝を溶いた醤油で頂くのが絶品ですね。
肝が本当はもう少しトロッとしているはずなんですが、ちょっと固形状なのがきになり
ましたが、醤油に溶いててっさのように何枚かをスクって頂きます。
カワハギの身は締まって、シコシコして美味しかったので、肝はちょっと残念ですね。
IMG_9163.jpg
「真鯛刺し」(¥742)
お刺身のメニューが結構充実していましたが、やっぱり大好きな鯛の刺身を頂きます。
身が厚いですが締まっているので歯ごたえもあって大満足です。
やっぱり愛媛県の鯛は名物というのを実感です。
IMG_9158.jpg IMG_9160.jpg
お刺身以外にも、焼き物など美味しそうなメニューもありましたが、名残惜しいですが
店を後にし、次へ向かいます。
IMG_9170.jpg IMG_9172.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛のご当地グルメの第三弾!ここにもあったご当地バーガー!!(愛媛県松山市:揚げ鯛) [ご当地グルメ(四国)]

道後温泉でお湯と、二つのご当地グルメを楽しんだ後は一端ホテルに荷物を置いて、
松山城に向かいます。
その松山城に向かう途中に、気になるお店があったので寄ってみた。
お店の名前は、「揚げ鯛」
店先に芸能人の写真が飾ってあったので、話題の店なんだと思って入ってみると、
お酒も飲めるお店だったのでセットで注文。
IMG_9149.jpg
「揚げ鯛バーガーセット」(¥1,000)
普段、佐世保バーガーとか横須賀バーガー等のご当地バーガーって高いイメージが
あり殆ど食べたことはなかったけど、大好きな鯛だったこともあり食べて見た。
鯛バーガーとポテトフライとビールのセットです。
IMG_9150.jpg
揚げ鯛は、衣はサクッとして、身はふっくらしていますね。
バッチリ、鯛の味を体験できます。
鯛という魚は、刺身で良し、煮ても良し、焼いても良し、揚げても良しの本当に
万能で美味しい魚なので一番好きな魚です。
IMG_9148.jpg
揚げ鯛バーガー以外にも、じゃこかつバーガーや、鯛のフィッシュ&チップスも
メニューにあるんですね。
IMG_9153.jpg
この店は綺麗な女性オーナーをはじめ、綺麗なスタッフが働いているので華やかです。
そういえば揚げ鯛バーガーってB級グルメかと思ったら愛媛発祥のA級グルメだそうです。
A級グルメって、あまり聞かないですけど、調べてみると新潟発祥の言葉だそうです。
本来は、雪国の伝統料理を指すらしいのですが、この店で言うA級グルメってどういう
意味なんでしょうね?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛県の地元飯の第二弾は、今治のB級グルメを堪能(道後温泉:金兵衛) [ご当地グルメ(四国)]

早いランチで、宇和島鯛めしを食べた後は、道後温泉をしばらく散策します。
実は予定していた日帰り温泉を探すのに1時間近く街をうろうろとしていたのですが
流石に見つけられなかったので、電話をすると現在改装中とのことで、もっと早く
確認すれば良かった。
そのため、坂の上にある日帰り温泉を楽しめるホテルで温泉を楽しみます。
IMG_9113.jpg
日帰り温泉を楽しんだのは、「道後館」です。
鉄筋コンクリートの今風の造りのホテルですね。ホテルのロビーは凄い広いですね。
日帰り温泉は、¥1,000で利用できます。
露天風呂もあったので、1時間ほどゆっくりとお湯を楽しみます。
そういえば道後温泉のお湯は、無味無臭なんですね。
散策と日帰り温泉で2時間ほど時間を過ごしたので、ちょうど良くお腹もすいたので
もう一つの愛媛名物を食べに向かいます。
向かったお店は、「瀬戸内料理 金兵衛」
愛媛県の各地の料理を提供しているお店です。
IMG_9115.jpg
「今治 焼豚玉子めし」(¥780)
B級グルメとしても有名な料理ですよね。
もともとは中華料理屋さんのまかない飯だったらしいのですが、このダレでも作れそう
と言う手軽さがいいですね。
IMG_9116.jpg
必ず目玉焼きは二つですね。この目玉焼きをぐちゃぐちゃに解いて、チャーシューと
ご飯をマゼマゼして頂きます。
甘めのタレと、目玉焼きの胡椒がピリッと効いてこれは美味しいですね。
以前、コンビニで時期限定で提供された時に食べた事があったけど、やっぱり地元で
食べるとメチャクチャ美味しいですね。
IMG_9119.jpg
ちょっと気になったのが愛媛の味噌汁は、この鞠のようなお麩が必ず入るんですかね?
さっきの丸水でも汁物に入ってました。
IMG_9114.jpg
2種類の鯛めしや、伊予牛など愛媛の郷土料理を楽しめそうなお店ですね。
IMG_9121.jpg
結構店内は広いので、団体さんも歓迎ですね。
お湯も楽しんだので、この後は、松山市内へ戻ります。
karakuri.jpg
駅前には、坊ちゃんからくり時計があります。
このからくり時計が上に伸びて,中から人形が登場して数分間演劇のような動きを見せて
くれます。
eki.jpg
この後は、伊予鉄の路面電車に乗って、ホテルのある大街道に戻ります。IMG_9086.jpg
今回は乗れませんでしたが、坊ちゃん鉄道も未だに走っています。
現在1日3便走っていると言うことで、翌日はkの坊ちゃん鉄道の撮影に向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛の地元飯といえば、やっぱり鯛めしでしょ。でもまずは宇和島鯛めしを(愛媛道後温泉:丸水) [ご当地グルメ(四国)]

