So-net無料ブログ作成
ご当地グルメ(九州_福岡) ブログトップ
前の30件 | -

やっぱりこの店の「台湾焼きそば」はメチャクチャ旨い!(博多天神南:有楽) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

久しぶりに野球部の先輩の同級生のお店に顔を出す事に。
西中洲の国体通り沿いの一等地にあるお店の名前は「台湾料理 有楽」
何年振りかに訪問しましたが、やっぱり名物料理は絶品のうまさです。
IMG_4719.jpg
「特製台湾焼きそば」(¥800)
コレが絶品の旨さの焼きそばです。
モチモチした平打ち麺に干しエビのうま味、そしてサッパリとした特製ソースで
超絶旨いですね。
しんなりとしたキャベツも最高です。海老などの海鮮もソースと絡んで美味しいです。
数年振りに口にしましたが、やっぱり美味しいですね。
今まで食べたお店で食べる焼きぞばとしては、1,2の美味しさですね。
IMG_4717.jpg
「ピータン」(確か¥400だったかな)
スミマセン、値段を忘れちゃいましたが、黄身の部分のトロッと感が絶妙です!
この匂いと味付け、食感が癖になりますよね。
苦手な人も多いですが好きな人にはたまりませんね、この一品は・・・。
IMG_4721.jpg
「XO炒飯」(¥1,300)
ちょっと高級な炒飯でしたが、美味しかったです。
パラパラのお米にXO醤のうま味が染みこんで旨いっす。

手軽な料金の料理と、ちょっと高級志向の料理が混在する珍しいお店ですが
料理はホントに美味しいですよね。
店の外はガヤガヤとしていますが、お店の中は静かに料理を楽しめます!

コメント(0) 

まだ見ぬ博多のご当地グルメ「炊き餃子」を初体験!(博多天神:池三郎) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

福岡でお世話になる先輩家族と合流して夕食に出かけます。
向かったお店は、天神駅近くにある「池三郎」
先輩が、まだ世に出ていない福岡名物という事で、紹介をされてお店です。
このお店の名物料理がコレです。
IMG_4714.jpg
「炊き餃子 2人前」(¥700/@)
水餃子はよく耳にしますが、炊き餃子は初めてですね。
グツグツと煮え立ったスープに、モチモチの餃子がたっぷり入って提供されます。
「博多炊き餃子 池田和三郎」という本店の姉妹店だそうです。
お店は大人気で、週末は予約をしないとは入れないそうで、この日もひっきりなしに
お客さんが訪れては入店できずに帰って行きました。
餃子はモチモチで、どちらかというとワンタンの様な感じです。
タネはニンニクがたっぷりなスタミナ系で久しぶりのがっつり餃子にビックリです。
スープは、豚骨系ですがサッパリとしてコクがあって美味しいスープです。
まだ世間的には、流行っていないようですが、この美味しさを知ると絶対に流行りそう
ですね。これから話題になるかな?
IMG_4706.jpg
「ゴマカンパチ」(¥900)
福岡といえばゴマサバが有名ですが、ゴマカンパチも美味しいんです。
しっとりとした身でしたが、脂も乗っていて美味しいですね。
ゴマサバもいいですけど、ゴマアジなどあるので、そのお店オリジナルのゴマの
漬けダレを食べ比べるのもいいですね。
IMG_4708.jpg
「小腸ゴボウ焼き」(¥900)
プリプリッとした小腸に焼きゴボウが通してあります。
小腸はとろけるようで、ゴボウのシャキシャキ感とのコントラストがいいですね。
福岡には、ゴボ天に限らず、ゴボウの美味しい食べ方を知っていますね。
IMG_4710.jpg
「だし巻き玉子」(¥500)
えっコレがだし巻きなの?餡のかかっているだし巻きは初体験です。
最初は、海老真丈の餡かけかなと思いました。
ちょっと風変わりなだし巻きですが、餡の出汁が美味しかったです。
IMG_4716.jpg
「ウニとホタテの軍艦巻き」(¥1,000)
軍艦巻きの握りと思って注文したら、シャリの部分がホタテになってウニが
乗っている物でした。
うーん、贅沢品ですね。ウニがトロッとして濃厚ですが、福岡の近くはウニが
とれるんですかね?まだ見ぬ福岡グルメを堪能できました。
この後は先輩の高校時代の野球部の同級生のお店に伺います!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

天神の立ち食いのお寿司屋さんで、超お得な豪勢なセットを注文!(博多天神:すし将軍) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

博多天神で買い物を終えて、先輩と夕飯の待ち合わせをするまでかなり時間があった
ので,ちょっと腹ごしらえ。
立ち寄ったお店は、「立喰いすし処 すし将軍」
最近外食でお寿司を食べていなかったので、ちょっとつまみに。

IMG_4685.jpg
最初は軽くつまむ程度の予定だっただけど、同じタイミングで入店した横にいた
知らない女性が「メガスペシャル」(¥880)を注文しているのを見て同じ物を頼んで
みました。
この「メガスペシャル」が超お得感満載です。
なんと寿し12貫に手巻き寿しとお味噌汁がついてきます。
この組み合わせで、¥880ってお値打ちモンですよね。
でも11:00~15:00までのランチタイム限定です。(土日もOKのようです)
この日のネタは、「たまご」「赤身」「真イカ」「サーモン」「えび」「こはだ」
「いかげそ」の第一陣に
IMG_4686.jpg
「煮穴子」「エンガワ」「貝の小柱」「かにサラダ」「生アジ」の豪華なセットです
IMG_4688.jpg
先日のケンミンショーでも長野のサラダ軍艦は有名でしたね。
この握りに加えて、手巻きもつきます。
手巻きは、トロタクをお願いしたんですけど手渡しだったので、写真撮るの
忘れちゃいました。
IMG_4684.jpg
東京では見かけませんが、かなりコスパのいい店ですね。
広島にもう1店舗あるみたいですがチェーン店とは違うんですかね?
IMG_4690.jpg
高級店のお寿司もいいけど、こういう大衆店のお寿司も美味しいので、手軽に
お寿司を食べるならオススメのお店です。


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ケンミンショーでも紹介された福岡のソウルフードのうどん(博多中洲川端:ウエスト) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

前日の飲み過ぎて、ホテルの朝食の時間に起きれなかったので、ホテル近くに朝ご飯を
食べに出かけます。
向かったお店は、「ウエスト」
福岡県民では知らない人はいないと言われる有名なうどんチェーン店です。
大衆点っぽいイメージがありますが、家族連れで訪れるなどファミレス感覚です。
先日の秘密のケンミンショーでも取り上げられていた話題のメニューを注文です。
IMG_4666.jpg
「かき揚げうどん」(¥480)
この揚げたてサクサクのかき揚げが別盛りで提供されてきます。
IMG_4667.jpg
普通の立ち食い系の店構えでありながら、この高品質には驚きです。
サクサクしてホントに美味しいです。大きいので、ボリューム感満載です。
人によっては、全部つゆに浸す人もいますが、自分はサクサク感を味わいたかった
ので、少しずつ崩して丼に入れて頂きます。
エビもたっぷり入っているので、天ぷら専門店のような美味しさです。
IMG_4669.jpg
うどんは、博多うどんほど柔くないと聞いていましたが、結構柔いですね。
でも、うどんつゆがまた美味しいです。
IMG_4668.jpg
「高菜葉巻おにぎり」(¥240)
ホントは、1個でいいと注文をしたのになせか一皿で出てきました。
昼ご飯も兼ねていたので、いいかなと?
でも、この高菜の葉っぱで巻いたおにぎりが大好きなんですが、なかなかお店で
売っているのを見かけないんですよね。
自分が知っているのも、この福岡に来た時か、岡山駅のお土産屋さんで売って
時しか食べれないので、十分満足です。
IMG_4662.jpg
このウエストって、夜になるもつ鍋も食べれるそうなので、今度は夜にもつ鍋を
食べに来ようと思います。
IMG_4670.jpg
この日も家族連れでいっぱいの店内でした。博多うどん恐るべしです!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

