So-net無料ブログ作成
電車_乗り物 ブログトップ

ついに念願のJR九州の観光列車「指宿のたまて箱」に乗車して指宿温泉へ向かいます。 [電車_乗り物]

遂にこの日がやってきました。先日一ヶ月前のチケット販売の時にようやく手にした
JR九州の観光列車の乗車券。
「指宿のたまて箱」についに乗車です。
今年3月のテレ東のカンブリア宮殿でJR九州(九州旅客鉄道)の唐池恒二会長が出演
した際に紹介されたのを見て、是非この電車に乗りたいと思い待ちに待った瞬間です!
IMG_9413.jpg
これが、「指宿のたまて箱」です。
鹿児島中央駅と指宿駅間を海沿いを1時間弱走る観光列車です。
なんだかブチのフレンチブルドックのような雰囲気で可愛らしいですね。
IMG_9394.jpg
当然反対側は、白黒が逆になります。
kemuri.jpg
駅に到着すると、玉手箱を開けた時の煙の様に、霧が噴射されます。
IMG_9403.jpg
社内は、窓側を向いたカウンター席と普通の席がありますが車両によってまた
席の配置が換わります。
IMG_9418.jpg IMG_9424.jpg
ソファー席やキッズ席なども用意しております。
kyaku.jpg
この日はご年配のご婦人方のグループが車両を占拠していました。
IMG_9429.jpg
今回は、いぶたまのグッズも一緒に乗車です。
たまたま鹿児島中央駅で鉄道グッズの販売をしていてイブタマ専用グッズがあった
ので、購入して良かったです。
ちょっと小腹が空いたので、鹿児島中央駅で買っていたさつま揚げを頂きます。
IMG_9433.jpg
トウモロコシ、安納芋、明太子の購入していましたが、やっぱり安納芋のが格別に
美味しかったですね。
IMG_9430.jpg IMG_9438.jpg
車内販売で、限定販売の「ONITAMA」があったので、購入してみました。
肉味噌のおにぎりで、半分が海苔で覆われているので、車体と動揺にモノトーンですね。
50分ほどの乗車時間でしたが、この日はあいにくの曇り空だったので、景観は
残念でしたが、十分社内を楽しめました。
ibusuki.jpg
無事に指宿駅に到着したので、この後は,ホテルに向かい砂風呂を楽しみます!

コメント(0) 

愛媛県の名物列車を朝から見学。伊予鉄のカラーはオレンジです! [電車_乗り物]

愛媛県道後温泉で見かけた「坊ちゃん電車」を生で見ようと、伊予鉄の人に運行
スケジュールを確認して、朝一番の電車の時間を確認して、ホテルをチェック
アウトして松山市駅へ向かう。
IMG_9204.jpg
臨時列車の「坊ちゃん列車」です。
通常は、2編成で運行されているのですが、1編成がメンテナンス中と言うことで、
本数が限られています。
IMG_9191.jpg IMG_9192.jpg
現在は、松山市駅から道後温泉までは、3便のみなんですね。
実は以前、松山市に来たときにも気になったのですが、この1両目の車両をどうやって
回転させるのかをゆっくり見ることができました。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-27-14_No-00.jpg
まずは1両目が切り離されて、終点ポイントに向かいある地点まで手バックします。
このポイントが見物なんです。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-27-44_No-00.jpg
一端、車体が少し浮いた後で、なんと手動で回転させ、車両を反転させるんです。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-28-6_No-00.jpg
二人の職員さんが、一生懸命押しています。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-28-24_No-00.jpg
無事に回転終了です。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_0-29-14_No-00.jpg
この後は、乗客を乗せる車両も連結させるのですが、この作業も完全手押しです。
SnapCrab_NoName_2018-12-15_8-58-11_No-00.jpg
この光景を見たくて寒空の下、30分以上も待っていました。
こういうレトロな感じがいいですよね。頑張っている職員を応援したくなりますネ。
この昔ながらの運行形態が、伊予鉄の人気なんですね。
ちなみに伊予鉄グループのカラーは、ミカンを意識してオレンジです。
IMG_9189.jpg
最新型の車両はかっこいいですね。
IMG_9194.jpg IMG_9196.jpg
いろんな型式の車両が走っています。
IMG_9190.jpg
ちなみに、バスもオレンジ色ですね。
この坊ちゃん列車の切り換え作業を見れたので、今回の旅行は無事終了です。
この後は、東京に戻るために松山坊ちゃん空港へ向かいます。

この坊ちゃん列車の手動切り換え処理の動画はこちら

コメント(0) 

鳥取県は漫画王国だったんだぁ。ねこ娘電車まで発見!!(鳥取県) [電車_乗り物]

今回の島根県への出張では、鳥取県米子へも移動しましたがその際に、珍しい電車に
遭遇です。
意外だったのが、鳥取県は漫画を売りにしているの?
先日は、平井県知事が鳥取港で水揚げされたズワイガニが200万円もしたことで、
ギネス世界記録に認定されたことを報告してましたが、個人的にはこの電車の方が
興味がわきます。
IMG_8883.jpg
「猫娘電車」
JR境港線にゲゲゲの鬼太郎の猫娘がラッピンされています。
ネットの記事によると、鬼太郎電車もあり、鬼太郎電車と猫娘電車が一両ずつ
連係するパターンもあるそうですが、この日は、猫娘電車のみでした。
IMG_8886.jpg
実は外側だけかと思ったら、シートなども猫娘仕様になっていることを後から
ネットで知りました。ちゃんと見ておけば良かったなぁ。
IMG_8889.jpg
ちなみに、米子駅は「ねずみこぞう駅」っていわれてるんですね。
でも、世の中には広まっていないよなぁ・・・。
IMG_8882.jpg IMG_8884.jpg
米子駅には、ゲゲゲの鬼太郎関係のオブジェもありましたね。
実は、他にもラッピング電車がいました。
IMG_8897.jpg IMG_8894.jpg
コナントレインです。
調べてみると「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげる先生、「遥かな町へ」「父の暦」の
谷口ジロー先生、「名探偵コナン」の青山剛昌先生など有名な方に縁があるみたいです。

広島、岡山、山口などの瀬戸内の地域は訪れる機会は多いですが、中国地区の日本海側は
あまりないので、今度は出雲大社に行ってみようかな?
寝台列車の「サンライズ出雲」に久々に乗ってみるかな?

コメント(0) 
電車_乗り物 ブログトップ