今回の愛媛旅行では、愛媛県のご当地飯を楽しみにしていたので、まずは松山空港から
リムジンバスに乗って道後温泉に向かいます。
まずは道後温泉に着いたら、ここに来ないと行けませんね。
onsen.jpg
道後温泉の本館です。
入浴料は、¥410です。外観もかなりふるい建物ですが、趣もありますね。
朝6:00から開いているので、朝早い時間は地元のお年寄りが多いですね。
お風呂は、左右二つの浴室がありますが、基本的に同じ造りですが、雰囲気は
銭湯のような懐かしい造りです。(ドライヤーは、3分¥10です)
あまり長居はできなかったので、30分ほどで出てきました。
この後は、念願の鯛めしを食べに行きます。
向かったお店は、「丸水 道後店」
愛媛、鯛めしでググると結構頻繁に紹介されているお店です。
11:00の開店前にすでに並んでいる人がいたので、3番目に並びます。
IMG_9099.jpg
「宇和島鯛めし 膳  天然鯛」(¥2,100)
宇和島鯛めしには、天然鯛と養殖鯛を選択できます。
天然鯛の方が¥500ほど割高です。
IMG_9102.jpg
鯛の形をした器に鯛のお刺身が盛られて提供されます。
せっかく歯ごたえのある美味しい天然鯛の身なんだから、こういう風にごちゃっと
盛るんじゃなくて、綺麗に並べて提供をした方がいいんじゃないかと思ったのは自分だけ
ですかね。
IMG_9101.jpg
この鯛の身を、この特製の生卵を説いた出汁にくぐらせます。
最初は、ご飯の上にお刺身として軽く頂きます。
本当は、この出汁の中に、鯛の切り身、薬味を入れて、出汁に浸した後でそのまま
ご飯に茶漬けのようにかけて頂くのが主流のようです。
ご飯はおひつで提供されますが、テーブルに一つのようなので、自分はおひつを一人
占めだったのですが、おひつあたりご飯2杯ぐらい食べれます。
IMG_9104.jpg IMG_9098.jpg
本当は、天然と養殖の食べ比べができるセットのメニューもあるのですが、繁忙期
だから現在は提供をしていないとのことでした。
今の時期が繁忙期というのがよく理解できなかったのですが、別に半分ずつ提供してする
だけだから、繁忙期もくそも関係ないんだから、ちょっと納得できませんでしたね。
IMG_9106.jpg
すぐに満席になるなど人気の店なのですが、接客が丁寧すぎて、一つのテーブルから
オーダーを取るのに5分ぐらいかかっていたので、丁寧さもほどほどにしてもらった
方がいいですね。老舗の店だからしょうが無いのかな?
この後は、もう1軒、温泉に寄っていきます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

松山空港で見つけた愛媛県の都市伝説。これは面白い!(愛媛:松山空港) [ご当地グルメ(四国)]

今月は、愛媛県松山市へプチ旅行に出かけた。
愛媛県へは、人生二度目の訪問となるが、今回は愛媛の名物料理を堪能するのと、温泉を
楽しむためのグルメ&温泉旅行!
まずは、松山空港に到着後、テレビ番組で紹介された愛媛名物を!
IMG_9219.jpg
なんと、蛇口からミカンジュースが出てるじゃないですか?
これこそ、愛媛県の都市伝説です。なかなかユニークですね。
1杯¥350というちょっと割高な値段設定ですが、思わず買ってしまいますね。
IMG_9220.jpg
空港の1Fにあるので、是非松山空港に出かけた際には、よってみてはどうですか?
絶対に子供さんは喜びそうですね。
IMG_9222.jpg
綺麗なミカンジュースのタワーも飾ってあります。
IMG_9223.jpg
愛媛県は「かんきつ王国」を名乗っているんですね。
四国の各県は、それぞれユニークなアプローチで観光産業に力を入れていますね。
先日は、徳島県に旅行して、今月は愛媛と月末に香川の金比羅宮にもいくので、
四国制覇は、後は高知県のみだから、いつ行こうかなぁ?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

徳島県での最後の食事は昼吞みの大衆割烹料理屋さんへ。バッテラはお得感抜群!(徳島市:安兵衛) [ご当地グルメ(四国)]

徳島市内でクルージングを楽しんだ後は、空港への移動までにもう一軒立ち寄って
食事を楽しむことに。
立ち寄ったお店は「安兵衛」
比較的年齢層の高いおじいちゃんを中心に活気がある大衆割烹料理屋です。
こういうお店が昼から開いているのは嬉しいですね。
IMG_7950.jpg
「カンパチの刺身」(¥1,200)
板場の人にお勧めの魚を聞いたところ、カンパチが美味しいと聞いて注文。
脂がのっていて、しっとりととろけるような食感で美味しいですね。
こちらも、かぼすが必ずついてきますね。
ちょっとお値段がはるお刺身でしたが、新鮮さに納得ですね。
IMG_7954.jpg
「豆腐唐揚げ」(¥310)
豆腐の唐揚げって何だろうと思っていたら、揚げ出しのことでした。
サクッサクでカリッとした衣の食感を豆腐のフワフワとした食感の塩梅がいいですね。
よく目にする料理ですが、唐揚げと言われるとなんだか新鮮な感じがします。
IMG_7956.jpg
「味噌だれ焼き (3本)」(¥310)
お店の人気メニューのようで、他のお客さんも殆ど注文していました。
少し甘めの味噌だれですが、このタレが美味しいです。
お肉は弾力があって歯ごたえも抜群です。もしかして阿波尾鶏?かと思いましたが
ちょっと違うみたいですね。
IMG_7960.jpg
「バッテラ」(¥390)
こちらも他のお客さんから連続して注文されていたのが気になって、最後に注文です。
IMG_7962.jpg
しかりとした押し寿司ですね。酢の〆加減もちょうどいいですね。
なにより、この6貫というボリュームで¥390というお値段がお値打ちもんですネ。
最後に酢飯でサッパリとしてこの日の昼吞みは終了です。
IMG_7949.jpg
芋焼酎の炭酸割りを頼んだら、こんな形で提供されてきました。
頼む人が殆どいないようで炭酸が別料金になるので、ちょっとお値段がはる
「イモソー」でしたが、大衆割烹のおばちゃんが提供する暖かみのある飲み物でした。
今回の徳島プチ旅行は、美味しいものを食べれて大満足の旅行でした。
また是非来てみたいですね。今度は、阿波尾鶏は焼き鳥で攻めてみようっと!!