体調が良くなって復活した大将の笑顔を見れてホントに良かった!(博多:かじしか) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

中洲屋台の頃からずっと通わせてもらっているお店。
大将と小大将が、同じ次期に東京板橋に住んでいたという事もあって贔屓にさせて
頂いているお店。屋台の頃からの有名店の「須崎 かじしか」
福岡県の方針で、屋台の継続営業が認められずに店舗になって早2年。
今年になって、大将の体調が優れずになかなかお店に顔を出せなかったみたいでしたが
今年3度目の訪問で漸く大将に出会えました。
この日は既に5軒目で、かなり酔っ払っていたので、ガンガン注文してたみたいです。
IMG_4653.jpg
「レタス明太チーズ巻き」(¥320)
明太子がフワッとしてチーズがとろりとして、ベーコンの塩気で美味しいですね。
明太子がたっぷりです。女性に大人気の料理です。
IMG_4651.jpg
「博多ネギ焼き」(¥230)
定番の人気メニューです。ネギのシャキシャキ感とみずみずしさがたまらんです。
シンプルな塩味でホントに美味しいですね。
かじしかに来たらコレを食べないと始まらないですね。
IMG_4659.jpg
「さわらの西京焼き」(¥480)
もうこの辺から記憶が飛んでいて、味を覚えていないです。
でも、西京焼きを¥500以下でお店で食べれるのは嬉しいですね。
IMG_4660.jpg
「肉味噌ピーマン」(¥400)
最近ピーマンの色が黄色いですね。肉味噌がかなり美味しいです。
IMG_4647.jpg
この日もレモンサワーで乾杯です。
IMG_4655.jpg
この料理なんだか、わからないけど注文です。新メニューですかね?
もしかして秋刀魚なのかな?次回行った時に確認してみよう!
IMG_4661.jpg
「サガリかイチボ」(¥2000)
まさか肉料理も注文していたとは・・。でも食べきれずに、パックに詰めてもらって
お持ち帰りをさせてもらっていましたが、ホテルで朝起きてお土産があったので
ビックリしました。
今回も楽しすぎて、はしゃいじゃいましたね。
なにより大好きな大将の体調が良くなってお店に出て、笑顔で接客をしてもらった
のがホントに嬉しかったので飲み過ぎちゃいましたネ。
今後も大将には、体調と相談しながら、お店で元気な姿を見せて欲しいですね。
でも、大将はなんで金髪にしていたんだろう?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中洲でいつもお世話になる焼き鳥屋さん。豚バラと白もつ、豚足は絶品!(中洲:とり政) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

福岡に旅行できたときに必ず寄らせてもらう大好きな焼き鳥のお店。
この店の豚バラ、白もつ、豚足は絶品の美味しさで毎回楽しみにしています。
お店の名前は、「とり政」
年に5,6回ぐらい来ますが、どの料理も美味しいので何回来ても全く飽きないです!
IMG_4643.jpg
「白もつ」(¥120/@)
この白もつが超絶旨いです。食感、味付けとも至極のうまさですね。
少しだけ皮目がカリッとしてフワッとした感触とのバランスが絶妙です。
この歴史あるタレの美味しさがたまりませんネ。
IMG_4636.jpg
「豚バラ」(¥120/@)
串物では、白もつとこの豚バラが2大人気メニューです。
博多焼き鳥は間にネギが挟まっているのが特徴ですよね。
豚バラの塩味はシンプルですが、ジューシーですが身が締まって美味しいです。
IMG_4644.jpg
「ピーマン」(¥150)
初めて食べましたが、串で提供されずにピーマンがそのまま提供です。
鰹節でさらっと頂きます。
IMG_4640.jpg
「豚足」(¥500)
名物の焼き豚足です。コラーゲンのトロトロ感は絶品です。
自分では、焼き豚足を提供する店では、1,2を争うぐらいの美味しと思ってます。
今回は、福岡でも数少ない女性の吞み友達とお店をお邪魔しましたが、久しぶりに
がっつり焼鳥をいただました。
この後は、いつも定番のもう一軒の大好きなお店に向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

追山ならしを見た後は、中洲の夜の街をハシゴ酒。一軒目は軽く立ち呑み屋(中洲:ちかっぱ) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

追山ならしを見学した後は、毎度お馴染みの中州の街をハシゴ酒で楽しみます。
まず一軒目に向かったお店は、櫛田神社の近くにある立ち飲み屋さんです。
お店の名前は、「立ち呑み処 ちかっぱ」
博多区のメイン通りの一つの国体通り沿いの一角にあるお店です。
IMG_4626.jpg
横のある唐揚げ屋さんと提携をしているので唐揚げがメインメニューです。
この後、メインのお店を控えているので軽めに頂きます。
IMG_4630.jpg
「イサキ」(¥500)
メニュ-には、刺身の盛り合わせが¥500と書いてあったので、盛り合わせを
注文したら、1種類のみと言われて仕方なく注文。
イサキをショウガ醤油で食べたら美味しいと言う事で、チャレンジします。
意外に、甘みを強く感じますね。
IMG_4631.jpg
「鳥皮の唐揚げ」(¥230)
鳥皮の唐揚げって、カリカリのイメージがありますが、鳥皮自体の柔らかい食感を
残してあげています。
衣に少し味がついてあるので、そのまま頂けます。
やっぱりカリカリに揚げてもらった方が抑えが進みそうですね。
IMG_4633.jpg
18:30を回っていましたがまだかなり明るかったですね。
この後は、中洲で必ず立ち寄る店にこっちの吞み友達と向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

追山ならしの前に、博多港でちょっと腹ごしらえ。(博多港:博多豊一) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

毎回福岡に来た時にのんびりしたい時は、博多港にある「波葉の湯」に向かいます。
お風呂も広いので、ゆったりできます。
千代県庁前から天神駅まで戻って、長ーいバスに乗って博多港へ向かいます。
IMG_4533.jpg
BRTといわれる乗り物です。
BRTとは、「バス・ラピッド・トランジット.」といってバスによる大量輸送シス

テムのことをゆうらしいです。
IMG_4532.jpg
全長が、18メートルものあり、130人が乗れるようです。
この日は平日と言うこともあり、ベイエリアに行く人は少なかったですね。
IMG_4537.jpg
7/12(金)は梅雨の時期とは思えないほど、晴れ間が広がっていました。
久しぶりに青空を見ましたね。
このベイサイドプレスで、「博多豊一」という鮮魚の仲卸業者が
お寿司のバイキングをしているので、毎回購入して近くのベンチで軽く食事を
楽しみます。
IMG_4538.jpg
「煮穴子」「ヒラメ」「ブリ」「活き鯛」「ウニ」「赤身」「中トロ」を
頂きます。ちなみに、1貫どれでも¥100です。
IMG_4540.jpg
このウニも¥100なんて驚きですね。サイズは小さめですが立派なウニです。
同じ¥100で帰るなら、高級なネタを食べた方が得しますよね。
他には、海鮮丼などもレストランで頂けます。
IMG_4541.jpg IMG_4543.jpg
いろんなネタが揃っているので、どれを食べるか迷っちゃいますね。
近くに韓国からの高速船が到着するので、この日も韓国の観光客が多いのですが、
同じネタを家族で数十貫買うのは驚きですね。
やっぱり日本のお寿司は美味しいのかな?
IMG_4546.jpg
食事の後は、「波葉の湯」に浸かって、移動の疲れを癒やして、追山ならしを
見るために櫛田神社へ向かいます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

九州でしか販売されていないコカコーラの酎ハイ!(北九州空港:海彩) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