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

徳島のお遍路さんをプチ体験した後は、徳島駅ビルで昼呑みへ(徳島駅:ダン) [ご当地グルメ(四国)]

午前中からお遍路さんをプチ体験した後は、徳島駅へ戻りランチがてら美味しい
お酒を呑めるお店へ。
徳島駅ビルのクレメントプラザB1Fにある「酒とめし酒場 ダン
徳島駅周辺でも昼から飲める珍しいお店です。
IMG_7919.jpg
「イチボの肉刺し」(¥620)
高級部位のイチボ肉(お尻の肉)の刺身です。
まさかのこのお値段でのこの高級部位を頂けるなんて嬉しいですね。
他にもお肉押しの店なので、肉刺しはランプやマクラなどのお肉も頂けます。
このイチボのお肉ですが、焼き肉でも当然美味しいですが、この生肉も抜群の
美味しさです。お塩でシンプルに肉のうま味を味わえます。
IMG_7916.jpg
「たまご焼き」(¥380)
残念ながら、焼きたてというわけではなくすでに焼いたものをレンジでチンでした。
せっかくなんで、形はいびつでもできればできたてを・・。
IMG_7921.jpg
「肉豆腐+煮卵」(¥640)
この煮込みは、美味しいですね。
やっぱりこの店は肉料理が美味しいかもです。
やっぱり豆腐や玉子に出汁が染みこんだのがたまりませんね。
肉がホルモンではなくバラ肉の煮込みなので、大きさのバラバラ感がまた雰囲気が
あって楽しいですね。
IMG_7923.jpg
「最強レモンサワー」(¥500)
最近、レモンを凍らせたサワーが多いですね。凍ったレモンが凍り代わりになって
なかのみ追加注文するのが、お得なんです。
IMG_7926.jpg
「阿波尾鳥おつまみ焼き」(¥680)
なんだかんだ言っても、阿波尾鳥です。ジューシーで美味しいですね。
IMG_7928.jpg
昼吞みとしては贅沢なお店ですが、料理も美味しいので大満足です。
夜に普通に飲みに来るとなおいいかもですね?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

絶品の鯛ラーメンを食べれるお店を再訪問。やっぱり超旨いっす!(徳島駅:堂の浦) [ご当地グルメ(四国)]

徳島旅行1日目のシメは、2度目の訪問となるラーメン店へ。
一端ホテルに帰って休んでいましたが、なんだか小腹が減った感じがして
4年ほど前に行った時に記憶がかなりあったので、今回も訪問してみました。
お店の名前は、「堂の浦」
なんと、鯛ラーメンの専門店です。
IMG_7841.jpg
「鯛の塩ラーメン」(¥600)
締めに食べる量としてはちょうどいいサイズです。
大好きな塩ラーメンで、なおかつこれまた大好きな鯛のラーメンなんて
自分にとっては究極の塩ラーメンです。
IMG_7846.jpg
綺麗なスープです。
鯛の出汁でとったスープには究極のうま味が出ています。
サッパリしていますが、味は濃厚でホントに美味しいので、結局飲み干します。
IMG_7845.jpg
麺は中太ストレート麺で、しっかりとスープが絡みます。
IMG_7843.jpg
そして、メインはこの鯛の皮の素揚げです。
スープに浸した少しやんわりしていますが、パリッパリの皮の食感がまた楽しみです。
意外に塩味が効いているので、この皮の素揚げだけでも美味しいです。
スープ、麺、鯛の皮の素揚げと、すべてのバランスがとれて究極の塩ラーメンです。
普段スープを飲み干すことは無いですが、完食です。
IMG_7848.jpg
「雲丹ピザ」(¥500)
前回も気になったのですが、注文できなかったので、今回は注文です。
雲丹が表面に乗って提供されるかと期待をしていたので、ちょっとがっかりです。
生地の上に少しだけ乗っているのかな?という程度で、かなり塩気の多い味付け
だったので残念ながら正直、雲丹の美味しさを味わうには至りませんでした。
IMG_7849.jpg
店内には、水野真紀さんのサインが飾られていましたが、右下には、「後藤田真紀」
という判子があったので、そういえば政治家の後藤田さんと結婚していたんだと
改めて思い出しました。
IMG_7839.jpg
メニューはシンプルですが、店内はいつも混んでいる人気のお店です。
雲丹ピザはちょっと期待外れでしたが、鯛ラーメンは絶品ですので絶対お勧めです!
IMG_7850.jpg
ちょっとお店がわかりにくいですが、駅から近いので、見つけられると思います。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

人気の元気混み店で阿波尾鶏の焼き鳥も堪能。やっぱり旨い!(徳島駅:鳥ぼん) [ご当地グルメ(四国)]

やっぱり鶏肉を味わうなら焼き鳥が一番シンプルと思い、駅近くで徳島地鶏の
「阿波尾鶏」や「徳島彩どり」などを提供するお店に向かった。
お店の名前は、「鳥焼処 鳥ぼん」
21時前でしたが、店内はカウンターまでびっしりとお客さんで埋まっている人気店
のようでしたが、運良くカウンターのお客さんが帰ると言うことで入店。
メニューを確認すると、これでもかと阿波尾鶏のメニューが合ったので、やっぱり
焼き鳥屋さんで食べる方が色々と良かったです。
IMG_7831.jpg
「トロ皮串焼き 2本」(¥280)
さっきの店で身の部分を食べたけど、皮の部分もいいですね。
皮がパリパリで、脂も適度にすっきりしているので、これまた美味しい。
普段、安い店で食べるようなゴムの様な感覚が全くありません。絶品です!
IMG_7827.jpg
「ハラミともやし炒め」(¥430)
胸肉、皮と行ったので、最後は、大好きな部位のハラミです。
ハラミ肉は、セセリのような歯ごたえのある食感だったのは意外でしたが、もやしの
シャキシャキ感とのバランスがいいですね。
スライスされたニンニクもまたいいアクセントで美味しい一品です。
他にもハラミの串も食べたのですが、写真がブレブレだったので・・・。
IMG_7824.jpg IMG_7825.jpg
メニューには、具体的に阿波尾鶏を使っているかを明確に書いてくれているのが
嬉しいですね。
IMG_7834.jpg
お店の外のメニューを再確認して、最初からこの店だったら、いろんな部位で
阿波尾鶏を堪能できたのかと思うと、かなり後悔してしまいましたね。

IMG_7833.jpg
次回お邪魔する機会があれば、是非一軒目からたらふく頂きたいですね。
お気に入りの店に登録しておきまーす。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ついに念願の徳島の地のものを頂けるお店へ。地鶏「阿波雄鳥」を食す。(徳島市:雄食) [ご当地グルメ(四国)]

今回の徳島旅行の目的の一つである徳島名物の「阿波雄鳥」をようやく頂けることに。
当初行こうとした店が、予約でいっぱいで入れないとのことで、ネットで検索して
お邪魔したお店は「酒菜きっちん 雄食」
徳島の地のものを提供してくれる居酒屋さんです。
店内には、野球選手のサインやユニフォームが飾られています。
もしかして、有名な高校球児のお店と思ったら、お店の関係者で野球に縁のある人が
いるとのことで、飾っているようです。
IMG_7815.jpg
「阿波雄鳥の炭火焼き」(¥700)
皮目がカリッとしてますが、中は適度に火を通した状態で提供されてきました。
食べて見ると、意外な事に柔らかくてとてもジューシーです。
正直、シャモのようながっつりとした歯ごたえの鶏肉なのかと想像をしていたので
肉汁があふれるばかりの柔らかさに驚きました。
お肉の甘みとうま味を、塩できゅっと締めてくれるので、美味しいですね。
他にも天ぷらや、唐揚げなどのメニューもありましたが、シンプルな焼きが
一番美味しさを味わえますね。
IMG_7819.jpg
「鳴門レンコンのエビのはさみ揚げ」(¥700)
徳島ではレンコンも特産品のようです。レンコンって言うと関東では茨城の
イメージがありましたが、鳴門のレンコンもかなり美味しいですね。
歯ごたえが抜群です。レンコンのシャキシャキした食感と衣のカリッと食感で
口の中が心地いいです。
IMG_7818.jpg
ちなみに、マヨネーズ、ポンス、塩で楽しむことができますが、やっぱり
シンプルにお塩で頂くと、美味しさが際立ちますね。
IMG_7816.jpg IMG_7817.jpg
「ナルトタイ 水ト米」(¥700)
地元のお酒もいただきました。甘みも合ってかなりフルーティなお酒なので、女性向け
の日本酒かもしれませんネ。
IMG_7810.jpg
「徳島 桑原豆腐店の日本一の豆腐」(¥550)
この豆腐、かなり濃厚で美味しいです。
口当たりは滑らかですが、舌に残るようなクリーミーさを感じます。
醤油で頂くのも良かったですが、不通にお塩で頂くのも良かったかもしれないと
後から後悔してました。
IMG_7821.jpg
「ボウゼの唐揚げ オニオンポン酢」(¥650)
オニオンポン酢というので、かなりサッパリした味付けかと想像をしていましたが、
ニンニクスライスでインパクトのある味付けです。
でも、ニンニクが邪魔をしているわけではないので、意外にすっきり頂けます。
骨まで食べれるので、カリッ、サクッとした食感でダイレクトに味わえます。

徳島名物のすだちが、ほとんどの料理に添えられていましたが、普段レモンなどの
柑橘系を食材にかけるのは好きじゃないので、一度も使わなかったのは申し訳
なかったですね。
IMG_7823.jpg
落ち着いた雰囲気のお店で良かったです。
もう少し、阿波雄鳥を堪能したくなったので、もう一軒向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

午後7時まではドリンク半額という嬉しいお店。中日本地区でチェーン展開しているお店(徳島市:や台ずし) [ご当地グルメ(四国)]

朝一で、徳島阿波おどり空港から鳴門の渦潮を見に行き、ランチで美味しい鯛料理を
食べた後、徳島市内に戻りホテルでチェックインします。
泊まったホテルは、スマイルホテルという聞いたことが無いホテルだったけど部屋も
広くて快適なホテルでした。
さて夕方4時になったので、街に繰り出す事になり早い時間から開いていて、お得な
お店が、「や台ずし 徳島両国橋町」
なんと、7時まではドリンクが全て半額なんです。
ハッピーアワーとかみたいに特定のドリンクのみではないので有り難いです!
でも1軒目なので、軽めと言いながら・・・。
IMG_7788.jpg
「ジャンボフランク」(¥499)
二本のセットで、プレーンとペッパーの味付けです。
このフランク、意外に美味しいです。パキッという音を立てて噛むとジュワーと
肉汁が広がります。
歯ごたえも抜群で、皮目のパリッと感で久しぶりに美味しいフランクフルト頂きます。IMG_7787.jpg
「海鮮ユッケ」(¥499)
最近、海鮮系のお店に行くとメニューにあると頂きます。
こちらのお店は韓国系は控えめで、和の出汁のイメージです。
特にハマチが、はじめはイカなのかと思うぐらいのコリコリした食感が抜群でした。
IMG_7793.jpg
最後は、「や台ずし」という屋号もあるので、握りを注文。
真鯛、〆サバ、本マグロ、赤海老を注文です。
本マグロは、赤身でしたがトロッとした食感がたまりません。
最近、赤海老にも填まっていますが、頭を素揚げにしてもらってお塩で頂きます。
パリパリッの食感が心地いいです。
IMG_7800.jpg
中日本地区をメインに展開しているチェーン店のようですが、結構クオリティは
高いですね。お料理も美味しかったので、東京にも店舗が展開されていて、地元にも
店舗があったので、是非行ってみようっと!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