北九州空港で楽しみにしていた足湯に入れず、ちょっと落ち込んだので、気分を晴ら
そうと、レストランでアルコールを楽しみます。
向かったのは、「ダイニングれすとらん海彩」
空港3Fの足湯のすぐそばにあるレストランです。
IMG_20190619_190902.jpg
「檸檬堂の塩レモン」(¥500)
関東の人には馴染みがないですが、この檸檬堂というのは、なんとあのコカコーラが
販売しているチューハイのブランドです。
グラスについている泡を見ても強炭酸感が伝わってきますよね。
塩レモンは、すっきりとした味わいで美味しいです。
IMG_20190619_190604.jpg
定番レモン、塩レモン、鬼レモンと3つの味から楽しめます。
缶でも販売されているのですが、九州地区の限定販売です。
以前、お土産に買って帰ったのですが、塩レモンがあるのは知らなかったですね。
IMG_20190619_191036.jpg
アベちゃんがCMしてるんですかね?
このチューハイのおつまみには・・・。
IMG_20190619_191125.jpg
「ベリーチーズパフェ」(¥800)
なんと、パフェをオーダーしました。各ベリーがシャーベット状になっているので
シャリシャリした食感が心地いいです。
しかも、アイスの部分もシャキシャキ感があったので、結構美味しかったですね。
パフェがつまみというのもあるかもしれません?
思わず檸檬堂のレモンチューハイをを3杯もおかわりしてしまいました。
この後の飛行機ではぐっすりと寝れそうですね。

さて明日からまた福岡の博多三大祭りの「博多祇園山笠」を見に行ってきますので、
檸檬堂の缶チューハイをお土産に買ってこようっと!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡/山口日帰り旅行の〆は小倉発祥といわれる料理を!(北九州市小倉:赤ちゃん) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

小倉で娘娘(ニャンニャン)で、肉やきめしを楽しんだ後は、小倉区西港町にある
「天然温泉コロナの湯」で日帰り旅行の疲れをリフレッシュします。
1時間ほどのんびりした後で、北九州空港へ向かいますがもう1軒寄りたい場所が
あったので、お目当てのお店に向かったところ、すでに営業が終わっていたので、
別の店に向かいます。お店の名前は、「赤ちゃん」
実は、だるま堂という店に向かう予定でしたが、16時前には店を閉めてしまって
いたので、小倉の名物料理を提供する近くの赤ちゃんで楽しみます。
IMG_20190619_173105.jpg
「焼きうどん」(¥500)
北九州小倉が発祥と言われる焼きうどんです。
当初予定していた「だるま堂」さんが、発祥の店と言われているそうで、焼きそばを
作る際に、そば玉がなくて干しうどんを湯がいて提供したのが最初らしいです。
赤ちゃんでは、目玉焼きがデフォルトで載っているんですが、他の店では、「天窓」
という名称で提供されているようです。
うどんは、モチモチしてかなり太めの麺なので、食べ応えバッチリです。
しかも、福神漬けがついています。個人的には紅ショウガがあまり好きではないので、
福神漬けはちょっと嬉しいですね。
具材はキャベツと豚肉のみで、醤油味のシンプルなオーソドックスな焼きうどんです。
鰹節のアクセントもいいですね。
IMG_20190619_173100.jpg
この食堂は、洋食がメインのお店のようですが,ひっそりと焼きうどんのメニューが
ありました。
実は、だるま堂のご主人が、少し前まで店を閉めた後、この赤ちゃんで夕食を
取っていたそうです。
家で自分が作るときは、天かすを入れるので、自分なりのアレンジができる簡単料理
として焼きうどんは家庭の味ですよね。
IMG_20190619_173704.jpg
昔ながらの定食屋さんです。
IMG_20190619_173739.jpg
早い時間に閉めてしまっていた発祥の地の「だるま堂」さんです。

IMG_20190619_173752.jpg
二軒とも、この鳥町食堂街にあるお店です。雰囲気のあるお店が多いですね。
でも意外にどの店も早く閉まってしまうのはビックリでした。
日帰り旅行のため、ゆっくりする時間が余りありませんでしたが、地元の名物料理
を楽しめたので、良かったですね。次回はどこの空港に向かおうか?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡仁志という番組で紹介され、松本人志が絶賛した料理を堪能(北九州市小倉:娘娘) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

福岡仁志という、九州限定のローカル番組で福岡よしもとのメンバーが、松本人志を
もてなす番組で紹介されたお店で、松本人志が絶賛したという料理を食べに向かいます。
お店の名前は、「娘娘(ニャンニャン)」
店名だけ見ると、なんともいかがわしい感じがしますがちゃんとした中華料理屋です。
IMG_20190619_145257.jpg
「肉野菜玉子+B定食」(¥900)
スタミナ炒め系と肉焼きめし(小)のセットです。
IMG_20190619_145157.jpg
肉野菜炒めの上に、溶き卵が乗っています。初めて目にする料理です。
溶き卵の半熟感がいいですね。野菜炒めはお肉たっぷりで濃いめの味付けです。
この濃い味を溶き卵が円やかにしてくれます。
特にお肉の味付けが濃いですね。
IMG_20190619_145301.jpg
「肉焼きめし(小)」
この焼きめしを、松本人志が美味しいと絶賛した料理です。
普通の焼きめしに、後追いで味付け肉が盛り付けられた物です。
おそらく、先ほどの野菜炒めにも入っていたのがこのお肉だと思います。
味付けと食感が同じでしたね。
これぞ、やはり荒々しい北九州の男のがっつり料理という感じです。
全体的にスタミナ感がどっさりです!
IMG_20190619_145024.jpg
スープは、豚骨系のサッパリスープです。
これもまた美味しかったですね。
IMG_20190619_144917.jpg IMG_20190619_145003.jpg
どのお客さんも定食で、殆どが肉焼きめしのセットでしたね。
この辺では、チャーハンとや呼ばずに、焼きめしというのが定番のようですね。
mise.jpg
街の中華屋さんですが、がっつり美味しかったです!!


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡空港の出発ロビーのJALショップの明太フランスがかなり旨い!(福岡空港内:JALショップ) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

福岡空港でパンケーキネタでイラッとした後で、もう一軒アルコールを吸収してみます。
同じターミナルビル3Fにある「ダイニングカフェ センカ」
入口のちょい呑みセットに惹かれて入店です。

IMG_3820.jpg
「ちょい飲みセット」(¥980)

期待を裏切らないチープさです。骨付きのフライドチキンとフライドポテト。
こういうオーソドックスなメニューってやっぱりいいですね。
結構フライドドチキンが美味しかったのには驚きました。
mise.jpg IMG_3824.jpg
荷物検査を終えた後は、JALのサクララウンジでのんびりしますが、福岡空港に着た
際には、必ず寄る店があります。
IMG_3825.jpg
空港待合室近くにある、JALショップなんですが、この店にある「やまや」の
明太フランスが美味しいんです。
IMG_3828.jpg
そのため、毎回購入してからJALのラウンジで頂きます。
IMG_3829.jpg
この明太ソースの溶け具合がたまりません。
フランスパンも焼きたてを提供してくれるので、サクサクして美味しいです。
これを食べ終わると、福岡の旅が終わったことを実感しますね。
これって普通に明太ソースを買って、パンに挟むとこの美味しさになるのかな?
来月の山笠の際には、是非お土産に購入して帰ろうっと!


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡空港内のカフェでパンケーキを頼んだけど、これはただのスポンジケーキじゃん?(福岡空港;YOSHIMI) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

今年③度目の福岡旅行を終えて、帰路につくために福岡空港へ。
出発まで3時間以上あったので、いつもよりゆっくりと福岡空港内を散策!
すると、お店の入り口にパンケーキの看板があったので迷わず入店。
お店の名前は、「YOSHIMI」
調べてみると、著名な勝山良美さんというシェフのお店だそうです。
IMG_3814.jpg
「アップルシナモンとキャラメルのパンケーキ シングル」(¥1.093)
盛り付けは綺麗ですよね。
でも、パンケーキと言っているのに、ただのスポンジケーキです。
ふわふわ感もないし、絶対にパンケーキでは無いです!
よくこれをパンケーキと呼ぶなぁとさすがにイラッとしたので、スタッフに
これってパンケーキですかと確認するとパンケーキと言うじゃないですか?
これはただのスポンジケーキですよね?と再度確認すると、当店ではこれが
パンケーキと念を押されました。
残念ですがいろんな解釈があるのを痛感です。
仕方が無いので、アルコールで憂さ晴らしです。
IMG_3810.jpg
「ホルモンとゴボウの唐揚げ」(¥537)
これはさすがに期待を裏切らないですね。納得の料理です。
福岡はやっぱりゴボウの天ぷらとかかき揚げの文化なのが、ゴボウ好きの自分
としてはホントに嬉しいです。
まぁ、先ほどのパンケーキの件は忘れましょう!
IMG_3806.jpg
でも、メニューではしっかりとパンケーキでしょ?
このYOSHIMIという店舗は北海道に多いみたいですね?
他の店舗でも同じパンケーキなのかなぁ?
IMG_3817.jpg
帰り際にこのスポンジケーキに、¥1000以上の価値はあるのか?と自答して
またイライラしたので、まだ離陸まで時間があったので、次の店に向かいます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡博多での夜は、いつものお店。今回は白魚沢山すくったぞぉ(福岡博多:かじしか) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

熊本から博多へ新幹線で移動し、一端ホテルに荷物を置いて中洲の街に繰り出します。
今回もお邪魔したお店は、お気に入りのお店「須崎屋台 かじしか」
福岡に来た時は、8割方お邪魔しているお店かな?
今回は、福岡でいつもお世話になっている野球部の先輩家族を招待です。
sirauo.jpg
前回2月に来たときも、お通しで提供された「白魚」の躍り食い。
ちなみに、後ろにぼかしているのが、先輩の愛娘の「ユリちゃん」です。
IMG_1945.jpg
前回の時は、時間も遅かったので、白魚をちょっとしか味わえなかったけど、
今回は、沢山すくうことができたので、酢醤油のなかで白魚が踊ります。
ツルッとしたのどごしがたまりません。口の中で遊んでいます。
IMG_1948.jpg
「ごまさば」(¥800)
福岡名物のゴマサバです。かじしかのゴマサバは、漬け込んでいないので、ごまだれで
生の鯖を頂くスタイルです。
ゴマサバはお店オリジナルの味付けで楽しめるのでいいですよね。
IMG_1949.jpg
「米なす」(¥550)
ふっくらとした茄子の身を、甘めの田楽味噌で頂きますが、かなり大きな茄子ですね。
ここまで大きいと、山口のたまげ茄子を思い出しますね。
今年も、山口のたまげ茄子食べたくなりましたネ。
IMG_1953.jpg
「雲仙ハムカツ」(¥600)
雲仙のハムカツって雲仙の名物なんですね。意外でした。
分厚いハムカツを珍しくオーロラソースで頂きます。
IMG_1959.jpg
「黒毛和牛のハラミ」(¥1,800)
今回も贅沢に和牛を頂きます。大好きなハラミ肉をサッパリとおろしのタレで頂きます。
このレア感がたまりませんね。いつ食べても美味しいです!
IMG_1961.jpg
「白エビのかき揚げ」(¥680)
白エビのかき揚げなんて、富山に行ったとき以来ですかね?
サクサク衣と、プチプチの白エビの食感がたまりませんね。
今回も美味しい料理を多能できました。
IMG_1952.jpg
今回は、先輩の愛娘の1歳3ヶ月の「ユリchan」もいたので、奥の座敷に通して
もらいましたが、壁中に有名人のサインが沢山ありますネ。やっぱり人気の店です。

今回も、大将の和代chanは、まだ体調が回復していないようでお店には出ていなかった
ので、お父さんの小大将に、高千穂神社や天野岩戸神社の健康祈願のお守りを渡して
また暖かくなった時に来ますと伝えて店を後にします。
大将、早く元気になってよ!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

佐世保でランチを終えて、長崎駅で買い物をして福岡空港へ。 [ご当地グルメ(九州_福岡)]

佐世保でB級グルメを楽しんだ後は、長崎駅で買い物をして福岡へ帰ります。
以前、長崎を旅行したい際に、長崎駅で名物を買った記憶があり、今回も購入のため、
立ち寄ります。
kouzanrou.jpg
中華街に本店がある「江山楼」です。
王さんのちゃんぽんで有名なお店です。
IMG_20190224_104658.jpg
「マツコの知らない世界」でもしょうまいが紹介されているようです。
IMG_1571.jpg
当然、ちゃんぽんと皿うどんをお土産に購入です。
お土産には、ちゃんと海鮮の具材がセットされているので、後は野菜は自分で用意
するパターンだそうです。
miyage.jpg
次に向かったのは、揚げかまぼこのお店です。
いわゆるさつま揚げですね。
IMG_20190224_105119.jpg
その中でもちょっと異質なのが、長崎のB級グルメの「ハトシロール」です。
ハトシロールとは、海老のすり身をトーストに包んで、揚げたものです。
結構サクッとして美味しいんですよ。
お土産に持って帰った場合は、トーストで焼くと美味しくなります!
この後は、福岡に戻って今回の九州旅行も無事終了です。
DSCN0542.jpg
福岡空港で,搭乗手続き後、売店で明太フランス(¥300)を購入して、JALのラウンジ
で出発までの時間を過ごします。
京都で出会った、コカコーラの地域ボトル缶も一緒に買って記念撮影です。
今回の九州旅行も楽しめました。
実は、又数週間後には九州の地に足を運びます。
次回は、宮崎の高千穂峡と天岩戸神社にお詣り予定なので、また楽しみですね!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大将の体調が芳しくなくて、暫くお店には出ていないみたいです(福岡:かじしか) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

屋台の頃から、もう何十回もお邪魔している大好きなお店。
ここ数年、年に5,6回は顔を出していますが、今年は1回目の訪問です。
そんなお店の名前は、「須崎屋台 かじしか」
でも残念なことに大将が以前の病気の影響で、寒い時期は体調があまり良くない
ようで、今年に入ってお店には出てないとのことです。
小大将が、暖かくなると体調も戻るので、春には店には出れるよと丁寧に説明を
してくれました。
そんなわけで、大将の雰囲気を感じようと大将に馴染みの料理を注文。
DSCN0384.jpg
「大将の豚足」(¥680)
これは大将の自虐ネタなのかな?
博多で食べる焼き豚足の中でも、かなりのオリジナリティがあります。
小大将に作り方を聞いてみると、一端豚足を煮込んでとろとろにして、特製のタレで
煮込んで、衣をつけて焼くらしいです。
トロトロの部分と表面のカリカリ感のバランスが最高ですね。
この煮込み用の出汁の味付けが美味しいですね。
DSCN0378.jpg DSCN0380.jpg
「肉味噌ピーマン」(¥400)
新鮮なピーマンに肉味噌をたっぷりのせて頂きます。
ピーマンのシャキシャキの歯ごたえに味わい深い肉味噌が完璧にベストマッチです。
前回は黄色のピーマンだったかな?
昔はピーマンが苦手だったけど、ホントに年取りました。
DSCN0386.jpg
「レンコン巻き」(¥200)、「博多ネギ巻き」(¥230)、「うずら」(¥150)
シャキシャキレンコンには、豚バラがまいています。
博多のネギ焼きは、鉄板ですね。
ウズラは、皮ごと提供される珍しタイプです。
皮ごと提供する店は、ココと、大井町のウズラ専門店と、中野の焼き鳥屋さんのみ
しか記憶が無いですね。
どの品もシャキシャキという共通の食感です!
DSCN0388.jpg
最後は、小大将の計らいで、今日のメインの魚であった、太刀魚とカレイの
お刺身を提供しておらいました。
身が締まっていて、ポン酢で美味しく頂きました。