生涯2度目の徳島県訪問。海産物の宝庫に感動!まずは鯛飯を堪能(徳島鳴門市:あらし) [ご当地グルメ(四国)]

生涯二度目の徳島県を訪問。前回は、2014年に仕事で訪問をしたので、今回は4年ぶり
にプライベートで訪問。
今回の目的は大鳴門橋で渦潮を見ること、四国八十八カ所のお遍路をちょっと体験する
こと、阿波雄鳥を食べることを目的にノンビリ旅行。
初日は、まず徳島阿波おどり空港からレンタカーを借りて大鳴門橋へ移動。
近くに、美味しい料理を食べれる店があったのでランチで訪問。
お店の名前は、「活・心・鮮 味処 あらし」
入り口で受付帳簿に記載して車内で待つことができるので、時間までノンビリします。
結構人気のお店で、開店の11時前には店前に行列ができていて、開店直後には店が
いっぱいになり開店前に来ていた人でも入店待ちになっていました。
次分以外にも一人客が何人かいましたが、一人客でも4人テーブルに通されるので、
正直相席にして、他のお客さんを入れる方がいいんじゃ無いかと思いました。
IMG_7754.jpg
「活鯛御前」(¥2,000)
あらかじめネットで調べていたので、この定食を注文。
養殖の鯛のお刺身、徳島産わかめ汁、鯛釜飯、小針のセットです。
IMG_7755.jpg
綺麗な鯛のお刺身です。しっとりとした身で、シコシコした食感も楽しめます。
養殖とのことですが、そんなこと全然わかりませんね。
というか、天然の鯛のお刺身は食べた記憶が無いのですが・・・。
IMG_7756.jpg
「徳島産わかめ汁」
このわかめの味噌汁が絶品です。食感がしっかりして、歯ごたえもあります。
味噌汁の味も抜群で、これだけの大きなお椀でしたが完食です。
是非お土産に、この徳島産わかめを買って帰ろうっと。
IMG_7759.jpg
「鯛の釜飯」
一番楽しみにしていた鯛飯です。鯛の身がぎっしりと敷き詰められています。
鯛の身をほぐして、ご飯と混ぜ込みますが、ご飯に塩味がついているので、鯛の
うま味と塩味の加減が絶妙で、ホントに美味しくて大満足です。
IMG_7757.jpg
「下足天ぷら」(¥650)
追加でげそ天も注文しました。
天つゆでは無く、お酢ベースのタレに紅葉おろしをといて頂きます。
サクッとした衣に弾力のある下足がコリコリして美味しいです。
ここにも、わかめがついてきました。わかめ推しですね!

徳島に到着して、最初に美味しい食事を堪能できました。
この後の夜のお酒と、他の料理も楽しみです!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

高松出張でやっぱり食べないといけないのは讃岐うどんでしょ(高松市南新町:綿谷) [ご当地グルメ(四国)]

前日の夜に、夜の高松グルメを楽しんだので、翌日はオーソドックスに名物の讃岐うどんを楽しむことに。
お邪魔したお店は「麺処 綿谷」
以前にも訪れているお店であるが、牛肉が美味しかった記憶があったので再訪問。
IMG_8881.jpg
「牛肉ぶっかけ ひや」(¥400)+ちくわ天(¥100)
前回もいただいた牛肉ぶっかけですが、2年前に訪れた時には、¥380だったので、あれから¥20値上げしているんですね。
ホントは、スペシャルぶっかけ(牛肉+豚肉+温玉+わかめ)を注文する予定だったので、やってしまった。
IMG_8883.jpg
前回は「あつあつ」でしたが、今回は「ひや」でいただきます。
相変わらず肉の甘さ加減が絶妙ですね。うどん出汁との相性も抜群です。
普通盛りでしたが、1.5玉あるので、ボリュームもたっぷりです。
IMG_8886.jpg IMG_8889.jpg
実は、自分では鳥天を持ってきたつもりでしたが、椎茸とちくわの天ぷらでした。
でも、椎茸が甘めにぬ詰められているので、美味しかったです。
IMG_8888.jpg
天ぷらの種類が多いので、目移りしちゃいますよね。
IMG_8891.jpg
この日は、12時前に店を訪れたのですが、店を出るときには、店先に20名ほどの長蛇の列ができていました。
14:30までしか営業をしていないので、昼を回ったころは混み合うみたいですね。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

香川高松といえば、やっぱり骨付き鶏ということで、香川の郷土料理を食べれるお店へ(高松市:蘭丸) [ご当地グルメ(四国)]

高松初日の夜は、1軒目で美味しいお刺身を頂いた後は、一緒にいた社長が、骨付き鶏を食べたいと言い出したので、骨付き鶏の美味しいお店を紹介してもらう。
お店の名前は「骨付き鶏 蘭丸」
骨付き鶏というと、一鶴(いっかく)が観光客には有名ですが、実は美味しいお店が沢山ありますね。
IMG_8879.jpg
「骨付き鶏 ひな」(¥880)
骨付き鶏には、「おや」と「ひな」があるのはよく知られていますね。
個人的には、柔らかくてジューシーな「ひな」の方が大好きです。
ひなは、皮の部分がカリッと焼かれています。
IMG_8877.jpg IMG_8876.jpg
「骨付き鶏 おや」(¥880)
「おや」はかなり身が締まっているので、そのままかじるのが難しいので、カットしていただきます。
おやは、この肉身の硬さの食感がたまらないというファンも多いそうです。
鶏脂がたっぷりと出ていますね。
ホントは、この鶏脂におにぎりを浸して食べるのが、定番なんですが2軒目でかなりお腹も満たされていたので、今回はスルーします。
IMG_8871.jpg
お通しで提供される「マカロニサラダ」が結構おいしいので、のっけから期待できます。
IMG_8875.jpg
「讃岐の醤油豆」(¥420)
実はこの醤油豆も、香川の名物です。
そら豆を醤油、砂糖に漬け込んだ香川県の郷土料理です。
甘辛い味付けなので、お酒のつまみにもなりますね。
てっぱい.jpg
「てっぱい」(¥500)
白身魚の酢漬けを短冊形に切った大根と白味噌で和えたこれまた香川の郷土料理です。
サッパリとしているので、骨付き鶏などを食べた後の口の中をすっきりしてくれますね。
これまた美味しい逸品でした。
IMG_8872.jpg
「食べるラー油と豆腐サラダ」(¥550)
ちょっと風変わりなサラダです。
何年か前に一世を風靡した「食べるラー油」を久しぶりにいただきました。
サッパリした豆腐をピリ辛タレで頂くのは冷奴でも定番ですね。