やっぱり大将がお店にいないと、ちょっと華が足りないので、残念ですね。
大将には、決して無理せずに体調が戻れば、また元気な姿に出会えるのを楽しみに
してるので、早く元気になってほしいですね。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡に来たら必ず寄るお店。この店の焼き鳥はやっぱり絶品!!(博多中洲:とり政) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

福岡に来ると絶対によるお店。
この店の焼き鳥を食べないと、中洲の夜は始まりません!
そんなお店の名前は、「とり政」
いつ来ても、焼き鳥の味は絶品。毎回同じ料理を頂くけど全く飽きが来ません。
デモ前回ハマったのがこの一品。
DSCN0355.jpg
「子持ちこんにゃく」(¥500)
これが抜群に美味しいんです。こんにゃくの独特の食感に、卵のプチプチ感との
バランスが抜群ですね。
ショウガ醤油でサッパリと頂きます。
DSCN0359.jpg
「豚バラ」(¥120)
焼き鳥だけど、豚バラは定番の人気メニューです。
カリカリの焼かれた表面の食感がいつ食べても最高です。
DSCN0361.jpg
「白もつ」(¥120)
このモツ焼きも絶品の一品です。最高のタレ焼きです!
これだと10本ぐらい軽くイケますね。
DSCN0360.jpg DSCN0362.jpg
「つくね」(¥120)「ウィンナー」(¥150)
この二品は初めて食しましたが、つくねの表面のカリカリ感がいいですね。
ウィンナーもパリパリです。
シンプルだけどタレがやっぱり旨いんすかネ?
今回の野球部の先輩のボトルで、焼酎のお湯割りを飲みながら料理を楽しめました。
中洲の賑やかな街の中でも、この店に来るとなんだかホッとできる嬉しいお店です。
この後も、もう一軒の馴染みの店に向かいます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

九州道の古賀SAの一蘭は、観光客が全くいなくてガラガラだった(九州道古賀SA:一蘭) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

宇佐神社から九州道を通って福岡に戻る際に、立ち寄ったサービスエリアでちょっと
小腹が空いたので、軽く食べることに。
立ち寄った店は、「ラーメン 一蘭」
一蘭と言えば、個室のようにお客さん単位で間仕切りのある雰囲気が人気で観光客の
定番コースになっていますね。
今まで、六本木にオープンした頃に1回入った程度なので、ほぼ20年振りに入ってみた。
DSCN0332.jpg
「ラー麺」(¥890)
こんなに高いとは思っていなかったですね。
以前は無かった記憶ですが、味の濃さとか、こってり度とか、ネギの種類とか
かなり自分仕様にアレンジできるんですね。
DSCN0334.jpg DSCN0333.jpg
麺は以外に極細では無いんですね。チャーシューも2枚入ってました。
味濃いのしたので、スープは美味しく感じましたが、麺がかなり少ないですね。
聞いてみると、1杯目の麺の量は替え玉より少ないようです。
ラーメンの中央部にある伝統の赤いタレが意外に辛かったですね。
全体的に豚骨ラーメンの独特のくどさは無く食べやすかったですが、まぁ一杯で十分
なので、替え玉はせずに店を後にします。
DSCN0331.jpg
個人のスペースは意外に窮屈では無かったですね。
DSCN0328.jpg
ラーメン以外のメニューが充実していました。
デザートメニューもあるんですね。
DSCN0337.jpg
中州の店の入り口には、何十人と中国系、韓国系の観光客が並んでいるので、どうして
そこまでと思っていましたが、今回立ち寄った古賀SA店は全くといっていいほど、
お客さんがいなかったですね。
高速道路の店舗だから、ちょっと特殊なのかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中洲の二日目の〆は、宿泊ホテル近くのお茶漬け屋さん(博多中洲:鯛茶や) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

中洲二日目の夜は、「CLUB清永」で相撲界の方たちと同じ空間を過ごしたことで
興奮が収まらなかったので、ホテルに戻る前にもう一軒向かいます。
向かったお店はホテル近くの「鯛茶や」というお茶漬けのお店。
何年か前に一度来たことのあるお店です。
IMG_8729.JPG
「鯛茶漬け」(¥980)
愛媛宇和島名物の鯛茶漬けです。なかなか食べれる店って見ないですよね。
IMG_8727.JPG
最初は、鯛の刺身をそのまま頂きます。
漬けになった鯛の身にワサビをのせて、ご飯を3口ほど頂きます。
IMG_8728.JPG
小鉢は、揚げ出し豆腐でした。これは珍しいですね。あっさりした茶漬けに
濃いめの味付けがいい塩梅です。
IMG_8730.JPG
最後は出汁をかけて頂きます。
しっかりした漬け用の汁が結構しっかりした味付けなので、濃いめの出汁に変わり
ますね。暖かい出汁で、鯛の身は少し色づいたところで頂きます。
さらさらの茶漬けに、少し身が締まった鯛の身と一緒に流し込みます。
IMG_8724.JPG
メニューは、鯛茶漬けのみならず、「カンパチ茶漬け」や「サバ茶漬け」「アラ炊き」
などもあります。
「サバ茶漬け」が一番お値段が高いのにはビックリです。なんでなんだろう?
IMG_8733.JPG
吞んだ後の〆には、ラーメンなどもいいけど、茶漬けも結構いいですね。
今度は、「カンパチ」「サバ」の茶漬けも是非チャレンジ!
そういえば12月には愛媛松山まで旅行に行くので、そのときは本場の鯛めしを
食べてこようっと!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

夜のお付き合いで何度かお邪魔している中州のクラブは、お相撲と縁のあるお店だった(博多中洲:クラブ清永) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

最近、仕事で夜のお付き合いで訪問したお店に久しぶりに顔を出してみた。
お店の名前は、「CLUB清永」
中洲第1ビルにあるお店です。
こちらのお店のママさんが、実は相撲界とはお付き合いがあるそうで、この日も
九州場所の初日の前日と言うことで、大相撲関係の関係のタニマチの方など
沢山お店に来られてました。
1542844769598_20181122090308.jpg
清永部屋の清永親方です。というのは、冗談で・・・。
常連のお客さんが、清永ママをモチーフに作成したそうです。
確かに清永ママの雰囲気は出てて、結構似てるので、ビックリです。
バストの部分の干しぶどうについては、ママは本物とは違うと言ってましたが
テーブルの周辺の皆さんは大爆笑でしたね。

実は、前日の「かじしか」では、振分親方(元高見盛)が店に来られていたので、
握手をしてもらいました。彼は素人さんにも、ガチガチの雰囲気でしたね。
でも、その実直さが彼の良さなんだと思いますが・・・。

この日は、お店には元大関のとある親方と部屋関係者の方々と現役の関取の方等が
大勢で来られていました。
若手の関取さんは、当然明日取り組みがあるので、早めに店を後にしてました。

実は、自分も小さい頃は都内のわんぱく相撲の大会で上位に進出して、東京都大会
に出るような子供だったので、小学生の頃の卒業文集には将来の夢に「相撲の選手」
と書いてるぐらいの相撲好きの少年だったんです。
そのため、店の中では子供心にワクワクして目を輝かせてました。