何度か高松には来ていますが、まだまだ味わっていない郷土料理は沢山あるので、こちらのお店を紹介してもらって良かったです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

久しぶりの高松出張。魚屋さんが運営する居酒屋で美味しいお刺身をいただく(高松市兵庫町:北島商店) [ご当地グルメ(四国)]

久しぶりに四国の高松市に出張で訪問。
IT関係のセミナーに参加することになり、社長と一緒に出張することに。
翌日の朝市から客先訪問の予定があったので、前泊するために夕方の便で高松入り。
社長の大学時代の同級生のアテンドで、お魚の美味しいお店へ案内される。
お店の名前は、「さかな屋さんの居酒屋 北島商店
お勧めは当然、四国近郊でとれるお魚です。
IMG_8853.jpg
「お刺身5点盛り」(¥1,680)
サーモン、鯛、マグロ、ハマチ、たこの五点盛りです。
香川県は、まだこの消費量が全国でも多い地域みたいで、たこは有名みたいなんですね。
タコは、コリコリして歯ごたえが抜群でした。

IMG_8855.jpg
「アサリの酒蒸し」(¥480)
普段ほとんど食べないのですが、スープが絶品で美味しいです。
IMG_8856.jpg
「地タコの天ぷら」(¥780)
タコ推しということで、天ぷらでも頂きました。
お刺身と比べて熱を入れることで、甘みが増した感じがします。
IMG_8859.jpg
「天ぷら盛り合わせ」(¥880)
おさかな押しということで、天ぷらもいただきました。
IMG_8862.jpg
「海鮮サラダ」(¥620)
新鮮なお刺身の入ったサラダは、なんだかヘルシーな感じで美味しいですね。
この料理もタコがたっぷり入っています。
ドレッシングがかなり美味しかったです。自家製ですかね?
IMG_8854.jpg
「じゃこ天焼き」(¥480)
このメニューは確かじゃこ天焼きだったと思います。
じゃこ天は、愛媛の名物ですよね。
IMG_8858.jpg
「ホルモン炒め」(¥780)
ホルモン炒めを頼んだんだけど、なぜかホルモンがほとんど入っていないのにはびっくりです。普通の野菜炒めみたいな感じだったので、残念な一品でした。

いつも高松に来ると、うどんか骨付き鶏をメインに食べていたので、改めてさかなの美味しさに脱帽です。美味しいお刺身を頂けるお店でよかったです。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛媛松山の伊予鉄道の路面電車は手動でスイッチバックしていた(愛媛:松山) [ご当地グルメ(四国)]

今週は、四国から関西そして北陸と行脚中。
最初の訪問地は、四国愛媛の松山市。
空港からバスに乗り、市内へ向かうと何ともレトロな路面電車に遭遇。 
IMG_3253.jpg
SL電車っぽくて格好いいですね。
観光客の方も写真をぱちくりします。
でしばらくみていると、やはり特殊車両の関係で、方向転換が大変そうでした。
ビックリしたのが完全手動でスイッチバックします。
IMG_3254.jpg IMG_3255.jpg
先頭車両を手動で向きを反対にして、後続の車両は、電力が無くなったので、人の出て押し
ながら連結しているのにはックリです。
でも、こういう雰囲気がステキですね。
松山市内で仕事終えたあとは、高松へ移動します。
IMG_3265.jpg IMG_3266.jpg
松山から高松への移動は、「いしづち」で移動し、その後の関西への移動は、「マリンライナー」
で岡山へ向かいます。
高松で一仕事終えた後は、マリンライナーの出発時間まで1時間ほどあったので、軽くガソリンを
入れてみます。お店は、駅前から近い「ススム酒場」です。
IMG_3263.jpg IMG_3261.jpg
骨付き鳥を食べようかと思ったけど、メニューなかったので、「親とりのタタキ」(¥450)を注文。
親鳥だけあって、お肉の弾力が強いですね。タタキといえども、しっかりした歯ごたえなので、
満腹中枢が刺激されます。
あまり時間もなかったので、さっぱりと「冷や奴」(¥250)をサラッと頂きます。
IMG_3260.jpg IMG_3264.jpg
ドリンクは、高松では珍しいガリチュウを頂きます。
ホントは、もう一品頼んでいましたが、なぜかオーダーが通っていなかったので、電車の時間も
あり大阪へ移動します。
もう少し四国でゆっくりしたかったのですが、時間の関係で四国を脱出です。
ホントは、愛媛名物の鯛飯や焼き豚卵飯なども食べたかったのですが、取引先の方と次回の
夜の打合せを約束をして名残惜しく四国の地を後にします。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

地元の有名店よりも確実に安く美味しく「骨付き鶏」など食べれるお店(高松瓦町:ごっつぉ村) [ご当地グルメ(四国)]

午前中に徳島に入り徳島で仕事を終えた後は、高松へ移動し取引先に対してシステムの
勉強会を実施。
終了した頃には、すでに20時を回っていたので、取引先からのお誘いもあったけど、ゆっくりと
骨付き鶏を食べたいなぁと思ったので、すぐにホテルに荷物を置いて夜の街に一人で出かけた。
いくつかの店舗を調べた上で入ったお店
「もつ鍋と骨付き鶏の店 ごっつぉ村」
雰囲気は、街の居酒屋さんという感じだけど、美味しい料理にノックアウトです。
IMG_3006.jpg
「朝どれ鶏刺し3種盛り」(¥780)
「むね肉」「ハツ」「キモ」の三種ですが、むね肉は醤油で、ハツとキモは、ごま油で戴きます。
むね肉は甘みがありますね。ボイルしたむね肉は、シコシコ感がたまりません。
「ハツ」は、生でもコリコリ感は充実しています。
「キモ」は、しっとりしていて、舌にまとわりつくような感じです。
正直、あまり期待していなかったんだけど、かなりのクオリティの高さです。
朝どれと言うことで、味がしまっていてとても美味しかったです。
IMG_3007.jpg
「骨付き鶏 若鶏 一本揚げ」(¥880)
こちらのお店は、雛鶏という名称ではなく、「若鶏」という名称です。
一般的なオーブン焼きを頼もうか悩んだけど、今回は趣向をかえて、揚げ鶏にしてみました。
竜田揚げのような感じですが控えめの味付けなので、大根おろしでさっぱりといただけます。
スパイシーな味付けの普通のオーブン焼きよりも、個人的にはこっちの方が好きかな?
でも値段をメモるの忘れてしまったけど、確か¥800ぐらいでリーズナブルだったかと。
IMG_3009.jpg
「朝どれ卵のだし巻き」(¥480)
卵の甘みが抜群ですね。
ふっくらと焼き上がっていて、ふわっと口の中に美味しさが広がります。
IMG_3002.jpg
実は、付け出しもホントに美味しかったです。
豆腐の甘み、魚の酢の物、お肉の炒め物の盛り合わせです。
高野豆腐と卵のいりつけが特に美味しかった。
IMG_3012.jpg
最後には、店長さんがサービスで、酢の物を出してくれました。
あかにし貝とにんじんの酢の物です。
最後にさっぱりして美味しい食事が終わりました。
IMG_3004.jpg IMG_3003.jpg
店名にもある「ごっつぉ」は、美味しいごちそうを手ごろな価格で提供したいという気持ちの
言葉のようです。
店長さんは、以前東京恵比寿の有名日本料理屋などで修行をしていたようで、店長さん曰く、
骨付き鶏の某有名店よりも絶対に味には自信があると胸を張っていましたが、他の料理も
含めて、食材にはかなり気を遣っているようです。
ホントに美味しいお店でした。
高松に来たら、必ず寄ってみようと思うお店に登録です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

本日は、四国の徳島に上陸。まずは徳島ラーメンを食す(徳島阿波踊り空港:宝ラーメン) [ご当地グルメ(四国)]

今週は、四国から関西への出張のため、まずは午前中に四国の徳島空港へ。
実は空港名は徳島阿波踊り空港と言うらしいのには驚いた。
いわゆる、ネーミングライツという奴なのかな?
取引先の迎えまで時間があったので、空港内でランチをとることに。
IMG_2992.jpg
「空港ラーメンハーフ」(¥500)とライス
徳島ラーメンは、煮込んだお肉がトッピングされているけど、この空港ラーメンには、
チャーシューや煮卵なども追加トッピングされていたので、具だくさんを楽しめると言うことで、
こっちにしてみた。
ちなみに、ご飯のサイズが大きいわけではありません。

IMG_2993.jpg
さすがに、1杯食べると重いかなと思ったので、ハーフサイズを注文。
でも、このボリュームがちょうどいいです。
IMG_2995.jpg
豚骨風味で、背脂ガッツリの漢系ラーメンでした。
以外だったのが細麺でしたネ。
自分にとって、地方の美味しいご飯のネタは、日テレの秘密のケンミンショーで勉強するので、
徳島の特集があったときのように、煮込まれた豚肉をご飯の上にのっけて頂きます。
これまた甘辛に煮込まれた豚肉が美味しいですね。
IMG_2991.jpg
綺麗な景観を眺めながら、のんびりとランチを楽しみます。

IMG_2989.jpg
空港内には、3店舗ほど食事処がありました。
IMG_2987.jpg IMG_2988.jpg
この後は、午後一でお客様先に伺い、その後は高松に移動です。
高松に着いたら、今回は、久しぶりに骨付き鳥を食べるぞぉ!!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本三大うどんのうち、今年二つ目の讃岐うどんを食べに香川県へ(高松:しんぺいうどん) [ご当地グルメ(四国)]

先日、四国の香川高松へ出張に出かけた。
午前中の顧客との打ち合わせを終えて、瓦町の商店街に讃岐うどんを食べに出かけた。
お店は以前も行ったことのある「しんぺいうどん」
今回は、数量限定のメニューを注文。
IMG_0779.jpg
タイムランチ(¥600)
うどん、揚げたてちくわ天、小鉢、日替わりご飯、漬け物のお得なセット。
このセットに、お店お勧めの半熟卵天を追加。
IMG_0782.jpg IMG_0786.jpg
この磯辺の卵天が、トロッとして美味しいんです。
IMG_0781.jpg
揚げたてのちくわ天は別皿で提供されます。
このままでも美味しいですし、うどんつゆにつけても美味いです。
IMG_0780.jpg
この日の日替わりご飯は、嬉しいことに鯛飯でした。いい出汁が出ています。
讃岐うどんと鯛飯を一緒に食べれるのなんて、嬉しいセットですね。
IMG_0776.jpg
良かった、売り切れていなくて。前回来たときよりメニューが新しくなったようです。
グリーンカレーうどんなんて確かなかったかな?
IMG_0787.jpg


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四国出張も終わり、最後の締めはやっぱり讃岐うどん(高松空港:さぬき麺業) [ご当地グルメ(四国)]