ママは、九州場所中の観戦にも訪れるようで、先日もテレビ中継の際に、行司の
真後ろぐらいに着物姿で写っていました。
お店のお客さんからひっきりなしに連絡があったようで、取り組みどころではなく、
スマホと格闘してましたね。
九州場所では、有名な中洲のママさん方が結構観戦に訪れるようで、テレビ中継に
着物を着た綺麗な女性が結構写っているいますね。
来年はママのつてで、席を確保してもらえそうなので、是非観戦に行ってみたいと
思ってます。来年の中継ではテレビに映ってまうかも?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中洲で牛タンって珍しいね。お蕎麦と牛タンがメインの珍しいお店(博多中洲:さえ木) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

博多埠頭で、温泉に浸かってのんびりした後は、友達と合流して夕飯に出かけます。
友達が行きたいと予約をしてくれた店なんですが、ちょっと中洲の雰囲気とは違います。
お店の名前は、「牛タンと蕎麦 さえ木」
牛タンとなると宮城仙台のイメージが強いので、まさか中洲で牛タンをウリにして
いるお店があるとは驚きでした。
でもメニューは、ゴマサバやゴマカンパチ、鶏天等九州地区の料理も揃ってます。
IMG_8718.jpg
「厚切り牛タン」(¥1,680)
最初は、特選牛タンを注文しようと思ったけど、この日は仕入れがなかったという
ことで、普通の牛タンを注文しましたが肉厚で美味しいですね。
特に何もつけずに頂きましたが、ジュワッと肉汁があふれてきます。
牛タンって、歯ごたえがある当イメージでしたが、ステーキのような食感が柔らかい
食感がたまりません。美味しいですね。特選はもっと美味しいのかな?
やはり店名に入れるほどなので自信の逸品なんですね。
付け合わせの白菜のお新香は、利休などの牛タン専門店の方が美味しいかな?
IMG_8714.jpg
「刺身盛り合わせ」(¥1,200~)
中トロ、鯛、サワラ、イサキ、ハマチ、鯖のセットです。
かなり豪勢なお刺身です。九州のお刺身は最高に美味しいですね。
どれも身がトロッとして、甘みがあって超絶旨いです。
IMG_8716.jpg
「タラ白子ポン酢」(¥980)
冬場になると、タラの白子は美味しくなりますよね。
1月~2月が一番美味しい時期のようですね。
新鮮な白子は薄いピンク色なので、濃厚で口の中でフワッと溶けていくようです。
IMG_8720.jpg
「天ぷら盛り合わせ」(¥1,480)
やはり蕎麦料理には、天ぷらはつきものですよね。
大エビ、サツマイモ、エリンギ、シシトウ、椎茸など盛りだくさんです。
軽めにサクッと揚がった衣が食欲をそそります。
IMG_8722.jpg
「鴨のあいやき(鴨肉と葱)」(¥780)
鴨肉もおそば屋さんには欠かせませんね。
鴨肉は柔らかくて、ジューシーです。鴨の脂身がジュワッとしてまた美味しいですね。
長ネギは正直苦手なんですが、こちらの葱焼きはメチャクチャ美味しかったです。
IMG_8609.jpg
お料理はかなり本格的ですね。カウンター前のオープンキッチンで作ってもらうので、
清潔感もあって安心です。
今回はお蕎麦は頂きませんでしたが、蕎麦にあう料理も多くて美味しかったので、
お蕎麦も絶対に美味しいでしょうね!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

糸島の海辺のカフェで、海を眺めながらオシャレにランチを食べて見た(福岡県糸島市:パームビーチ) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

朝一でスイーツを堪能した後は、しばらく近くを散策して、ランチの店に向かいます。
前回は、近くの「HANA Cafe」で食事を楽しんだので、今回が別の店で。
向かったお店は、「PALM BEACH(パームビーチ)」
海沿いにあるオシャレなお店です。
IMG_8682.jpg
オープン間もなかったので、海の見れるテラスの席で頂くことにします。
IMG_8687.jpg
「ふわふわチーズと糸島玉子のカルボナーラのランチセット」(¥1,850)
うーーーん、リゾート価格です。
パスタランチセットは、スープ、糸島ハーブ野菜サラダ、バケット、ドリンクの
セットです。
IMG_8684.jpg
この日のスープは、冷製のパンプキンスープでした。
サラダも含めてワンプレートで提供されます。
IMG_8689.jpg
海辺でパスタなんてオシャレですね。オヤジ一人にはもったいない景色です。
この日は、天気も良かったので、テラス席での食事は涼しくてちょうどいいです。
IMG_8692.jpg
半熟玉子を溶かすと、花が咲いたみたいです。
チーズがかなえいたっぷりの濃厚なカルボナーラです。
ベーコンも厚みがあって美味しいですね。
普段、パスタを食べる機会が少ないので、こういう機会でないと・・・。
IMG_8693.jpg
ウーロン茶もオシャレに見えますね。
IMG_8677.jpg IMG_8678.jpg
ランチセットは、4種類のパスタと4種類のピッツァのセットから選べます。
デザートの追加セットもありますネ。
IMG_8694.jpg
このストリートには他にも糸島で有名なお店が沢山あります。
54号線のカフェは、二見ヶ浦の周辺と、ロンドンバスカフェのある野北の周辺に
結構ありますが、野北の方には行ったことがないので、今度は是非行ってみようかな?
先日のテレビ番組で、元AKBの篠田麻里子が紹介をしていましたが、糸島の西部にある
芥屋の大門(ケヤノオオト)や立石山の頂上からの景色など素敵な場所がありますね。
また糸島の鯛も名産のようなので、また今度ゆっくり巡ってみます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

福岡二日目の朝は、リゾート地「糸島 二見ヶ浦」のカフェへ、(福岡県糸島:サーフサイドカフェ) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

福岡滞在二日目は、朝からレンタカーを借りて福岡のリゾート地:糸島へ。
博多駅前で8時過ぎにレンタカーを借りて、40分ほどで糸島に到着。
でも残念ながら、二見ヶ浦周辺のお店は朝早い時間は空いていないので、浜辺を
散策して時間を潰します。
IMG_8650.jpg
今回も夫婦岩を周辺を散策です。
毎回見ますが綺麗な神秘的な鳥居ですよね。
IMG_8654.jpg
この日は、天候も良かったので、夫婦岩が綺麗に海の景色に映えてますね。
土曜日の朝でしたが、海岸には殆ど人がいないんですね。まだ早いのかな?
1時間ほど浜辺を散歩して、カフェに向かいます。

訪れたお店は、「SURF SIDE Cafe」
IMG_8658.jpg
ビーチを望むカフェかと思ったら、ガーリックシュリンプの専門店だそうです。
でも、食べるのはスイーツ!
IMG_8671.jpg
「DutchBaby スイーツ&アイス」(¥1,000)
熱々のスキレットで提供されてきました。
IMG_8669.jpg
マンゴー、パイナップル、バナナのフルーツが盛られています。
薄い生地なので、スイーツと生クリーム、アイスと一緒に口に運びます。
甘さが控えめなので、すっきりと頂けます。
IMG_8673.jpg
窓越しの海がなんだかロマンチックです。オヤジ一人ですけど、なにか?アハハぁ
IMG_8665.jpg
店内は、南国の雰囲気満載です。
IMG_8676.jpg
後から知りましたが、表のテラスだとダイレクトに海を望むことができたので、
もっと気持ちよかったのかもなぁ?
やっぱり、海辺のカフェってオシャレで最高っすね!
IMG_8661.jpg IMG_8662.jpg
二見バーガーって言うご当地バーガーもあるみたいですね。
先日、元AKBの篠田麻里子が糸島の出身と言うことで、テレビ番組に出ていましたが
糸島には,トトロの森とかもあるみたいですね。
次回機会があれば、行ってみようかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

博多に来たら必ず寄らせてもらうお店。いつも混んでいるので、今回は23時に予約(福岡県博多:かじしか) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

福岡に来たら必ず寄らせてもらうお店。
屋台の頃から何度も通わせてもらっているけど、店舗型になってからの方が多いかも?
お店の名前は、「須崎屋台 かじしか」
先日の秘密のケンミンショーでも、博多焼き鳥で野菜串焼きが流行っていることを紹介
する回で、司会の久本さんが、柴田さんの発言に「かじしかぁ~」と話したことでも
有名なお店です。
大将の和代ちゃんと、お父さんの小大将の雰囲気が大好きなお店です。
今回は、まずカウンター越しの小大将から今日のお勧めを紹介されます。
IMG_8631.jpg
「博多和牛 すき焼き串」(¥680)
これは初体験の創作串ですね。結構牛肉のボリュームがあるので食べ応えがあります。
確かにすき焼きを堪能できますね。サッパリ系の串が多い中で異色の美味しい
ガッツリ系串です。大満足です!!
IMG_8632.jpg
「黒毛和牛サガリ」(¥1,800)
今回は、お肉をダブルで頂きます。
大好きなサッパリした部位のサガリです。ハラミ自体が大好きな肉の部位なので、
この横隔膜周辺のお肉は、脂身も少ないので、ヘルシーに頂けます。
肉質も柔らかいので食べやすく、美味しくほどよく食感で頂けます。
やっぱりこの店で食べるときは、サガリかイチボだなぁ・・・。
IMG_8636.jpg
「肉味噌ピーマン」(¥400)
前回来たときも頂いた肉味噌ピーマンです。でもなんか違和感が・・・。
IMG_8635.jpg
前回は緑色だったのに、今回は黄色のピーマンです。
ピーマンって、完熟すると黄色になるらしいですよ。
IMG_8643.jpg
でも、ピーマンのパリパリした食感と甘辛の肉味噌がベストマッチです。
IMG_8638.jpg
「博多ネギ巻き」(¥330)
お店の定番人気メニューも頂きます。この時間のネギ焼きが残っているのは
珍しいですね。シャキシャキと頂きます。
結構,美味しいものを堪能できたので、そろそろ帰ろうとすると、大将が後ろから
可愛らしいアマーイ声で、今日のお勧めのお鍋も食べてってほしいと言われて、
大ファンの大将がせっかく進めてくれたので、お腹の加減も無視して注文です。
IMG_8639.jpg
「天然真鯛と松茸のしゃぶしゃぶ」(¥2,000)
IMG_8645.jpg
綺麗な黄金色の出汁です。
鯛のしゃぶしゃぶなんて専門店でないと食べれないですね。
この出汁が美味しいです。鯛の身をさらっとくぐらせて、少しだけ食感を残して
頂きます。天然と言うこともあって、身が締まっていてかなり美味しいです。
糸島で捕れた鯛ですかね?いい感じにお酒も回っていたので、聞くの忘れた。
IMG_8641.jpg
そうそう忘れてた。この日の鍋は、松茸もついています。
まんまで松茸の風味が凄いですね。出汁につけるのがもったいないくらいでしたが
出汁に浸しても、やっぱり松茸は松茸でした。
風味は損なわずに出汁の味と絶妙にマッチしますね。旨いっす!
かなり高級感を味わえるお鍋ですが、最後は雑炊で締めてみます。
IMG_8648.jpg
この時点で、かなり酔っ払っていたので、この雑炊を完食したのか覚えてない
ですが、毎回美味しい料理を頂けてホントに大好きなお店です。
次回は年が明けて、2月頃に来るかな?

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中洲で宮崎地鶏を食べれる店で破格のサービスを堪能!!(博多中洲:もも焼 嵐坊) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

中洲の夜の3軒目に、いつものように野球部の先輩と合流。
いつもとは違う店へということで、宮崎地鶏を堪能できる店へ初めて訪問。
お店の名前は、「もも焼 嵐坊」
なんとこの日は、12周年と言うことで、破格のイベントが開催されていた。
IMG_8614.jpg
「もも塩焼きばらし」(¥12)
なんと宮崎地鶏の炭火焼きが、このお値段。
IMG_8610.jpg
実は、12周年と言うことで、人気メニューが¥12で提供されてました。
通常時と変わらないボリュームがこのお値段となると、たまりませんネ。
地鶏特有の歯ごたえのある食感もあり、炭火の風味も加わって絶品です。
でも、軍鶏肉のようなコリコリ感と思っていましたが、意外に柔いのがビックリです。
IMG_8613.jpg
「もものタタキ」(¥12)
こちらも特別価格でご奉仕頂きました。
先ほどの炭火焼きと違って、サッパリとポン酢味で頂きます。
軽く表面に火を通した半生感と、タマネギのシャキシャキ感とのバランスがいいです。
この料理が¥12という金額で楽しめるなんて、本当にいい日に出会えました。
ラッキーな一日ですね。
IMG_8611.jpg
「鳥レバ刺し」(¥800)
流石に限定特別メニューだけ頂くと、申し訳ないので定番通常メニューも注文です。
このしっとりとした舌触りが絶妙ですね。舌に絡むような感じです。
ツルッとしたのどごし感がまたいいですね。
IMG_8619.jpg
この日は、地鶏三昧でした。まだまだ未開拓のお店が多いので、中洲ハシゴ酒も
やっぱり楽しいですね!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

博多焼き鳥の老舗の店で、ニューメニューの絶品の「子持ちこんにゃく」を堪能!(中洲:とり政) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

福岡に行ったときには、必ず立ち寄るお店の一つ。
なぜなら博多焼き鳥を食べるなら、絶対に外せない美味しいお店。
そのお店の名前は、「とり政」
夜のお姉さん方も、出勤前に同伴で利用する焼き鳥の老舗のお店です。
野球部の先輩の名前で、ボトルを何度も入れ替えているので、必ずお邪魔してます!
IMG_8600.jpg
「豚足」(¥500)
お店のメニューで1.2を争う大好きなメニューです。
IMG_8604.jpg
カリッとした皮目と、トロッとしたゼラチン質の身がメチャクチャ旨いっす!
しかも細かくカットしてくれているので、身を余すことなく楽しめます。
ポン酢との相性も抜群です!
豚足を提供する店の中でも、一番の美味しいと思ってます!!
IMG_8605.jpg
「白もつ」(¥120/@)
モツ焼きの中でも、この店の白モツは絶品です。
タレが美味しいのと、モツの柔らかい部分と少しパリッとする食感が交差する
タイミングがたまりません。
間にある博多焼き鳥オリジナルのタマネギもいいアクセントです!
IMG_8598.jpg
「えのき巻」(¥200)
最近テレビでも話題の博多焼き鳥の野菜巻きです。
ベーコンの塩味とえのきのジューシーさが美味しいですね。
野菜巻きは、オシャレなお店だけではなく、こういう老舗の店でも堪能できます。
IMG_8607.jpg
「珍味 子持ちこんにゃく」
今まで食べたことがなかったですが、新メニューですかね?
メニューの下の方に申し訳なさそうに記載されていました。
これがまた絶品でした。どうやって作ったんですかね?
こんにゃくを作る過程で魚卵を生地に溶け込ませたというシンプルな作り方ですかね。
こんにゃくの柔らかい食感とプチプチと弾ける相反する食感もまたたまりません。
刺身こんにゃくの進化形ですかね?
ますます、とり政さんファンになってしまいすね!
また年明けに必ず寄らせてもらいます!!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

門司港からホテルに戻った後は、中洲の夜をはしご酒で楽しむため屋台村へ(中洲:中洲二丁目屋台) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

門司港からホテルのある中洲川端へ戻り、休憩をして中州の街へ繰り出します。
まずは、ホテルから近い中洲大通りあるお店で軽く喉を潤します。
向かったお店の名前は、「中洲二丁目屋台」
屋台村なので、色々なお店にいかなくとも福岡の名物を簡単に味わうことができます。