無事に四国での仕事を終えて、高松空港から東京へ戻ることに。
夕飯にはちょっと早い時間だったが、やっぱりうどんで締めてから帰ろうと思い
空港内にあるうどん屋さんへ。
お邪魔したのが、手打免許「さぬき麺業」
IMG_0318.jpg
注文したのは、「まいたけぶっかけ」(¥580)
揚げたてのサクサク舞茸の天ぷらが3つ入っています。
讃岐のうどんつゆに浸すと、ジュワッと感とサクサク感を同時に楽しめます。
麺のシコシコした食感は、手打ちでありながら足で踏みこまれた麺ならではかも
しれませんネ。
IMG_0317.jpg
さぬきうどんって¥500もだせばお腹いっぱいになるけど、他の店舗に比べて
金額が高いのは、空港の中の店という理由なのかな?
IMG_0319.jpg
出張に行くとその土地の美味しい物を戴けるので、嬉しいですね。
今度は仕事では無く、ゆっくりとプライベートで来たいですね。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

高松出張1日目のランチ:ハンバーグに珍しい挽肉のソースが(高松瓦町:たわら屋) [ご当地グルメ(四国)]

本当は、ランチを食べないつもりでしたが、店前の看板で珍しいソースの
ハンバーグ屋を見つけたので、ちょっと遅めのランチを。
そのお店は、とんかつとハンバーグの専門店「たわら屋」
IMG_0299.jpg
「デミ味噌ソースハンバーグセット」(¥740)
セットでこのお値段は嬉しいですね。
IMG_0300.jpg
ソースは、コチジャンを合わせたオリジナルの味噌ソース。
挽肉のハンバーグに、挽肉が入っている珍しいソース。
お味噌が入っていると言うことですが、やはりデミグラスソースが強いです。
でも、どこか日本風の感じがしています。
※思った程、コチジャンは感じないです。
ハンバーグはふんわりとしていますので、口の中に入れると、肉身がほどける
ようです。

商店街の中で偶然見つけたハンバーグ専門店でいたが、安い価格で美味しい
ハンバーグが食べれるのはいいですね。
IMG_0296.jpg IMG_0297.jpg
とんかつにもデミ味噌ソースをかけるみたいですねぇ?
もしかして名古屋系なのかな?
IMG_0301.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

高松出張二日目朝ご飯は、珍しく日本食を(高松瓦町:大黒や) [ご当地グルメ(四国)]

出張二日目の朝は、久しぶりにいかにも日本の朝という感じの朝食を出している
お店に向かった。
お店の名前は、元気が出る朝ご飯 昼ご飯の店「大黒や」

朝一の打ち合わせがあったので、少し早めにホテルをチェックアウトして
瓦町の商店街を歩いていると、気になるお店を発見したので、早速入店。
IMG_0307.jpg
「朝定食」(¥500)
焼き魚、卵焼き、漬け物、味噌汁、ご飯のセットというこれぞ日本人の朝食の
王道を行くメニュー。
IMG_0309.jpg
鮭は、皮までパリパリで塩加減も丁度いいです。卵焼きは、出汁巻きという程でも
ないので、甘くはないです。
大根の葉っぱの漬け物は嬉しいですね。
IMG_0311.jpg IMG_0313.jpg
味噌汁はかなり大きな器で提供されます。
メニューにもあるとおり、具だくさんですね。豚汁とさつま汁の間のような感じです。
IMG_0314.jpg
思いがけないところで、美味しい朝ご飯に出会えました。
IMG_0316.jpg
ビールなどのお酒のメニューもあるので、夜も営業しているのかな?

そういえば、前日は瓦町にある「ドーミーイン高松」に泊まったけど、サービスで
夜食でラーメンが付きます。
IMG_0303.jpg
「夜鳴きそば」というラーメンがサービスです。
醤油味に、メンマ、わかめ、ネギとシンプルなラーメンでした。
ちょっと小腹が空いたときは嬉しいサービスですね!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

高松でも、焼き鳥屋さんで野菜の肉巻きは流行っているのかな?(高松鍛冶町:鳥長) [ご当地グルメ(四国)]

高松での出張で夕方の打ち合わせを終えて、夕食を取ることになったのだが、
お店を悩んでいたので、取引先の若手営業さんに聞いたら、この店が
良いということで訪問。
訪問したのは、鍛冶町にある炭火焼鳥「鳥長」
取引先の女性営業から紹介されたのであるが、ナント彼女は2年目のオヤジ系女子
でもあり、こういう焼き鳥屋さんが大好きとのことであった。
IMG_0280.jpg
「肝焼きスペシャル」(¥400)
白レバーの焼き鳥です。珍しく味付けは、ごま油がメインです。
京都山田製油のごま油を使って、細ネギと、更にすりごまで味付けられます。
ごま油がかなりあっさりしているので、濃厚な白レバと良く合います。
更にすりごまが振られているので、更に風味が増します。
やはり、お店の一推しです。
IMG_0283.jpg IMG_0282.jpg
「えのき巻き」(¥180)、「アスパラ巻き」(¥180)
最近はまっている、野菜の豚肉巻き。
このエノキとアスパラは鉄板ですね。
カリッとした豚肉を噛むと、野菜のもつ水分がジュワッと口の中にあふれます。
IMG_0286.jpg IMG_0285.jpg
「ちょうちん」(¥180)、「皮せんべい」(¥380)
玉突きがこの値段で戴けるなんて嬉しいですね。卵が半生なので、トローリと黄身が
あふれてきます。
皮せんべいは、まんまですね。サクサク感が良いです。
最後は、この一杯で締めてみます。
IMG_0289.jpg
「鶏スープ茶漬け」(¥450)
「瀬戸赤鶏」という地鶏の鶏ガラで取ったスープをお塩であっさりと味付けした
お茶漬けです。
IMG_0290.jpg IMG_0292.jpg
あっさりした鶏スープに、鳥の脂がうっすらと浮いています。
さらに塩焼きした鶏肉の歯ごたえを楽しみながら、ご飯をサラサラと戴きます。
締めの一品としては最高ですね。

この後は宿泊ホテルのドーミーインに戻って、のんびりとラジウム温泉に浸かって
出張二日目の仕事に英気を養います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の30件 | - ご当地グルメ(四国) ブログトップ