まずは、近くのお店の名物を・・・。
IMG_8586.jpg
「宝雲亭の博多一口餃子」(¥550)
近くにある本店は、17:30~の開店なので、早めに頂くことができます。
博多の一口餃子と言えば、ゆず胡椒でいただきます。
しかも赤いゆず胡椒は、東京ではあまり見かけないですよね。
一人前で10個なんですがホントに一口サイズなので、パクパクと頂けます。
追加で頂けそうですが、この後何軒かハシゴするので、この店ではアイドリングで
終わらせます。
IMG_8588.jpg
「ニラ玉ポン酢」(¥450)
ニラ玉のまんまでも十分味がついているので、食べれる野ですが、これにポン酢が
ついてきます。
IMG_8589.jpg
ニラ玉にポン酢で食べるって珍しいですよね。
これから何軒も向かうので、ポン酢ですっきりサッパリする食事は嬉しいですね。
こちらのお店は、ホントに福岡の名物料理が充実してます。
IMG_8583.jpg
ゴマサバと言えば定番ですが、博多屋台めしなるメニューもあります。
写真を見ると、おにぎりの上に、博多名物が載ったもののようです。
IMG_8584.jpg
それ以外にも、豚骨ラーメンや、もつ鍋、水炊きなどこの屋台で博多を満喫できそう
な雰囲気なので、時間が無いときなどは、こちらのお店で満喫するのもありですね。
IMG_8590.jpg
店の入り口はド派手なので、わかりやすいですね。
でも他のお店も予約しているので名残惜しいですが次に向かいます!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

門司港で焼きカレーもいいけど、福岡の名産の絶品スイーツを味わう!(北九州市門司港:MOJISHO) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

旧九州鉄道の博物館を巡って、周辺を散策したらお腹もすいたので、もう一軒焼きカレー
の店に向かいます。でもその店で食べたかったのは別のメニュー。
そのお店の名前は、「MOJISHO」
門司港レトロの海峡プラザの2Fにあるお店です。
IMG_8527.jpg
「あまおうけずり」(¥600)
福岡県八女市にある「原いちご農園」指定のあまおうを瞬間冷凍したものをスライス状
に削ったスイーツです。かき氷とは全く違うものです。
この削った「あまおう」に練乳をかけたものの上に、生クリームがたっぷりのってます。
あまおう自体が甘いので、練乳で更に甘さが増しますが、サクッとしたシャーベット状の
食感も相まって、シンプルですがかなり美味しいスイーツでした!
IMG_8529.jpg
本当は、このスイーツだけでも良かったのですが、申し訳ないので、焼きカレーも
注文です。
IMG_8519.jpg
「鉄板焼きカレー」(¥990)
この店のカレーは、鉄板焼きの上でカレー自体を焼き上げているようです。
見た目は、ハンバーグのようですね。
IMG_8522.jpg
半熟玉子を溶くと、黄身があふれてきます。
先の店でもそうですが、カレー自体は辛くないので、万人受けするものですが辛くて
スパイシーなカレーが好きな自分としては、ちょっと物足りないですね。
この店は鉄板焼きがメインなので、チーズよりはカレー自体のグツグツ間を味わう
のがメインのようですね。
IMG_8528.jpg
こちらのお店は、実は焼きカレーと伊萬里牛のハンバーグも推しているようですね。
IMG_8493.JPG IMG_8492.JPG
門司港と言えば、お笑いタレントのロバートの秋山さんのキャラの強いお父さんのお店が
テレビなどでも何度も放送されているので有名ですが、実は船が老朽化のため、現在は
この船での食事ができないようです。
そのため、近くの2号店での営業になってるみたいです。

この後は、博多まで戻りますが帰りは小倉から新幹線に乗って戻ります。
ちなみに、門司港までの道のりで、新幹線ルートと特急ルートでは乗車券の料金が
異なるのは知ってますか?新幹線ルートの方が安いんですよ。
では、この後は初日の中洲の夜を満喫です!

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

門司港で見つけた鮨ネタが回らない回転寿司屋さん(北九州市門司港:海守) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

門司港についてすぐに焼きカレーを食べた後、少し駅周辺を散策すると気になるお店を
発見したので、ちょっと試しによって見た。
お店の名前は、「海守(カイシュ)」
回転寿司屋さんですが、ちょっと高級な感じがします。
カレーを食べたばかりだったので、数品だけ頼んでみようと思いました。
IMG_8512.jpg
「炙りふぐ」(¥270)
下関が近いこともあり、ふぐ料理がこの門司港には多いですね。
醤油とは別にポン酢が提供されます。
ふぐの身は、やはり弾力と歯ごたえがありますネ。
皮のコリコリした食感が、ふぐ食べてルゥと実感出来ます。
紅葉おろしが、ピリッとしていいアクセントです。
IMG_8513.jpg
「ふぐ白子軍艦」(¥399)
やっぱり鱈よりもふぐの白子の方が、気分的に高級感がありそうですよね。
かなり濃厚でトロッとしていますね。口の中でふわっと溶けていきますが、ツンとする
紅葉おろしのアクセントがまたいいです。
IMG_8511.jpg
「シマアジ」(¥318)
最後は高級魚のシマアジです。意外に身にやわみがありましたね。
シマアジってもっと身が締まって、キュッと言う食感のイメージだったので、まぁ
コレはこれでありかなと?
本当はもう少し食べたかったけど、この後もう一回、焼きカレーを堪能するため、
この辺で終了です。
ちょっとお腹も張ってきたので、この後は九州鉄道博物館に向かって、歩き倒して
お腹をすかせます!!


コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

人生初の門司港へ。名物の焼きカレーを食す(福岡門司港駅:アンカー1889) [ご当地グルメ(九州_福岡)]

朝一で、福岡空港に到着して、そのまま特急ソニックに乗って門司港へ。
ちょうど昼時だったので、まずは腹ごしらえに名物の焼きカレーの店へ向かう。
お店の名前は、「アンカー1889」
門司港レトロ食堂の姉妹店らしいのですが、食べログで掲載保留になっている店だったので、
一抹の不安もありましたが、名物の焼きカレーのメニューの内、ふぐ焼きカレーを注文。
IMG_8500.jpg
「ふぐ焼きカレー」(確か¥980)
オーダーして、15分ぐらい待っていると、厨房から呼ばれます。
チーズたっぷりのカレーです。
しっかりとオーブンで焼いてもらったのか、チーズがトロ~りと溶けて伸びまくります。
カレーはスパイスはきいているのですが、ちょっと辛さという点では少し物足りない
感じがします。
IMG_8499.jpg
フグは、フライなどに使われる小さめのフグですが、白身は確かにフグの味です。
尻尾?の部分までそのまんま頂けます。
カレーとしては意外にもボリュームは少なめですね。
熱々なのでフーフーしながら頂くので、完食までに20分ほど係りましたが、食べ終わった
頃には、ちょっと物足りなさも感じます。
IMG_8497.jpg
店内は、どっちかというとカフェのような感じです。
お店は入りやすさもあって、この日は修学旅行生が、たまり場にして、ポテトフライなどの
スナックをほおばっていました。
IMG_8495.jpg
お店の横には、確かコロッケのフード大会でグランプリを取った美味しいと有名な
「金賞コロッケ」のお店もあるので、金賞コロッケだけ持ち帰るのもいいですね。
やっぱり焼きカレーだと、チーズがたっぷりのっている方が美味しいですね。
この日は珍しく、お腹の余裕があって、もう一食食べれそうな気がしたので、暫く
散策してもう一軒、焼きカレーを堪能しようと思います。
IMG_8502.jpg IMG_8503.jpg
門司港は、レトロな雰囲気を売りにしているので、モダンな洋風建築の建物が多いですね。
あいにくの天気でしたが、ノスタルジックな雰囲気がなんだか心をホットさせてくれます。

コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の30件 | - ご当地グルメ(九州_福岡) ブログトップ